特別支援教育の「教材・教具のHPリンク集」

 
※整理の都合上、検索で出たページのタイトル名で「あいうえお」順並べています。


ア行


カ行


サ行


タ行


ナ行


ハ行



マ行


ヤ行



ラ行


ワ行


 ここで紹介する学校や個人・団体等を載せる基準

@市販品の紹介が殆どのところは、残念ですが選びません。(※学校の備品の紹介であって、授業でどう先生方が工夫しているかが見えないからです。)
A紹介している教材・教具の作品数が数点というように極端に少ないところや、教材・教具の学習のねらい等の説明がわかりづらいところは選びません。
B教材・教具の安全性が欠けていたり、作りがあまりにも雑なところは選びません。(※使う子どもたちの側に立った視点が見られないからです。)
C紹介している教材・教具の写真が、小さすぎたり白黒なものは選びません。(※写真が小さすぎたり白黒では、残念ですがどんなものかわかりづらいからです。)
D教材・教具や自助具だけでなく、図工・美術の作品紹介や作業班が作った製品も、素敵だなと思われるものを紹介していきます。

E視覚障害や聴覚障害の学校は、私に勤務経験がないので基本的に除いています。(※教材・教具の善し悪しが判断できないからです。)

タイトル                        内  容
青空どんとこい  自作の教材・教具は、以前は「かばん入れ」「ピッコロ大魔王」「割れるサンタ」「貞子のかつら」など大がかりなものから小さなものまで盛りだくさんでしたが、現在は退職されて紹介しているものが少なくなっています。大きな手術をされて大変な状態だったそうですが、これからも活躍されることを祈っています。
  青森県総合学校教育センター 特別支援教育課  令和4年度の教材・教具展の作品が載っています。色々な教材・教具が紹介されています。
  青森県立七戸養護学校  「造形活動」のところにお子さん達の図工・美術の素敵な作品が載っています。 
  秋田県立秋田養護学校    「教材・教具の紹介」のところで「教材・教具バックナンバー」をクリックすると、「動画による使用例」「カードによるデータ紹介」を見ることができます。動画データは、QuickTime形式です。
  秋田県立横手支援学校   「特色ある教育活動」のところで「ICTの活用 iPad活用票 iPad実践事例集 小学部・中学部・高等部」が載っています。「読書活動の推進」はとても良い活動です。
  秋田県立ゆり支援学校道川分教室   「センター的機能」のところに教材・教具集があります。「遊具あそび」「音あそび」「スイッチ教材」等々の80作品近くの紹介が載っています。また、指導案が載っている作品紹介もいくつかあります。
 子どもたちの表情がとてもよくて、先生方がよく工夫しているなと感じました。
  秋田県立支援学校天王みどり学園   自立活動部報「自立活動部だより」のところに、教材・教具および自作教材一覧が見られます。「三層強化段ボールを使用した教材・教具」はとても興味深い内容です。
  秋田県立秋田きらり支援学校   「教材・教具」のところから肢体不自由児校の様々な教材・教具の紹介が載っています。参考になる物が多いです。また、「情報ひろば」のところから「授業における図書の活用事例」にいけます。この活用事例は、他の学校では見たことのない貴重な実践例だと思います。これをまとめたことに敬意を払います。
  iPadと学習支援   iPadの機能やアプリを使って、「文章を読み上げる」または「音声入力する」ことについてできることの情報が載っています。Androidについても話されているので興味深いです。
  秋田県立勝平養護学校   「教材・教具について」のところから20程の色々な教材・教具が紹介されています。各教材・教具について、「対象になるお子さん・使い方・レッツトライ・応用例」などわかりやすく書かれています。勝平養護学校は、平成22年度から秋田養護学校と統合し、「秋田県立秋田きらい支援学校」としてスタートしていますが、勝平養護のHPは見られるので載せています。
  愛知県総合教育センター 相談部
特別支援教育相談研究室 
  愛知県内の学校の先生方が作った教材・教具や支援ツールが223点紹介されています。
愛知県立みあい特別支援学校  HPの「ご案内」から教材・教具のページに進めます。教材・教具は75作品を紹介しています。実際に授業で使っている教材は、参考になりますね。「みあいっこぼっくす」の「みあいライブラリー」のところには、国語・算数数学・その他」と各種のプリントがダウンロードできるようになっています。
  愛知県立一宮東特別支援学校   教材教具の紹介は12点と少なめですが、ユニークなものもあります。写真が小さいのはわかりづらいので勿体ない。「教材プリント」のページは、内容が充実しているので参考になります。
  愛知県立名古屋特別支援学校   平成20年度から平成30年度までの19回の教材展の作品が載せられています。一つ一つの教材・教具に工夫点が見られ、特別支援学校の教材の紹介でもトップクラスの作品点数と内容です。参考になる教材が多数あり驚きました。
  愛知県立大府もちのき特別支援学校   「自立活動教材・教具」が載っています。教材の指導例がわかりやすいのがいいですね。
あとりえ えむとえむ  木工作品の紹介や工具・治具の紹介をしているホームページ。
あれこれ それなりクラブ 「竹とんぼ」「新聞紙のコサージュ」「紙鉄砲作り」など参考になることの多いホームページです。
  アスキーキッズ ミキラボ   「こどもと一緒に楽しむ3分科学」で色々な科学実験を紹介しています。
石川県立小松特別支援学校  石川県立小松養護学校のHP。石川県は、昔から教材・教具作りが盛んな県というイメージがありましたが、保護者も巻き込んでの取り組みはいいですね。子どもたちのために手をつなげるというのは、やさしいようで実際はなかなか難しいことですから。教材・教具の紹介は、「マジックシアター」「足し算計算盤」等の平成25年度〜令和3年年度。
   石川県立小松瀬領特別支援学校  学校職員と旧職員・保護者が協力して教材・教具を作っています。 ICTヒント集や教材・教具も過去のものの紹介で、現在のものが載っていないのは残念。
  石川県立明和特別支援学校   「教材ライブラリー」のところに平成22〜30年度・令和元年度の数々の教材・教具が載せてあります。教材・教具と言えば石川県、石川県と言えば明和というのが私の中の印象にさえなっている学校です。全国でもトップクラスのひとつです。
  石川県立七尾特別支援学校輪島分校  2016・2017・2018・2019年度の教材・教具の紹介が載っています。「教材・教具シート」は、教材教具の説明・制作のポイント・実践・効果改善点等と他の学校のお手本になるような内容です。
   石川県立医王特別支援学校  「教材紹介」のところにベッドサイドでの活用や車イスでの活動用の教材・教具が載っています。
  石川県立いしかわ特別支援学校   研究・実践の項目のところに「教材・教具」の紹介が載っています。教材・教具はスライドショーで紹介しているのですが、写真が小さいためわかりずらいのが残念。
   育成学級研究グループ  育成学級は、京都市における特別支援学級の呼称。「国語」「社会」「算数」「生活」「道徳」「音楽」「体育」「図工」「日常生活の指導」「総合的な学習の時間」「特別活動」「その他」に分類分けしてあります。
岩手県立総合教育センター  ひらがなワークシート(ひらがなのなぞりがき)がダウンロードできます。これは非常に助かります。きこえの教室・ことばの教室用に多数の動画が載っています。データベースの所には、学習指導案データベースがあり、指導案を書く際に参考になるでしょう。
岩手県立前沢明峰支援学校  「教材・教具の部屋」で学校の自作教材を紹介しています。色の弁別・形の弁別・数・お金の学習などです。学校のHPとしての作りが非常に丁寧で、まるで教育センターのHPのようにわかりやすくなっています。一つのお手本のようなHPです。
  岩手県立盛岡となん支援学校    教材・教具ではありませんが、「情報公開」のところで「自立活動の手引き」を公開しています。この手引きは、とてもわかりやすくまとめられているので、肢体不自由の学校に勤める先生方にはお勧めです。
   岩手県立釜石祥雲支援学校  「トピックス」のところに「ICT活用実践」が載っています。写真が多く載っているので、分かりやすい内容になっています。
茨城県立美浦特別支援学校  太田ステージ段階に応じた自作教材・教具を紹介しています。「iPad活用事例」も参考になります。
茨城県立水戸飯富特別支援学校 「情報教育」のところにICT研究があります。実践例がわかりやすいので参考になります。
  茨城県立内原特別支援学校   「教材・教具の紹介」のページに小学部と中学部の自作教材・教具が載っています。作りが丁寧で子ども達への配慮が感じ取れる教材が多いです。
茨城県立鹿島特別支援学校  「教材・教具活用集」のとこのろに「自立活動の実践例」が載っています。授業を考える時に参考になる内容です。
学習プリントは、令和2年度・3年度のものが載っていて、ページの下側に小学部・中学部・高等部の教材・教具の紹介も載っています。
  茨城県立下妻特別支援学校   「学校の様子」のところに教材の紹介が28作品載っています。教材・教具の使い方や学習のねらいが、もう少し詳しいといいのですが。
  茨城県立北茨城特別支援学校   「その他」のところの「教材・教具の紹介」があります。教材・教具の紹介は19作品。「iPad活用集」はこれから始めようとしている先生には参考になるでしょう。
  茨城県立つくば特別支援学校  「教材データベース」のところに教材・教具の紹介が載っています。写真が大きいのでわかりやすく、参考にしやすいです。
  茨城県立大子特別支援学校   「もりの子ギャラリー」の作品がとてもいいです。「発見わくわく授業」は、とても素敵な取り組みだと感心しました。「お知らせ」のところに教材・教具展@ABが載っています。
  茨城県立盲学校   「教材・教具、補助具の紹介」のところに様々な教材・教具等の紹介が載っています。
  茨城県立内原特別支援学校   「教材・教具」のところに教材・教具の紹介が載っていますが、数は多くありません。「360°カメラ」「アップルTV」の活用は面白いのですが、それらを使うことでどう子どもたちが変化したかが詳しくないのが残念。
  茨城県立協和特別支援学校  主に「自立活動」の教材の紹介が多く載せられています。個人的には作業学習の「種まき鉛筆」が好きというかおもしろいアイデアと思いました。
  茨城県立伊奈特別支援学校   「教材教具の活用」のところで各教科やICTなどの教材が紹介されています。市販品の紹介が多いのです。
   茨城県立結城特別支援学校  教材教具は27作品紹介されています。
   茨城県立石岡特別支援学校  「教材・教具 授業」のところで30点ほど紹介しています。ひとつひとつがよく考えて作られているので、他校でも使えるものが多いと思います。個人的には、「ドラゴンの的当て」がいいですね。
茨城県教育研修センター  「特別支援教育の教材・教具の紹介」という欄で、県内の特別支援学校の教材・教具を見ることができます。各学校のリンクがはってあるものは大きな写真を見ることができますが、リンクが貼っていないものについては、写真がもう一回り大きいとより教材・教具がわかりやすくなると思います。
  「いらすとや」 かわいいフリー素材集   人物・生活・学校・スポーツ・自然・医療等のフリーのイラストがたくさん載っています。私は「こども」のジャンルの部分を時々使わせてもらっています。
 

