0から始める手作りおもちゃ1       

 

アニメーション このページでは、おもちゃ作りの手順を写真と文章でわかりやすく説明します。小さなお子さんから昔子どもだった私たち大人まで、作って・遊んで楽しみましょう。おもちゃ作りの本を読んでもよくわからない部分があったり、実際に作ってみるとどうもうまくいかないという皆さんが「なるほどね!」とわかるページにします。
※ここで紹介したおもちゃは、オリジナルのもの以外は各種のおもちゃ作りの本を参考にしたり、手を加えたりしたものです。


  
 イラスト   「おもちゃ作りの教室2004」の様子      イラスト  「おもちゃ作りの教室2005」の様子

イラスト  「熊谷トイライブラリー:夏休み企画のおもちゃ作り] 2011」    

イラスト   おもちゃ図書館全国連絡会  東海・北陸地区ボランティア大規模研修会・名古屋 2011 

イラスト   熊谷市社会福祉協議会「親子で手作りおもちゃ体験」2014

   熊谷市社会福祉協議会ボファミリーサポートセンター「おもちゃ作り」2015




 ロール式紙芝居 紙皿の皿回し 角皿回し さそりの標本取ってタイプ      
ロール式紙芝居の卓上版   ライトセイバー   紙皿回し  角皿回し さそりの標本の荷物の取っ手タイプ  CDのホバー    
はがきのグライダー さそり   スケルトン  びっくりへび  巨大さそり  ミニくす玉 登るおもちゃ  小さな町・鉄道編  おみくじ    アナポリス
はがきのグライダー  さそりの標本  スケルトン びっくりへび  巨大さそりの標本  くす玉   登るおもちゃ   小さな町 おみくじ  ハブラッチくん   不思議な楽器「アナラポス」 
 竹のドアチャイム    もどり車  忍者マスクと鉢がね 空気砲  フィルムケースのビーダマン  ペットボトルのフリッパー  キャラメルの箱の遊び    プカプカ金魚すくい  水のレンズ
竹のドアチャイム  ストロートンボ  もどり車   忍者の鉢がね  空気砲  フィルムケースのビーダマン  フリッパーU  昔の遊び(キャラメルの箱で   ゆらゆらバランス プカプカ金魚すくい  水のレンズ
 ボヨヨンボール  ふらふらのボール  ストロー輪投げ  鉛筆立て お盆の迷路     プラスチックの皿回し  児童と作るスマートボール      
 ボヨヨンボール ふらふらボールのボーリング  ストローの輪投げ 鉛筆立て  迷路(お盆)  石に絵を描く  プラスチックの皿回し 児童と作るスマートボール   糸電話  かんたんコマ  紙コップのけん玉  
 CDのこま 完成 お散歩ペット   おばけ  風船の人形  サッカー場     真空鉄砲  ブーメラン  
 CDのこま 星を作る お散歩ペット  牛乳パックのおばけ 風船の人形  ストローでサッカー  CDの虹色円盤ミニ  迷路2(形の変わる)  真空鉄砲  ブーメラン   石の包丁
ストローのフリッパー   CDのヨーヨー 缶ぽっくり   大型ぐにゃぐにゃ凧 プロジェクター  キラキラペットボトル  魚釣り用の魚 小さな動物園  ストロー飛行機 紙筒の飛行機  アルミの大きな皿回し
フリッパー CDのヨーヨー  缶ぽっくり  大型ぐにゃぐにゃ凧  プロジェクター  キラキラペットボトル  水に浮く魚釣りの魚  小さな動物園  ストロー飛行機 紙筒の飛行機  アルミ大皿回し



                   
青い空

掲示板『青い空』 


気軽に作り方の質問をしてください。



 『おもちゃ作りの教室』の様子
おもちゃ作りの教室楽しい実験の様子紙皿回しをやっているところ 「おもちゃ作りの教室」は、おもちゃ作りとおもしろい実験・体験を私が講師役になって、私の学校(埼玉県立熊谷養護学校)の先生方や児童・生徒と保護者のお母さん方、学校近隣の小学校・中学校の先生方が参加されて行われたものです。参加の希望があればどなたでも参加できる楽しい教室です。おもちゃ作りの翌日は「教材・教具の教室」を先生方と行いました。私はH17年度に行田養護学校へ転勤しましたが、今年も熊谷養護学校のほうで夏休みに行う予定です。今年は、8/11と8/12の予定です。                              埼玉県立熊谷養護学校にて 2004.8.3


『おもちゃ作りの教室』の様子
会場の様子ロケットに空気入れロケット発射ストローサッカーの体験 8/11に行われた「おもちゃ作りと楽しい実験の教室」の様子です。50名程の先生方・お母さん方・お父さん方とお子さん達と楽しい時間を過ごしました。おもしろい実験は、水切り籠の上に乗ったコップの水がこぼれないのにみなさんびっくり。火おこし・ストローサッカー・スリットボックス・アフリカの楽器カリンバの体験も好評でした。
 
埼玉県立熊谷養護学校にて 2005,8,11 


熊谷トイライブラリー夏休み企画「親子でチャレンジ 手作りおもちゃ」
お母さんたち、がんばっています庭でシャボン玉準備中の私 作ったおもちゃは、「CDの虹色円盤 」「傘袋のロケット」「誰でもできるシャボン玉」「にわうるし」「紙皿回し」「リングウェーブ」。ストローだけでもこんなものができますよという参考に作って見てもらったのは、「ストロー笛」「ストロー飛行機」「ストローのフリッパー」。ドイツのおもちゃのインオワアウト(私が作ったもの)はなかなか転がした木の玉が入らなくて大人も子どももみなさん悪戦苦闘していましたが、入るとその分うれしさも違うようです。CDの虹色円盤はお家で部屋を暗くしてライトを当て、きれになのに驚いたと連絡がありました。      熊谷市江南にて 2011.8.1 


おもちゃ図書館 東海・北陸地区ボランティア大規模研修会・名古屋
参加者のみなさん制作説明 おもちゃ図書館全国連絡会の東海・北陸地区大規模研修会(名古屋)では、CDの虹色コマ・立体コマ・紙皿回し・不思議な楽器アナラポス・ストロー笛作りを行い、参考にと言うことで誰でも跳べる縄跳び・ストローの簡単吹き矢・簡単に作れる的・リングウエーブ・誰でも作れるシャボン玉・傘袋で作るロケットの作り方の紹介をしました。参加された皆さんは年配の方が多かったのですが、ストロー笛はすぐに吹くことができ、紙皿回しも教材・教具の研修会の時の若い先生方よりも上手に多くの方が回せたので、正直驚きました。勘の良さに脱帽です。人生の先輩が多かった研修会でしたが、さすがだなあと感心するばかりです。まずは自分がやっておもしろい楽しいと感じないと、おもちゃ作りは進みませんから・・。ワークショップの終わりに、参加者の皆さんから「楽しかった!」「ありがとうございます。」とおっしゃっていただき、いい1時間半になりました。準備に時間もかかり、初めて訪れた名古屋までの往復に10時間以上かかった疲れも、みなあさんからの「楽しかった!」のことばでで吹き飛びました。  名古屋市社会福祉会館にて 2011.11.23


熊谷市社会福祉協議会ファミリーサポートセンター「親子で手作りおもちゃ体験」
制作中虹色CDコマの制作坂を登るコマ この「手作りおもちゃ作り体験」では、虹色CDコマ・紙皿の天使・紙コップのピーク・トンボやドラゴンのやじろべえ・ソーラークッカー・紙皿回しの計6点を2時間で制作しました。小学生は親子で参加した人も小3と小1の兄妹だけで参加した人もいましたが、ボランティアセンターの方々も応援に入ってくれたので、スムーズに制作ができました。手作りおもちゃ作りでは、他では余りやらないようなものを選んで行いましたが、楽しんでもらえたようです。 熊谷市ファミリーサポートセンター 2014.8.6


熊谷市社会福祉協議会ファミリーサポートセンター「おもちゃ作り」
話しながら制作中ブックカバーCD虹色円盤 今回の「おもちゃ作り」は、参加者が大人の方々でしたので、2時間で「アクリルフォルダーの文庫本のブックカバー」・「虹色CDコマ」・「紙皿回し」の3点を作りました。参加者は、女性が多かったのですが、年配の男性の方も2名も参加されていて、テーブル事に和やかに工作を楽しんでもらえました。3点とも初めて体験するおもちゃ作りだったようなので、面白さを感じてもらえたようです。特に「虹色CDコマ」は、部屋を暗くしてライトを当てると虹色の光の輪が浮き上がり、「きれい!」と驚いてもらえましたね。  熊谷市ファミリーサポートセンター 2015.12.9




ライトセーバー
ランチャーライト(道具・材料)
ホームセンターで売っている透明の管(ライトが挿入出来るか実際にライトを持っていって入れて確かめます。1700円位です。)、ダイソーで売っている「3LED ランチャーライト」・クリアフォルダー(A3サイズ)・アルミの板・黒い画用紙、輪ゴム、ボンド、はさみ
 
アルミの板に黒い画用紙を貼りますライトを簡易挿入アルミの板を巻いた様子握ってライトオン(制作の手順)
@クリアフォルダーの閉じてある部分をハサミでカットして広げます。横をハサミで切って2つにします。切ったクリアフォルダーは、丸みをつけるためクルクル巻いて輪ゴムでとめておきます。

Aアルミの板を巻いて輪ゴムでとめておきます。アルミの板に丸みをつけるためです。


完成光る様子B黒いが証紙をハサミで切って細い板にします。丸めて置いたアルミ板にボンドで黒画用紙を貼り付けます。

C透明の管にクリアフォルダーを丸めて入れます。(クリアフォルダーが入っていないとボーッとした光になりません。)

Dランチャーライトを管に差し込み、アルミの板を透明の管に巻き付けます。アルミの板には粘着剤がついていますが、すぐにはつかないのでしばらく輪ゴムを6〜8本くらいぎゅっとはめておきます。

Eアルミの板が管にしっかり貼りつけば完成です。ライトのスイッチを入れれば淡い光が管全体を照らします。


イルミネーションライトライトセーバーライトセーバーライトセーバー赤色のライトイルミネーションライト
※イルミネーションライトを管の先端に差し込めば、色の変わるライトセーバーになります。




 「水に浮く魚釣りの魚」
 床の上に魚をちらばして魚釣りを行うのもいいのですが、どうも魚釣りという感じがしません。魚は水の中にいるわけですから、釣り上げる魚と水はセットで考えたいものです。この魚釣りの魚は、ラミネーターされていて発泡スチレンボードも這ってあるので、大きなたらい等に水を張って、その中に浮かべることができます。これでかなり魚釣りのイメージに近くなってきました。ダブルクリップは、ひろげた状態で使うときは、釣り糸の先がフックになっているものを使います。フックは、100円ショップに売っているフックを使うと便利です。釣り糸の先に磁石をつけて使うときは、マグネットシートを糸の先に結んでつけるなどして、ダブルクリップはたたんで磁石がつきやすいようにして使います。手や腕の操作、目と手の協応動作の向上など、遊びながら身についていけるでしょう。
(道具・材料)
発泡スチレンボード(100円ショップではカラーボードという名称で売っていることがあるので、わからない時には店員さんに聞くといいでしょう。ホームセンターでも売っています。)、ダブルクリップ、竿に使う棒、糸(たこ糸)、ラミネーター、ラミネートフィルム、パソコン、プリンター
魚の絵をラミネートしますカラーボードに貼ります(制作の手順)

@インターネットで魚の絵で無料の物をダウンロードします。(イラストの上でマウスを右クリックし、「名前をつけて保存」にします。)

A「一太郎」や「Word」で画像を貼りつけて、プリンターで印刷します。(可能ならば絵を反転したものも印刷しておくといいでしょう。)


ボンドか両面テープで貼り付けますB印刷した魚の絵をはさみで切ります。(おおざっぱでいいと思います。)

Cラミネーターで印刷した絵をラミネートします。これで水に濡れても大丈夫です。

Dラミネートした絵の周囲をはさみで切ります。

Eボンドか両面テープで発泡スチレンボードに貼りつけます。


カッターナイフで形を整えますカッターナイフで切って形を整えますダブルクリップをつけますFカッターナイフでスチレンボードを切ります。

Gクリップを取り付けます。

H竿は100円ショップに行けば竹の棒が3本100円で売っています。





  水のレンズ 
(道具・材料)
100円ショップ(ダイソー)で売っている商品(半円球の中にものを入れる飾り)
、ビニールテープ、水、色の濃い紙 
ダイソーの商品・水を入れます虫眼鏡のように焦点を合わせます紙に焦点を当てています紙が焦げました(制作の手順)
@商品には透明の半球が2枚重なって入っているので、1枚は取り外します。

A水を入れます。これで、水のレンズができます。

B天気の良い日に外へ持っていき、虫メガネで黒い紙を焼くのと同じように焦点を紙に合わせていきます。焦点になる小さい光の点の大きさは3oくらいがいいでしょう。

C数分で紙からけむりが上がり、紙を焼くことができます。




イラスト    ロール式紙芝居の卓上版
(道具・材料)
100円ショップで売っている箱(なるだけ大きいもの)・丸棒1本(太さが1p位。ダイソーに売ってなければホームセンターで)、ワッシャー8枚(ホームセンターのボルト・ナットのところにあります。穴お大きさが丸棒の太さより大きなもの)、セロテープ、のこぎり、ボンド、定規、ペン、カッターナイフ・きりまたは千枚通し・布やすり、マジック、輪ゴム6本、布ガムテープ(紙のガムテープは使いづらいので、布のガムテープがお勧めです。)
構造図箱の寸法図丸棒はワッシャーの穴より細いものをボンドで貼り付けます3枚重ねた様子(制作の手順)
@左の写真がロール式紙芝居の構造です。丸棒にロール状の絵を巻き付け、それがたるまないように輪ゴムで押さえるようになっています。箱の大きさによってロールにする絵の紙の大きさや箱自体の寸法も変わってきますので、作り方はあくまで参考というふうにしてください。

