イラスト           特別支援学校の授業に役立つ自作創作教材・教具          イラスト

体育:新・忍者ボード 図工・美術:グルーガンで作るランプシェード 算数・数学:買い物学習の自販機 体育語:フープの台 算数・数学:自作ソフト「お金と電卓の学習」 生活単元学習:歩行者用の信号機 国語・算数:文字・数字入りマグネット

( 全1779作品 )

アニメーション  こんにちは、あなたはカウンター人目の訪問者です。  
 
           
色々な教材・教具1~11
   

1から5の学習
色々な教材・教具
(自立活動・基礎学習) 
 
  ひらがなカルタ
色々な教材・教具 (国 語)
お金の学習
色々な教材・教具3 (算 数・数 学)
  糸の模様
色々な教材・教具4 (図 工・美 術)
    
フープくぐり
色々な教材・教具5 (体 育・あそび)
  木のF1カー
色々な教材・教具6 (作業学習)
手作りスプーンとフォーク
色々な教材・教具7 (日常生活の指導)
  カリンバ
色々な教材・教具8 (音 楽) 
歩行者用の信号機
色々な教材・教具9(生活単元学習・特別活動)
  
つかめない10円玉
  色々な教材・教具10 (社 会・理 科)
   
リストライト
色々な教材・教具11  (その他)
 
        
イラスト教材・教具とおもちゃの新作



        イラスト
    0から始める教材作り


(このHPに載っている教材・教具の作り方を写真と文章でわかりやすく説明)  

クレヨンが折れないオレンボ色合わせ 
0から始める教材作り1

  ブックカバー防災・防犯用のリストバンド笛
 0から始める教材作り2

文字数字つきのマグネット歩行者用の信号機
0から始める教材作り3

  文字付きカルタパネル式暗幕
0から始める教材作り4

 



 イラスト
    『教材・教具の制作と活用、指導の手引き Q&A 159』

 若い先生方を応援するページ
学習表示カード 
個々の子どもに合った教材・教具ってどんなもの?」・「お金の学習の教材は、本物?偽物?・・どっちがいいの?」・「カルタをすると同じ子ばかりとってしまう問題点を解決する工夫は何?」・「図工でお面作りをする時、風船が怖い子がいるけれど、どうしたらいいの?」・「最も優れた教材・教具って何?」等の疑問に答える「Q&A式の手引き」です。

 今までの授業をもっといい授業に変える「教材・教具の工夫点」や、若い先生方に指導や子ども達との関わり方について、ちょっと立ち止まって考えてもらいたいことを具体例を挙げてわかりやすくお話しする「若い先生方を応援するページ」です。



   0から始める手作りおもちゃ(図工・美術の2)     

(図工・美術の授業に活かせる手作りのおもちゃ・楽器・工作の作品作りを写真と文でわかりやすく説明)
    
虹色CD 

0から始める「手作りおもちゃ」1

  立体独楽 

 
0から始める「手作りおもちゃ」2

安全クラッカー

0から始める「手作りおもちゃ」3
 
  エイムズの部屋

 0から始める「手作りおもちゃ」4
やじろべえ

 0から始める「手作りおもちゃ」5
  錯視ドラゴン

0から始める「手作りおもちゃ」6 
木のF1カー
0から始める「手作りおもちゃ」7


(木のおもちゃ)
  不思議な貯金箱 

0から始める「手作りおもちゃ」8
紙皿の天使

0から始める「手作りおもちゃ」9 
 
  紙飛行機の発射台

0から始める「手作りおもちゃ」10
 



 イラスト   その他     

イラスト
教材・教具のHPリンク集 

 Googleで検索したHPから、「教材・教具」や「特別支援教育」・「図工・美術」のお勧めのHPを内容の説明を付けて紹介してます。

 
  毛塚です。
自己紹介

私の教材・教具についての考え(雑記帳から)


教材・教具の制作上の留意点等
 
はらぺこあおむし
教材になる絵本のページ 

教材になる「絵本」を紹介するページです。)
  火興し器で火をおこす
子どもと一緒に楽しい簡単な実験  

(誰にでもできる楽しい実験を紹介)

