環境系の技術について



日本の環境系技術をこのコラムではお伝えしているし、私の講演を
お聞きになった方達も、講演の中心的な話題は日本の環境に対する
考え方とその結果の環境技術である。

日本の技術で、自然の摂理を利用した社会を作れるかどうかが、今
、一番知る必要なことである。そうすると、どの程度社会全体の体
系が、石油なし、原発なしでできるかということになる。すると、
資源と食糧については、リサイクル、リユース、リペア、リデュー
スの技術でできるかということと、エネルギー系は再生可能エネル
ギーで持続可能になるかという観点が必要になる。

もう1つが、その系で、どのくらいの人口が維持可能であるかと明
らかにすることである。

1.再生可能エネルギー技術
 ・太陽光発電のパネル
  シャープが4位、京セラ、三洋電機など
 ・量子ドット型太陽パネル
 ・太陽熱発電:3種類
 ・風力発電
 ・地熱発電
 ・水力発電:特にマイクロ水力
 ・波力発電
 ・熱音響エンジン
 ・木質ペレット
 ・芋発電:エタノール、ペレット火力で
  ・平松式発電機
 ・バイオエタノール
  RITE+ホンダで藁からエタノールを生成する工場を作る。
    三井化学が、遺伝子組み換え菌の効率をUPさせている。
  キリンなど各社が遺伝子組み換え酵母菌からエタノール生成
  を研究している。MITも同様な研究をしている。
  米国はトウモロコシから、ブラジルはサトウキビから生成。
 ・水素エネルギー(燃料電池車が普及するためには必要)
   岩谷、JX日鉱、太陽日酸
 ・直流送電
 ・メタンハイドレード
  日本近海で大量に発見

2.省エネ技術
 ・ヒートポンプ
 ・インバータ
 ・電力回生
 ・蓄熱材
 ・断熱ペイント
  サイペイント、日進商事、アサヒペン
 ・植物利用
 ・LED照明

3.水資源
 ・東レ、日東電工:逆浸透膜での海水の淡水化
 ・日本ポリグル:水の浄化剤(ポリグルタミン酸)
 ・旭化成、東レ、三菱レイヨン、東洋紡:精密濾過膜で汚水処理
 ・栗田工業、荏原、オルガノ:水処理技術
    汚泥微生物利用
 ・クボタ、酉島製作所:水ポンプ

  日本の課題は、技術を生かした運転維持まで行う水事業への進出
  メガウォーターが水運営事業に乗り出している。
  世界的にはスエズ、

4.砂漠の緑地化技術
 ・福岡正信は粘土団子により自然がもつ力を使った砂漠緑化を行
  なっている。
 ・精製したポリグルタミン酸で保水
 ・杉山龍丸はインドのパンジャーブ地方の緑化を1970年代に成功
  させている。
 ・遠山正瑛は中国で緑化
 ・現在:王子製紙が乾燥に強いポプラを開発している。

5.資源系
 ・レアメタル
  日本の近海で大量にある。どう集めるかが問題。ホヤなどの利
  用を研究中
  リサイクル:都市鉱山からの抽出も課題
 ・炭素繊維
  東レ、東邦テナックス、三菱レイヨン、クレハ、日本グラファ
  イトファイバー(新日鉄と新日石の合弁)
 ・カーボンナノチューブ
  NECの飯島 澄男が発見し、この応用の商品が出てきている。
  キャパシタへの応用
 ・ネオジウム磁石
  1984年に日本の住友特殊金属(当時)の佐川眞人によって発明
  された。
 ・放射線グラフト重合
  海からウランや金属を抽出する機能性素材
  燃料電池の高強度電解膜
  など、いろいろな分野の素材が生まれている。
 ・人工光合成
  ・ネイチャー・ネクノロジー
 ・植物などからのナノファイバーなど
  セルロースナノファイバー、キチンナノファイバーなど

6.電池
 ・リチウムイオン電池
  三洋電機、ソニー、松下電池工業、日立マクセル、NECトーキン
  GSユアサ、東芝、旭化成、セキスイ
 ・燃料電池
  水素で発電ができる。トヨタ、UTC、ジーメンスがトップ
  トヨタ、ホンダ、東京ガスなど 
 ・キャパシタ
    NECトーキン、三菱電機、日本ケミコンなど
 ・全固体電池
  出光興産

