日月神示の言葉



1.霊界との会話方法
霊人が地上人に来るときは、その人の知るすべてを知ることとなる
のであるが、その語るのは霊人自身ではなく、霊人と和合して体的
の自分が語るので、自分が自分に談話しているのである。地震12帖

もの見るのは、額でみなされ。ピンと来るぞ。額の判断間違えなし
。額の目に見の誤りなし。黄金73帖

霊界は、想念の世界であるから、時間がなく、想念のままになるの
である。地震2帖

信念と真念は違うぞ。信念は自分のもの。信念超えて真念あるぞ。
任せ切ったのが真念ぞ。黄金74帖

霊媒通じてこの世に呼びかける霊の九分九里は邪霊であるぞ。
                         黄金50帖

死後のみ説く宗教はゼロの宗教じゃ。この地で天国に住めんもの、
天国に行ける道理ないのじゃと申してあろう。人間の極まるところ
は神であるぞ。霊人は中間の存在ぞ。人間は神への土台ぞ。黒鉄21帖

他の宗教に走ってはならんという宗教もそれだけのもの。もちと大
きな心、深い愛と真の世界を拝めよ。融け入れよ。浄化第一。
                         月光23帖

2.日本の苦難
同じ事二度繰り返す仕組みぞ。この事よく腹に入れておいて下され
よ。青葉7帖

金で世を治めて、金で潰して、地固めしてみろくの世と致すのじゃ。
三千世界のことであるから、ちと早し遅しはあるぞ。黄金59帖

出てきてから また同じようなこと繰り返すぞ。今度は魂抜けてい
るから、グニャグニャぞ。グニャグニャ細工しか出来んぞ、それに
迷うでないぞ。海8帖

臣民、今は人の手に握っているものでも叩き落として取るようにな
りているのざぞ、神は往生ざぞ。キ5帖

悪神よ、日本の国をここまでよくも落としたな。これで不足はある
まいから、いよいよこの方の仕組通りの、とどめにかかるから、精
一杯の御力でかかりて御座れ。学問と神力の、とどめの戦ざぞ。」
                   松18帖

悪の仕組にみなの臣民たまされているが、もうすぐ目さめるぞ、目
さめたらたづねてござれ、この神示のもとへ来てきけば、何でも分
かる様に神示で知らしておくぞ。  上27帖

北から来るぞ。神が気もない時から知らしておくから、よくこの神
示、心にしめておけよ。上2帖

オロシヤにあがりておりた極悪の悪神、愈々神の国に攻め寄せて来
るぞ。北に気をつけと、北が愈々のキリキリごと申してくどう気を
つけてありた事近うなりたぞ。  日の出7帖


3.中東の戦い、世界大戦について
子の歳、真中にして前後十年が正念場。磐戸16帖

悪のやり方は、初めどんどん行くけれど、九分九里でぐるんぞ。善
のやり方は初め辛いけれど、先行くほどよくなるぞ。この世、何1
つできんということない、この方のすることぞ。松9帖

悪の終わりは共食いじゃ、共食いして共倒れ、理屈が理屈と、悪が
悪と共倒れになるのが、神の仕組みじゃ。雨10帖

悪はますます増えるのみ、悪を殺すちゅう、そのことが悪そのもの
と知らざるや。海5帖

星の国、星の臣民、今はえらい気張りようで、世界構うように申し
ているが、星では駄目ざぞ。神の御力でないと、何も出来んぞ。
                  天2帖

悪の総大将は、奥に隠れてござるのぞ。一の大将と二の大将とが大
喧嘩すると見せかけて、世界をワヤにする仕組み、もう九分通り出
来ているのじゃ。  黒鉄14帖

自由も共産も共倒れ、岩戸が開いたのであるから、元の元のキの道
でなくては、霊の道でなくては立ち行かん。星座11帖

悪神暴れるから巻き込まれぬ様に、褌締めて、この神示を読んで神
の心、汲み取って御用を大切になされよ。磐戸18帖

神と二と四との大きな戦あると知らしてありたが、いったん二と四
との天下になるところまで落ち込むぞ、行く所まで行きて、ナの身
魂とノの身魂の和合一致出来てから、スの身魂が天下統一、世界一
平となるのじゃぞ。いよいよ、大峠、取り上げにかかるぞ。光7帖