 
カワセミ 

「カワセミの小窓」
は、しばらくお休みです。
  アカゲラ

『ぐんまこどもの国の野鳥』

ウォーキングに行った時に撮った写真

     こんにちは。あなたはカウンター人目の来訪者です。ゆっくり見ていってください。    (2001.1.18から) 
 





   今月の新作



                                                 
 新しい教材・教具・自助具・おもちゃ     
打楽器カチカチ
制作中
楽器:カンキンコン制作中 肢体不自由児用のレインスティック
制作中
肢体不自由児用の鈴の楽器 水耕栽培の台
制作中
肢体不自由児用の鈴の楽器2
制作中
うどん作り
段ボール箱の的当て
制作中
段ボール箱の的当て プラコップのプラバン タンバリンの的当て
キャップ締め学習のボード 大型万華鏡
         





  
イラスト 
          感想や質問などは、こちらへ!  


    
         掲示板 『青い空』


○このHPの感想やこのHPに載っている『「教材・教具」や「手作りおもちゃ」・「自助具」の作り方を教えて!』『担当しているお子さんの教材の効果的な使い方は?』など、教材の作り方やその活用法について等、気軽に質問してください。手作りのおもちゃのことや鳥の話しもOKです。

 教材・教具やおもちゃのご質問には、必ずお応えいたします。

 
 





                          
                             雑記帳 2017 

(ダイソーの商品の組み合わせ)10/16
 この2ヶ月ほどでダイソーに出掛けたのは2~3回のみ。(制作意欲がなかった証拠ですね。)
普段ですと週に数回は行くので、一昨日行った時はなんだか新鮮な気持ちにさえなりました。商品を見ていると新しい教材・教具のイメージが湧くので、あれこれとふりふりシャワー考えながら見ています。写真の商品は、蛇口に着けて使うワンタッチ切り替えの「ふりふりシャワー」という商品です。シャワーの首の部分が自由に動くものですが、これが肢体不自由のお子さん用の鈴の楽器に使えそうということで購入。柄を握って振ったり、手や指を当たるだけで鈴を鳴らせるようにしたものになります。蛇口を差し込む部分に丸棒を入れるつもりでしたが、鈴を取り付けるためには丸棒にドリルで穴をあけなければならないので、もっと簡単にする為に使える棒状の商品を探すとありました。コップを洗うスポンジがついたもの。ふりふりシャワーの蛇口に差し込む部分と合うかどうかわりませんでしたが、とりあえず購入。それからシャワーの水の出る部分を台に固定させる方法は、ウルトラ多用途ボンドで板に貼り付ける予定でしたが、売っていた商品の吸盤で代用出来ないかとこれも購入。
 今日工作しましたが、丸棒代わりのスポンジ付きのコップ洗いの棒は、スポンジをはずすとシャワーの首の部分にうまく入れられることが判明。吸盤もシャワーの口をストレートにした際にできる穴に収まることがわかりました。後は、鈴を糸で取り付けるだけです。コップ洗いの棒の先端には穴が開いているので、そこに糸を通せば終わりです。ドリルでも穴開けも必要なし。商品の組み合わせがうまくはまった例のひとつです。明日から、段ボール箱の的当ての工作に入ります。こちらもカッターナイフくらいしか使わない予定です。誰でも作れるのが一番かな・・。