教材・教具 - E-TOPIA:教育情報ポータルサイト

 
 
うえもんの教材室  教材・教具の紹介(教材棚)は、34作品紹介されています。「的当て(おに・バイキンマン)」「着ぐるみ(くま・アンパンマン)」「2人乗りぶらんこ」「クリスマスツリー」「型抜きA・B」など。写真は、いくつかの角度から撮ってあるので、わかりやすいです。
うたまっぷ  歌詞を無料で検索表示できるサイトです。カテゴリー検索は、「アニメ・童謡・デュエット・演歌・TV・映画・CM・民謡」などで調べられます。あの歌「おかあさんといっしょ」だったかな「みんなのうた」だったっけ?・・というときにもすぐに調べられます。授業や余暇で子どもたちと歌を歌いたいけれど、歌詞がわからないというときに便利なサイト。
内田洋行 特別支援教育教材カタログ  教材・教具の電子カタログです。学校の事務室にも本になっているものが置いてあるでしょう。市販の教材・教具がわかりやすく載っていますので、教材を考える際に参考になります。
NHKクリエイティブ・ライブラリー  NHKの音楽と映像素材を視聴・ダウンロードできる。約1400種類もの素材は番組で使われたものなので、クオリティーはさすがNHKと言えるものばかりです。
  NHK for School   NHKで放映しているこども向けの様々な番組を紹介しています。動画も見られるので、特別支援学校でも活用できるものがたくさんあります。
  NGK サイエンスサイト    おもしろい科学実験を紹介しています。実験材料を揃えるのに一手間かかるようなものが多いのですが、その分内容は興味深いです。
  愛媛県総合教育センター   愛媛県立の特別支援学校の教材・教具を紹介しています。
江田島平八の部屋  知的障害を伴う自閉症や発達障害の子どもさんが使うことを前提にした木工作品や課題別教具をたくさん制作している保育士さんの工房です。テーブルや小さなままごと台など完成度の高さには驚かされます。課題学習用の教材も市販品を凌ぐような完成度です。色々と教えてもらいたいくらいの優れた作品があって、「うーん、凄いなあ」とただただ驚きです。
絵本ナビ(Ehon Navi)  良質なEhonの紹介をしているサイトです。読み聞かせにどんな本がいいかなと迷うときに参考になります。
  絵本の本棚 ますみの絵本しょうかい   数100冊の絵本を「おおよその年齢別に分類した絵本リスト」「画家ごとに分類した絵本リスト」「作者ごとに分類した絵本リスト」「あいうえお順に分類した絵本リスト」「お気に入り絵本の読み聞かせの感想」と整理してたくさんの絵本を紹介してくれています。絵本を選ぶときの参考にしたり、昔子どもたちに読んだ本を見つけて懐かしんだり・・・。
えをかくじかん  絵画教室「えをかくじかん」の活動の記録。子どもたちが伸び伸びと制作している様子が感じ取れる内容です。
  えじそんくらぶ   NPO法人えじそんくらぶは、注意欠陥/多動性障害(以下、ADHD)の正しい理解の普及と、ADHDを持つ人々を支援している団体のホームページ。
  ATDS NPO法人支援機器普及促進協会    iiPadを活用した特別支援学校の事例の研修会・プレゼンの資料がたくさん載っているサイトです。iPadの可能性や導入に関する問題点などわかりやす内容です。
   エレキット  電子工作のエレキットのホームページです。
親子でモノづくり&オモチャ  おアソビ探偵団  お遊びメニューは100を越える充実度です。傘袋のロケットといった工作もの、ドンジャラといったゲーム、ザリガニ釣りといった遊びと内容も盛りだくさんです。絵と説明がわかりやすく、ジョークも効いている内容です。
  沖縄県立沖縄盲学校   「教材・教具」のところから「筆記作図の用具」など色々な教材・教具を見ることができます。
   沖縄県立総合教育センター 特別支援教育班   「教材・教具 支援ツール」の項目から県内の特別支援学校の先生方が制作した教材・教具を見ることができます。
  沖縄県立名護特別支援学校   「教材・教具支援ツール展」で紹介された教材教具がたくさん載っています。(2016以降が載っていないのが残念。)
こういった取り組みが続き、子ども達の学習指導に役立っている感じがします。幼・小学部の手作り教材ということですが、中学部等のものはないのでしょうか?
   沖縄県立鏡が丘特別支援学校  肢体不自由の学校らしい子どもたちに対する細やかな配慮を感じる教材・教具が紹介されています。私も肢体不自由の子どもたちと一緒に過ごした時間が多かったので、一つ一つの教材・教具を見ていて先生方の思いを感じられる気持ちになりました。
   沖縄県立泡瀬特別支援学校  各教材・教具を使う際の「配慮点」がとてもわかりやすく書かれていて、子どもたちのことをよく理解している(よく把握している)先生方なんだなと感じ取れる内容です。自立活動・遊び・日常生活指導・音楽・国語・体育・英語・算数数学・キャリア教育と分類されています。
  岡山県立岡山東支援学校   「教材・教具」自立活動編のところに学校で使われている市販の様々な「感覚遊具」「知育玩具」「プール関係」「VOCA」などの紹介が載っています。
  岡山県立早島支援学校   教材教具は、「手作り教材」「自立活動」「ICT」の3カ所に載っています。「かがみ太鼓」のアイデアはおもしろいです。
  岡山県総社市立 総社はばたき園  「マッチング」「分類・分別」「マトリックス」「プットイン」「ペグさい」「近接の関係」「切片パズル」「辞書を見る」「チャンキング」「型はめ」「その他」と分類分けされて教材・教具が紹介されています。
  大阪府立佐野支援学校   自立活動部のところに言語指導にもちいる教材・教具の紹介が載っています。教材の数は多くはありませんが、参考になります。
  大阪府立豊中支援学校   「教育方針・特色」のところで手作り教材・教具の紹介が載っています。ペットボトルのふた等身近にあるものを使った教材を紹介しています。もう少し作品が多くなるといいのですが・・。 
   大阪府立中津支援学校  「教育内容・特色」のところから「教材・教具」「教材・教具 動画」が見られます。2014年度版・2018年度版・2019年度・2020年度版の教材・教具の紹介が載っています令和2年度の「特別支援教育に役立つ実践事例等教材・教具集」、令和3年度「図工美術の取り組み 学校紹介・教材紹介」は、おもしろく読むことができました。
   大阪府立箕面支援学校  「自立活動部」のページの一番下の所に「教員の自作教材」が16点ほど載っていましたが、現在はページリニューアル中で見ることができません。
  大阪府立交野支援学校四條畷校   「教材・教具の紹介」のところに手作り教材の紹介が載っています。「ゆびなぞり」は面白いアイデアです。
  大阪府立藤井寺支援学校   「支援アイデア集」のところに令和元年度の教材・教具の紹介が21作品載っています。教材紹介動画集はどんな教材・教具なのかがわかりやすいです。
   大阪府立寝屋川支援学校  「教育内容」のところに「ICT活用実践報告集」「情報教材」「情報教材・動画」が載っています。情報教材は、写真がもう少し大きいとわかりやすくなるでしょう。「ICT活用実践報告集」は、わかりやすい内容で一読の価値ありです。
「北河内サポートセンター」のところからは、「北河内教材教具データベース」を見ることができます。
  大阪府立東大阪支援学校   ICT機器の活用例(ICT教材)が6例載っています。
  大阪府立八尾支援学校   「支援教育」のところに「小学部の教材」「中学部の教材」「高等部の教材」「小学部のICT教材」が載っています。小学部・中学部の教材の説明は、記述が少なくて残念。「視覚的な支援」のところでは、「視覚的な支援に関するハンドブック」が載っています。新任の先生方には参考になる内容です。
  大阪府立豊中支援学校   「教材・教具」のところに数は少ないのですが、身近な材料を使った教材・教具が載っています。
  大阪市教育センター   「教材教具コンピューター検索ソフト」のところに「数・書く・読む」という項目ごとに教材・教具の紹介が載っていますが、いわゆるパソコン用のソフトではありません。手作りの教材・教具です。
  大阪市立特別支援学校教育研究会   各学校別と「運動・学習・感覚・コミュニケーション・社会性・手指訓練・自立活動・日常生活・認知・補助」といったカテゴリーで紹介されています。各教材の「ねらい・目的・作成方法使用方法・使用の効果・活動の様子」と説明もわかりやすくなっています。
   大阪府立平野支援学校  「教材・教具紹介」のところに14つほどの教材・教具の紹介が載っています。
  大阪府立光陽支援学校  「教育内容」のところから令和1〜2年度の「教材・教具の紹介」が見られますが、数は少ないです。「ICT機器の活用」は、活用の指導法・実践例が載っているので興味深いです。「教材の活用」は、平成30年度・令和1・2年度が載っています。
  おりがみくらぶ   「果物・野菜」「動物」「七夕」「アクセサリー」など様々な形の折り紙の折り方が、イラストだけでなくアニメーションでもわかるようになっています。
   おうちで60秒チャレンジ(日本レクレーション協会)  自宅で家族でできるレクレーション活動が動画で紹介されています。新聞紙などを使って行うものなので、家庭ですぐにできておもしろいです。