A丸棒の太さよりも穴が大きいワッシャーを用意します。ワッシャーは、丸棒が回転するときに丸棒がずれないようにするものです。


Bワッシャーにボンドをつけて3枚を重ねます。これを2個分作ります。(丸棒の左右に1個ずつということです。)

丸棒をのこぎりで切ります棒の先端を丸めます布やすりで棒を丸めますC丸棒の長さを決めます。短い方は箱の縦の長さより1p長くします。長い方は、箱の縦の長さよりも5p位長くします。のこぎりで丸棒を切っていきましょう。

D切った丸棒の下側になる方の先端をカッターナイフ等で削って丸くします。丸くするのは回転しやすいようにするためです。ナイフを使いたくないときは、少し時間はかかりますが、布ヤスリに棒をあてて根気よく丸めていきます。写真ほどではなくても大丈夫です。

紙箱の底を型−ナイフで切ります紙箱の底を切り取った様子E箱の底側に穴をあけます。寸法は左右の幅が5pで上下を2p残します。上の寸法図はこの箱の大きさでの穴の大きさを表していますが、箱がこれよりも小さい場合は多少変わっていくでしょう。あくまで参考にしてください。
定規で左右5p・上下2pの幅の線を引き、カッター内と定規を使って切っていきます。2回くらい線に沿って切ると、カッターナイフがずぼっと中に入るので、定規をあてながらゆっくり引いて切るときれいに切ることができます。



絵の印刷棒に巻き付ける部分を貼りますセロテープで貼ります絵を貼って巻物のようにします絵の紙の上下を1pずつ切りますF紙芝居の絵は、自分で描いても良いしデジカメで絵本の写真を撮ってプリンターで印刷してもいいでしょう。写真の紙の大きさはA4サイズです。A4用紙で何も印刷されてない紙を半分に折ってからはさみで切ります。切った紙は一番初めの絵の紙と最後の絵の紙にセロテープで貼ります。棒に巻き付ける部分になります。絵を順番に貼ってロール状にします。絵の紙の上下を1p幅にはさみで切ります。A4サイズのままですと箱の高さと同じなので、スムーズに巻き取れなくなるからです。

穴をあけます穴をあけます穴を広げます穴を更に広げますG箱の上側に棒を通す穴をあけます。穴の位置は巻き取る紙の量で違うので、余り箱の壁側に近づけないようにします。紙を棒に巻き付け、その太さよりも壁からはなすようにします。今回は穴の壁から3p・横の壁から3pはなしたところに穴をあけましたが、もう少し離した方が良いかもしれません。
穴をあけるのは、穴の位置が決まったら初めにきりか千枚通しで穴をあけます。次にプラスのドライバーで穴を広げます。更にペン等で穴を広げます、広がった穴にマッキー等のマジックで穴を更に広げます。最後に丸棒を入れてぐりぐり回して穴を広げます。箱の上の左右に穴をあけ、入れた丸棒がスムーズに回転すればOKです。

輪ゴムを3本つなげます輪ゴムを固定しますボンドでワッシャーを貼ります。輪ゴムを左右にテープで貼り付けますH輪ゴムを3本つなげます。輪ゴムはロール式の紙をたるまないように押せる役目をします。
写真は丸棒に近すぎたので、もっとはなしてつけると良いでしょう。布ガムテープを細くしたものを輪ゴムの輪に通し箱に貼り、そのテープが取れないようにガムテープを細いテープの左右に貼ります。




ロールになった絵をテープで棒に貼ります輪ゴムの間を通すロール状の紙を輪ゴムに通しますI丸棒に絵の初めの方をテープで貼ります。

J箱の上側に開けた穴の右側に丸棒の上の部分を差し込み、少し押し上げながら丸棒の下側をワッシャーの穴に入れます。


Kロールした紙を引き出し、輪ゴムの下側を通します。左側の丸棒のところまで紙がきたらテープで丸棒に貼ります。これで完成です。


中の様子完成次の画面にL箱の前側は、箱の底側なので装飾がありません。今回は時間がないので、黒い布ガムテープを貼ってみました。
 




イラスト    紙コップのけん玉
(道具・材料)
100円ショップで売っている紙コップ2個・割り箸・ピンポン球か紙を丸めたもの、セロテープかビニールテープ、糸、カッターナイフかはさみ、ペン
 
割り箸の幅の印をつけます印のところを切りますボンドを塗りますボンドを塗って指で割り箸を押さえつけます(制作の手順)

@紙コップの底側に割り箸を当て、紙コップの縁(糸底)に印をつけます。ここがはさみで切るところになります。

Aはさみで切って折り曲げます。

B割り箸を置くところにボンドを塗り、割り箸を押しつけます。


テープを貼って仮止めテープをぐるりと巻き付けます完成Cもう1個の紙コップの底と合わせ、テープで仮止めして動かないようにしてからテープをぐるりと巻き付けます。

Dピンポン球か紙を丸めたものに糸をテープでつけます。

E割り箸の先端に糸を結びつけて完成です。




イラスト    キラキラペットボトル
(道具・材料)
ペットボトル、100円ショップのダイソーでで売っているセロファン・折り紙(ホログラムシール) 、はさみ、水、
ホログラムの折り紙セロファンとホログラムの折り紙ペットボトルを倒した様子ペットボトルを立ててみる(制作の手順)

@セロファンやホログラムシートをはさみでペットボトルの口の大きさよりも小さく切ります。(折り紙や色画用紙は紙なので、水に浮いてしまってペットボトルの水の中できれいに回転しません。)

A切ったセロファン等をペットボトルの中に入れ、水を70〜80%入れます。

Bペットボトルをぐるぐると回転させて、セロファン等がきれいに回るのを楽しみます。ペットボトルの上下を逆さまにしても横に倒してもきれいです。




 イラスト    簡単ブーメラン発射台
簡単ブーメラン発射台とブーメラン発射台の様子 (材料)牛乳パック・輪ゴム(2本)・布ガムテープ・厚画用紙

(作り方)
牛乳パックの口側の下側を半分閉じる。上側を山折りにしてガムテープで補強する。輪ゴムは2本をからめて1本にする。牛乳パックの前側にカッターナイフで切り込みを左右に入れ、輪ゴムをはさみこんだらガムテープで固定する。ブーメランは、厚画用紙を型に切って、のりで2枚重ねにする。輪ゴムを手前に引いて、口の山形のところに引っかける。輪ゴムにブーメランをはさみ、山型になった蓋を上に少し上げると発射されます。
腕を振ることができない子(筋ジスのお子さん)は、上の「UFO」で遊ぶことができません。友達が「UFO」で遊んでいるのをうらやましそうに見ているしかないので、指をほんの少しだけ動かすというだけの操作で飛ばせるようなものを『作ってあげるよ。』と約束したので、簡単にできて遊べるものとして考えたのが、このブーメランと発射台です。学校でその子とやってみて、ほんの少しの指の動きだけでブーメランがびゅーんと飛んでいったので、にこにこでした。それを見ていた「UFO」組の子どもたちが、「いいなー」と言い出したので、今度はその子達の分も作ることになりました。牛乳パックさえあればすぐできるので、子どもたちが喜ぶなら、やるしかないでしょう。我ながらいい発想のものができました。次は、学年の目の見えない子が遊べる安全な楽器を考える予定です。 




CDのホバー
CDのホバー風船をつける前の様子 材料は100円ショップのダイソーでそろいます。作るのも小学生ならば難しくありません。

(材料・道具・作り方)

 「0から始める教材作り2」のページをご覧ください。




イラスト     鉛筆立て
 今は季節は秋です。秋と言えばどんぐりや松ぼっくりを使った工作が考えられますが、100円ショップをのぞくと貝殻やビーズなどきれいなものがたくさん売っています。・・といことで今回は秋なのに夏の海を感じさせる鉛筆立てです。どんぐりが手にはいるようでしたら、ビーズや貝殻のかわりにどんぐりを使ったほうが秋を感じさせていいでしょう。作り方は同じですので、どちらも工作してはいかがでしょう・・。簡単に作れるのに実用性もあるし、作り手の個性も出てくるので楽しい工作です。
シーシェルコレクション箸たて(道具・材料)
100円ショップで売っている箸立て(ガラスのコップでもOkですが、子どもたちが落として危ないような場合は、プラスチックのもののほうが安心です。鉛筆立てとして使う場合、ある程度重さがないと不安定になりますが、紙粘土を厚めに貼るとしっかりしてきます。)・紙粘土(1袋)、シーシェルコレクション、ビーズ等
紙粘土を貼り付けます貝殻やビーズを押し込むようにして貼り付けます鉛筆立て(制作の手順)
@箸立てに紙粘土を厚めに貼っていきます。薄く貼ってしまうと、ビーズ等が押し込んでもすぐに取れてしまうので、思い切って紙粘土は厚めに貼っていきます。

A貝殻やビーズやガラスボールを押し込むようにして貼っていきます。

B紙粘土が乾いたら完成です。




イラスト     紙を星形に切る方法
 こちらの方法は方法1よりもずっと簡単で、紙を折ってはさみで切るだけです。元々の紙の大きさを変えれば星形の大きさも変えられます。こちらは、子どもたちでもできる子が多いと思います。
(道具・材料)
紙は折り紙でも厚紙でもなんでもOK、はさみ
2つに折る折り紙2つに折る2つに折る折ったところ折ったところ(製作の手順)
@折り紙等の紙を用意します。(紙は正方形がいいでしょう。)

A左の写真のように半分に折ります。

B2つに折った紙を真ん中でまた折ります。(写真右側のようになります。)

ハサミで切る切った様子切った様子完成Bこの紙をまた、2つに折ります。(写真の左側)折った形は写真右側のようになります。

Cはさみで切ります。切る角度によって星形が太めになったり、細めになったりしますので、いくつか切ってみて確かめてください。




イラスト    簡単に作れるパズル
 100円ショップの商品を使って誰にでもできるだけ簡単に子どもたちが喜ぶようなパズルができないかと考えて作ったものです。簡単に作れるので、マットさえ買っておけば、パズルのピースをやさしいものから難しいもの(パズルのピースの数を少ない枚数から多い枚数へと増やす・ピースの形を単純なものから複雑なものへ等)へと変えられます。作ることが難しいとなかなか作る気になりずらいし、作ってみて実際に使ってみたらところ、子ども達の実態に合わなかったりしたら努力も無駄だったということになりますが、簡単に作れるなら、そういった点もすぐに修正できます。マットは、絵を描いたりする必要もなく、適度な厚みもあり柔らかいのでけがの心配もないので、うまく使えばいい素材です。
(道具・材料)
100円ショップで売っているマット(キャラクターの柄)・将棋盤・カラーボード、カッターナイフ、定規、サインペン、ボンド
将棋盤のサイズにマットを合わせるマットの余分な部分を切り取ります将棋盤の隙間をカラーボードで埋めます(制作の手順)

@将棋盤の底側のサイズに合わせて、マットにサインペン等で線を引き、マットの縦・横をカッターナイフで切ります。

A将棋盤の縦のサイズがマットよりも1pほど長いので、隙間はカラーボードを切ってうめます。(ボンドで接着)


マットの裏側に線を引きますカッターナイフで切りますパズルの完成Bマットの裏側に線を自由に引きます。

C線に沿ってカッターナイフで切れば、パズルが完成です。




  あのねホン
あのねホン 「あのねえ・・・」と小声で話したい先生や友達の耳元で小さい声でささやいても、案外声は外に漏れてしまいますが、メガホンを口にして話しかければ声は殆ど漏れませんし、聞く側にもメガホンがついているので、声が耳にすっと入ってきます。
 今回は普通サイズのメガホンを使いましたが、メガホンはミニタイプの方が大げさにならなくていいかも・・・。友達や先生にに「あのね・・。」とやったり、伝言ゲームで使ったりといった使い道が考えられますが、おもちゃですので気軽に色々なところで使ったらおもしろいかもしれませんね。
(道具・材料)
100円ショップで売っているメガホン2個(普通サイズのメガホンでもミニサイズのメガホンでもOKですが、ミニサイズのほうがいいかな?。)・ビニールテープや超透明梱包テープ
(制作の手順)
@2個のメガホンの口をつける側をテープ(ビニールテープや超透明梱包テープ)で貼りつけるだけです。




イラスト    ゆらゆらバランス
遊んでいる様子 上の台に色々なもの(例えば教室に置いてある積み木等)を乗せて、落とさないようにバランスを取る遊びのおもちゃです。このおもちゃの利点は、楽しんで遊んでいるうちにバランス感覚や手指の巧緻性や集中力などが自然と高まる点にあります。やらされてやるのとおもしろいから自発的にやるのでは、結果は天と地ほど違うことになるでしょう。おもしろいと集中し、持続的に取り組めます。市販のおもちゃもいいのですが、受け持っているお子さん達の状態(手指の使い方等)を知っていて、それを反映できるのは子どもたちのことをよく知っている私達教員です。手作りのおもちゃは、市販品ほど美麗ではありませんが、なによりも安く手に入る点が手作りのおもちゃの良さです。休み時間や外の天気が悪くて外で遊べないときの自由遊びの時間に使いたいと思っています。 
(道具・材料)
100円ショップで売っているターンテーブル等の円盤状の板(2枚)・丸棒、針金(太め.今回は100円ショップの針金は細かったので、3oの太さの針金を使用。)、ボンド、電動サンダー、電動ドリル、水性ペンキ、刷毛
 
イメージ図円板の大体の中心を決める丸棒に針金を通す穴をあける(製作の手順)
@ターンテーブル等の円盤状の板の中心に電動ドリルで丸棒の太さと同じ大きさの穴をあけます。