学の鼻高さん、何も出来んことになるぞ、今に世界から正末がだん
だんわかり来て、慌てても間に合わんことになるぞ、今のうちに神
示よく肚に入れておけよ。空12帖

学問の世は済みたから学者は閉口するぞ、商売の世も済みたから商
売人も閉口するぞ、力仕事は出来んし、共食いするよりほかに道な
いと申す人民ばかりになるぞ、今までとはさっぱり物事変わるから
、今までのやり方考え方変えてくれよ。空12帖


4.災害・疫病について
富士はいよいよ動くから、それが住むまでは三十里離れた所に仮に
祭っておいてくれよ。上21帖

空が変わったことが現れたならば、地に変わったことがあると心得
よ。天の異変、気を付けておれよ。神くどく気を付けておくぞ。神
世近付いたぞ。天13帖

今に病神の仕組にかかりて臣民苦しむ時が近づいたぞ、病はやるぞ
、この病は見当とれん病ぞ、病になりていても、人もわからねば我
もわからん病ぞ、今に重くなりて来るとわかりて来るが、その時で
は間に合わん、手遅れぞ。地16帖


5.政治家の行動・思想
次の世の番頭殿、まだ神なきものにして御座るから一寸先もわから
んぞ。先わからずに人間の勝手な政治して、世は治まらん道理じゃ
ぞ、三日天下でお出直しぞ、その次もその次も又お出直しじゃ。こ
の神示よく見て、この先、何うなる、その先どうなるという事、神
はどんなことを計画しておいでますという事わからんで政治ないぞ
。すればする程悪くなるぞ。雨14帖

日本の人民良くならねば、世界の人民良くならんぞ。日本の上の人
良くならねば、日本人良くならんぞ。 まつり16帖

気を付けてくれよ。気が元だぞ。気から生まれるのだぞ。心配れと
申してあろうが。心の元は気だぞ。全ての元は気であるぞ。磐戸2帖

平等愛とは、差別愛のことぞ。公平と言う声に騙されるな。数で決
めるなと申してあろうがな。上から乱れているから下のしめしつか
ん。我れ善しのやり方では世は治まらん。黄金56帖

区別すると力出るぞ。同じであってはならん。平等でなくてはなら
んが、区別なき平等は悪平等である。月光7帖

プラスとマイナスと和合せねばならん。喜びの和合、融け合う和合。
                  黒鉄5帖

物持たぬ人、物持てる人より強くなるぞ、泥棒が多くなれば、泥棒
が正しいという事になるぞ。富士18帖

高度な科学書も参考になるものぞ。科学を馬鹿にしてはならん。
                     龍音6帖

己を生かすために他を殺すのもいかん、己殺して他を生かすのもい
かん。大の虫を生かすため、小の虫を殺すことはやむを得んことじ
ゃと申したり、教えたりしているが、それもならんぞ。すべてを殺
さずに皆を栄える道があるではないか。月光33帖


6.最後の段階
立て壊し、立て直し、一度に成るぞ。中8帖

一厘のことは言わねばならず、言うてはならず、心と心で知らした
いなれど、心でとりて下されよ、よく神示読んでさとりてくれよ、
神たのむざぞ。キ13帖

残りの一厘は悪の中に隠してあるぞ。黄金23帖

金は要らぬのざぞ、金いるのは今しばらくぞ、生命は国に捧げても
、金は自分のものと頑張って居る人間、気の毒出来るぞ、何もかも
天地へ引き上げぞと知らしてあること近づいて来たぞ。金がカタキ
の世来たぞ。下32帖