   おもしろ科学工作  物理系・地学系・化学系・理科一般という分類分けで、様々な実験を紹介しています。簡単な実験もあるので、小学校や特別支援学校の理科でも使えそうです。
  オリジナル自助具   作業療法士の方々が考案したオリジナルの自助具や訓練具が写真と文章で紹介されています。写真が大きいので、作り方がよくわかります。肢体不自由児の学校の先生方には色々と参考になるのではないでしょうか。
   OCTくんと学ぼう   自作学習ソフトウェアやインターネットを活用した学習指導、障害者がコンピュータをする手段としてのシンプルテクノロジーの取り組みについてのページです。特殊学級・特別支援学校などの特別支援教育での学習指導や学習障害(LD)、特殊教育など小学校の学習指導に役立つでしょう。
  大分県立臼杵支援学校  教材・教具の紹介が、2018・2019・2020・2021年度と載っています。各教材・教具を紹介する教材教具シートは、写真も多くわかりやすくなっています。教材・教具の紹介数は多い方ではありませんが、参考になるものが多いです。
   大分県立由布支援学校   平成28年度の校内実践例として、小学部・中学部・高等部の教材・教具を紹介しています。教材・教具の説明が簡潔でわかりやすいです。
  大分県立大分支援学校  教材・教具を21載せています。
  Ommyz工房   簡単なスイッチやリレーなど電気工作が多いので、電気工作に疎い人には難しいかもしれませんが、参考になる内容が多く写真も大きいのでわかりやすいです。
科学するおもちゃつくり  イライラ棒、ポンポン船、折り紙ライダー、電気ブランコ、水中発射ロケットなど18作品が紹介されています。材料・作り方・遊び方も丁寧に書かれているので参考になります。
  神奈川県立小田原養護学校 「地域の方々へ」のところに 「公開教材・教具展」があり、そこから令和2年度の教材・教具を見ることができます。「知的障害部門」と「肢体不自由教育部門」が載っています。
  神奈川県立藤沢養護学校   紹介されている教材は平成30年度・令和元年度なので数はそれほど多くはありません。29年度以前のものも是非見てみたいものです。
  神奈川県立津久井養護学校   「地域の方々へ」のところに令和1〜2年度の自作教材・教具の紹介。「自立活動」「ことば」「かず」「作業」「あそび」「音楽」「健康」「その他」などジャンル別に整理されています。
  神奈川県立武山養護学校   「地域の方々へ」のところに平成25〜令和3年度の自作教材・教具の紹介が載っています。教材・教具の説明が、もう少し詳しいといいのですが・・。
神奈川県立総合教育センター  教育センター系のHPでは、特に内容が充実したものになっています。「かながわ授業のたね」から色々なコンテンツを見ることができますが、特別支援教育に関してはもう少し情報や資料がほしいところです。
  神奈川県立瀬谷養護学校   平成29年度・30年度・31年度・令和2年度・3年度の教材・教具を紹介しています。「操作の学習」・「記号の学習」・「記号を使う学習」・「学習システム」・「教科」と分けて整理されているのはわかりやすいです。
  神奈川県立秦野養護学校   病弱教育部門・知的障害教育部門・肢体不自由教育部門として、各部門の教材・教具が紹介されています。
  神奈川県立三ツ境養護学校   「地域の方々へ」から自作教材教具展が紹介されています。令和2〜3年度の教材・教具が載っています。
  神奈川県立みどり養護学校   「地域の方々へ」から自作教材教具集が見られますが、現在は「準備中」ということで見られません。来年見られことを期待してここに残します。
  香川県立高松養護学校  「教材等データベース」から香川県教育委員会「ICT教材等データベース」につながります。「ICT教材等データベース」は、感覚・生活・教科学習・かずなどの「学習内容」やスイッチ等の「学習方法・教材の種類」、スケジュール・家庭学習などのキーワードから調べることができます。
 「肢体不自由児の支援のヒント」は、「支援教育だより」「よくある相談ヒントシート」「肢体不自由のあるお子さんの日常生活の支援に関するヒント」「肢体不自由のあるお子さんの学習や指導に関するヒント」と、肢体不自由のお子さんの学校の若い先生方にはお勧めの内容です。ここまでわかりやすくポイントが押さえられているものを作成したことに敬意を表します。
  香川県立香川中部養護学校  「教材・教具集」から「日常生活」「ことば」「かず」「自立活動」の教材・教具を見ることができます。オーソドックスなものが多いです。
  香川県立善通寺養護学校   「お知らせ」のところから「教材・教具等紹介」のページに進めます。教材・教具の数は少ないのですが、今後増えることを期待して・・。
  香川大学教育学部付属特別支援学校   「本校の研究」から「支援ツール」を見ると「お助けブック」「各種のスケジュール」「手順表」「VOCA」等の紹介が載っています。
   香川県教育委員会 ICT教材等データベース  教材のカテゴリー一覧があり、自分が知りたい各種の教材・教具をすぐ探すことができますが、カテゴリー一覧に出ている学習内容・学習方法で「該当がない」ものもあります。教材・教具のデータベースとしてわかりやすいのがいいです。
  香川県教育委員会 さぬきの授業  「子どもをその気にさせる教材・教具集V」で小学校・中学校での教材・教具を20紹介しています。
  カキノタ:工作&DIY  「ビー玉スライダー」「ビー玉転がし」等の様々なおもちゃの作り方の各サイトを紹介しているところです。何か作ろうとしたときに色々な情報が手に入るでしょう。
   学研キッズネット  内容が豊富でひとつひとつ説明するのが大変なくらいです。私が見るのは「楽しいエコ工作」「夏休み 自由研究」ですが、他の項目も興味深い内容です。・・・さすが学研という感じです。
  鹿児島県立加治木養護学校   「研究・研修」のところに平成21年度〜29年度のものが紹介されています。教材・教具については動画もついていてYouTubeで見ることができます。教材・教具のアイデアや多様な種類に驚きました。
  鹿児島県立鹿児島養護学校   平成25年度と27年度の自作教材・教具が載っています。一つ一つの教材・教具が実に丁寧に作られていることが写真からわかりますが、写真はもう少し大きいといいですね。教材・教具を使うお子さん達のことをよく考えている教材・教具だと思います。また、「鹿養ギャラリー」では、素敵な美術作品が紹介されています。
  鹿児島県立皆与志養護学校   児童生徒数が少ないにもかかわらず、「スイッチ関係」から「自立活動」「生活単元学習」「作業学習」「国語」「算数・数学」「音楽」「日常生活指導等」「図工・美術」「保健・体育」と工夫された教材・教具が紹介されています。
 教材・教具の「ねらい」「材料・製作方法等」「指導方法」「指導経過・成果・課題・展望等」と、教材・教具についての説明は全国トップクラスです。少ない先生方がでこれだけのものを作って授業をよいものにしようとしていることに、敬意を表したいと思います。
令和元年度 教材・教具等研究発表会」のほうにもたくさんの教材・教具が載っています。
  かわいいフリー素材集 いらすとや   人物・食べ物・学校・生活・スポーツ等々のジャンルごとに使えるイラストがあります。イラストが温かみがあるので、特別支援学校でも色々な場面や教材作りにも使えます。フリーで提供してくれることに感謝です。
   金井孝明 My Homepage  おすすめ教材教具・支援具集が載っています。論文・寄稿文は、若い先生方には参考になると思います。
   回収された資源物のゆくえ(札幌市)  札幌市のホームページにある「ゴミ・リサイクル」のページ。「資源物のゆくえ・識別表示マーク・資源を守るリサイクル・リサイクル製品を使いましょう」という内容で、わかりやすいように簡単に書かれています。
  簡単工作100選(愛知教育大学)    「風の工作」「水の工作」「光の工作」「ゴムの工作」「空気の工作」「磁石の工作」等々の様々な工作作品が紹介されています。図工の授業で工作を行うときに、とても参考になると思います。
  簡単手作りおもちゃの作り方 工作図鑑  たくさんのおもちゃの作り方が紹介されています。小学校や特別支援学校の授業でも役立つ内容です。作り方の写真と説明がとてもわかりやすいので、普段おもちゃ作りをしていない先生方や子どもたちでもスムーズに作れるでしょう。
kintaのブログANNEX   「特別支援教育・AT・AAC、コミュニケーション支援」について幅広い内容の記事が書かれています。金森さんは、特別支援教育の支援技術の先駆者の一人として有名な方です。
  岐阜県立岐阜希望が丘特別支援学校  「センター的機能」のところに「支援ブック」があり、そこに自作教材・教具や肢体不自由校で使われている車イスや姿勢補助具等のわかりやすい資料が載っています。
   岐阜県立飛騨特別支援学校  「センター的機能」のところに令和3年度の教材・教具の紹介が載っています。学校で使われている教材の一部を紹介と言うことですが、できれば一部と言わすできるだけ多く載せてもらえたらと思います。手作りの教材が丁寧に作られていることがわかり、先生方の子ども達への愛情が感じられます。また、「作業製品の案内」のとろこでは、高等部各作業班の作る作業製品一覧が載っています。作業班が作る製品をここまで載せている学校は珍しいです。製品の価格がわかるのもいい取り組みだと思います。
