河原崎法律事務所ホーム >
2015.4.26mf更新

弁護士による相続・遺言法律相談

遺産の額が多くなり、子供が平等に相続権を主張し、相続紛争が増えてきました。さらに、相続事件を弁護士に任せることが多くなりました。
生前に遺言を書き、死後の争いを防止することが必要です。しかし、現実には、逆に、遺言が紛争の原因となっています。遺言が原因で、仲の良かった子供たちの間に争いが発生する例が多いです。

従って、 争いを防止するためには、公平な内容の遺言を書く必要があります。
自筆証書遺言は無効になりやすいので、専門家である弁護士にみてもらうことが必要でしょう。公正証書遺言でも、無効と主張されることがあります。
次に、相続が発生した場合も、遺産分割の方法、遺留分の問題などで弁護士が必要でしょう。
ここでは、典型的な相続紛争事件を紹介しています。

遺言
相続 相続税 相続事件の弁護士費用 贈与
弁護士事務所案内地図