スメラ神とユダヤ神と一つになりなされて、末代動かん光の世と影
のない光の世と致すのじゃ。今の臣民には見当とれん光の世とする
のじゃ。光6帖

この世は一つの神で治めんことには治まらんのじゃぞ。海7帖

つつましく、正しくしていけば、その国々で一切不足なく暮らして
いけるように、何もかも与えているに気付かんのか。黄金92帖

何もかも、神の国に向かって集まるようになっているのざぞ。神の
昔の世は、そうなっていたのざぞ。磁石も神の国に向くようになる
ぞ。北よくなるぞ。神の国、拝むようになるのざぞ。どこからでも
拝めるのざぞ。おのずから頭下がるのざぞ。夜明2帖

一二三の仕組とは、永遠に動かぬ道のことぞ。三四五の仕組とは、
みよづの仕組ぞ。御代出づとは、神の御代になることぞ。この世の
神の国に練り上げることぞ。神祈りたら、三四五の御用にかかるか
ら、そのつもりで用意しておいてくれよ。 下14帖

一二三の仕組が済たら、三四五の仕組と申してありたが、世の元の
仕組みは、三四五の仕組から五六七の仕組となるのぞ。五六七の仕
組とは、ミロクの仕組のことぞ。 富士4帖

令和2年1月現在:世界の大坂が来たようである。世界の難所に来た。
これを乗り越える必要になっている。(座禅時に聞こえる言葉)