A丸棒を長さ5pくらいの長さに切ります。(2本作ります。)丸棒の1本には下側に針金を差し込むための細い穴をあけておきます。もう1本のほうには上側に同じように細い穴をあけます。

水性ペンキを塗る針金をバネ状にした様子ゆらゆらバランス
Bターンテーブル等の円盤状の板の穴にAで作った丸棒をボンドを入れて差し込みます。

C針金を丸棒(10p〜)に巻いてバネを作ります。

D針金を丸棒の上側と下側に差し込んで完成です。

※必要であれば、@の後に円盤状の板にサンダーをかけ、その後水性ペンキを塗ってきれいに仕上げます。




イラスト    忍者の鉢がね
鉢がね 左の写真は、インターネットで調べた時に見た「鉢がね」です。金属部分に厚みがあって本格的なできのものです。制作するに際して、鉢がねという名称でいいのか確認する為に歴史関係にあるだろうと思って調べたのですが、あったのはコスプレサイトの衣装のところでした。ちょっとびっくり!今回紹介する「忍者の鉢がね」は、100円ショップに売っている鉢巻きを活用して作ったものです。遊び学習で忍者ごっこをする時に、忍者の雰囲気を出すように先生方や子どもたちが着用できるものです。 200円かからないで作ることができます。
ステンレスのシート(道具・材料)
100円ショップで売ってい鉢巻き、ホームセンターで売っているステンレスのシートか銅板のシート(ホームセンターのアルミ管やステンレス管などを売っているコーナーにあります。裏にのりがついている薄いシート状のものです。多分0,1o厚)
ダイソーのはちまき銅板をはさみで切りますはちまきに銅板を貼った様子(製作の手順)
@ステンレスシートをはさみ(100円ショップで売っているはさみでOK)で鉢巻きの縦の幅よりも小さめに切り取ります。

Aステンレスシートは、裏に粘着材(のり)がついているので、そのまま鉢巻きに貼ることができます。鉢巻きを頭にして、その頭のカーブに合わせた状態でステンレスシートを貼ります。(平らな机の上で貼ってから、頭に巻いてもシート自体がとても薄いので、それでも自然とカーブがつきます。)


ステンレスシートのはちがね忍者完成※もし、ステンレスシートや銅板シートがとれそうで心配であれば、シートにきりなどで穴をあけ、糸で鉢巻きにとめればOKです。普通に使うぶんにはそこまでしなくても取れたりしませんので大丈夫です。「0から始める教材作り2」で紹介している忍者のマスク(Tシャツ1枚をかぶるだけ)と合わせると雰囲気はぐっと高まるでしょう。
 




イラスト  もどり車
 もどり車は、ころころと転がすと途中から手元にころころと転がって戻ってくるものです。やってみるとけっこう楽しくて、どのくらい遠くまで転がしても戻ってこれれるかな?・・・と、試したくなります。家の中で遊ぶのも楽しいですが、もっと広い体育館のようなところでどこまで転がしていけるかチャレンジするといいですね。

 重しは、以前は本で紹介された粘土とクリップを使いましたが、今回は簡単にするため、ボルト・ナットのナットを使いました。
(道具・材料)
 ガムの缶や綿棒の缶などの円柱状の容器、輪ゴム1本、糸(または、細いひも)、ガムテープまたはセロテープ、はさみ、千枚通しかきり、楊枝、おもりになるもの(ナットや粘土など。粘土の場合は、クリップも必要。ナットは大きくて重いものです。小さくて軽いと転がしてもくるくる回ってしまい重しになりません。)
輪ゴムの真ん中に重しをつけますおもりのナット楊枝をガムテープで固定蓋と底の真ん中に穴を開けます(制作の手順)
@輪ゴムの真ん中にナットを糸でしばって取り付けます。

A缶のふたと底の中心にきりや千枚通しと穴をあけます。穴が小さすぎると感じたら、開けた穴にドライバー(プラスのドライバー)を差し込んで穴を大きくするとよいでしょう。



戻ってくるところ
粘土の重し完成B輪ゴムをふたの穴と底の穴に通すわけですが、これが非常に大変ですので、ここで一工夫します。
 写真上の一番左側を見て頂くとわかるように、輪ゴムの両端にあらかじめ10pくらいの糸かひもを結んでおきます。穴に輪ゴムを直接通すのは非常に苦労しますが、輪ゴムにつけてあるひもか糸を缶のふたと底の穴に通すのは簡単です。

 糸かひもを通したら、まずはふたか底の片方を止めます。止め方は、輪ゴムから結んであった糸かひもをほどいて、輪ゴムの先に楊枝(楊枝は、1本の1/2か1/3の長さ)を入れてからガムテープ等でふたに貼り付けます。
 ふたと底の両方に輪ゴムを楊枝とガムテープ等で貼り付けられたら完成です。
もどり車をそーっと転がせば、ある程度転がってから戻ってきます。




イラスト    迷路2(形の変わる迷路)
 休み時間などのちょっとした時間に遊べる「迷路」です。通常は、ダンボールやベニヤ板で作りますが、ダンボールよりも耐久性があって、取り扱いや工作もダンボールやベニヤ板よりも簡単な100円ショップで売っているカラーボード(発泡スチレンボード)を使ったものです。カッターナイフと定規があれば誰でも簡単に作れます。切り取った通路部分は捨てないで、はめ込むと通路の状態を変えることができるので、長く使えるものです。予算も300円位で済むので、作る側としては助かります。
(道具・材料)
100円ショップに売っている将棋盤とカラーボード(発泡スチレンボードB4版2枚)、ビー玉、定規、カッターナイフ、ペン、両面テープ
100円ショップの将棋盤ボードを取るときの穴の位置25×29pに切る2p幅の型赤のボードを敷く(制作の手順)
@将棋盤を裏返して、指を入れてボードを取り外す為の場所に印をつけます。電動ドリルで穴を開けます。位置は適当でいいですし、ボードを取り外して変更しないようでしたら必要はありません。

Aカラーボードをカッターナイフで将棋盤の中側の大きさにカットします。2枚作ります。

形が変わった様子2枚のボードを敷くB通路になる上に置くボードを作ります。形は自由に作っていきます。できればボードから通路の部分を切り離さないようすると、下側のボードと両面テープで貼りつけるときに楽です。

C写真左の通路の形のままではビー玉はゴールに入れないので、適当に切って迷路を完成させます。

Dカッターナイフで切り取った通路の部分はめ込むと、迷路の形が変わっていきます。




イラスト   お盆で作る「丸型の迷路」
完成形が変わった様子 100円ショップで売っているお盆とカラーボード(発泡スチレンボード)を使って作った迷路です。ベニヤ板などと違ってカッターナイフと両面テープだけで作れるので、誰でも材料さえあればすぐに作れます。制作の為の費用も、お盆・カラーボード(A4版を2枚)で300円程度で済みますので、財布への負担も少なくて助かります。制作時間は30分はかからないでしょう。
お盆(道具・材料)
 100円ショップに売っているお盆・カラーボード(発泡スチレンボードA4版)、ビー玉、両面テープ、カッターナイフ、コンパス、定規
ボードにコンパスで円を描くカッターナイフで切り取るコンパスで円を描く迷路の形の変更前完成(製作の手順)
@お盆の内側の大きさを定規で調べて、カラーボードにコンパスでその大きさの円を描きます。描くと言うよりはすじをつけるという感じになります。

Aカッターナイフで円を切っていきます。(下側の部分と通路の分用に2枚。1枚でもかまいませんが、1枚だとお盆の絵が見えてしまいます。)ゆっくりと切っていけば失敗は少ないです。

B円に切ったボードを左側の写真のように切ることで、通路部分がばらばらにならないようにします。円を3つ作ってしまうほうが簡単と思われる方は、勿論それでもOKですが、両面テープで貼りつける時に、ボードが1枚のつながった状態の方が楽です。

Cカッターナイフで切り取った通路の部分をはめ込むと通路の形が変えられます。




イラスト  プカプカ金魚すくい
プカプカ金魚 雨の日などに教室で遊べるもをということで作ったものです。私のクラスのお子さん達は、手指の巧緻性は特別すぐれているということもありませんが、はしは使えなくともスプーンはなんとか使えるお子さん達です。魚釣りは腕や肩のコントロールが主になる活動ですが、こちらの金魚すくいは、お祭り気分でやっていく中でトングの持ち方からスプーンの正しい持ち方へ進めたりすることをねらいとしています。ただ、遊びに余り枠をはめすぎると大人の思惑ばかりが出てきてしまい、遊び本来の楽しさが後退してしまうので、学習というねらいは胸の奥にしまっておいて、子どもたちが楽しく金魚すくいをやってくれる姿をにこにこ笑って見ていようと思っています。
(道具・材料)100円ショップで売っているたれ入れ(金魚の形とビンのような形のものが計20個入っています。)・カラースプレー、新聞紙、
たれ入れスプレーで色づけスプレーで色づけ(制作の手順)

@)金魚は、100円ショップのたれ入れの魚の形をしたほうを使います。この中に赤い色や黄色の色をつけた水を入れるのでもいいのですが、以前ペットボトルにポスターカラーで色をつけた水を入れておいたら、それを飲んでしまったお子さんがいたので、安全を考えてたれ入れ自体に色をつけて、中に入れる水は普通の水にすることにしました。カラースプレーは軽く吹きかけることで薄く塗ります。これで完成。

※100円ショップで売っているカラースプレーは油性が主です。たれ入れに着色しても強くこすると色の膜がはがれますので、はがれたらその時はまた塗る必要があります。




イラスト  小さな町
天気が悪くて、午後の自由遊びの時間に中庭で遊べない時、教室で子どもたちが積み木やソフビの恐竜や怪獣を出して遊びだしました。友達同士で一緒に遊ぶことはできないし、人が何か楽しそうに遊んでいると、それを取り上げようとする子の多い集団です。天気の悪い日に教室でも楽しく遊べ(それぞれが自分の世界で遊べ、友達に邪魔されずに遊びの世界に没頭できることで精神的に安定がもたらされる。)、やがてはその遊びの中に友達も入ってきて、友達同士で仲良く協力して遊べるようにと考え、その第一段階として遊びの世界に集中できるものとして作った「小さな町」です。クラスのお子さん達の半数は、電車がとっても好きな子達なので、電車が好きな場所に自分で置けるようにしたものです。下で紹介した「小さな動物園」は、動物好きなお子さん用のものです。「小さな〜」シリーズ(?)にして、取り合いにならないようにして、しばらく様子を見ることにしました。それぞれのお子さん達が自分の「小さい〜」に慣れてきたら、大きなものを作り、クラスのみんなで協力して遊んでいく予定でいます。
(道具・材料)100円ショップで売っているD・Dトレー・人形・車・木、電車等・カラーボード(B4サイズで紙が貼ってあるタイプ)・人工芝、はさみ、木工用のボンド、カッターナイフ、
トレイにカラーボードと芝生を敷く人工芝をはさみで切る底の突起の部分を切り落とす(制作の手順)
@D・Dトレーの大きさに合わせてカラーボード(B4サイズで紙が貼ってあるタイプのもの)をカッターナイフで切ります。


A人工芝をはさみで適当な形に切ります。人工芝の裏側の突起部分はそのままでもいいのですが、はさまいで切り落とすことで高さがその分低くなり、座りもよくなります。トレーに置いてみて感じをみます。

カラーボードで線路ボンドで貼り付けます線路B線路部分を作ります。鉄道好きなお子さんが使う予定なので、電車が通る雰囲気作りです。写真の線路は幅が広いので、もう少し狭い方がいいかもしれません。カラーボードの接着は、両面テープでもできますが、線路の幅が狭いので、ここではボンドを使いました。

C線路をトレーに敷いて、電車等を配置したら完成です。実際は、子どもたちがこれから好きに並べるので、それが完成ですね。


ジオラマ完成※鉄道の雰囲気を更に出す為に、音の出る絵本(トーマスの絵本)を一緒にしました。トーマスの走る音や汽笛の入っているものです。





イラスト  小さな動物園
小さな動物園 天気が悪くて、午後の自由遊びの時間に中庭で遊べない時、教室で子どもたちが積み木やソフビの恐竜や怪獣を出して遊びだしました。友達同士で一緒に遊ぶことはできないし、人が何か楽しそうに遊んでいると、それを取り上げようとする子の多い集団です。天気の悪い日に教室でも楽しく遊べ(それぞれが自分の世界で遊べ、友達に邪魔されずに遊びの世界に没頭できることで精神的に安定がもたらされる。)、やがてはその遊びの中に友達も入ってきて、友達同士で仲良く協力して遊べるようにと考え、その第一段階として遊びの世界に集中できるものとして作った「小さな動物園」です。クラスのお子さんの中で、友達が遊んでいるものを独り占めしたくなってしまうお子さんがいますが、そのお子さんが動物の出ている絵本や写真集を毎日目にしているので、そのお子さん用に作った「小さな動物園」です。友達のものが気にならないくらい遊べるといいのですが・・。
(道具・材料)100円ショップで売っているD・Dトレー・人工芝・園芸コーナーに売っている数種類の小さな花・カラーボード(B4サイズとA4サイズ)・巻きす・動物や人間・恐竜のミニチュア、園芸コーナーに売っている小石、木工用のボンド、はさみ、定規、ペン、マット(カッターナイフを使うときのマット)、カッターナイフ
カラーボードをトレイの大きさに切る人工芝をはさみで切る(制作の手順)

@D・Dトレーの大きさに合わせてカラーボード(B4サイズで紙が貼ってあるタイプのもの)をカッターナイフで切ります。

A人工芝をはさみで適当な形に切ります。人工芝の裏側の突起部分はそのままでもいいのですが、はさみで切り落とすことで高さがその分低くなり、座りもよくなります。トレーに置いてみて感じをみます。