7.製品、部品
 ・周波数フィルタ
  村田製作所
 ・ロボット
  テムザック、ホンダ、トヨタ、
 ・電気自動車
  三菱自動車、日産、富士重など
 ・電池電車
  川重
 ・ハイブリッド、燃料電池車
  ホンダ、トヨタ
 ・CAS:アビー

8.リサイクル
 ・微生物利用でレアメタルの抽出
 ・都市鉱山:日鉱金属、同和
      ボールミルでの分離法が有望
 ・紙のリサイクル:大王製紙
 ・プラスチックの石油化:ブレスト社
 ・バイオコークス:植物起源のゴミなど
 ・バイオマテリアル
  みかんのリサイクル
 ・リン肥料
  下水道の汚泥から燐酸ナトリウム

9.食品メーカ:発酵技術の利用
 ・林原:トレハロース、インターフェロン
 ・味の素
 ・キッコーマン
 ・大塚食品

10.医療系
 ・ガン治療:免疫系治療でワクチン
 ・BMI
 ・ips細胞

11.水産業
 ・魚の養殖技術
  近大
 ・ホタテの養殖(5年ものでブランドにした。)
  北海道猿払村(06年度の所得1人当たり13位 年収1000万円超)
 ・赤潮防止メカニズムの解明(冨栄養価を防止)
  瀬戸内海:里海
 ・深海魚の食用化
  プロスパー

12.農林業
 ・水耕栽培、植物工場  :JFE
  薬用植物(漢方薬)、機能性野菜
 ・温室
  カゴメ:大温室でのトマト栽培
 ・農業法人ー大規模農業
    セブン&アイなど
 ・有機農業ーエンドファイト
 ・土の分析
 ・流通の合理化:直販ー道の駅
 ・木材  :薬品注入圧縮材、リグニン、セルロースナノファイバー
 ・木材から化学薬品製造
 ・木質ペレット
 ・バイオコークス:石炭の代替=炭焼きの代わりに中山間部での産業になる。
 ・竹   :合板材
 ・EM法からの発展:複数微生物利用
 ・不耕起農業、自然農法(リンゴの自然栽培)
 ・里地、里山

13.海外農業支援事業
 ・ブータンの西岡京治
 ・ネパールのムスタンで農業指導:近藤亨
 ・アフリカのネリカ米で農業指導:坪井達史
  ・アグロフォレストリー(アマゾン入植の日系人)
  農業と林業を混ぜた農業

