浅間高原最新情報


2019/7/27-8/5 今回は滞在が少し長くなりました。梅雨も明けてこちらでも蒸し暑い日が続きました。とは言え最高気温は27度、朝起きた時の気温は20度を少し超えた程度で東京の暑さと比べれば天国と地獄の差があると云うのはオーバーですが。
今回ショックだったのは、10年以上愛用していたコンパクト型のデジカメが昇天しました。近頃オートフォーカスが調子が悪いと思っていましたが、遂に液晶に画像が映らくなりました、電池が悪くなったのかと思い新品に交換しましたが改善しません。不思議なことにSDメモリにはピンボケの画像が記録されていました。と言うことで今回は画像はありません。
小屋の庭ではヤマユリやコオニユリ、カワラナデシコなどが咲いています。木々が茂って庭が暗くなってきました。
リスは良く姿を見せてくれますが、相変わらずいつもの野鳥の飛来が少ないです、少し心配です。
2019/7/10-17   今回は梅雨が明けていないので連日小雨が断続的に降るというさえない滞在でした。でも、途中から長男一家が合流しましたので活気というか賑やかというかそれなりに充実はしていました。強い雨が持続的降るわけではなく、なんとなくゴルフのラウンドでき、長男一家は草津温泉に遊びに行くなど一通りの行事は消化でき幸いでした。皮肉なことに帰京する17日は朝から青空が広がり夕方東京に着くまで晴れていました。 小屋の庭ではヤマアジサイが青い花を、赤いシモツケの花が咲いています。木々が大きくなって日当たりが悪いせいで道端や林の際に咲くヤマアジサイやシモツケにはかないません。


.   クガイソウが花というか穂と言ったら良いのか分かりませんがようよう薄紫色になってきました。クガイソウはこの小屋の庭の環境に合うのか年々株が増えています、サラシナショウマやレンゲショウマも相性が良いようです。
カンムリキンバイが咲いています。でも昨年より株が小さく数も増えていません、来年は出てくるか疑問です。うちには合わないのかな。


  道路の端や林の端にこの時期になると目立つのがホタルブクロやイチヤクソウです。野草は園芸品種と比べ個体差が大きく驚かされることがありますがこの写真のものは標準的な範囲かなと思います。

2019/6/16-24   今回は少し長めの滞在となりました。天気予報では前回同様にはっきりしない梅雨空が続くとのことでしたが何とか日中は雨は少なく、ゴルフのラウンドや練習は予定どおりできました。
庭の様子はここから帰ってから二日しか経っていないのですが緑がより濃くなり、少し暗くなりました。カンボクやヤマボウシが白い花を沢山着けています。エゴの白い花も咲き出しましたが盛りになるのはこれからです。
本当に野鳥の餌台への飛来は少なくなりました。キビタキなどが水浴びにたまに来る程度です。その代わりリスが毎日のように餌台に来てヒマワリの種を食べています。

  イブキトラノオやヒオウギアヤメが今年のも咲きました。ヒオウギアヤメは最近株の数が減って寂しい思いをしていますがイブキトラノオは土地に合ったのか株も増え元気です。

  ヤグルマソウの花が咲きました、花だと思っていたの蕾だったようです、今年はよく咲きました。オオダイコンソウの黄色い花があちこちで咲き始めました

2019/6/9-13   梅雨入り後初めてこちらに来ましたが、今回は本当によく降られました。東京は雨でもこちらでは降られないというパターンが多かったのですが参りました、ゴルフのラウンドはキャンセルせざるを得なくなり、嬬恋練習場でやっとショートコースを回れたぐらいでした。
来るときは日曜日なので高速料金が安いので高速を使いました、一般道で来るときの半分程度の時間でした。帰りは二度上げ峠を通って一般道で帰ります。
小屋の庭の様子ですがレンゲツツジ、サラサドウダンなどは盛りを過ぎ散り始めていました。今シーズンは来るタイミングが悪く山桜をはじめ盛りを見ることが出来なかったのは残念です。
今庭ではクレマチスが咲いています、また五月の鯉のぼりの風車の様なヤグルマソウが咲き始めていましたヤグルマソウは大分株が増えました。


  コンロンソウが咲いていたところに今はチゴユリが群れて咲いています、これらが終わると華やかなアナベルが咲きます。
キスゲの仲間だと思いますがレモンイエローのユウスゲに似た花が咲いています、ノカンゾウとも違うようでよくわかりません。