突起を切るトレーに芝を置いてみる花を差し込む池を作る園芸用の小石B小さな花をはさみで切り、人工芝の所に差し込みます。

C池を作ります。池の周囲部分をカラーボードで作り、中は青い色のカーラーボードで作ります。池の周囲部分で池の形をカッターナイフで切り取り、青いカラーボードの上に置いて池の形をペン等でなぞってから切り落とします。


D池の周りに小石をボンドで貼りつけます。ボンドを池のぐるりに多めに出して、その上に小石を載せていき、必要ならまたボンドを入れていきます。
巻きすを切る塀に使う小さな動物園の完成E巻きすをはさみで適当な長さに切り、これを柵にします。

鳴き声を出す部分F人形や動物、恐竜などを配置すれば完成です。子どもたちに渡すときは、人形や動物はケースに入れて渡し、好きに配置させます。

※音の出る絵本(動物)からICの部分をはずし、それを動物園の雰囲気作りのために使ってもらいます。これで、ちょっと臨場感も出るでしょう。




 くす玉
教室で使っている様子 「くす玉」は、学校の中ではそんなに使われるようなものではありませんが、1個あると学年・学級のお誕生会や進級祝い、学部の新入生歓迎会等の時などに使えます。個数が2〜3個あれば、紙のボールや柔らかなボールを当ててくす玉割としてもみんなで遊ぶこともできます。おもちゃ作りの本では、材料としてカップ麺のスチロール容器を使いますが、カップ麺の容器ですと洗っても臭いがなかなか取れなかったり壊れやすいので、100円ショップで売っていたボールを使うことにしました。これですと一度作っておけば何年でも壊れる心配もなく使えます。(※最近は、ホームセンターうあスーパでカップ麺の容器を売っている所もあります。ただ、学校で使うものは、お子さん達が多少乱暴に扱っても壊れないような作りのもののほうが、使いやすいです。)
(道具・材料)
ボール(2個、100円ショップ)、凧糸、はさみ、電動ドリル(または、きり)
ボウルに穴を開けますひもで結びますボウルの底の真ん中に穴を開けますつり下げるひもを通します(制作の手順)

@2個のボールの縁にドリル(または、きり)で穴を開けます。この部分がボールとボールをつなぐ部分になります。

A穴にたこ糸を通して結びます。

B2個のボールの底の中央に穴をドリル(または、きり)であけます。この部分が上からつり下げるためのたこ糸の通る部分になります。


2個をつなげたひもの様子吊した状態中に垂れ幕をつけますCボールはこのままではぱかっと開いてしまうので、下側にセロテープ等を貼って開かないようにします。

Dボールの中には、小さく切った折り紙や垂れ幕を入れます。垂れ幕は、丸棒(または、ラップの紙の芯)を2本用意しそれに紙を貼ります。ボールの上側に穴を1カ所ずつあけておけば、そこに垂れ幕を吊すたこ糸を通すことができます。これで完成です。




イラスト   ハブラッチくん
 これは、いらなくなった歯ブラシの先端部分を折り曲げてとり、金属製の箱(お菓子の入っていた箱等)に乗せて箱のサイドを叩くことによって、歯ブラシが思わぬ方向に走り出すことを楽しむ遊びです。歯ブラシの毛の部分の密度や形状によって、ぐるぐる回るもの・素早く走り出すものなど思わぬ動きを見せるので、複数の子どもたちが自分の目印(写真では紙に顔を描いています。)を意識しながら遊べます。倒れたら負けとか誰が一番速く走るかなど、ルールは子どもたちと話し合って決めると良いでしょう。「ものづくりハンドブック」(仮説社)に載っています。
(道具・材料)不要になった歯ブラシ数本、ペンチ、お菓子などの金属製の缶(箱)
歯ブラシの先端を取ります箱を叩きます(制作の手順)
@不要になった古い歯ブラシの先端部分を手で折り曲げて取るか、ペンチで折り曲げて取ります。

Aそのままでもいいのですが、誰のハブラッチくんかわかるように目印の紙を貼ります。顔を描いたりすると個性が出て?・・いいかな。

Bいくつかハブラッチくんを箱の上に置いたら、鉛筆か切り取った歯ブラシの柄の部分で箱の横を叩きます。動きが悪い場合は、箱の上を叩いてみてください。歯ブラシの毛の密度によって微妙に動きが変わって、もそもそと動き出します。動きを楽しむのですが、倒れたら負けというようなルールを作って遊ぶのもいいでしょう。




イラスト    石の包丁
石の包丁で切ってみる 子どもの時に男の人は河原の平たい石を投げて水切りをやったように、平たくて薄い石でひもや枝や紙などを切ったりした経験があると思います。私も小学生時代にそんなことをやりました。大人になるとそんなことも忘れていましたが、その後、知的の学校の高等部の授業のときに「昔の人の生活」の授業で久し振りにやりました。
 この時は、同僚の先生からいただいた黒曜石を使ったので、石の包丁とは比べものにならないほどの切れ味でした。手のひらに黒曜石のナイフをすっとあてて引いたら、血が出たくらいの切れ味でした。余り切れすぎては危ないですけれど、そこそこ切れると子どもたちには楽しいですよ。。
(道具・材料)河原の石、必要ならハンマー
石に石を当てて薄くはがす薄く割れた石(制作の手順)
@石と石を打ち合わせて、すぱっと割るだけです。割る方の石は、寝かせないで立てた状態で割るようにすると、すぱっと割れやすいです。子どもたちでもすぐにできますが、割る石を持っている手を叩く方の石でぶつけたりしてけがしないように、それだけは注意しましょう。それから、石の破片が目に入らないよう、めがねをするか工作用のプラスチックの防塵グラスをすると安全です。




黒曜石A黒曜石の鋭さには到底及ばないものの、それなりに切れるという感じです。石の幅ができるだけ薄くないと切るのは難しくなります。ただ、皮むきでしたら、ある程度石のナイフの厚さがあっても大丈夫です。今回、色々な石を叩いてみたのですが、黒っぽい石ほど硬いようでした。昔と違って、河原(利根川)の護岸工事が進んだため、石を探すのが一苦労でした。昔のように自然は自然のままのほうが、人が憩う場所になると思いますが・・。




イラスト  かんたんコマ
 小さなお子さんが作っても殆ど失敗しない、一番簡単でよく回るこまです。切ったりするような道具も工程もありませんから、安全・簡単・速いと3拍子そろったような手作りのおもちゃです。ビニールテープさえあれば1〜2分でできてしまいますから、チャレンジしてみてください。こまの回し方は、普通のコマを回すのと同じですが、テープを巻いてある方を上にして回転させて軸から落とすと反対向きに回転しますから、こちらはちょっとだけ上級技でしょうか。
(道具・材料)楊枝かマッチ棒、ビニールテープ(ビニールテープの代わりに紙のテープをきつく巻いて、最後にセロテープでとめるようにしてもOKです。)
ビニールテープを巻いて作りますよく回ります(制作の手順)

@
マッチ棒かようじの先端が少し出るようにして(重心が低いところにないと回りづらいので、5oか1p位がいいでしょう。)ビニールテープをぐるぐると巻いていきます。

A時々こまを回してみてよく回転するか見ます。回転が弱いようでしたら、もう少しビニールテープを巻くだけです。一番作るのが簡単な「こま」です。




イラスト   竹のドアチャイム
竹のドアチャイム 竹は色々なおもちゃ作りに使えるものです。最近は、竹林も以前よりは減ってしまい竹を譲ってもらうことが難しくなりましたが、ホームセンターに行けば太さの違うものが園芸コーナー等で売っているようになりました。数100円で購入できますから、手軽に使って簡単なおもちゃ作りにチャレンジしてみたはいかがでしょうか。このドアチャイムも切った竹をつるしてそれを木や木槌などで叩くだけのものですが、自然な素材のいい音色が聴かれますよ。竹は、できるならば太めの方が音が出やすいです。
竹挽きのこ(道具・材料)
竹(直径3p位のもの)、のこぎり(竹を切る専用ののこぎりがあればそれを使いますが、ないようでしたら普通ののこぎりでもOKです。)、凧糸、きり、水性ペンキ、 刷毛か絵筆、枝か丸棒
メジャーを使って線を引く竹の節を残す(製作の手順)
@竹の節が片方残るようにして、長さを12p、20p、28pの長さにのこぎりで切ります。(竹の長さについては、特に決まりはありませんから、4p刻みや5p刻みで切っても大丈夫です。あくまで目安と考えてください。色々と長さを試してみると、出る音の高さが変わっていいと思います。本数も3本だけよりも5本・6本と多いと楽しめると思います。)

※竹のように丸いものに線を引くときは、写真左側のようにメジャーを丸めるように押し当てておいて、そこに線を引くと上手に引けます。
のこぎりで切る長さの違う3本きりで穴を開ける3本に穴を開けるA竹の節の中心にきりで穴を開けます。穴の大きさは、凧糸が通る大きさです。

B水性ペンキで好きな模様を描いたり、色を塗ったりします。



ひもは竹の長さの倍位千枚通しでひもを入れるひもを通した状態ひもの先を結んでいく
Cそれぞれの竹に凧糸を通し、凧糸が抜けてしまわないように結び目を作ります。(凧糸は竹の長さの2倍位にします。短いとひもの先が結べません。)


D枝か丸棒を適当な長さに切ります。この枝(丸棒)に各竹の凧糸を結んでつるします。つるす糸の長さは8p位です。(これも目安です・・。)

E枝か丸棒の両端に凧糸を結んで、枝(丸棒)をつるせるようにします。

F竹を叩く木のとんかちを作ります。(大工道具の木づちでもOKです。)これで完成です。軽くポンポンと叩いてみてください。




イラスト   石に絵を描く
 肢体不自由の養護学校の小高の図工の時間に子どもたちとやったものです。担当していたN先生が実演した後に、子どもたちと行いました。なかなかいい作品ができるのでちょっと感動しました。簡単なので小さなお子さんも楽しめますよ。
(道具・材料)石(河原などに落ちている石)、ポスカ、アクリル絵の具・ラッカーまたはニス
金魚?石に色を塗って魚に(制作の手順)
@気に入った形の石を拾ってきたら、水できれいに洗います。
A水彩絵の具で模様を描いたり、動物や人間の顔などを石の形を生かして描きます。
B乾いたらラッカーまたはニスを塗ってできあがり。


 最近は、護岸工事が進んでしまった為、近場の河原に行っても石が殆ど落ちていません。昔のようにごろごろ石があったのが普通だと思うのですが・・。




イラスト    真空鉄砲
真空鉄砲で遊ぶ 「真空鉄砲」・・・と言っていますが、昔ながらの紙鉄砲です。昔ですと篠竹の節を抜いてその先端に紙を押し込んで、入り口側にまた紙を入れ、もう1本の細い篠竹を使ってその入り口側の紙を押し出してポンと打ち出すものです。そう言えばお祭りの時に夜店で紙でなく発泡スチロールを棒状にしたような玉を打ち出すのを売っていたような気がします。
 最近は近所に篠竹が見つからないので、ホームセンターで売っている塩ビ管やアクリルの管を篠竹替わりに使って作ったものです。透明ですと中の構造がわかってちょっとおもしろいです。
(道具・材料)
アクリルの管とアクリルの棒(または、塩ビ管と丸棒など)、紙(ティッシュ)ビニールテープ、のこぎり
真空鉄砲ティッシュの玉(制作の手順)
@アクリル管を適当な長さにのこぎりで切ります。アクリル棒をその管の長さよりもげんこつ1個分くらい長く(6〜7p?)切ります。切り口はぎざぎざしやすいので、軽くヤスリを掛けます。

Aアクリル棒の握る部分にビニールテープを巻きます。棒を管に押し込んだときに、それ以上は先に棒が行かないように手で持つ部分はぐるぐると巻いておきます。これでOKです。

B管の先端にティッシュを丸めたものを押し込みます。(管の中に入りづらい場合は、ティッシュを少し濡らすといいでしょう。?)棒を入れるほうにも同じように丸めたティッシュを入れます。

C棒を数p管の中に入れたら、ねらいを定めて棒を強く押し込めば紙がポーンと飛んでいきます。




イラスト  ストローでサッカー
試合の様子 ルールは本物のサッカーと同じ、ストローでキック?するゲームです。1対1、2対2,3対3という具合に選手を出してやります。ストローでボールのどの部分を吹けばカーブが出るか・ボールが浮いて飛んでいくかと色々テクニックも考えられるので、結構奥の深いゲームになりそうです。反則は、相手のストローを邪魔したり、体がぶつかったりした場合は、そこから相手ボールでキック。また、通常のサッカーのようにゴールラインやサイドラインを割った場合は、板の上にボールを乗せてコーナーキックやスローインになります。ベニヤ板で作るピッチはあるとより雰囲気を盛り上げますが、なくてもかまいません。できればベニヤ板ではなくビニールシートのようなものを使えば、くるくると巻いて片付けられます。
(道具・材料)
角材(90p×3p、厚さ1,5pを2本、20p×3p、厚さ1,5pを4本)、L時金具4本(幅が1,5p以下のもの)木工用ボンド、木ねじ、釘、ストロー(人数分。折り曲がるストローがいいです。)、ピンポン球、プラスのドライバー
、ベニヤ板(90p×45p、厚さ3o〜5o)、緑色の水性ペンキ、白のマジック、定規、コンパス
20pの角材を4本作ります角材を繋ぐ部分にボンド(制作の手順)

@90pの板を3本用意したら、そのうちの1本を20pの板4本にのこぎりで切って分けます。板の角は、サンダーを軽く掛けてきれいにします。(これでささくれ等もなくなり安全になります。)