14.環境改善技術
 ・放射線量の減少:耐放射線菌、乳酸菌の突然変異など
 ・重金属の減少:耐性菌など

6059.日本の衰退をどう食い止めるのか?2019.04.28F
5602.セルロースナノファイバーの製造法2016.01.18F
5586.脱石油“人工クモ糸”開発2015.12.29F
5584.熱音響エンジン2015.12.26F
5582.セルロース・ナノファイバー2015.12.24F
5581.圧電繊維の可能性2015.12.24F
5451.燃料電池の進化について2015.07.31F
5449.燃料電池車の技術革新2015.07.29F
5416.粘土フィルム2015.06.26F
5399.疲労物質AGEとは2015.06.05F
5387.海洋温度差発電2015.05.24F
5386.泡の注射2015.05.24F
5381.新免疫療法薬、がんに効果2015.05.20F
5343.既設ビルでの太陽光発電設置2015.04.14仲津
5335.大腸菌で石油を作る2015.04.06F
5273.近鉄あべのハルカスにおける「生ごみ等からバイオガスを生成する設備」2015.02.05仲津
5246.水素社会に向けて2015.01.11F
5245.「蔵番」+「シースノー」で新鮮な魚を運ぶ2015.01.10F
5243.最強の“若返り薬”「NMN」2015.01.08F
5216.浜中町農協組合の牛乳生産方式2014.12.08F
5213.木材:流動形成でプラスチックの代替2014.12.05F
5211.生マグロの鮮度保持のナノバブル2014.12.03F
5206.土壌肥沃度診断(ソフィックス)2014.11.26F
5194.バイオコークス2014.11.17F
5192.日本の野菜について2014.11.17F
5191.持続可能な農業とコモンズ再生2014.11.16F
5176.気候変動の原因国は2014.11.03F
5169.林業再生が日本の活性化2014.10.28F
5165.温度上昇で海進が起こる2014.10.24F
5163.世界的な異常気象の起源2014.10.22F
5137.地球のために、植樹はいけない2014.09.22F
5101.生ごみを宝物へ2014.08.16仲津
5046.「森は海の恋人」畠山重篤2014.06.17F
5042.日本環境ビジネス推進機構の第2回設立準備会2014.06.13F
5027.燃料電池車を年内にも発売2014.05.29F
5025.自然の摂理の生活でもエネルギーが重要2014.05.27F
5024.熱帯雨林再生協力プロジェクトの現状2014.05.26F
5021.耐放射能菌について2014.05.24F
5016.微生物の力を活かす2014.05.20F
5011.南極の氷河融解でどうなる2014.05.14F
5007.キチン・ナノファイバ2014.05.11F
5004.植物資源環境の整備が重要2014.05.08F
5003.イノベーションの方向はどこか?2014.05.07F
5002.ナノ技術で燃料電池が安価になるか?2014.05.05F
4999.日本の大復活か?2014.05.01F
4996.ベルエポックから新しいエポックへ2014.04.27F
4994.キヌアという雑穀2014.04.26F
4983.木質資源の可能性が増えている2014.04.14F
4935.持続可能なのは植生文明?2014.02.23F
4811.エネルギー大国にする戦略を描くべき2013.10.07F
4568.和食が世界遺産2013.01.31F
4393.エネルギー転換の時代2012.06.29F
4389.水素社会への道筋2012.06.26F
4339.日本文明の見直し期に2012.05.05F
4066.微生物を活用した除染実験2011.08.04F
3990.福島で植生からエネルギーを2011.05.18F
3952.原発を廃止するには(水力と地熱)2011.04.13F
3951.ERP(エネルギー効率)2011.04.12F
3950.超距離直流送電2011.04.12F
3949.電力も大型・集中から小型・分散へ2011.04.11F
3941.脱原発の道筋を考える2011.04.03F
3878.サクラン2011.01.24F
3877.新環境問題とは?2011.01.23F
3866.好適環境水やウナギの完全養殖2011.01.11F
3865.マグロの完全養殖2011.01.11F
3863.鉄鋼代替 シリコン合金2011.01.10F
3862.メタンハイドレート2011.01.10F
3857.「りぐぱる」2011.01.07F
3840.石油大国への道2010.12.16F
3813.苔でレアメタル回収2010.11.16F
3645.CASフリージング・チルド・システム2010.05.31F
3617.エンドファイトとは2010.04.30F
3614.21世紀、日本が石油産出国へ2010.04.27F
3593.ススキが救世主になる2010.04.05F
3502.水素社会を目指して2009.12.23虚風老
3442.ネイチャー・テクノロジー2009.10.26F
3426.CO2排出権取引2009.10.12加藤&F
3406.ブレイン-マシン・インターフェース(BMI)2009.09.22F
3328.植物工場が日本農業の救世主か2009.06.27F
3323.グリーン・ニューディール政策2009.06.21F
3318.ジェトロファ2009.06.16F
3316.環境思想からの視点2009.06.14F
3310.農業技術で世界に貢献2009.06.07F
3210.EVの近未来と夢2009.02.21F
3207.森の再生2009.02.18F
3187.都市鉱山の活用法2009.01.30F
2993.みかんのリサイクル2008.07.17F
2983.世界に日本人が活躍12008.07.06F
2962.日本でレアメタルを掘り出す2008.06.17F
2910.電気の時代が到来
2903.環境問題の日本的な解決
2896.竹を素材とした製品に注目
2885.都市鉱山からの資源回収について
2872.林業と鉱山の再生
2845.電気自動車の今後
2837.「水」環境の復活
2762.電気自動車競争の行方について
2714.温暖化防止の新しい動き
2630.エタノールの問題点
2627.世界の原子力メーカ事情
2612.石油の変調
2584.デジタル時代の次は?
2491.農産物の危機
2468.不耕起農業の発展
2421.日本の循環型社会に向けて
2102.石油ピーク論
1900.資源争奪戦の現状について
1684.昆虫工場など地方振興策
1094.自然農法について
1057.日本の再設計(1)
584-2.環境倫理学とは
549.環境と文明の世界史(1)/ (2)/ (3)
500-1.エネルギー革命の意味
271-1.環境問題の4原則について
コラム目次に戻る
トップページに戻る