  ベニバナイチヤクソウが咲いています、庭のあちこちで群落を作っていますが花が咲いているのは少ないです、株の全てが咲けば見事だと思うのですが。
グンナイフウロも咲いています、これも最近株が増えてきました。
栽培ではなくできるだけ自然にまかせているのでこの庭の環境に合ったものは株を増やしていきますが、合わないものは年々株が小さくなって遂には絶えてしまいます。株を増やしてきた草もピークを過ぎると突然のように消えてしまうものもあり、同じ春は来ません人を含め生き物の摂理があるのでしょう。


2019/5/23-27   今回はテニスクラブの友人達がゴルフをこちらで私たち夫婦やると言うことなので準備をかねてこちらに来ました。ゴルフは金曜と土曜の二日間で体力がついていけるか心配です。コースは小屋から25分の長野原町にあるゴルフ場、二日めは小屋のある別荘地内にある私がよく行くゴルフ場です。友人の一人はシングルの腕前で一緒に回るにはこちらは気が引けるのですが、私のようなヘボと回っても平然としていて大したものです。一番の問題は私の車に4人分のゴルフバックが乗るか不安でしたが何とか人も荷物も収まり、窮屈でしたが何とかなりました。
小屋の庭の様子ですが中三日で来ましたので大きな変化はないだろうと思っていましたが、季節の進行は早く、新緑が濃くなってズミがほぼ満開、ライラックの花も一回り大きくなっています。桜草やコンロンソウなども咲いてきました。

  レンゲツツジも咲き始めましたが昨年より花着きは若干悪いようです。野鳥はガラの仲間やアカゲラなどが時折餌台に来ますが飛来数は大変少なくなっています、今は幼鳥に与える虫を取るのが忙しいようで、今頃から種類も数も減る傾向があります。
幼鳥が巣立てばまた現れると思っています。
友人たちは土曜日ゴルフが終わってから帰京しましたが、私たちはゴルフや「あやめ亭」での飲み会に疲れたので日曜日ゆっくり休んで翌日の午前中に小屋を出ました。大変充実した日々を過ごすことができ、友人たちに感謝しています。

2019/5/17-19 5月の連休中は長男一家と次男一家がこちらに来ましたが、わたしは何かとごたごたしていて来ることができませんでした。
やっと17日にこちらに来ることができました。ルートは二度上げ峠越えのコースです、途中で道の駅「小栗の里」で旬の山菜など若干買い物をしました。今回は二泊三日と短いので買い物は殆どせず小屋にあるもので間に合わせる方針です。
小屋の庭では既に山桜は残念ながら散ってしまった後でしたがライラックが咲き始め、ピンクや赤色のボケが咲いています。

  盛りは過ぎましたがユキヤナギとヤマブキがまだ盛んに咲いています、今回は出来なかったのですがレンギョウの剪定作業をしなければまずいようです、昨年は剪定が遅すぎた感があります。今年の花着きの悪さは天候のせいだけではないと思っています。

  野草ではイカリソウが今年も出てきてきれいに咲いています、またフデリンドウも庭のあちこちで星屑のようにさいています。
そのほか球根を植えた園芸品種のムスカリやスノーフレークも可愛い花を咲かせています。これからだんだん庭も賑やかになってきます。
今回はいつも来るガラの仲間の野鳥たちが餌台に来ません。
がっかりしていたら、なんとオオルリの番が庭の木にやって来ました。しばらく(10分ぐらいか)庭の木々に飛び移りながら滞在してくれたのでよく見ることができました。メスは全体的薄茶色、オスは背中が濃い藍色、胸は真っ白と目立つ姿です。遠目にはオスは真っ黒に見えますけど。久しぶりに会えて幸せでした。

2019/4/26-29 往路は天候の不安があったので高速を使い、復路は景色を楽しむために一般道を使いました。今の時期は季節の変わり目で僅かな新緑から深い緑までの変化が楽しめる貴重な季節ですので敢て時間のかかる道でこちらに来ました。
小屋の庭の木々は未だ芽吹いていないものが多く、レンギョウは咲き出しましたが山桜の蕾も堅いようで咲き始めるには一週間は必要だと思います。草も生育も遅く、さすがに福寿草は咲き終わっていましたが、水仙がやっと咲き始めたところです。庭の季節の進み方は前年と比べると半月ぐらい遅く感じられます。
野鳥は常連のガラの仲間のほかアカゲラ、アオゲラ、コゲラ、カワラヒワ、シメ、アオジ、キビタキなどがやってきました。
残念ながらリスは今回も姿を見せませんでした。
昨年の春、落ちて壊れてしまった巣箱を晩秋にベランダの軒下に掛けておいたところ、シジュウカラが巣の材料を運んでいるのが確認できました。繁殖ができるか楽しみです。