きのくに木工村  木工が三度の飯よりも好きな「源さん」とその友達のオリジナル家具・木工品・工房などの紹介のHP。「初級者木工教室」がいいです。
着ぐるみファクトリー  着ぐるみを作っている会社のHPですが、着ぐるみの種類や作り方などもわかりやすく載っています。
  北九州市立小倉総合特別支援学校   「特色取組」のところから、平成29年度までの市民ボランティアに作って頂いた教材が9載っています。ボランティアの方々のレベルが高い。
   北九州市立小倉南特別支援学校  「支援部」のところから、平成28年度〜令和2年までの教材・教具が紹介されています。一つ一つの教材が丁寧に作られていて、パソコンを使った教材も素敵です。
  北九州市立小池特別支援学校   「自立活動」のページに教材・教具と視覚支援の教材が紹介されています。・・教材・教具の写真がもう少し大きいと、どんな教材・教具なのかよりわかりやすくなるのですが。
   京都市青少年科学センター   「理科オンライン事典」科学実験工作のページで、様々な実験を紹介されています。
紀伊コスモス支援学校園部分校  カヌー作りや応援旗、人形マッチングペグさしなど10作品が紹介されています。本校に比べると何かと大変なことも多いと思いますが、分校も元気ですね。
京育ナビ(京都府総合教育センターITEC)  様々な教育関係の情報が載っています。その中で「特別支援学校 教材・教具」があります。京都府立の特別支援学校の障害状況に応じた教材・教具集や小学校の教材・教具、指導資料も載せられた、非常に優れたサイトです。
  岐阜県まるごと学園   学習室(特)(・・特別支援教育の意)を見ると特別支援教育用のコンテンツがあります。例:ひらがなをなぞってみよう等々パソコンを使っての学習のコンテンツです。児童生徒向けのコンテンツで使えなくなっているものがあるのは残念です。
  北九州市立小倉北特別支援学校   「教材・教具の部屋」 に31の教材の紹介が載っています。
  北九州市立八幡特別支援学校    家庭でできる学習教材としてのプリントや公開研修会で紹介した教材を載せています。
  京都府立舞鶴支援学校   「本校の教育活動」の「研究成果」のところに「教材集1・2・3」と「ツール集」が載っています。「授業の進め方・指導のポイント・アレンジ」等が簡潔でわかりやすく書かれているので、とても参考になる内容になっています。お手本になるようなレベルです。
  京都府立八幡支援学校   「学校生活」から「家庭学習用ページ」に行くと「教材集」が見られます。「自立活動」の時に学校で使われている教材を紹介するなかで、家庭であるものを使って同じように取り組めることを紹介しています。
  京都府立向日が丘支援学校   「自立活動」のところから、「療育」・「運動機能」・「言語」の取り組みを見ることができます。その中で教材・教具が使われています。
  京都府立中丹支援学校   「中丹美術館」のところに小学部・中学部の図工・美術作品と高等部の窯業作品が紹介されています。
京都市立西総合支援学校  「ICT機器活用」は11・「教材教具の作成活用」は6紹介されています。お子さん達の図工の作品紹介が載っていなくなったのは残念。
  京都市立呉竹総合支援学校   紹介されている「夏のトレーニング動画」は、動画の利点が活かされていて子どもたちに有効な教材になっていることや、先生方が活き活きしているのでいいなあと思います。
   教材・教具 workshop  肢体不自由の特別支援学校に勤めていた方(女性?)のホームページです。この数年更新されていないようなのでちょと気になっています。
  キャノンサイエンスラボ・キッズ   光に関するお話や光の実験室など楽しい内容です。
群馬県立二葉特別支援学校  HPのトップページは、シンプルでセンスの良さが感じられます。教材・教具は、「ギャラリー」から平成27年度〜令和2年度の作品が見られます。「視線入力装置を活用した取り組み」「簡易電動化ユニットを活用した取り組み」も載っています。
  群馬県立しろがね特別支援学校   校内研修2019 自立活動ハンドブック」は、自立活動の内容ごとに様々な実践例が載せられています。実践例は簡潔に書かれているので、若い先生方には参考になることが多いと思います。実践例の中で使われている教材・教具が多いので、これも参考になると思います。
   群馬県立吾妻特別支援学校  「お知らせ」のところから入ります。紹介されている教材はとても少ないのですが、とても丁寧な作りに感心しました。子どもたちが手に取りたくなるような教材からは、子どもたちへの暖かい思いが感じられます。図工・美術の児童生徒作品もいいですね。
  群馬大学教育学部付属特別支援学校   令和元年度の研究実践報告。7ページなのですぐに読めます。小学部・中学部・高等の実践が書かれていて、活用した教材・教具についてもわかりやすく書かれています。
  群馬県特別支援学校文化連盟    「ハートフルアート展」の児童生徒作品を紹介しています。展示エリアはA〜Eまであり、作品の写真をクリックすると大きく見ることができます。
  群馬県立渋川特別支援学校   「ハートフルアート展」に出品した、小学部・中学部・高等部・訪問教育部の児童生徒の図工・美術作品を紹介しています。
  群馬県立館林高等特別支援学校   「 第27回ハートフルアート展」の図工・美術の作品を紹介しています。
倉敷市立倉敷支援学校  「本校の取り組み」のところで、「教材・教具の紹介」をしています。「目と手の協応動作の学習」「言葉の学習」「数概念の学習」「作業的な学習」「感覚・運動の学習」と分けて紹介されています。紹介されている教材・教具の数は多くなく、各教材・教具についての説明がないのは残念。学校のHPを見る保護者の立場から考えると、「どういう目的・ねらいで活用されるものなのか・子どもたちがそれを活用してどう変化したのか」等の事柄が知りたいわけですから、「説明」は大事だと思います。今後、その辺が変わっていくことを期待しています。
桑ぴょんの特別支援教育マラソン 5.0 「無料のプリント」「教材サイト」も運営しています。特別支援教育に関するコメントは考えさせられることが多い内容です。特別支援教育に携わる先生方には、このコメントのところこそ目を通して欲しい内容です。
  熊本県立芦北支援学校   「教材・教具の部屋」に教材・教具の紹介があります。「具体物操作の学習」「文字と数の基礎となる学習」「文字やことばの学習」「数の学習」「スイッチ・ICT教材」「運動会・スポーツ用教材」「制作活動用教材」「作業学習用教材」に分類分けしてあります。
  熊本県立苓北支援学校   紹介されている教材は数は多くはありませんが、丁寧な作りに見えます。紹介している教材・教具写真が小さすぎるのが勿体ないです。
  熊本県教育情報システム  「特別支援学校におけるICT教材の活用事例」のところで、8つの事例を紹介しています。
   熊本大学本吉研究室  「教材の部屋」のところで、熊本大学の学生さんや特別支援教育特別専攻科の方々が作った教材・教具が載っています。
賢治先生がやってきた  色々な学校劇の脚本を揃えている「脚本」のホームページ。小・中・高・大学だけでなく、高等特別支援学校や特別支援学校高等部用の脚本もあります。学校で劇を行うときにここの脚本を使わせてもらったり、自分たちで劇の脚本を作る際にとても参考になると思います。
独立行政法人
国立特別支援教育総合研究所
 独立行政法人国立特殊教育総合研究所のHP。「活動案内」では、研究・研修・教育相談・国際交流とあるので、どこから読んでも参考になります。教材教具については、NISE支援教材ポータルのほうを見ることになりますが、検索ワード・条件などで探してもなかなか目当てのものが見つからないので、使い勝手が良くありません。
国立筑波大学付属久里浜特別支援学校 。教材・教具の紹介は、19点と余り多くはありません。(随分昔になりますが、当時の西川校長さんからは、私のHPを印刷して先生方で活用しているとメールでお話がありました。)
こどもの習い事と家庭学習  無料学習プリントとして、「ひらがな学習」「すうじ学習」「カード学習」が載っています。「カード学習」は、「あ」の文字とアヒルの写真という具合になっています。ひらがなのなぞり書き用のプリントなど多種類が用意されているので、使える内容です。
  こども工作レシピ  「手作りおもちゃ」「小学生 工作」で作り方の紹介をしています。写真が大きく説明もわかりやすいので、図工を考える際に参考になるでしょう。
工房 たーちゃんのおうち  先生方から要望のあった数々のスイッチ等が載っています。
  古墳マップ  
   コミュニケーション支援ボード  安田生命こころの健康財団。学校でも配布されたことがあるコミュニケーション支援ボードですが、ここからダウンロードできますので、色々な場面で使いやすいでしょう。
   高知県立日高特別支援学校  教材・教具の紹介と言うよりは、平成28〜令和2年度の実践集録の紹介。内容は非常に丁寧で読み応えがあります。
  高知県立中村特別支援学校   「教材紹介」から、令和2年度・令和3年度(1学期・2学期)の教材・教具を見ることができます。
  高知市立高知特別支援学校   「学校紹介」からギャラリーを選ぶと、児童の図工作品や作業班の製品や作り方などが見られます。