釘でつなげるサッカー場の枠枠を白いペンキで塗りますL字金具で補強するベニヤ板にサンダーをかけるA90pの板と20pの板を釘と木工用のボンドでつなげます。釘を打つところは、あらかじめ電動ドリルで穴をあけておくと釘がずれないで打ち込めます。

B補強の為、木ねじ・L字金具を取り付けます。飾りとして板の枠の横に色々な会社のマークなど(アディダスやプーマ、SONY、FIFA、NTT、横浜マリノス・浦和レッズ等のチーム名)を描いたり広告から切り取って貼ると試合会場の雰囲気がでるでしょう。



水性ペンキを塗りますコンパスでセンターサークルを描きますサッカー場の完成B90p×45p×3o(厚さは、軽い方が持ち運ぶときに楽なので3oの薄いベニヤ板。)のベニヤ板に緑色の水性ペンキを塗ります。

Cセンターライン・サイドライン、ペナルティエリア等のラインを白の水性ペンキ(刷毛ではなく、絵筆を使うと書きやすいです。)や油性マジックで描きます。これで完成です。



テーブルクロスのサッカー場ラインは白のビニールテープピンポン球とサッカー場折りたたむとコンパクト(テーブルクロスのサッカー場版)

 センターライン等は白のビニールテープを貼ります。テーブルクロスは130p×50pで700円くらい。ベニヤ板と違い収納が楽なのがみそです。




イラスト  さそりの標本
さそりの標本5円玉を使ったさそり これを初めて見たのは、以前同じ学年だった先生から袋に入った状態で手渡された時です。「さそりの標本を見つけたから、見てみる?」と言われ袋を恐る恐る開けたら、急にがさがさと何者かが動き出して「わーお!」。
 ・・・ということで、仮説社の「ものづくりハンドブック」でおなじみの「さそりの標本」です。今回は、以前作った5円玉を使ったものよりも簡単にできる空き缶のプルトップを使ったバージョンです。
空き缶のプルトップ(道具・材料)
牛乳パック、空き缶のプルトップ1個(プルトップは、指で前後に動かすと数回でぽろっと取れます。)、輪ゴム2本、ホッチキス、はさみ、さそりの絵(雰囲気をあげるために封筒に貼ります。なくてもかまいません。)、さそりの標本を入れる袋(封筒など)
牛乳パックのふたと底をあけるはさみで切り取るふたと底を切り取る(製作の手順)
@牛乳パックのふたの部分と底の部分を広げます。底の部分は、あけずらいようなときは、カッターナイフを使って少し切れ込みを入れると開けやすくなります。

Aはさみでふたの部分と底の部分を切り落とします。

正方形に縦横7pの正方形Bふたの部分と底の部分を切り取ると、パックは横幅が7pで縦が20p弱になります。横幅の7pに合わせて縦も7pずつ切ります。これで2枚取れます。右の写真のように7p×7pのもの1枚を切ると4枚取れます。(使うのは1枚ですが、1個の牛乳パックで4×2=8枚取れます。)




7pの正方形真ん中で折るC7p×7pのパックの紙に写真のように線を引きます。紙は裏でも表でもどっちでもOKです。きれいに折れるように定規を当てて折るといいでしょう。
(折った状態で使いますので、点線に沿って切らないようしましょう。)



幅は1.3から1.5p切った部分を貼り付けて補強する
D写真左側のように幅1.5〜1.3pに定規で線を引きます。写真で黒く斜線を引いてある部分をはさみで切り落とします。

E切り落とした黒い部分の三角の紙を補強のために、写真左側から2番目のように置いてホチキスで3カ所とめます。



はみ出た部分を切るきれにできた輪ゴムをかける切り込み
Fはみ出している部分をはさみで切り落とします。

G輪ゴムをかけるところに、はさみで切り込みをいれます。

プルトップに輪ゴムをかけるさそりの標本完成さそりの絵
H空き缶のプルトップに写真のように左右に輪ゴムをかけます。輪ゴムの端を切り込みの部分に引っかけて完成です。使うときはプルトップを20〜40回くるくると回して、封筒の中に入れて、驚かした人に手渡します。その人が封筒を開けようとすると「さそりの標本」がバタバタと音を出して激しく動き、相手の方をびっくりさせます。(心臓の悪い人にはやめましょう。




イラスト  「さそりの標本」の取っ手タイプ
取っ手タイプ 「さそりの標本」は、牛乳パックや針金で作れますが、もっとも簡単なのはこの荷物の取っ手(イージーホルダー)を使ったものです。
 材料があれば、1分もかからないでしょう。簡単なことが利点ですが、上の牛乳パックで作る「さそりの標本」のように作る楽しみが実感できないのが、ある意味難点ですね。
(道具・材料)空き缶のプルトップ、荷物の取っ手(イージーホルダー、ホームセンターに売っています。)、輪ゴム2本
プルトップに輪ゴムを通すホルダーに輪ゴムをかける(製作の手順)
@プルトップの穴の左右にに輪ゴムを1本ずつ通す。

A輪ゴムを荷物用の取っ手の左右にかける。これで、もう完成です。超簡単!


使うときは30〜40回ぐるぐる回してから、封筒に入れて驚かす人に渡しましょう。




イラスト  巨大さそりの標本
CDの巨大さそり さそりの標本を作っていて、ふっと「いらないCDが使えるんじゃないか・・・。」と思いました。パソコン関係の雑誌に付録で付いてくるCDを何かに使えないものかと普段から思っていたので、さっそく巨大さそりの標本を作ることにしました。
 
 あっけないほで簡単にできましたが、問題はこのでかーいさそりを入れる大きな紙袋をどうするかです。袋がなければ、新聞紙に包んで使うのもいいでしょう。
CDと大きめの輪ゴムタオルハンガー(道具・材料)
 いらないCD2枚、大きめの輪ゴム2本、ガムテープかセロテープ(または、ビニールテープ)、のこぎり、クリーニング店でもらった鉄製のハンガー(または、100円ショップで売っているタオルハンガーでCDの大きさよりも大きいもの)
CD2枚CD2枚を重ねる(制作の手順)
@CD2枚を重ねたら、ビニールテープ等で貼り合わせます。貼るところは、上下左右の4カ所で大丈夫です。

Aタオルハンガーの下の部分(タオルをかけるところ)をのこぎりで切り落とします。



切れ込みを入れて引っかける完成BCDに2本の輪ゴムをかけます。

C輪ゴムがずれ落ちないようにハンガーにのこぎりで切れ込みをつけておきます。

D輪ゴムをかけたら完成です。





イラスト  フリッパー
フリッパードライヤーのフリッパー 風の力でピンポン球や発砲スチロールの球を空中に浮き上がらせるおもちゃです。右の写真のようにヘアドライヤーの風量を「強」にしても同じようなことができます。
 ヘアドライヤーは吹き出す風の力が強いので、ドライヤーを傾けて斜めから風を送っても球は落ちずに宙に浮き続けますよ。
(道具・材料)
折り曲がるストロー、はさみ、ピンポン球(新規格になる前の昔のものがいいです。)か発砲スチロールの球(ホームセンターの発砲スチロールの棚に置いてあります。)
はさみで切る4等部する切ったところを広げる完成(製作の手順)
@ストローの曲がる部分の方の先端を2p位上下と左右に切ります。

A切った部分を外側に広げます。球をのせる関係でなるべく全体が平らになるように広げます。


Bピンポン球が発泡スチロールの球をのせたら、ゆっくり息を吹き込んで次第に強く吹くと球が空中に浮かび上がります。簡単でおもしろいですよ。


(ペットボトルのバージョン)
 フリッパーの吹き口をペットボトルの上の部分で作ったものです。
きりでキャップに穴を開けますダライバーを差し込んで穴を広げますキャップにストローを取り付けます@ふたにキリ穴をあけます。

A穴をストローが入る大きさにひろげます。(割り箸等の棒状のものを使います。私が使ったのは、釘をしめる道具です。)

Bふたからストローが1p以上は出るようにします。



カッターナイフで切り落としますはさみで形を整えます完成ですCぺっとボトルの上の部分をカッターナイフで切り、はさみできれいに切り口を整えます。念のためテープを巻いて完成です。

※見栄えはいいのですが、吹き口がちょっと重めになるので、上の簡単なフリッパーのほうが誰でも簡単に作れていいと思います。




イラスト  登るおもちゃ
登るおもちゃ登るおもちゃは、昔からあるおもちゃです。木で作られているものでは、木に2カ所穴をあけてあります。10数年前に木で作ったことがありますが、穴をあける道具が必要だったりと、誰でもすぐに簡単に作れるものではありませんでした。
 その後、木の代わりに厚紙とストローで作るものが主流になったのですが、今回のものはストローの代わりにどこの家にもあるプラスチックの洗濯ばさみを使ったものです。
 これは、仮説社の「ものづくりハンドブック」に紹介されたものです。ストローで作るよりももっと楽ですよ。割り箸がない場合は、ひもの両端を両手で持って交互にひもを引いていきます。割り箸がついていると片手でも大丈夫です。材料さえあれば、10分くらいでできます。
登るおもちゃの材料(道具・材料)
 
 厚紙(工作用紙、画用紙、段ボールなどなんでも大丈夫ですが、余り軽すぎるとてっぺんまで上がった後に降りて来づらくなります。)、洗濯ばさみ1個、たこ糸(長さは自由ですが、今回は4〜5m。)、はさみ、ガムテープ(または、セロテープ)、割り箸1本
選択ばさみにひもを通します紙と洗濯ばさみ洗濯ばさみを貼り付けます(制作の手順)

@たこ糸を4〜5m用意します。長さは自由ですが、余り短いと登っていく時のおもしろさが少しになってしまいます。洗濯ばさみの穴ににたこ糸を通します。

A絵の描いてある台紙に洗濯ばさみをガムテープ(セロテープ)で貼り付けます。


割り箸の左右に糸を縛り付けます糸がとれないようにガムテープを巻きますこれで完成Bひもの端を割り箸の両端ににしばりつけます。しばったところがほどけないようにガムテープを巻いておきます。
 これで、もう完成です。割り箸側の反対側のひもの輪っかの部分を釘等にひっかけて、ひもをぴんと張ったら手首を右・左と動かせば登っていきます。




イラスト  ブーメラン
ブーメラン 市販のブーメランは、意外と投げても手元に戻ってこないものが多いそうです。ここで紹介する簡単なブーメランは、数10mも遠くの方までは飛んでいきませんが、数m飛んで確実に手元に飛んで戻ってきます。室内用のブーメランです。10分もあれば簡単に作って遊べますよ。
 力を入れて投げると2〜3m位先に行って、くるくる回転して戻ってきます。90パーセントくらいに戻ってきます。
 
※もっと遠くまで飛んできて戻るようにしたい場合は、紙の厚さをもっと厚いものにすればOKです。私は紙を2枚重ねにして厚くしてやってみました。こうすると6〜8m飛んでいきますが、なかなか手元に戻ってこなくなりますので、普通に作った方がいいようです。
(道具・材料)
工作用紙などの厚紙、ホチキス、はさみ、線ひき、ペン
寸法図紙2枚真ん中に印しをつける(制作の手順)
@厚画用紙等に、縦2p×横20pの長方形を2枚書きます。
 紙の真ん中(横10pのところ)に線を引いて左右に1p(計2センチ)のところに線を引きます。これは2枚の紙を真ん中で重ねる時に目印になります。



紙を重ねて貼るホッチキスでとめる角を丸く切るA2枚の紙を真ん中で重ねます。目印の線が引いてあると確実に真ん中で合わせられます。
紙を合わせたら、ホッチキスで2カ所留めます。
紙の先端は、安全性を高めるために、はさみで丸く切ります。




完成Bこれでもう完成です。
飛ばすときは、親指と人差し指でつまむように持ち、頭の横から投げる感じです。ブーメランの十字の上の羽の部分は、内側(頭側)に向けて軽く曲げます。これで手元に戻りやすくなります。




 ストロー飛行機
ストロー飛行機ppクラフトシートの飛行機 ストロー飛行機は、誰でも簡単に作れます。材料がそろえれば10分もかからないでできるでしょう。上手に飛ばせば、10m近くすーっと滑るように飛んでいきます。室内でも風がなければ外でも楽しめます。
 左が折り紙で作ったもの。右がPPクラフトシートといってアクリル板などのコーナーで売っている樹脂性(?)のシートです。シート状のものは、丈夫で折り紙よりも遠くへ飛びます。
(道具・材料)
ストロー、クリップ、折り紙(クツワの「輪くわく折り紙」は、初めから2p×15pになっているので、すぐに使えていいです。メーカーは違いますが、100円ショップにも輪っか用の折り紙が置いてあります。)、のり、線引き、はさみ
(制作の手順)
輪くわく折り紙折り紙@左の写真の「クツワの輪くわく折り紙」は、ホームセンターで見つけたものですが、これは輪っかをすぐに作れるようにあらかじめ2p幅×横15pになっている折り紙です。この寸法が、ストロー飛行機の折り紙の寸法とぴったりなので、この折り紙があるとすぐに作れるすぐれもの(?)です。普通の折り紙の場合は、2p×15pと2p×10pを作ります。クツワの折り紙は、2p×15pなので、2本用意したら、1本だけ長さを10pにすればokです。


輪っかを2個作るクリップで輪っかをとめるA折り紙は、のりしろを5mmくらいとってのりをつけて輪っかにします。

B輪っかをクリップでストローに差し込みます。輪っかはなるべく丸い状態にし、クリップの位置が小さい輪っかと大きい輪っかとも同じような位置にします。これでバランスがよくなります。


ストロー飛行機の完成投げ方C小さい輪っかを前にして、親指と人差し指でストローをつまんで前に押し出す感じで投げます。何回か投げると遠くに飛ばすこつがわかると思います。少し上に向けて投げる感じです。まっすぐ投げようとする、投げた瞬間には手(手首)は下に向いてしまっていますから・・。