令和4年3月:とうとう、ロシアが暴れ始めた。
令和4年5月:ロシアが負けそうである。いよいよ、核戦争になるか?
令和4年6月:日本の登場近し
令和4年8月:世界的な戦争の時代に突入した。
令和4年9月:ウ軍がクピャンスクとイジュームを奪還
     :核戦争の予感
令和4年10月:ウ軍がリマンを奪還
令和4年10月:習近平の独裁完成
令和4年11月:ウ軍がヘルソンを奪還
令和4年12月:人民元が原油決済通貨に:ドル基軸通貨制度の揺らぎ
      :ゼレンスキー大統領が訪米
令和5年01月:欧米戦車がウ軍に供与、
     :イランの兵器工場がイスラエルの攻撃を受ける
令和5年03月:米国発の金融危機始まる
     :中国の習近平が訪露する、中国の和平提案
令和5年04月:マクロン仏大統領が訪中
     :中国が台湾包囲の大演習
     :ウ軍の大攻勢が開始
令和5年05月:ウ軍バフムト反撃成功
           :ロ軍バフムト市内を制圧
令和5年06月:ウ軍は形成作戦を完了
     :ウ軍の本格攻勢が始まる
     :ロシアでクーデター発生とウ軍ドニプロ川渡河
令和5年07月:ロ軍のカウンター反転攻勢
     :ウ軍本格攻勢に
令和5年08月:ウ軍、第1防衛線を突破
令和5年09月:ウ軍、第2防衛線を突破
令和5年10月:パレスチナ戦争が始まる
令和5年11月:ロシアがパレスチナ戦争に参加
     :中国が南シナ海で大暴れ
令和5年12月:ウ軍が守勢に転換
     :米国のウクライナ支援予算が通らない。
     :イスラエルへの支持がなくなっている。エジプトの参戦近いか?
     :バブ・エル・マンデブ海峡封鎖(チョーク・ポイント)
令和6年01月:米英軍はイエメン(フーシ派)空爆
     :イランがパキスタンを攻撃し、パキスタンは報復攻撃。
令和6年02月:米軍がイラン革命防衛隊コッズの拠点を大規模空爆。
          :ロ軍がアウディーイウカを制圧
令和6年04月:イスラエルがダマスカスのイラン総領事館を空爆
     :イランがイスラエルを攻撃で中東戦争勃発か
     :19日イスラエルがイランの核施設防空レーダーを攻撃
     :21日米下院でウクライナ支援法案が可決された。
     :26日米国のウ支援再開、ロ軍がウ軍防衛線を突破
令和6年05月:10日ロ軍がハルキウ州に侵攻した
     :イスラエルがラファー攻撃を開始
     :米国が米製兵器のロシア領内攻撃容認
令和6年06月:スイスで平和サミット開催
     :ハルキウ州でウ軍が反撃し、ロ軍後退
6345.2025年に世界秩序の崩壊になる2024.06.23F
6344.米国覇権の危機になっている2024.06.16F
6343.ロシア領内攻撃で核エスカレーションが起きている2024.06.09F
6342.プーチンは核戦争を警告2024.06.02F
6341.イスラエルにICJがラファー攻撃停止命令2024.05.26F
6340.ロ軍のハルキウ方面への侵攻2024.05.19F
6339.ウ軍の復活か?2024.05.12F
6338.米雇用増加数が減少で株高2024.05.05F
6337.米国のウ支援再開2024.04.28F
6336.報復の連鎖で中東戦争か?2024.04.21F
6335.ウ軍の劣勢と中東戦争開始2024.04.14F
6334.イランの参戦か?2024.04.07F
6333.イスラエルの孤立化2024.03.31F
6332.ロシアの負けは確実だ2024.03.24F
6331.戦後世界はどうなるのか?2024.03.18F
6330.日本の役割は何か?2024.03.03F
6329.NATO軍参戦か?2024.03.03F
6328.日経平均とNYダウがほぼ横並び2024.02.25F
6327.ウクライナの苦戦続く2024.02.18F
6326.この戦争はいつまで続くのか?2024.02.11F
6325.ウクライナの国家危機と第3次世界大戦2024.02.04F
6324.戦争経済に世界が移行2024.01.28F
6323.ヨハネの黙示録の完結に向けて2024.01.21F
6322.日本株高は続くのか?2024.01.14F
6321.「ほぼトラ」をひっくり返せるか2024.01.07F
6320.2023年を振返り、2024年以降を予測2024.01.01F
6319.ロシアの工作潰し2023.12.24F
6318.第3次世界大戦に向かう世界2023.12.17F
6317.派閥パーティー券の裏金疑惑2023.12.10F
6316.税制体系をどうするのが良いか2023.12.03F
6315.「もしトラ」で2024年大変動が起きる2023.11.27F
6314.新しい資本主義とは2023.11.19F
6313.日本の縮減を議論するべき2023.11.12F
6312.イスラエルがジェノサイドを2023.11.05F
6311.米国の中国譲歩はあるか?2023.10.29F
6310.イスラエルの苦悩2023.10.22F