(段ボール箱の的当てと鈴の楽器)10/15
 なかなか教材の制作意欲が湧かないでいましたが、誰でも作りやすいものに戻ろうと決めたことでやる気が戻ってきました。他にないものを作るのも大事ですが、それが誰でも作れないようなものならここに載せる意味がないと初心に戻った気がします。今作ろうとしているのは、肢体不自由のお子さん達が使いやすい鈴の楽器と誰でも簡単に作れる段ボール箱を使った的当てです。的当ては、3種類くらい考えているので順次作っていきます。材料が段ボール箱ですから、木工のように作り手を選びませんし、数時間で作れるものになるでしょう。
 閑話休題。冬になると毎日バードウォッチングで通っていた「ぐんまこどもの国」ですが、この数ヶ月は行ったのは5~6回だけ。カワセミはもう半年くらいは見ていません。夏場は葉が生い茂っていて鳥の姿は見られませんし、聞こえてくるのは蝉の声ばかり。時々オオスズメバチと遭遇することもあるので、12月くらいまでは街中を歩くしかない状態です。街中を歩いていると、区画整理が行われているのか空き家がどんどん取り壊されているのを見ます。子ども時代からあったお店や家がどんどん壊されてなくなっているのを目の辺りにすると、なんだか切ないような気分になります。新しい建物ができると、そこが以前どんな状態だったかわからなくなり、おぼろげになってしまった少年時代の記憶が消し去られるような感じがします。そのことがいいことなのかそうでないのかなのかよくわかりませんが、街が変わると言うことはそういうことなんでしょうね。以前は歩きながら新しい教材のことを考えていましたが、最近はここはどんな建物があったのかと考えながら歩くことが多いです。

(進展せず)10/12
 車イス用のカッパは数日考えてきましたが、これでいこうという所までには至らず。しばらく忘れてアイデアが浮かぶのを待つことにします。なんと言っても身近に車イスがないので、頭で考えても行き詰まってしまう感じですが、ないものは仕方がない。
 閑話休題。10月・11月は、色々な特別支援学校で文化祭が行われると思います。私が勤めていた行田特別支援学校も今月の下旬に「スマイル祭」として文化祭が行われます。私の教え子達が高3になっているので、その日は行田市まで出掛ける予定でいます。学校にいる最後の教え子達ですが、私の中では可愛かった小学部の姿のままです。小2~小5までの4年間見た学年でみんな可愛かったけれど、いつの間にかお姉さん・お兄さんになって感慨深いものがありますね。この子達が来年卒業すると、もう学校とはつながりがなくなるのもちょっと寂しい気がします。

(車イスのカッパ)10/8
 今日は一日中車イス用のカッパを考えていました。校外学習や修学旅行等で急な雨に襲われた際に、10秒かからないで車イスに座っている子ども達が濡れないようにできるものはできないだろうかというものです。ずっと考えているといくつかの案が浮かんでは、そのアイデアの欠点が見えてボツの繰り返し。さすがに夜中になって疲れ果てて、今日は考えるのをもうやめようと・・。明日また考えてみます。

(雲)9/30
 空気が澄んでいるせいか、空に浮かぶ雲の白い姿が美しく感じられます。雲の形も夏の積乱雲のような危険な力強さとは違い、絹雲のように繊細な感じがいいです。小学生の頃は、夏休みは終日市民プールで友達と遊び、空に広がる積乱雲を見ては夏を満喫していましたが、最近は、積乱雲を見るとちょっと怖いなあと思う方が多くなってきました。
 日に何度も空を見上げて雲の形や雲の白さと空の青さとのコントラストを楽しんでいますが、街中ですと建物が邪魔になって広々とした空間が臨めません。散歩がてら郊外の畑のあるほうまで数㎞歩き、そこで赤城山や日光連山や谷川岳・浅間山などを望みます。広角レンズを持っていないので、見える風景をダイナミックに撮ることができないのは残念ですが、まあ仕方がないかな。以前は一眼レフカメラを新しく買おうかと思っていましたが、まあ今あるカメラでもいいかと思うようなったら物欲は消えました。あるものを使い切るということでしょうか。子どもの頃から好きだった雲のおもしろい形を写真に撮って記録するものいいかなと思いつつ、その為には建物に空が遮られない場所まで行かなければと思うと、ちょっとそれも面倒かなと思ってしまい見るだけの毎日。
 この頃なぜだか昔小笠原の父島で見た雲がなんだかとても懐かしく感じられ、もう一度行ってみたいと思いますがなかなか・・。もうあれから40数年経ちました。小笠原も随分と変わったでしょうね。遊覧船かと思うくらいの小さな船で東京から小笠原まで44時間かかったと思います。東京湾から出ると海の碧の美しかったことやトビウオが数十メートル飛翔する姿に感動したことやら思いだします。小笠原では電波が届いていないこともあってテレビは見られず、新聞も1週間分だったがまとめてどーんと1軒しかない小さなスーパーに届いてくることや砂浜にスクリーンが常設されていて波の音を聴きながら映画を見たことが夢のようです。雲を見ていると色々なことを思いだすのがおもしろいですね。