2019/3/22-25 今回は、往路は一般道で国道17号、国道18号、県道長野原倉淵線、県道大笹北軽井沢を使い二度上峠を通るコース、復路は県道大笹北軽井沢、国道146号、国道18号バイパス、国道17号を使うコースでした。関越道、上信道など高速道路を使う場合の倍ぐらい時間はかかりますが、どうせ暇なのでのんびりとドライブしています。
こちらに来ている間は気温は平年並みに下がりましたが、おおむね天気は良く、ついていました。庭の草木は未だ芽吹いておらず12月と変わらず殺風景ですが、それでも全体的に春めいてきた感じがします。
福寿草は2,3芽落ち葉の下から出てきていますけど例年になく遅いです。今年は積雪が少ない分地表部分の凍結が強かったものと思われます。
春一番に咲く黄色い花のダンコウバイは大きな蕾を着けています。
野鳥は餌台に餌を置くとすぐにガラの仲間ほかアトリ、コゲラ、シメ、カワラヒワなどが飛んできました。残念ながらリスには会えませんでした。


2019/1/5-7 今回は小屋に保管しているスキーウェアや靴などスキー用品を自宅に持ち帰ることが目的できました。
行きは峠の積雪の心配なので高速を使い、帰りは雪が無いので18号バイパスを使って一般道にしました。二度上げ峠を越えるコースは少し不安なので避けましたが、車はAWDのSUVなので十分注意すれば多分走行に支障は無いと思いますが万が一事故でも起こしたら「高齢者の無謀運転」と笑われてしまいますので。
別荘地内の道路には日陰の部分を除き凍結はありません、庭では土が見えている部分が多いくらい積雪はありませんし屋根にも雪はありません。
さすがに早朝はマイナス8度ぐらいまで下がりますが日中陽が出れば気温もあがりあまり寒くは感じませんでした。
今回は二泊三日と短期間の滞在なので内湯ではなくグリーンホテルの温泉に行きました、良く温まって最高でした。
野鳥はガラの仲間のほかカケス、アカゲラ、アトリ、シメなどが来ました。リスは毎日餌台に来ていました。


       
1996/12-1997/1の記録 1997/2の記録 1997/3の記録 1997/4の記録 1997/5-6の記録
1997/7の記録 1997/8の記録 1997/9の記録 1997/10-12の記録 1998/1の記録
1998/2の記録 1998/3の記録 1998/4-5の記録 1998/6の記録 1998/7の記録
1998/8の記録 1998/9-10の記録 1998/11-12の記録 1999/1の記録 1999/2-10の記録
1999/11-12の記録 2000/1-3の記録 2000/4-6の記録 2000/6-9の記録 2000/10-12の記録
2001/1-3の記録 2001/4-6の記録 2001/7-9の記録 2001/10-12の記録 2002/1-3の記録
2002/4-8の記録 2002/9-12の記録 2003/1-3の記録 2003/4-6の記録 2003/7-9の記録
2003/10-12の記録 2004/1-3の記録 2004/4の記録 2004/8-12の記録 2005/1-6の記録
2005/7-12の記録 2006/1-6の記録 2006/7-12の記録 2007/1-6の記録 2007/7-12の記録
2008/1-6の記録 2008/7-12の記録 2009/1-6の記録 2009/7-12の記録 2010/1-6の記録
2010/7-12の記録 2011/1-6の記録 2011/7-12の記録 2012/1-6の記録 2012/7-12の記録
2013/1-6の記録 2013/7-12の記録 2014/1-6の記録 2014/7-12の記録 2015/1-6の記録
2015/7-12の記録 2016/1-6の記録 2016/7-12の記録 2017/1-6の記録 2017/7-12の記録
2018/1-6の記録 2018/7-12の記録


トップページへ | 最新情報 | 浅間高原周辺の草花 | プリンスランドの草花と野鳥
浅間高原周辺のスキー場・テニスコート | 浅間高原周辺の名所旧跡など | 小旅行の記録
私の好きな居酒屋など アマチュア無線のコーナー自己紹介リンク集