6309.第3次世界大戦の兆候2023.10.15F
6308.パレスチナ戦争が始まる2023.10.08F
6307.ウ軍の前進が止まっている2023.10.01F
6306.ウ軍が南部で優勢になってきた2023.09.24F
6305.新秩序の構築2023.09.17F
6303.世界の再構築が必要2023.09.10F
6302.世界動乱の行方はいかに2023.09.04F
6300.米国覇権の終わりが始まった2023.08.27F
6299.世界のティピング・ポイントが近づく2023.08.20F
6298.ロ軍がバルジの戦いか?2023.08.13F
6297.ウ軍・ロ軍ともに消耗戦に突入2023.08.06F
6296.ウ軍は予備兵力の本格的投入か2023.07.30F
6295.ウ軍はクラスター弾でロ軍のカウンター反転攻勢を止められるか?2023.07.23F
6294.ロ軍のカウンター反転攻勢2023.07.16F
6293.ウ軍は遅いが着実な前進2023.07.02F
6292.プリゴジン反乱後の粛清2023.07.02F
6291.ウ軍は苦戦で、ロシアはクーデター2023.06.25F
6290.ウ軍主攻撃軸はどこか?2023.06.18F
6289.ウ軍の本格攻勢が始まった2023.06.11F
6288.ウ軍は形成作戦を完了2023.06.04F
6287.自由ロシア軍がロシア侵攻2023.05.28F
6286.ロ軍バフムト完全占領か?2023.05.21F
6285.ウ軍バフムト反撃は成功2023.05.14F
6284.ウ軍の反転攻勢が開始2023.05.07F
6283.ドニプロ川東岸に大攻勢か2023.04.30F
6282.ウ軍の大攻勢開始か2023.04.23F
6281.世界戦争に向かっている2023.04.16F
6280.中国への期待と危険性2023.04.09F
6279.ウ軍の大攻勢は?2023.04.02F
6278.ウ軍の反撃開始か?2023.03.26F
6277.ロ軍の攻勢限界点か?2023.03.19F
6276.ウ軍のバフムト死守2023.03.12F
6275.バフムト陥落か?2023.03.05F
6274.ウクライナ侵略戦争開戦1年2023.02.26F
6273.ロ軍の攻撃限界か?2023.02.19F
6272.ウ軍が危機的状態に2023.02.05F
6271.ロ軍の大規模攻勢2023.02.05F
6270.ファティマ第三の予言の実現2023.01.31得丸
6268.ウ軍に欧米戦車が供与で2023.01.29F
6267.ロシアは人海戦術で優位に2023.01.22F
6266.ソルダー攻防戦2023.01.15F
6265.ウ軍への武器援助で日本のメリットは2023.01.08F
6264.2022年を振返り、2023年以降を予測2023.01.01F
6263.ゼレンスキー大統領の前線視察と訪米で2022.12.25F
6262.ウ軍攻勢の停滞2022.12.18F
6261.ウ軍の長距離攻撃2022.12.11F
6260.ウ軍はどこに攻勢をかけるか?2022.12.04F
6259.停戦交渉の頓挫2022.11.27F
6258.ウ軍の次の攻撃場所は?2022.11.20F
6257.ロ軍、ドニエプル川西岸から撤退2022.11.13F
6256.ウクライナ軍の攻撃停滞2022.11.06F
6255.中国も経済合理性を放棄か2022.10.30F
6254.ロ軍ヘルソン市から撤退か2022.10.23F
6253.国連でのロシアへの非難決議2022.10.16F
6252.ロシアの核兵器使用か?2022.10.09F
6251.リマン陥落2022.10.02F
6250.ロシアは部分動員令に2022.09.25F
6249.ロシアの影響力がなくなる2022.09.18F
6248.ハリキウ州のロ軍崩壊2022.09.11F
6247.ウ軍がヘルソン市に迫る2022.09.05F
6246.ロ軍の戦争資源欠乏を待つ2022.08.28F
6245.ウ軍の総反撃はいつか?2022.08.21F
6244.ロシア敗戦後の世界秩序2022.08.14F
6243.世界の大乱が始まった2022.08.07F
6242.ウ軍優勢に逆転した2022.07.31F
6241.ワンセット産業の強み2022.07.24F
6240.日本復活の政策2022.07.17F
6239.安倍元首相の追悼2022.07.10F
6238.ロシア経済の危機2022.07.03F
6237.ロシア軍全縦深攻撃への対抗処置2022.06.26F
6236.ロシア経済の減速要因2022.06.20F
6235.プーチン戦争の目的は2022.06.12F
6234.次の世界はどうなるのか?2022.06.05F
6233.ロシア軍、最後の反撃2022.05.29F
6232.ウクライナ戦争の転換点2022.05.22F
6231.米国利上げで日本はどうなるのか?2022.05.15F
6230.日本経済の立て直し2022.05.08F