イラスト(9月も終わり・・)9/26
 9月も後数日で終わろうとしていますが、今月も何も作らずに終わりそうです。お花紙で新しいもの(花)を作ろうと、折り方・切り方・染色の方法を色々と試しましたが、「これは子ども達にも作りやすくて新鮮だなあ」というものは作れず、「んーん」と唸るばかり。大人なら作れるけれど、子ども達には難しいと。しばらくお花紙のことは忘れて、ぽっと頭にアイデアが浮かぶまでお花紙を使った工作はお休みです。
 閑話休題。我が家は今リフォーム中なので、外での工作はできません。毎日職人さんが入ってくるので、庭には職人さん達の車が停まっていて工作は無理。職人さん達は若い方が多く、朝早くから入って暗くなるまでがんばってやってくれているので、若い人っていいなあと感心しています。若い人だと大丈夫なのかなあと考えがちでしたが、がんばっている姿を見るとこれって学校と同じかもと思うようになりました。経験は大事ですが、なによりも真摯に頑張る姿勢が大事ですから。

イラスト(お花紙)9/14
 家の納戸に置いてある教材作りの材料(殆どがダイソーの商品)を見ていて、「お花紙」に目がとまりました。お花紙は、学校にいる時には色々な行事で使いましたが、もう現役ではありませんから使うことはありません。昔使ったものの残りがあったわけです。しばらく見ていて、これで新しいものがつくれないものかと考え、花の縁の色が違うものを試してみましたが失敗。なんだか血塗られた花のようになってしまい気持ちが悪いこと・・。それは絵の具が薄い紙に毛管現象のように吸い上げられてしまうからです。2回ほど試して、当初考えたアイデアではダメだということがわかりました。また、お花紙は薄いので、色がついた部分が貼りついてしまい、1枚ずつ紙を引っ張って花を作ろうとしても破けてしまうのです。今までのアイデアではダメと言うことです。まだ別のアイデアがあるので、次回はそれを試してみようと思います。お花紙はハサミを入れることでタンポポの花のようにもできますが、もうちょっと工夫して違ったものができないか、しばらく試してみるつもりです。
 これからは新しい教材作りだけでなく、「教材・教具のリンク集」に新しい学校を入れたり、一つ一つの教材・教具についてわかりやすい指導の例を入れたりしていく予定です。

イラスト(1ヶ月半ぶりです。)9/10
 7月の終わり頃、「掲示板」に教材作りについての質問が届きました。作り方の説明のわかりづらくなっていた図を変え、新しく写真を追加してその質問にお答えしたのですが、「掲示板」にはその後何も書かれてきませんでした。「わかったのかな?」・・と気になっていたのですが、ちょっと引っかかる気分になりました。 おもちゃ作りなどで一般の方から質問が来た時に、反応が戻って来ない場合は「きっとわかったんだろうな・・。」と思うようにしていますが、先生方からの質問になる教材・教具では、ちょっと違う気持ちになります。先生方は、子ども達に「人に何か親切にしてもらったら、必ずありがとうって言おうね。」と、指導していると思います。私は、自分自身への自戒も込めてそう指導してきました。そんな指導をしているはずの先生が、「ありがとうございます」と言えないのはどうなのかなと・・。
 8月に友人のA先生に会ってその話しをした時に、「ホームページを17年間やってきてそういったことが3~4回しかなかったのは、むしろホームページを活用してくれている先生方の質が高いと言うことになるのかもしれないけれど、先生の場合はちょっと残念なんだよね。子ども達に教えていながら、自分はできないなんて・。」と言うと、彼から「それで更新しなくなったの?」と言われました。今回のことでかなりがっかりして、制作意欲がなくなったことは確かです。