タイトル 内  容
斉藤の部屋(理科)  科学実験・教材作りなど、ひとつひとつの内容に驚き、いいなあーと感心してしまいました。斉藤先生とは何者かな?と尊敬を込めて、ひたすら感心しました。おもしろくて凄い内容です。
  札幌市立北翔養護学校    肢体不自由の養護学校らしい教材・教具が紹介されています。「バギーがススムくん」・「ボール転がしスロープ」等工夫がすてきです。教材・教具の紹介する数が、今後増えてくれるのを期待します。
埼玉県立総合教育センター  HPがリニューアルされてすっきりした見た目に変わり、教育センターとしての内容の充実度が上がりました。教材・教具は写真が大きいので、どんな教材・教具なのか一目でわかります。
  さいたま市学習支援コンテンツ(特別支援教育)    「生活記録表」「国語」「算数・数学」「生活・社会」「理科」「音楽」「体育・保健」「図画・工作」「職業・家庭」「自立活動」「外国語」のプリントや動画があります。
  さいたま市立ひまわり特別支援学校   「デジタル授業」で、国語、算数・数学、理科、職業・家庭、保健体育、作業、自立活動、音楽の動画を見ることができます。先生方が出演している(?)ので、子どもたちには身近に感じられていいと思います。
  さいたま市立さくら草特別支援学校    「教育の情報化ICT実践ノート」で 「読み聞かせ等の学習教材」・「感覚遊び等の教材ツール」・「活動内容の提示ツール」・「コミュニケーション支援ツール」等が見られます。
  サントリー 次世代環境教育「水育」   「森と水の学校」「水育出張授業」「水育キッズ」があります。「水育キッズ」の「水の自由研究」では水の実験が14載っています。これらは楽しい実験内容です。 環境教育に水から入っていくいいきっかけを作る内容です。
  産総研サイエンスタウン    「つくって学ぼう」「読んで学ぼう」「動画で学ぼう」など、家庭でできる実験や面白い科学の話が載っています。
  埼玉県立本庄特別支援学校   「学部の紹介」のところから「自立活動の教材・教具集」のところに自立活動の教材・教具が13点載っています。
  埼玉県立大宮北特別支援学校   「自立活動」のところに自立活動の教材・教具集が載っています。教材・教具の写真と名称だけでなく、各教材の説明も入っていると、初任の先生方や保護者の方々にもわかりやすくなるでしょう。
  埼玉県立大宮北特別支援学校 さいたま西分校  高等部の生徒達が、描き作った美術作品が紹介されています。紹介されている作品数が多いので、じっくり見ることができます。
  埼玉県立草加かがやき特別支援学校   「自立活動」のところから「教材・教具展」へ進みます。色々な教材・教具を紹介していますが、どれもシンプルなのに見やすくて、学校の教材・教具の紹介のページのいい例のひとつになっています。見ていると参考になるものが多く、授業に活かせる内容です。
  さっく   福井県内の有志の先生方の手作り教材を紹介しています。木工教材・電子教材・おもちゃ・プリント・カードなど。ひとつひとつの教材が工夫されていて内容もかなり充実しています。残念なのは、写真が小さすぎて教材の様子がややわかりづらいことです。この点を改善していただければ嬉しいですね。
  埼玉県立行田特別支援学校   教育実践の「行特 虎の巻」「虎の巻その2」に太田ステージに合わせた教材等の紹介をしています。また、第1章で環境設定、第2章で視覚支援教材、第3章で自立活動教材、第4章でワークシステムとトランジションエリアの実践例を紹介しています。写真が大きいので、とてもわかりやすくなっています。教材・教具を使った児童生徒の様子や変化まで書かれていればいいのですが・・。
  埼玉県立熊谷特別支援学校   「ICT活用の実践」のところで、2020・2021の取り組みを5つ紹介しています。まだ紹介している実践は少ないのですが、今後毎年増えていくことを期待しています。肢体不自由の学校では、こういった取り組みが当たり前になりつつありますが、知的の学校でも取り組んでいける汎用性のある内容だと思います。また、「自立活動部」の所から「車イス等の作成・支援の素材集」で教材・教具が19載っていますが、市販品が多いです。
  埼玉県立上尾かしの木特別支援学校   小学部・中学部・高等部・総合支援部に分けて紹介されています。ユニークな教材・教具もあって、見ていておもしろい(?)内容です。作品を見るときにPDFに作品の名称が書かれていないのでどんな教材教具かわからないのはちょっと使いづらいかも・・。
  埼玉県立所沢特別支援学校   令和元年度 教材・教具データベースがあります。iPadのアプリ(フィンガーボードプロ)を使った教材や手作りの教材が載っています。
  埼玉県立越谷特別支援学校    156の様々な教材・教具が紹介されています。写真とわかりやすい説明文は、お手本のような感じです。写真がもう少し大きいとよりわかりやすくなると思いますが、教材の紹介がわかりやすいので、色々な先生方に役立つでしょう。全国的にも優れた内容です。
   埼玉県立日高特別支援学校   「ライブラリ」から「教材ライブラリ」が見られます。平成27年度のものと過去の教材・教具が見られますが、数は少なめです。
  埼玉県立春日部特別支援学校  自立活動の「環境の把握」・「身体の動き」・「コミュニケーション」・「心理的な安定」にカンする教材・教具が37作品が紹介されています。
  柴田保之研究所   國學院大學の柴田先生のホームページ。「教材」だけでなく様々な実践のレポートが載っています。
   授業支援ネット
(福岡市教育センター)
 学習指導案の検索ができます。特別支援学校では57の指導案を見ることができますが、平成25年度以前のものが多く、少し古くなっている感があります。新しいものが入ってくるといいのですが・・。
   静岡県総合教育センター   「国語」「算数」「社会」「音楽」「図工・美術」「音楽」「英語」「自立活動」「日常生活の指導」「遊びの指導」「作業学習」「生活単元学習」「その他」で、静岡県の特別支援学校の平成20年度の教材・教具を74紹介しています。
障害児教育進研究室
 色々なスイッチの紹介等、教材・教具は22作品。作り方・材料も出ているので参考になります。ただ、電子部品等に親しみのない人には、難しく感じられて取っつきづらいかな。
  信州特別支援教育カンファレンス   スイッチ等の制作や障がいのあるお子さん達に関わっている教員・保護者の実践を発表しています。夏に長野で大規模にやっているので、肢体不自由の学校の先生方には知っている方が多いのでは・・。
  静岡県立沼津特別支援学校   「沼特ギャラリー」で、小学部・中学部・高等部の図工・美術作品が見られます。写真が大きいのでなかなか迫力があります。
   静岡県立吉田特別支援学校駿遠分教室  「すんえんギャラリー」から、小学部・中学部のお子さんたちの絵画・工作・木工・陶芸の作品が見られます。素敵な作品が多くて、なんだか嬉しい気持になりました。
  静岡県立富士特別支援学校富士宮分校  「宮GALLERY」からは、1年(フクロウ)・2年(富士山)・3年(花)の絵が見られますが、どれもエネルギッシュで素晴らしい作品です。また、「製品紹介」では作業班ごとの製品が見られますが、こちらもレベルが高いので驚きました。