6229.世界戦争を覚悟する2022.05.01F
6228.日本衰退の原因はアベノミクスだ2022.04.24F
6227.「戦争の時代」の経済理論2022.04.17F
6225.新世界秩序に向けて2022.04.03F
6224.戦争の時代へ2022.03.27F
6223.ロシア戦術核攻撃の可能性2022.03.20F
6222.キエフへのロシア遠征軍が窮地に2022.03.13F
6221.泥沼化するウクライナ戦争2022.03.06F
6220.ウクライナ侵略戦争2022.02.28F
6219.世界経済の分岐点2022.02.20F
6218.日本復活の条件2022.02.13F
6217.ウクライナ危機の本質2022.02.06F
6216.株式資本主義の転換とは2022.01.30F
6215.新しい資本主義への転換点2022.01.23F
6213.新しい資本主義での分配の考え方2022.01.09F
6212.2021年の振り返りと2022年の見通し2022.01.02F
6211.世界の景気後退でどうなるか?2021.12.26F
6210.日本衰退を見越した環境整備2021.12.19F
6209.日本衰退の原因と対策2021.12.12F
6195.菅首相の不出馬で総裁選挙はどうなる2021.09.05F
6193.知識人のコロナ過小評価が問題2021.08.22F
6188.コロナとオリンピック後の世界2021.07.25F
6184.世界は暗黙の時代に2021.07.04F
6177.コロナ後の世界と日本の秩序構築2021.05.09F
6150.コロナで日本経済はどうなるか?2020.11.29F
6148.コロナ感染再拡大で2020.11.15F
6146.菅政権の大戦略とは2020.11.01F
6141.新型コロナ感染症の構造2020.10.01F
6136.中国の景気回復で世界は2020.09.13F
6135.米中対決で日本復活か?2020.09.06F
6134.米中軍事対決の方向か?2020.08.30F
6133.中国食料不足で世界が混乱する2020.08.23F
6132.ドル基軸通貨の揺らぎ2020.08.16F
6131.コロナ感染は「自己責任」2020.08.09F
6130.経済を回すのは、治療法確立か抑込み2020.08.02F
6129.新型コロナ感染再拡大2020.07.26F
6128.米中対立の行方2020.07.19F
6127.新型コロナで第2波が起こるか?2020.07.12F
6124.未来は歴史の韻を踏む2020.06.21F
6122.米中対決から熱戦の可能性2020.06.14F
6121.トランプ再選不可で日本は?2020.06.07F
6120.米中対立本格化と日本の再生2020.05.31F
6119.新型コロナから米中の覇権争いへ2020.05.24F
6118.米中対決で中国の経済崩壊か2020.05.17F
6117.トランプ大統領の対中政策はどうなるか?2020.05.10F
6116.世界大恐慌と米中冷戦になる2020.05.03F
6115.東京は第2の武漢になってきた2020.04.26F
6114.新型コロナ解決後の経済は2020.04.19F
6113.コロナ後の世界はどうなるのか?2020.04.12F
6112.新型コロナウィルスの目標到達点とは2020.04.06F
6111.欧米からの新型コロナウィルス拡散2020.03.29F
6110.感染の終息宣言に向けて2020.03.22F
6109.産業危機から世界恐慌になるか?2020.03.15F
6108.新型コロナウィルスは、世界経済の構造を変える2020.03.08F
6106.新型肺炎ウィルスは日本経済を殺す2020.02.23F
6105.日本の新型肺炎対策不十分でパンデミックか?2020.02.16F
6103.免疫機能無効化実験中のウィルスか2020.02.09F
6102.新型肺炎の流行を阻止できるか?2020.02.02F
6100.米中第1次合意で米株価上昇2020.01.19F
5671.縄文人のDNAから古い人種であることがわかる2016.05.05F
5661.地震から見る日本の本来の姿とは2016.04.17F
5510.エゼキエル書2015.09.30F
5486.MJOの影響2015.09.07F
5459.ノストラダムスの大予言2015.08.11F
5353.瞑想のレベル2015.04.24F
5336.牛豚肉の価格高騰で2015.04.07F
5114.未来はわかるが時間がわからない理由2014.08.29F
5103.審神(さにわ)とは2014.08.18F
5094.麻賀多神社に行ってきた2014.08.08F
4339.日本文明の見直し期に2012.05.05F
4317.日月神示が示す地震の時代へ2012.04.10F
3001.日月神示の時代へ2008.07.26F
1794.日月神示2004.10.30F

コラム目次に戻る
トップページに戻る