 ちょうど腰の具合や脚のしびれのこと・お腹が出てきたこと・ちょっとした段差で足がひっかかることなどがあったので、しっかり直そうと8月はストレッチと筋トレと正しい歩き方・食事内容の見直しを真剣に毎日取り組みました。教材の制作は上記のようなこともあったので、ちょっと忘れて1ヶ月半たちました。
 ぽっこり出てきたお腹は腰を反らして脊柱管狭窄症の症状(脚のしびれや感覚マヒ)を引き起こしますが、この1ヶ月半で体重が5㎏・ウエストは5~6㎝減ってお腹は引っ込みました。腹筋の割れ目もつき胸も以前よりずっと厚くなってきています。少しの段差で足を引っかけていたこともなくなりました。家庭でもがんばれば、ライザップの宣伝のようにお腹がぽっこり出ていたのが、細マッチョに変身という感じになります。腹筋や背筋・大胸筋・下肢などをこれだけ鍛えるのも初めてでしたが、これからは今よりも体脂肪を減らすのが目標です。見た目よりも使える体に変えなくては意味がないので、柔軟性もあげていこうと思っています。
 ・・・ということで1ヶ月半パソコンには殆ど向かってきませんでした。こんなに長く教材・教具について考えなかったのはいつ以来かな? 質問しっぱなしの先生への違和感は残っていますが、教材の制作は再開しようと思います。先生方が、子ども達を伸ばせるいい授業を行える一助になればというのが、このHPを始めた頃の初心ですから。・・初心は大事です。


アニメーション更新した内容です。

更新した内容は、わかりずらくなるのをふせぐため、2~3週間位で古いものから消していきます。ここに訪れてくださった方々が、新しい情報についてすぐにわかるようにしたいと思っています。

自己紹介、制作上の留意点等
色々な教材・教具1(自立活動・基礎学習)
色々な教材・教具2(国語)
色々な教材・教具3(算数・数学)
色々な教材・教具4(図工・美術) 
色々な教材・教具5(体育・あそび) 「タンバリンの的当て」「段ボール箱の的当て」が入りました。10/18
色々な教材・教具6(作業)
色々な教材・教具7(日常生活の指導)
色々な教材・教具8(音楽)  「肢体不自由児用の鈴の楽器」が入りました。10/18
色々な教材・教具9(生活単元学習・特別活動)
色々な教材・教具10(社会・理科)
色々な教材・教具11(その他) 
 教材・教具の制作と活用の手引き Q&A
教材教具のHPリンク集
「茨城県立内原特別支援学校」「中村工房」「山梨県立ゆきわり養護学校」「大阪市立特別支援学校教育研究会」「東京都立中野特別支援学校」「鹿児島県立鹿児島養護学校」「東京都立城南特別支援学校」が入りました。9/30
「沖縄県立名護特別支援学校」「神奈川県立小田原特別支援学校」が入りました。10/1
「青森総合学校教育センター」「やまぐち総合教育支援センター」が入りました。10/12
0から始める教材作り1
0から始める教材作り2
0から始める教材作り3 
0から始める教材作り4
0から始める手作りおもちゃ1
0から始める手作りおもちゃ2 
0から始める手作りおもちゃ3 
0から始める手作りおもちゃ4 
0から始める手作りおもちゃ5
0から始める手作りおもちゃ6 
0から始める手作りおもちゃ7 
0から始める手作りおもちゃ8 
0から始める手作りおもちゃ9 
0から始める手作りおもちゃ10  
カワセミの小窓  しばらくHPからはずします。データ量削減のため。
ぐんまこどもの国の野鳥   
絵本のページ
子どもと一緒に楽しい実験をしてみましょう
 

ページの最初に戻る