12の月の詩(小学校「障害児学級」から)  「国語・算数・生活・音楽・図工・体育・授業例・これは使えるお役立ちグッズ」等盛りだくさんです。「国語」を見ると内容は国語の授業で、「教材の工夫・文字化以前の指導・口頭作文から日記まで」と整理されていて読みやすいです。個人的には、「雑記」がおもしろかったです。「授業例」は、これから増えることを期待しています。
四恩社  パネルシアターに関する図書の紹介をしている出版社のページです。仏教専門書の会社だそうですが、パネルシアターの本もたくさん紹介しているので、購入の目安になりそうです。
  Studio Bosque    森正樹さんの作品や教材・教具を紹介しているHPです。美術が専門ということもあって教材・教具もひと味違いますね。
  授業のたね   京都教育大学教育支援ネットワークのHPにある「授業のたね」。特別支援教育の実践は5例しか載っていませんが、それ以外の国語・体育等の教科の実践例は、教育を考える際に考えさせられるので見る価値があります。
シリウス 静岡教育サークル  国語・算数・理科等の各教科ごとに各学年ごとの指導内容が載っています。膨大な量と優れた内容ににあらためて感銘を受けました。
  JR西日本   ペーパークラフトで様々な電車(新幹線・特急・懐かしの列車・機関車・普通列車・レールや駅など)が作れます。電車が好きなお子さんたちには、宝箱のようなページです。
GーTak.NET_BB  G・・群馬県総合教育センターTa・・楽しい授業づくりK・・教材コンテンツ集の略でジータック。群馬県総合教育センターが、小・中学校、特殊教育諸学校等の授業での活用のために開発したマルチメディアコンテンツ集
  滋賀県総合教育センター   デジタル教材が載っています。国語・社会・算数数学・理科等々と教科分けしてありますが、教科によっては教材が0というものが多く、今後それらの教科でも内容が充実していくと良いのですが・・・。
  滋賀大学教育学部付属特別支援学校   「実践ライブラリー」のところで、Aグループ(1歳半〜4歳程度)・Bグループ(5歳〜8歳程度)・Cグループ(9歳〜14歳程度)と分けて、小・中・高等部の教材を紹介しています。
  島根県図画工作科における版画指導   色々な版画の作り方が、わかりやすい資料で載っています。版画作りをする際には、とても参考になり資料です。
  小学生のための環境リサイクル学習ホームページ   ゴミについて「調べてみよう」「考えてみよう」「もっと調べてみよう」「やってみよう」というテーマで、家庭ゴミから3Rのことまでわかりやすく教えてくれるホームページです。「外国ではどうしている」「自然・環境・資源との関わり」など、幅広く教えてくれます。
  情報支援のお道具箱   障がいのある児童や生徒のための電子機器による情報支援技術についてのサイト。電子機器やソフトに関しての知識がないと難しいかもしれませんが、様々な情報が載っているので、そちらを知るだけでも役立つとと思います。
  消費者庁   特別支援学校(高等部)向けの消費者教育教材が載っています。商品の選び方や色々な支払い方法などを教えてくれる教材です。
図工人 
小学校図画工作作品アイデア集
 平面作品・立体作品・集合作品・季節掲示等の様々な作品が紹介されています。小学校の作品作りですが、特別支援学校でも参考になる内容が盛りだくさんです。
スイッチガレージ   支援学校(支援学級)の先生が、自作教材・教具をテーマに紹介している作品やちょっとぶっちゃけた話しぶり(でも、的を得た実践)が心地よくもある内容です。参考になる内容が多いです。
  図工美術 OKAYAMA   岡山市の中学校美術担当者による共同ブログ。美術の様々な授業の内容がわかりやすく載っています。
仙台市立鶴谷特別支援学校  「本校の研究」のページに令和元年度 事例研究の紹介があり、そこに「一日のスケジュールを管理し,活動時間に合わせて主体的に行動するための指導・支援の工夫〜生活管理シートの活用を通して〜」という研究の事例の一部が載っています。
総合特別支援学校の自主教材・教具の紹介コーナー  初期の学習・概念形成の学習・ことばや数の基礎学習等に分類分けされた様々な教材・教具が載っています。その教材・教具の学習のねらい・使い方・使ってみてという説明はわかりやすいです。作り方まで載っていれば完璧なのですが。
  TASUC たすく   たすく社は、特別支援学校の元教諭たちが起業した会社で、自閉症などの発達障がいのある子どもたちとその家族への個別指導などを行い教育支援に役立つ独自の教材開発を進め、発達障がいを持つこども達のための特別に作られたスマートフォン生活支援アプリなどを開発。「たすくスケジュール」等の紹介が載っています。
   たのでん  たのしく学ぶ電波塔   図画・工作で有名な「クラフテリオ」のHP。版画・粘土等のカテゴリーや季節・月イベントから、作品の作り方をわかりやすく教えてくれます。
千葉県立桜ヶ丘特別支援学校 「教材・教具」のところに300作品くらいの教材・教具の紹介が載っています。全国でもトップクラスの量と言えるでしょう。「国語」「算数・数学」「音楽」「認知」「自立活動」「理科」「美術」「AAC」「生活単元」「あそび」「その他」に分類分けしてあります。
  千葉県立市川特別支援学校   「家庭でもできる学習の取り組みについて」というページで、色のマッチングや算数数学・自立活動・保健体育・国語・日常生活の指導・英語・生活単元学習などのプリントが、家庭で印刷して使えるようになっています。
  千葉県立東金特別支援学校   紹介されている教材の数は少ないのですが、今後増えていくことを期待して・・。各教材・教具に「詳細の表示」がありますが、写真の大きさも説明文も同じで詳細になっていないのが残念です。。
  千葉県立安房特別支援学校   「家庭学習用教材」のプリントが、たくさん載っています。
  千葉県立市原特別支援学校   休校中に使える動画やプリントが載っています。動画は種類も多く、楽しく学べる内容です。
  千葉県立槇の実特別支援学校   平成27年度研究成果報告書に教材・教具が載っています。エクセルで作ってあるのが少し見づらいかな・・。
  千葉県立印旛特別支援学校   「中学部作業製品」「高等部作業製品」のところで、各作業班が作った製品が多数紹介されています。なかなか見応えがある製品です。
  千葉県立船橋夏見特別支援学校   「オンライン教材」で自立活動の学習について動画を載せています。肢体不自由の学校なので、各種の体操や緊張をゆるめる体操などが紹介されています。とてもわかりやすい内容なので、保護者の方々や子どもたちにすぐに役立つと思います。この内容(動画)は、全国の肢体不自由の学校でも参考にするといいと思います。
  千葉県立松戸特別支援学校    「教材紹介」のところに、「iPadアプリの活用」「発達に応じたスイッチと視線入力装置の活用」「学習上の困難に対するICTの活用」「認知・コミュニケーション」の教材の紹介が載っています。
  チーてれスタディネット   千葉県が行っている動画で様々なことが学習できるサイトです。特別支援学校・特別支援学級等を選ぶと「生活・体育・音楽・職業・図画工作・国語・算数・自立活動」の項目で動画が見られます。動画の数は限られていますが、在宅のお子さんたちに役立つ内容です。
  CHILD RESEARCH NET   紙コップ・紙皿・ストロー・新聞紙などの身近なものを使って作る、おもちゃ作りのヒント集です。
