映画の話 by たけざきただし
子供の頃から「映画」ってひとつの憧れだった。
めったに連れて行ってもらえない上質の娯楽。夢の世界がそこにはあった。

金銭的余裕のなかった高校時代までの反動で、大学に入ってアルバイトを始めてからは映画を観まくった。昔の名画から最新の映画まで、年間100本以上の映画をスクリーンで観た。

実は僕がゲームを好きになる土台になったのが映画である。こんなに素晴らしい映画の中に入っていって、自分の意志で物語に参加できれば面白いだろうなぁ……。そんな想いが僕をインタラクティヴ・エンターテイメント「ゲーム」というものへ誘った。

その判断が正しかったかはさておき(笑)、ゲームを仕事にしてしまった僕にとって映画はかけがえのない趣味であり気晴らしである。自分が時間の流れに飲み込まれそうになったり、単純に気分転換がしたくなったり、もっと単純に時間が作れたら映画を観る。

そんな僕の観た映画の、ほんの個人的な感想をここでは紹介させていただきます。80%以上の自信を持って他人に勧められるか?ってくらいの基準で書いてみるので、ちょっと手厳しいかもしれませんが、ご容赦ください。映画の好みはひとそれぞれ。ここにあるのは、あくまでも竹崎個人の感想なのですから……。

自分なりの「お気に入り度」の表現として、劇場で観た映画の場合、「今後DVD等パッケージを買って繰り返し見るか?」という基準値をつけてあります。

My 映画ベスト10
個人的に大好きな映画を10作選んでみました。
それぞれの映画に簡単なコメントも付けてます。

       
僕なりの映画の感想
気になるタイトルをクリックしてね!
■アラン・レネ監督作品
夜と霧 二十四時間の情事
■アラン・ロブ=グリエ監督作品
不滅の女 ヨーロッパ横断特急
嘘をつく男 エデン、その後
快楽の漸進的横滑り 囚われの美女
■アンドレイ・タルコフスキー監督作品
ローラーとバイオリン
■ヴェルナー・ヘルツォーク監督作品
ノスフェラトウ コブラ・ヴェルデ
アギーレ/神の怒り 小人の饗宴
カスパー・ハウザーの謎 キンスキー、我が最愛の敵
■ウディ・アレン監督作品
レイニーデイ・イン・ニューヨーク スコルピオンの恋まじない
■クリストファー・ノーラン監督作品
メメント
■ダリオ・アルジェント監督作品
サスペリア インフェルノ
■‪ビリー・ワイルダー監督作品
お熱いのがお好き アパートの鍵貸します
あなただけ今晩は 恋人よ帰れ!わが胸に
■‪市川崑監督作品
女王蜂 病院坂の首縊りの家
■‪シャークネード
シャークネード シャークネード2
シャークネード3 シャークネード4
シャークネード5 シャークネード6
■クリッター
クリッター クリッター2
クリッター3 クリッター4 ファイナル・ウォーズ
■その他監督作品
ステージ・マザー ライトハウス
光る眼 狼の血族
小さな恋のメロディ 影なき陰獣
リキッド・スカイ ゼイリブ
プールサイド・デイズ リトル・ミス・ サンシャイン
グッド・ボーイズ ブックスマート
フランシス・ハ カセットテープ・ダイアリーズ
ペイン・アンド・グローリー WAVES/ウェイブス
海底47m 古代マヤの死の迷宮 俺たちフィギュアスケーター
ユーロビジョン歌合戦 俺たちステップブラザース
カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇- マニトウ
軽蔑 クレイジーホース
ロボ・ジョックス 見世物
テキサス・チェーンソー アンデッド
アップルシード アイデンティティー
座頭市 ファム・ファタール
スウィートノベンバー スパイ・ライク・アス
8人の女たち 突入せよ! あさま山荘事件
バーバー スコルピオンの恋まじない
ザ・リング リング
トリプルX ロード・トゥ・パーディション
サイン アメリカン・スウィートハート
パニック・ルーム モンスターズ・インク
X-MEN キッド
60セカンズ U-571
ホワイトアウト 最終絶叫計画
ハピネス パーフェクト・ストーム
スチュアート・リトル グラディエーター
英雄の条件 ザ・ハリケーン
M:I-2 サイダーハウス・ルール
クロスファイア インサイダー
エリン・ブロコビッチ アメリカン・ビューティー
イグジステンズ アナザ・ヘヴン
ザ・ビーチ ボーン・コレクター
グリーンマイル マグノリア
トイ・ストーリー2 ダブル・ジョパディー
ジョーズ フランティック
クイズ・ショウ ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
I LOVE ペッカー ラリー・フリント
キューブ この森で天使はバスを降りた
グラン・ブルー グッバイ・ラバー
バッファロー'66 妖怪大戦争
ウエディング・シンガー 橋の上の娘
奇人たちの晩餐会 ライフ・イズ・ビューティフル
ニッケルオデオン 運動靴と赤い金魚
アイアン・ジャイアント スクリーム3
ラストサマー2



(C) Tadashi_Takezaki 2002-2020