 はがきグライダー
葉書のグライダー いらなくなったはがきを使って作る飛行機です。作り方は下の説明のように驚くほど(?)シンプルです。3分もかからないですぐにできてしまいますが、これをいざ飛ばそうとするとたいへんなんです。兎に角、くるっと失速して回り、ぽとりと落ちるだけの繰り返しです。グライダーらしくスーッと滑るように飛んでくれるまでに時間のかかること・・。
 すぐに「だめだ! 見込みなし」と思いますが、こつは羽の角度です。自分で角度を色々試していくと、スーっと飛ぶ角度がわかりますので、めげずにやってみてください。
    ※大月書店『手づくりおもちゃ図鑑』から
(道具・材料)古はがき、定規、ペン
寸法図内側に折る折り方更に折る(製作の手順)
@はがきを用意したら写真のように折り目をつけます。
はがきは横が14,8pなので、真ん中は写真のように7,4pになります。
下のほうは、1,5pずつ2本の線を引きます。

A上手に折れるように定規を線のところに当てて折ります。


真ん中に折り目を付ける完成投げ方下から1,5pの線のところを折ったら、もう一度折ります。

B真ん中の折り線部分を定規を当てて折ります。これでもう完成です。超簡単ですが、問題は羽の角度をどうするかです。角度は色々試してみてください。

グライダーの持ち方は、親指とひとさし指はさむようにして持ちます。室内か風のない戸外ですっと前に押し出す感じで飛ばします。なかなか飛ばないので苦労します。




 スケルトン
スケルトンこれは、仮説社の「ものづくりハンドブック」に載っていたものです。ラブラブめがねというものがあって、それをかけてろうそくや白熱灯などを見ると、灯りがハート形に見えるというものです。「ふーん、そんなものがあるのか・・。」位にしか読んでいて感じなかったのですが、甥っ子の結婚式に出席した時にこれが配られたので、「スケルトン」のことを思い出して作ったものです。
 「スケルトン」は、昔ちょっと怪しげなおじさんが、学校のそばで「このX線めがねをかけると、骨まで見えるんだよ。」と言って売っていたものです。確か小学校の1・2年生くらい(40数年前)で20円くらいだったような・・。お小遣いが5円か10円の頃ですから、結局買えなくて見るだけだったものです。
(道具・材料)
ラブラブめがね、穴あけパンチ、ビニールパッチ(パンチであけた穴を補強するやつです。文具店で売ってます。)、厚紙
ラブラブめがねビニールパッチとめがねのレンズ部分(製作の手順)
@ラブラブ」めがねのレンズ部分を取り外します。はずしたレンズ部分は6mm×6mmくらいに切り分けます。1枚のレンズ部分で20枚くらい取れるでしょうか。
(パンチであける穴の大きさが5mm位なので6mm位と言うことです。)


ラブラブめがねのレンズ部分レンズを貼るA厚紙にパンチで穴をあけます。穴のところにレンズ部分を置いて、ビニールパッチを貼ればできあがりです。

蛍光灯などの光源に手を持っていき、スケルトンの穴を目に当てて見れば「オッ、骨が見える!」ということになります。勿論、骨が見えるわけではありませんが・・。詳しくは「ものづくりハンドブック」をご覧ください。




イラスト ストローとんぼ
ストロートンボ 竹とんぼは誰でも知っていますが、こんなストローの竹(?)とんぼはご存じですか?いらなくなった葉書とストローとホッチキスさえあれば簡単に作れます。
 竹とんぼほどには遠くへ飛びませんが、紙とストローでできているので、万が一人にぶつかっても竹とんぼのようには危なくありません。材料をそろえれば10分から15分もあればできますので、一度作って遊んでみてはいかがでしょうか・・。
 羽根の開き具合で飛距離が変わってきますので、その辺も結構おもしろいです。自分で調整してあれこれやってみる楽しさです。
(道具・材料)
ストロー、葉書(または厚紙)、ホッチキス、はさみ、線引き、ボールペンか鉛筆
ストロートンボの寸法ストローの先端を切る(制作の手順)

@左の写真のように葉書や厚紙を切って羽根を作ります。

Aストローの先端を平らになるように指で押さえてつぶしてから、つぶした部分の左右を1pくらい切ります。この部分に紙で作った羽根を差し込んで、ホッチキスでとめます。

羽をホチキスでストローに留めます羽の様子B両方の羽根の先端に重し替わりのホッチキスをとめます。ホッチキスの針の出ている側(裏側)にセロテープを貼っておくと、より安全です。

C羽根を広げたら完成です。羽根の広げる角度は、このとんぼを飛ばしてみて大きく広げたり小さく広げたりしつつ調整していきます。竹とんぼのようには遠くまで飛びませんが、羽根の大きさをもっと大きなサイズにすると飛ぶかもしれません。私はまだチャレンジしていないので、断言はできませんが・・・。チャレンジするのもおもしろいと思いますよ。




イラスト     ビー玉の楽器
  楽器と言うには音階も何もないただ振るだけでカチャカチャと音を出すだけのものです。どちらかというと応援グッズのような使い道をするものです。だれでも超簡単にできてしまうというか、フィルムケースにビー玉を2個入れてふたをするだけですから・・・。運動会等で応援グッズとして使うくらいしか使い道がなかったのが、ちょっと残念。
(道具・材料)
 フィルムケース、ビー玉2個、接着剤
フィルムケースにビー玉を入れた楽器ビー玉の楽器(制作の手順)
@フィルムケースの中にビー玉を2個入れて、ふたをするだけです。ふたが取れると困る場合は、ケースのふたを接着剤でとめてしまいます。これで完成。

A遊び方は振ってカチャカチャと音を出すだけの単純なものです。




イラスト  紙皿回し
紙皿の皿回しこの「紙皿回し」は、仮説社の『ものづくりハンドブック 6』に載っているものです。材料もすぐに手に入りますし、制作時間も10分くらいで簡単にできます。
 紙皿回しを作っても実際に皿回しができなければ、楽しくありませんが、これは本当に簡単に誰でも(?)回せます。あんまり器用でない私でも、チャレンジ2回目ですぐにくるくるとお皿を回すことができました。
 本によると、お皿は10〜30pくらいまでできるそうです。保育園児からお年寄りまで誰でもできますということです。25pを超える大きさの紙皿を使う場合は、紙皿は2枚にし、割り箸の先端を削って細くしたほうがいいです。
皿回しの材料と道具(道具・材料)
 紙皿を3枚(直径18p。コンビニに売っている紙皿は、大体この18pのものが多いです。)、紙コップ(底の直径5p。これもコンビニに売っている紙コップです。紙コップによっては、糸底が浅いものがあります。その場合は、割り箸の先端を削って細くしてやってみてください。)、ビニールテープ(何色かあるときれいです。)、割り箸か鉛筆を1本、両面テープ、カッターナイフ、はさみ
紙皿3枚ビニールテープを貼る(製作の手順)
@紙皿を3枚用意します。3枚の紙皿を重ねたら、写真のようにビニールテープを8カ所に貼ります。上下・左右・斜めの計8カ所です。バランスがいいようにできるだけ均等になるように貼りますが、余り神経質になる必要はありません。ビニールテープの長さは5pくらいです。


カッターで紙コップを切る紙コップを切るきれいに切るA紙コップは、底の面と糸底(底の円形の立ち上がり部分)だけを使います。
カッターナイフで適当にコップの横を切って底を取りはずします。
次は、はさみで丁寧に横の部分を切っていきます。



きれいに切れた底面紙コップの底B左の写真が、きれいに切れた状態です。この底面に両面テープを貼ります。(糸底が上になるように貼ります。)
紙皿の裏の真ん中にこれをくっつけます。これでもう完成です。

(遊び方)
 割り箸の細くなっている方を紙コップの糸底にひっかけます。(写真のように)次に割り箸をゆっくり丸を描くように動かします。お皿が段々回ってきたら徐々に早く回すようにすると、お皿が水平になって回り出します。
角皿回し 
角皿を両面テープで貼ります中心に円を描きます糸底を貼った様子角皿を回している様子 作り方は、上の紙皿回しと基本的には同じです。
@角皿(ダイソー)の裏に両面テープを貼り、もう1個の角皿を貼り付けます。(お皿は1枚だと軽すぎるので、2枚を貼り合わせて重くする為です。)

A紙コップをハサミで切って糸底を作ります。(上の紙皿回しの写真を参考に)

B角皿の裏側に定規で斜線を引き、交わったところにコンパスで糸底よりも少し大きな円を描きます。

C描いた円の位置を参考にして紙コップの紙底を両面テープで貼ります。これで完成です。
 アルミの大きな皿回し・プラスチックの皿回し
紙皿回しの2倍の大きさ表側プラスチックのお皿裏側の様子100円ショップで売っている アルミざら(レジャー用)とプラスチック(?)のキャラクター皿を使ったものです。作り方は上の紙皿と同じで紙のコップの底の部分を両面テープで貼り付けただけです。アルミの大きな皿の方は、お皿を2枚使ってビニールテープでとめています。お皿が軽すぎると遠心力が働きづらいからお皿がまわりません。




イラスト  びっくりへび
古典的なおもちゃの箱からへびがびょーんと飛び出すびっくりへびです。輪ゴムの力でぴょーんと箱から飛び出します。前回作ったときは、長いへびを作ったので、今回はへびを2匹にして1匹目が飛び出してぎくっとしたところに2匹目も飛び出すようにしました。
(道具・材料)
牛乳パック(多いほど長いへびができますので、何箱か用意しましょう。)、定規、布ガムテープ(セロテープでもOKですが、ガムテープの方が丈夫なのでお勧めです。。)、はさみ、マジック、輪ゴム、へびをいれる箱(プリッツの箱がちょうどいいサイズです。)、付箋紙か折り紙(へびの舌になります。)
牛乳パックの蓋と底を開けます牛乳パックを5等分しますはさみで切ります切り目を入れます切り目を入れた状態(制作の手順)

@牛乳パックのふたと底を開けて、はさみで切り落とします。牛乳パックの縦の長さが20pくらいなので、はさみで4等分か5等分に切ります。(4等分のほうが紙の幅が広いので丈夫ですが、5等分でも大丈夫です。)


Aパックを切ってできた紙の真ん中に輪ゴムをかけるための切り込みをはさみで切って入れます。深さは5mm〜7mmくらいでいいでしょう。

ガムテープで貼りますガムテープでつなげますマジックで色を塗ります蛇の舌の様子B全ての紙に同じように切り込みを入れたら、紙と紙を布ガムテープで写真右のように裏と表の両方に貼ってつなげます。

C写真左がつなげた様子です。今回はへびを2匹にするので、2つ作ります。

D牛乳パックのままではへびらしくないので、マジックで色を塗ります。舌の部分は付箋紙等を貼って作ります。


蛇を入れる箱箱が開きやすいように側面をカットEへびを入れる箱(プリッツの箱など)を用意します。プリッツ等の箱は、普通に開けると、写真のように開かないで台形状になってしまうので、カッターナイフで写真のようになるようにあけます。

 箱の中の四隅がはずれてしまいやすいので、セロテープかガムテープを貼って補強します。箱はこれでOKです。






全ての切り込みに輪ゴムを入れます切り込みに輪ゴムをかけます切り込みに輪ゴム折りたたんだ様子箱に入れた蛇Fへびにひとつひとつ輪ゴムをかけます。輪ゴムをかけたら広げて右の写真のようにたたんでいきます。

G全部たためたら箱に入れて、箱に輪ゴムをかけてあかないようにします。これで完成です。

 驚かす人に渡して箱のゴムを取ってもらえば、びょーんと飛び出しますよ。





イラスト    不思議な楽器?「アナラポス」
 昨晩、息子達とテレビを見ていたら、「民族楽器を作る」という番組があって、そこで紹介されたおもしろ楽器のひとつです。でも、これは民族楽器ではなくて、日本のミュージシャンの方が作ったもののようです。
 ちょうど「糸電話」と「もしもしホーン」(エコーマイク)を足したようなものと思って頂ければわかりやすいかなと思います。兎に角おもしろそうだったので、今日ホームセンターに材料を買いに行って早速作ってみました。実際に作ってみると、針金は細めの方がバネにしやすいし音の伝わりもいいように思えます。バネ作りがちょっと面倒ですが、工作自体は簡単ですので、みなさんも作ってみてはいかがでしょうか。
(道具・材料)
金属製の缶(ここで使った缶は、ペンキの刷毛洗い用の缶で200円〜300円位のものです。100円ショップにも同じような缶は売っています。お菓子の缶のように四角の缶でもOKです。)、鉄製の細めの針金一巻き(使うのは1/4位でしょうか)、わりピン2本(ピン留めのピンのようなものです。ホームセンターで聞けばわかります。)、細めの釘(缶に穴を開ける際に使います。)、かなづち、ラジオペンチかペンチ、布ガムテープ
棒に針金を巻いてバネを作ります針金を管に巻いているところ針金がバネに管から抜いたところ管の底に穴を開けます(制作の手順)
@まずは針金を管や木の棒等にまいてバネを作ります。(バネは売っていますが、長さや固さに問題があってここでは使えません。)
長さは1m以上あればいいでしょう。

A金属の缶の底の真ん中あたりに穴を開けます。穴は細い釘をかなづちで叩いてあけます。穴はピンがやっと入るくらいがBESTです。

釘と割ピン(下側)ピンを穴に差し込みます割ピンを広げて抜けないようにしますバネを割ピンの中に通します割ピンにバネを通した様子完成B穴が開いたらわりピンを差し込みます。
 缶の中の部分を開いてピンが抜けないようにします。布ガムテープで広げたピンを缶の底に貼り付けるといいでしょう。