  Team 埼玉  1.自閉症教育の推進と、授業改善(集団・個別)を考える。2.各校の実践に触れ、情報を共有する。3.学校の枠を越えた熱心な仲間と、横のつながりをつくる。・・・と言うことをねらいとしている「自閉症教育と授業改善の学習会」
 教材・教具は、写真と名称だけでどう使うか・学習の効果はといった説明がないのは残念。「実験中」ということですので、今後に期待します。
  ちびむすドリル   小学校1〜6年までの無料学習プリントのあるサイト。「国語」「算数」「社会」「理科・生活」「ローマ字」など種類も多いです。特別支援学校でも使える物があります。
  千葉市   令和2年度のさわやか研修「自作教材の紹介や授業展開の工夫」で日常生活の指導などの様々な教材を見ることができます。
  地図の使える素材 フリーソザイ    国旗や地図記号、道路標識などの素材を無料で使えるHPです。私は、「道路標識を学ぶジオラマ」や「世界の国旗」の制作でお世話になりました。
通級指導教室教材倉庫 教材工房なかお  様々な自作の教材プリントを紹介しています。プリントは、担当しているお子さんのことを一番知っている先生が自分で作るものと私は考えていますが、それはなかなか難しいというのが実情でしょう。色々なプリントを使わせてもらう中で、それらを参考にさせてもらうといいと思います。
  筑波大学付属大塚特別支援学校   教材・教具のデータベース化を進めているということで、各教材の説明がすっきりとわかりやすくまとめられているのはお手本になるでしょう。
筑波大学 特別支援教育教材・指導法データベース  筑波大学付属特別支援学校5校・特別支援教育連携推進グループ・人間系障害科学域の協働によるデータベース。
Teach U    学校で活用できるパワーポイント教材を紹介しています。また、画像教材やカード教材も載っています。内容は、こどもたちには少し難しいかもと思われるものもありますが、チャレンジ精神に敬意を払いたいと思います。
手作り楽器のページ  竹二胡や竹琴やレインスティックなどおもしろい手作りの楽器がたくさん載っているHPです。
手作り自助具の作り方
(福祉用具プラザ北九州)
「片手用コップ洗い」「フードガード」など20種類ほどの自助具の作り方がわかるサイトです。作り方はダウンローできるので印刷したものを見て制作出来ます。写真やイラストが多いので、とてもわかりやすいです。
  テクノエイド協会(公益財団法人)   様々な生活便利用具(自助具)・福祉用具などを紹介しています。肢体不自由の学校に勤めている先生は、一度は見たことがあるのではないでしょうか。
特別支援教育のおもちゃ箱  北海道の特殊教育のポータルサイトを目指しているとのことですが、膨大な量と質を誇っていた内容です。管理人のこたんさんが亡くなって10数年経ちましたが、特別支援教育のポータルサイトの先駆けといっていいこのホームページの紹介は残します。
  特別支援教育 玉手箱    教材・教具だけでなく、色々な情報が載せられています。教材・教具は、もう少し丁寧な作りになるといいのですが・・。
  特別支援教育
  「すぐい使えるプリント+ビデオクリップ」
 「国語」「算数」「生活」と色々なプリントが無料で使えます。私は、プリントは自分で考えて作るようにしていましたが、こちらのプリントならば活用できると感じました。自分の担当しているお子さんたちに使ってもらって、より子どもたちに合った形に作り上げていけばいいかなと思います。ビデオクリップや素材も充実した内容です。
徳島県立国府支援学校の教材データベース(鳴門教育大学学校教育実践センター・コラボレーションネットワーク  国府養護学校の教材・教具のデータベースです。ここを見るためには登録が必要です。教材・教具には、それぞれ写真があり、その学習のねらい・使い方・工夫店なども書かれています。これだけ膨大なデータベースは国内一ではないでしょうか。
   徳島県立池田支援学校 「教材・教具シート」のところに「国語」「算数・数学」「体育」などに分類分けした教材・教具の紹介が載っていますが、2015年度のもので新しいものが載っていないのは残念です。
  徳島県立ひのみね支援学校    「教材・教具データベース」のところに教材の紹介が多数載っています。各教材・教具の「詳細を表示」をクリックしても、写真の大きさや説明が同じで詳細でないのが残念。紹介されているものは、スヌーズレンのように主に市販品が多いので、自作の作品がもっと載ってくると個々の取り組みがわかりやすくなるでしょう。
とがちゃん
(障害のある子どもたちのための勉強部屋)
 ダウンロードできる障害のあるお子さんたちの為のソフトウエアやマウスやジョイステックの改良、ご自身の実践の紹介など。実践の紹介は参考になります。
鳥取県立鳥取養護学校  「自立活動」「教材機器の紹介」のところに教材機器紹介としてスイッチ等の紹介が載っています。
  鳥取県立白兎養護学校   平成26/27・28年度の 訪問学級・小学部・中学部・高等部で作られ使われた教材・教具がたくさん載っています。先生方の熱を感じさせる内容です。
  鳥取県立倉吉養護学校    自作教材・支援グッズとして紹介されています。教材・教具によっては、写真が小さすぎてよくわからないものがあるのは残念。「吸盤式マルチハンドル」は、姿勢保持に有効ですね。新しい教材や支援グッズが更に増えるのを期待します。
栃木県総合教育センター  総合教育センターの「教師のための教材研究の広場」という所をクリックすると、小学校・中学校・高校・特別支援学校の教材・教具のページを見られます。特別支援学校のほうは、紹介されている教材数は多くはありませんが、教材を使っての実践が学習とともに載っているので参考になります。
  栃木県立国分寺特別支援学校   「手作り教材展」から教材・教具の紹介が見られます。教材・教具の児童生徒の反応などが書かれていないのが残念。国特Web作品展でお子さん達の図工・美術の作品を見ることもできます。
  栃木県立のざわ特別支援学校   「運動・姿勢」「教科指導」「自立活動」「食器具」「スイッチ教材」「自助具・便利グッズ」の教材・教具の紹介では、「自助具・便利グッズ」のところが参考になるものが多かったです。「自立活動の実践紹介」は、わかりやすい内容でいいです。
  栃木県立足利特別支援学校   「生活単元学習」「遊びの指導」「自立活動他」「スイッチ」の教材・教具が紹介されています。
   栃木県立足利中央特別支援学校  平成30年度・令和3年度の教材が各学部ごとに紹介されています。29年度・28年度もあれば尚いいのですが・・。
  栃木県立富屋特別支援学校   トップページの所で、令和3年度の小学部26作品・中学部6作品・高等部11作品・余暇グッズ10作品の教材・教具と視覚支援・便利グッズが紹介されています。「各学部作品」のところでは、文化祭でのお子さん達の作品が紹介されています。
   栃木県立那須特別支援学校  「伸びゆく子どもたちの作品展コーナー」のところで、小学部・中学部・高等部の図工・美術の作品を紹介しています。高等部の作業班の、各班ごとの作品の紹介もあるのがいいですね。訪問教育の方は、トップページの「訪問教育学級」から見られます。
TOKYO ITC
東京都障害者IT地域支援センター
 iPhone、iPad用のアプリから、障害のある人に便利なアプリを紹介します。無料版が少ないのがちょっと・・。有料でもそれだけの価値はある物が多いです。
アンドロイド版のほうは、無料で使える優れたアプリ(特別支援スマホアプリ)も紹介されています。私もタイマーなど利用しています。