わりピンCわりピンの頭の部分の穴にバネにした針金を通して、抜けないようにくるりと曲げておきます。両方の缶をそうしたら完成です。

※糸電話のようにバネを張るように引っ張りつつ、缶を耳や口に当てて声を出してみたり、お互いに缶を耳に当ててバネを指ではじいたりバネを揺すったりするとおもしろい音や声がトンネルの中で聞こえるような感じになります。声の場合は、低い声よりも高い声でやったほうがおもしろいですよ。




イラスト 空気砲
空気砲 段ボール箱で作る空気砲は、簡単に作れておもしろいもののひとつです。空気だけを吹き出しても、線香の煙をためて煙を吹き出しても見応えがあります。丸い穴だけでなく、穴が四角や三角だと煙はどうなるかもやってみるとおもしろいでしょう。どういった学習や遊びで使えるかが難しいところですが、まあ気楽に体験するのもいい勉強です。
(道具・材料)段ボール箱、布ガムテープ、円を切るカッターかはさみ
空気が漏れないようにガムテープをしっかり貼ります縁を切るカッターで穴を開けます空気砲の完成(制作の手順)
@段ボール箱の外側も中側にも布ガムテープを貼って、箱の中の空気が外に漏れないようにします。

A側面に開ける穴は、穴開けに便利なカッターを使って開けます。

B箱の側面を両手でポンと叩けば、中の空気がびゅーんと外に飛び出してきます。結構勢いがいいので、子どもたちは驚いてくれます。遊び方は色々工夫次第です。




イラスト  ふらふらボールのボーリング
ふらふらボールふらふらボール3ふらふらボール2 これは、チャイルド本社「手作りおもちゃアイデア集」に載っていたものです。ボールがあっちこっちへとふらふら進むので、通常のボーリングとは違ったおもしろさがあります。本ではペットボトルの上の部分を2本使うのですが、ペットボトルの大きなものは余り飲まないのと、ボトルを切る時にカッターナイフを使うので、子どもたちと一緒に作る時はやや心配です。(写真は中位のペットボトル使用)その辺を100円ショップのものを使って、もっと楽しようとしたものです。学年や学習グループでボーリング遊びをするときに作ってから、遊ぶようにするとおもしろいと思います。作るのも超簡単ですから。
(道具・材料)
ピンになるペットボトル10本、ビニールテープ(飾り用)、100円ショップで買ったお椀?2個、梱包用超透明テープやセロテープ、ガムテープなど、はさみ、100円ショップで買ったスーパーボール
テープを巻いてとじますふらふらボールお椀とスパーボール(制作の手順)
@お椀の中にスーパーボールの大きいものを1個入れ、テープ等でふたをします。見栄えがいいようにということでしたら、梱包用超透明テープを使うと透き通っているのできれいです。ふらふらボールはこれだけです。透明のコップ(コンビニに売っています。)でもできますが、コップは小さい方がいいでしょう。

Aボーリング用のピンは、ペットボトルをそのまま使います。ビニールテープ等で飾り付けたらピンも完成です。




イラスト    風船の人形
風船の人形風船の人形風船の人形 これは、講談社「」に載っていたものです。載っていたものには、ちゃんと毛糸の髪の毛も付いていますが、ここでは髪の毛なしでちょと楽しています。風船の中に小麦粉を入れるだけですが、触ったときの吸い付くようなキュニュット(?)した感触がいいですよ。
 形も自由に変えられます。
(道具・材料)風船(普通のタイプ)、小麦粉(ここに出ているのが拳2個分くらいの大きさで、小麦粉は300g位です。)、マジック、毛糸(髪の毛をつける場合)、ペットボトルの上の部分をカットして作ったじょうご、棒、
小麦粉と風船風船にペットボトルのじょうごを差し込みます風船にじょうごを差し込んだ様子(製作の手順)
@風船にペットボトルの上部を切り取って作ったじょうごを取り付けます。入れやすさを考えると大きめのペットボトルがいいのですが、普通のサイズのペットボトルでも大丈夫です。





棒で小麦を押して風船に入れる棒で小麦を押し込みます小麦粉の入った風船Aじょうごの中に小麦粉を入れて、棒で小麦粉を押し込んでいきます。じょうごの口にどんどん小麦粉を入れるわけですが、風船の中の方まで押し込んで小麦粉を入れるようにします。
 ある程度風船が大きくなったら、風船の先を絞る前に空気をよく抜いて、それから先をしばります。

Bマジックで目を描いたり、シールを貼って目にしたりします。毛糸を頭に乗っけて髪の毛にすると、より人形らしくなる思います。

C指や手で押したり伸ばしたりすると表情や形が変わります。なによりもそうしたときのクニュッとした感触が気持ちいいです。




イラスト  紙筒の飛行機
 ストロー飛行機と同じものでストローを使わずに飛行機を作るものです。色々な本にペットボトルで作るものと紙筒で作るものが出ていましたが、絵が載っているだけで寸法は出ていませんでした。たまたま家にあったので、チップスターの紙筒で作ってみました。寸法はわからないので、勘だより?・・・です。
 作ってみてわかったことは、輪と輪を結ぶ機体?(横の板状の部分)の部分の強度が重要だということです。この部分が細すぎると輪の重さに負けてしまいくにゃっとしてだめです。飛ばしてもすぐ急降下になってしまいます。この部分を写真の倍以上の太さにするか、補強のために余った紙を1枚足してホッチキスで留めるかです。
(道具・材料)
チップスター等のポテトチップの入っている長めの紙筒、はさみ、ホッチキス(ステプラー)、カッターナイフ
紙筒の底をあけます底を切り取ります(制作の手順)

@紙筒のふたをはずします。次に紙筒の底をカッターナイフで切り落とします。切るときはナイフで縦横に切り目を入れてから、底の円に沿うようにナイフの刃を当てて切るときれいにきれます。

A筒の上と下側に丸い輪を作ります。カッターナイフで切っていき、上と下の輪の位置が板状の部分とバランスがいいようにします。上の輪の幅と下の輪の幅は、上が2pくらいなら下は3pくらいと考えましたが、余り神経質にならなくてもいいようです。


この形になるように開きます切って棒状の部分を作ります全体像B輪の部分に切り込みが入ったら、次は縦に切り込みを入れていきます。

C切り込みを入れた縦の部分開きます。機体(?)の板状の部分をはさみで切って作ります。この幅も適当ですが、余り細くしない方がいいでしょう。私の場合は、この幅を4p〜5pとってみたら余り飛ばなかったので、2pにしたところ、今度は強度が足りなくなってしまいました。そこで切り取った分の紙を機体の部分にホッチキスで留めて補強しました。



横の板の部分を補強します横の部分を補強した様子紙筒の飛行機の完成D機体部分の補強が終われば、上と下の輪の位置がずれていないように一直線上になるように手で修正して完成です。




  ストローの輪投げ
ストローの輪投げ輪投げ 折れ曲がるストローをつなげ合わせた輪投げの輪です。四角・三角・星形と割合自由に色々な輪の形ができます。
 乱暴に持つと壊れやすいので、ある程度デリケートに持てる子どもたち用でしょうか・・・。ストローを思った以上に使うので、どんな形を作るか考えてから始めるとよいでしょう。
(道具・材料)
折れ曲がるストロー、セロテープはさみ、輪投げの的は、ペットボトルでも100円ショップのものでも(写真の木の製品は100円ショップで購入)
はさみで切って切り込みを入れるストローを差し込むテープを巻く(製作の手順)
@ストローの先端を1pほどはさみで切って、別のストローに差し込む。先端を切っていないと差し込みずらいです。


A差し込んだ部分は、抜けないようにセロテープを貼るとよいでしょう。




   ボヨヨンボール
 これは、チャイルド本社「手作りおもちゃアイデア集」に載っていたものです。こういう感じにビニール袋を使ったボールは作ったことがありますが、このボヨヨンボールのいい点は、輪ゴムで作ったひもで空気の入ったビニール袋の周りをしばることで袋がパンパンにふくれることです。普通に作るとだらーっとしたボールになってしまいます。
 また、端っこのとんがった部分はあらかじめ上に持ち上げて貼っておくと、より丸くボール状になるそうです。
 いいアイデアに「うーん、簡単なのに・・・なるほどねー!」・・です。
(道具・材料)ビニール袋や大きなゴミ袋、ポリ袋など、輪ゴム
輪ゴムを結ぶ(制作の手順)
@輪ゴムでひもを作ります。左の写真のように2本の輪ゴムをつなげていき、右の写真のひも状にします。長さは、実際に袋に十字にかけたとき、長さが足りなければそれから輪ゴムを足すこともできますので、適当で大丈夫です。


ボヨヨンボールAゴミ袋等に扇風機で空気を送り込んだら、端を輪ゴムでしばり空気が抜けないようにします。輪ゴムのひもで十字にかけたら端を結んで完成です。
※よりボールに近づける為に、袋の隅の部分を折り曲げてテープで貼りつけると、より丸くなります。

思った以上にふわりというかポーンというか、軽く飛んでくれます。みんなでバレーボールをやったりとゲームができますね。簡単なのに思った以上のボールになるので完成してからポーンと打ち上げると感激しますよ。




   お散歩ペット
お散歩ペット これは、本に載っていたがさごそペットというおもちゃです。作る前は、ビヨーンとかなり移動してくれるかなと期待が大きかったのですが、実はそんなには動いてくれません。30pくらいかたかたと動くくらいです。でも、我が家の息子には、ちょっとうけました。
 試しに普通の輪ゴムではなくてやや太めの輪ゴムを使ったものも作ってみましたが、結果的には普通の輪ゴムで作るのがやっぱり良かったですね。
(道具・材料)
フィルムケース1個、輪ゴム4本、ガムテープ、糸、ようじ、いらなくなった単三電池1本、カップ麺の容器か深めのトレー、たこ糸
底に穴を開けるふたにも穴を開ける輪ゴムに糸をつけておくようじでゴムを仮止めガムテープで仮固定ふたにもゴムを通す(製作の手順)
@フィルムケースの底とふたに千枚通しで穴を開けます。2本の輪ゴムで作った輪(写真の右側)の左右にはひもを結んでおき、底とふたの穴を輪ゴムが通しやすくします。


単三電池を入れる輪ゴム2本を結ぶ輪ゴムをケースに固定A底とふたの穴にひもを通したら、それを引っ張ってゴムを穴から引き出します。ゴムがケースの中に戻らないように、ようじをはさんでから布ガムテープで両方とも留めておきます。

B不要になった単三電池をケースの中に入れます。輪ゴム2本を結んだものを作りフィルムケースに布ガムテープで貼り付けます。


ラーメンのカップに取り付けるゴムどめするカップの上からひもを出すCフィルムケースの底とふたからから出ている輪ゴムとフィルムケースに後から取り付けた輪ゴムの両方をカップ麺のふたの両サイドの穴をあけた所に通します。ゴムを通したら、ゴムが抜けないように楊枝(ようじ)をはさんで布ガムテープで留めます。
写真左側のようにたこ糸をフィルムケースに5〜6回くるくると巻いたら、そのひもをカップ麺の上にあけた穴から外に出します。

Dひもをゆっくり引いてから元に戻すように手を下げると、カップ麺がかたかたと揺れるように前に進んでくれます。




「CDのこま」の作り方
 パソコン雑誌についてくる不要なCDを利用して、簡単に作れてよく回る「こま」を作りました。CDはパソコン雑誌を買っていると案外たまっていきます。なんとなく捨てずに何かに使えないかなと考えていたら、ふっとCDの穴に単三電池が入るのではと思い試したものです。CDの穴の方が、電池よりもわずかに大きいのですが、その辺はビニールテープを巻くことで簡単に調整できます。CDは自分で紙を円に切るのとは違い、初めからきれいな円盤になっているので、これ以上こまに必要な円盤もないでしょう。
 電池は、プラスのほうが突起になっているので、そちらを下にすると「こま」になります。
材料(道具・材料)
いらないCD2枚、いらなくなった単三乾電池1本、ビニールテープ、はさみ、CDの表面に色をつけたいときは、ビニールテープや赤や青や黄色のラベルを貼るといいでしょう。
電池にビニールテープを巻く電池とCDCDの穴に電池を差し込む(製作の手順)
@CD2枚は、ビニールテープでとめてもいいし、留めなくても大丈夫です。単三電池はCDの穴より若干細いので、電池にビニールテープを巻きます。1回半〜2回くらい巻くのですが、この辺は少し巻いては穴に差し込んでみるようにして調整します。


電池が落ちないようにテープを巻く上も下もテープを巻くシールを貼った様子回っているシールつきこ9まACDの穴に単三電池を差し込んだら、電池が動かないように下側も上側もビニールテープを3回位巻いていきます。(何回巻くかはアバウトでOK)

B回してみてゆらゆら揺れるようでしたらバランスが悪いので、CDを適当に少しずつ色々な方向に傾けながら、こまの軸(電池)がぶれずに回るように調整します。これで完成です。ゆっくり回してもけっこうな時間回ってくれます。




フィルムケースのビーダマン
ビーダマン 講談社「新ゲーム・手作り遊びセレクト100」に『フィルビー』という名前(フィルムケースのビーダマンだからかな?)に載っていたものです。以前、かなり前に違う本で見て作ったような気がします。おそらく同じ方々が書かれた本を読んだのだと思います。こんなに簡単にできてしっかりビーダマンしていますよ。カッターナイフで切り込みをいれた穴の大きさによって、ビー玉の飛び出す勢いが変わります。切り込みが小さい(穴が小さい)ほうが、勢いがいいです。遊び方は、的を作ってそれをねらって競うとかミニゴルフコースを作って穴に入れるとか工夫次第ですね。
(道具・材料)フィルムケース、ビー玉、カッターナイフ
カッターナイフで十字に切りますフィルムケースの底を十字に切ります(製作の手順)
@フィルムケースのふたをはずす。(ふたは使いませんが、ビーダマンを使わないときにケースの中にビー玉を入れてなくさないようにする時使います。)

Aフィルムケースの底にカッターナイフで十字に切り込みを入れます。ビー玉を押し当ててできた穴が狭すぎるようでしたら、少しずつ十字の切り込みを広げます。余り広げすぎると、ビー玉がすぽっと前に出てしまい、ビーダマンにならないので、ややきついくらいにします。これで、もう完成です。ビー玉だと、どこかにぶつけた時に危険かなと思われる場合は、100円ショップでも売っているスーパーボールの小さいやつを試してみてはどうでしょうか・・。これなら安全です。もっともビー玉にしてもスーパーボールにしても、口にすぐ持っていってしまう子には危険なので、要注意ですが・・。




   CDのヨーヨー
ヨーヨーをやっているところ ヨーヨーの作り方を考えていたら、CDでもできそうだということで作ったものです。5分もあればできてしまうほど簡単なのですが、作っていて今一感動(?)がないのです。なぜなんでしょうか?・・・簡単過ぎるからかな?
 作ってみてわかったのは、たこ糸は余り長くしないほうがヨーヨーをするときにはいいということです。ついつい糸を長く取りがちですが、思っている2/3〜1/2位のほうが結果はいいです。
 ヨーヨーをやってみた息子に言わせると、CDとCDの間のすきまは、狭い方がいいんじゃないか・・ということです。
(道具・材料)いらないCD4枚、いらなくなった単三電池、布ガムテープ(またはビニールテープ)、はさみ、たこ糸
単三電池にガムテープを巻く電池をCDに差し込むCDが動かないようにテープを巻く(製作の手順)
@単三電池がCDの穴にしっかりと入るように、テープを調整しつつ巻きます。

ACDがずれないように、テープの端がCDに付くように巻いていきます。


たこ糸を巻く完成B単三電池の真ん中辺りにたこ糸を結びつけ、たこ糸が動かないようにテープを貼っていきます。

C反対側にもCDを取り付けて完成です。




イラスト  牛乳パックのおばけ
 紙コップを使ったおばけは、かなり昔から作られていて一度作ってみようかなと思っていたのですが、傘用のポリ袋が手に入らなかったので、今まで作れませんでした。先日、ホームセンターに行ったら売っていたので、さすがに100枚は使わないなあと思いましたが、252円だったので買ってきました。
(道具・材料)牛乳パック1箱、傘用のポリ袋(ホームセンターやスーパーで100枚250円位)、油性マジックかポスカ、セロテープ、折り曲がるストロー、穴を開けるための割り箸等、はさみ
はさみで切り取る割り箸で穴を開けます切り込みを入れる(制作の手順)
@牛乳パックの上の開け口の部分をはさみで切り落とします。

A箱の下側(底の方)にストローを差し込むための穴をあけます。穴は、割り箸などで開きます。穴を開けたら穴の上を2p〜3pはさみで切っておきます。こうしておくと、おばけの袋をストローに取り付けたものを箱の上からおろして中から穴に通すやりかたでも外側からストローを入れるやり方でも楽になるからです。穴だけですと、ストローを通すことができません。




空気を入れますお化けが出てきますポリ袋を牛乳パックの中に入れますBポリ袋をストローにセロテープで取り付けます。

Cポリ袋におばけの絵を描きます。

Dストローを箱に通したら完成です。




 缶ぽっくり
 缶ぽっくりは、私たちが小学生の頃にだれでも遊んだことのあるものです。簡単に作れてただ乗るだけでなく色々な遊びに発展できるものでした。子どもは、大人の考えないような遊びを友達とその場のアイデアで作り出しますね。
 今頃缶ぽっくり?・・というのは、実は9/1の防災の日に以前購入した防災グッズを点検し、賞味期限切れの乾パンの空き缶ができたからです。
 学校ですと、給食室(調理室)に声を掛けておけば、この缶の3〜4倍もあるような業務用の大きな缶をくれますよ。
缶ぽっくりの材料(道具・材料)
 ひも(ホームセンターに売っているPPよりひも)、空き缶2個(なるべく大きなもの。缶のふたがプルトップ状にきれいにとれるものは、そのまま使います。缶切りで開けなければならないものは、開けた後にぎざぎざした部分ができてしまうので、かなづちでぎざぎざの部分を缶の内側に叩いて折り込むようにします。)、かなづち、はさみ、プラスのドライバー
ドライバーを叩いて穴を開けますダライバーで穴開け穴を開けた缶(制作の手順)

@空き缶にプラスのドライバーをかなづちで叩いて穴を開けます。開けるときは、ドライバーが垂直になるかやや缶の内側を向くようにします。外側に傾いていると、叩いた途端に缶の外側を破ってドライバーが出てしまうからです。)





ひもを通しますひもを結んだら結び目を缶の中に引っ張って入れます結び目は缶の中完成A穴の中にひもを通します。
(通りづらい場合は、ドライバーを使ってひもを穴の中に押し込みます。)

B缶を通したひもの結び方は、1本ずつ輪っかにして結んでもいいのですが、よりほどけない結び方は、写真のような手順の結び方です。この結び方の名称は忘れましたが、山でザイルを結ぶ時などに使う結び方です。

(結び方)ひもの右側を上にします。左側を輪に通して右側のひもの下にします。左側のひもをまわして作った輪の中に入れます。左右のひもを引っ張ればきゅっと締まります。余った左右のひもは、それぞれをひもにからめて輪にして引きます。




  簡単な「プロジェクター」
手作りのプロジェクター 結論からお話しすると実用性はありません。作ってみて問題だなと思ったのは、懐中電灯のレンズの中央部分が影になってしまうことです。この影が出ない懐中電灯であればもっときれいに像が映ると思いますが、それでも実用性にはほど遠いかな?懐中電灯だけでなくレンズも100円ものですので、普通に拡大鏡としては使えますが、プロジェクター用のレンズとしては余り期待できませんし・・。でも、作ること実験するこはおもしろかったです。
ライト付き拡大鏡(道具・材料)
工作用紙(または、厚紙)、ガムテープ、100円ショップの拡大鏡、はさみ、カッター、懐中電灯、写真のネガフィルム、
レンズに紙を巻くスリットを入れてネガを入れるライト側の筒(製作の手順)
@拡大鏡のレンズに巻く筒を工作用紙で作ります。この筒はライト側の筒の外側にはまる形になるので、この筒がスムーズに前後に動かせるような状態にします。

Aライト(懐中電灯)側にも工作用紙を巻いて筒を作ります。筒の長さは適当でも大丈夫です。(本当はレンズ部分の筒などは、太陽光に当てて焦点距離を測ってからやるといいのですが、そんなに厳密でなくても作りながら簡単な調整はできます。)

レンズ側とライト側筒を入れた状態2個の筒を差し込む壁に映った写真壁に投影Bライトがわの筒には、ネガを差し込むためのスリット(線状のの切り込み)をカッターナイフで入れます。左右にきれいに切り込みを入れるのは難しいし、うまい具合にネガが差し込んだ反対側のスリットに入らないので、筒自体を半分くらい切ってしまっても大丈夫です。

Cライト側の筒にそれより少し大きめのレンズ側の筒を差し込んで、ネガも入れたらライトONです。壁に映して壁との距離やレンズ部分を前後に動かして焦点が合うようにします。




  ぐにゃぐにゃ凧
 最初にぐにゃぐにゃ凧を作ったのは、今から20年以上前になります。小学校の教員の兄から教えてもらい「へー、こんなんで揚がるの?」と思ったものです。今の学校に新任で入り、その時の子どもたちと一緒に作って空に揚げました。行田養護に転勤しても高等部の生徒達と毎年のように空に揚げてきた凧です。簡単だから子どもたちが作っても失敗がないからいいですね。
(道具・材料)
ゴミ袋やビニール袋、絵を描くなら油性マジックやポスカなど、はさみ(またはカッターナイフ)、定規、楊枝、たこ糸、セロテープ、4o×4o×90pの棒
グニャグニャたこの寸法図(制作の手順)
@ポリ袋を縦3・横4の比で切ります。
 (例)横が60pならば、縦は45pになります。しっかり測って切ってもいいし、シート状にした袋を縦に3つ折り印を付け、横に4つ折って印をつけるのでもかまいません。

A竹ひごか角材(縦×横が4o〜5o位の角材です。ホームセンターに売っています。)は、セロテープかガムテープで張り付けます。

B楊枝は、凧の左右に付けてセロテープで補強します。楊枝に結んだ糸目は、凧の縦の長さの2倍くらいの長さにします。

Cしっぽはつけなくても大丈夫ですが、万が一凧がまわるようでしたら、凧糸を垂らすか新聞紙のしっぽをつけます。




(大型ぐにゃぐにゃ凧の作り方)
袋の底側を切って広げますテープで2枚の袋をつなげる大型ぐにゃぐにゃ凧@袋の底側をはさみで切る。底がなくなったら横も切って大きな1枚のシートにする。

Aもう1枚同じようにしてシート状にし、2枚を超透明梱包テープで貼って1枚の大きなシートにする。(セロテープでもいいのですが、粘着力の強い超透明梱包テープをお勧めします。ホームセンターでガムテープと同じコーナーで売っています。)

B縦3:横4の比で上の図のような形に切ります。

C後は、上の作り方と同じです。




イラスト    キャラメルの箱を使った昔の遊び
 私が小学生の頃に男の子の間でやっていた遊びです。40代中頃の男の先生方も「あー、それやったやった!」と覚えていました。女性の先生方は知らないところを見ると、男の子の遊びだったようです。
(道具・材料)キャラメルの箱
キャラメルの箱はさみで切るか手でちぎる箱の輪っかを手のひらで叩く(製作の手順)
@キャラメルの箱を写真のように切り取ります。(昔は手で少しずつちぎりましたが、はさみで切ってもOKです。)

A切った部分に丸みがつくように、左右の人差し指をキャラメルの箱の切ったものに入れてくるくると回転させます。

B丸みがついて輪なったものを状になったら、手のひらにのせます。

Cキャラメルの箱の輪状態になっているものを乗せている手の反対の手を広げて、強く輪を叩きます。パーンと大きな音がして輪っかが切れます。





イラスト    糸電話
糸電話で遊んでいる様子 学年の時間に子どもたちと作りました。子どもたちはコップに絵を描いたり、好きな色を塗ったりし、糸を結んだりする難しいところは、先生方がおこないました。糸電話を作ることよりも、作った後にみんなで糸電話を使った伝言ゲームや宝探しゲームをやることの方を、学年の時間のメインにしました。子どもたちと先生が協力して、リーダーの先生が言った「友達の名前や食べ物の名前」を2組に分かれて聞き取り、伝言ゲームとして最後の人まで伝えていくという遊びです。最後の人は、おもちゃの果物を手にして、どっちの組が正解か競います。宝探しは、それぞれの組に宝を隠してある場所を伝え、伝言ゲームで最後の人まで伝えられたら、みんなで探しに行くという内容で大盛り上がりでした。
(道具・材料)
紙コップ(またはプラスチックコップ)・糸・セロテープ・楊枝・油性マジックはさみ・千枚通し(または、きり)・割り箸
糸電話(制作の手順)
@千枚通しで紙コップの底に小さな穴をあけます。糸を穴に通して、はさみで半分くらいに切った楊枝を結びます。楊枝をセロテープでコップの底に張り付けます。このときに割り箸があると、セロテープを底に押しつけるのが容易にできます。手を突っ込んでもできますが、割り箸を使う方が断然楽です。反対側のコップにも同じ要領でおこないます。あとは、油性マジックやポスカでコップに好きな絵や色を描き込みます。

プラスチックコップの場合は、底に穴をあけるときに底側からあけると、穴の部分が内側にもりあがってしまうため、楊枝がやや浮き上がってしまいます。その為、糸電話の聞こえが今一悪くなってしまいます。プラスチックコップの場合は、コップの内側から穴をあけると、浮き上がった部分が外側になるので、その方がよいでしょう。両方を試すと、紙コップのほうが聞こえが明瞭でいいです。


 それから、「紙のおもちゃランド・ベスト79」には、紙コップの糸の先端にクリップをつけたものを用意して、糸電話の途中の糸に引っかけて3人以上の人で糸電話での会話をおこなう方法が出ています。実際にやってみると、聞こえはかなり落ちるなあという感じでした。




   おみくじ
おみくじ チップスターの缶と割り箸で作る「おみくじ」です。材料さえあれば10分位で作れます。学校の授業で使うようなことはありませんが、ご家庭や友達・家族でのゲームなどで順番を引いたり、当たりはずれを遊んだりするときに使えそうですね。小さいお子さんでも穴をあけるところ以外はできますので、チップスターの缶のようなものがあれば作ってみると楽しいかもしれません。お正月には、「大吉・中吉・小吉」を割り箸に書いて、1年を占ってみるのも楽しいかな?
(道具・材料)チップスターの缶、色紙などの包装紙(100円ショップ)、はさみ、のり、円を切るカッター、割り箸
管に巻いて色紙の長さを決めますのりで色紙を貼ります缶の蓋に穴を開けます(制作の手順)
@色紙を広げてチップスターの缶にあて、大体の大きさ(長さ)を決めます。

Aはさみで切ったら、缶にのりをつけて色紙を貼りつけます。

C缶のふたに穴をあけます。(穴は円きりのカッターであけていますが、カッターがない場合は、鉛筆等を突き刺して穴を変えても台寿部です。)


蓋と同じ大きさの色紙の円を作ります割り箸に大吉等を書きますおみくじの完成おみくじを引きますD缶のふたの大きさの色紙を切ったら、のりで貼りつけます。穴の部分は、指で押すと破けてあきます。

E割り箸に「大吉・中吉・小吉・凶・あたり・はずれ・○・×」等をペンで書いて完成です。



はじめに戻る

トップへ