  特別支援教育教材ポータルサイト   「教材・支援機器を探す」「実践事例を探す」。検索ワードや条件を絞り込んで探すようになっていますが、条件に合ったものがなかなか出てこない。データの内容量が乏しいのか? 国内トップの特総研のサイトなので、もっとしっかりしたものにならないと・・。
  Droplet Project   視覚支援シンボル、ドロップトーク、サポートブック、ソフトウェア、本の販売、ブログからなっています。ドロップスを使ってウェブ・ブラウザ上でVOCA機能を使ったり、コミュニケーションボードや絵カードを作ったりといったことできます。
  東京都立青鳥特別支援学校  「学習について」のところから美術生徒作品が見られます。優れた作品が多いです。
  東京都立城南特別支援学校   「学校紹介」のところにあるカテゴリーから、「研究・研修」を選べば平成29・30・31年度・令和2年度の教材・教具を見ることができます。一覧的に載っている写真をクリックすれば、教材・教具の詳しい説明等が見られます。城南特別支援学校のHPはシンプルな作りなのですが、わかりやすく美しいのでいつも感心しています。
  東京都立白鷺特別支援学校   「学習について」のところから、令和元年度の教材・教具13点の紹介を見ることができます。「生徒の実態・課題」「生徒の変容・成果」の項目は、非常に詳しく書かれています。ここまで詳しく書かれたものは他校では見たことがありません。
  東京都立王子特別支援学校   家庭学習用の「国語・算数数学・理科・社会」のプリント集が載っています。「体育」「図工・美術」「生活単元学習・家庭」「外国語」「その他」は、写真での説実がとてもわかりやすく、保護者にとってもわかりやすい内容になっているのがとてもいいです。
  東京都立鹿本学園   211作品ほどの教材・教具が載せられています。知的・肢体不自由ごとにとあるので見やすいです。教材の内容も子どもたちのことを考えている工夫が見られます。
  東京都立町田の丘学園   教材紹介として、平成31年度〜令和3年度までの教材・教具が紹介されています。「肢体不自由教育部門」「知的障害教育部門」の小学部から高等部までと分類されていて、教材を紹介するシートの項目で「配慮事項」があるのが、教材を活用する際に大事な点がわかりやすい。ただ、教材・教具を使った児童生徒の様子が書かれていないので、そこまで書かれていれば教材・教具の良い点や課題点がわかりやすくなるのではと思います。れば。
  東京都立光明学園   「学習ついて」から「光明学園教員作成教材ガイド」にいくと令和2年度の教材・教具を見ることができます。「文字・言語・数量獲得間の教材」「文字・言語・文章の教材」「数量・計算の教材」「身体づくりの教材・自助具」「社会性を育む教材」「その他」に分類されています。写真が大きいので、どんな教材・教具・自助具かがわかりやすいです。説明の文章も特別支援学校の勤務歴が少ない先生でも理解しやすいと思います。
 「KOMEI指導法 教材・教具の工夫」にも教材・教具の紹介が載っています。
  東京都立志村学園   「WEB美術館」で作品を見ることができます。どれも素敵なできばえで驚きました。
  東京都立しいの木特別支援学校   紹介している教材・教具は10作品。作品には「太田ステージ」段階が書かれています。
  東京都立田無特別支援学校   「田無美術館」で高1〜高3の家庭科・美術の作品が紹介されています。
  東京都立中野特別支援学校   「つつじ館ギャラリー」で小・中・高等部の作品が見られます。ひとつひとつの作品が、とてもいいですね。
   東京都立久我山青光学園  「視覚障害部門」・「知的障がい部門」で計32作品を紹介しています。「教材紹介カード」は、わかりやすくていいですね。
  東京都立村山特別支援学校   「自立活動室の教材」ということで、市販のものから手作りのものまで210が紹介されています。
  東京都立墨東特別支援学校    「学習について」から「Museum STARTあいうえの」が見られます。「人と人でつながる美術館体験」は、「外出が難しい生徒達に、美術館や博物館という魅力的な場所があることを伝えて欲しい。普段会う大人は、教員や医師・看護師・保護者くらい。たくさんの出会いがあることを知って欲しい。」という思いで、オンラインで学校と美術館をつないだ取り組みです。
  富山県立高志支援学校  平成26年度〜令和2年度までの創作教材が紹介されています。「指導内容・指導方法・工夫点」などが詳しく書かれていて、とてもわかりやすい内容になっています。
  富山県立高岡支援学校  国語・算数数学・体育・日常生活の指導・生活単元学習・日常生活の指導・自立活動・作業学習・その他で載っています。その教材・教具を活用して子どもたちにどんな変化があったかまで書かれているといいのですが・・。
  富山県高岡市立こまどり支援学校    「ICT・教材紹介」で学校で活用しているアプリを使っている様子が動画で見られます。
  富山県立となみ総合支援学校   「本校の支援の工夫」で「支援の工夫」「国語」「算数・数学」「自立活動」の教材とその使い方がわかりやすく紹介されています。
  豊橋市立くすのき特別支援学校     「教材教具ライブラリー」からページに進みます。「国語・算数数学・音楽・体育・美術・生活単元学習・遊びの指導・作業学習・自立活動・その他」で分けられています。写真は小さいのですが、クリックすればより詳しい説明文と大きな写真が見られます。よく考えられた教材・教具が多く参考になります。
  特別支援学校の授業に役立つ自作創作教材・教具    このHPです。教材・教具の数は、2700近くになります。
  特別支援教育のICT活用 アイシー亭    群馬県立赤城特別支援学校の遠藤先生のHP。GIGASchool構想の対策・特別支援教育でのオンライン授業・クラウドで校務の研究・実践と様々な取り組みを紹介しています。ICT関係で見てきた中で、一番役立つ内容でした。
  とりネット (鳥取県消費生活センター)   特別支援学校高等部の知的障がい(軽度)生徒を対象とした消費者教育教材が載っています。
  特別支援教育総合カタログ スクラボ6   サンワが出している「特別支援教育総合カタログ」が見られます。自作の教材・教具を作る時にヒントになるかもしれません。


タイトル 内  容
名古屋市立守山養護学校  16程教材・教具が紹介されています。私がいいなと思ったのは、「愛知県の名所フラッグ立て」という教材・教具です。
なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡  童謡などが50音順に調べられ、歌詞と演奏がついています。ので、「あの歌の歌詞はどんなだったっけ?」という時にすぐに調べることができます。なつかしい歌がたくさんあります。
   名古屋市立天白養護学校  教材教具が28作品ほど紹介されています。
  奈良県立奈良西養護学校   国語等の各教科の教材・教具が紹介されています。
  奈良県立大淀養護学校   「指導・教材教具の紹介」で教材・教具の紹介がされています。
  長岡市立総合支援学校   「地域支援相談部」のところに「日常生活の指導」「自立活動」「国語」「算数」「体育」「音楽」「遊びの学習」「生活単元学習」「作業学習」に分類され、52の教材・教具が紹介されています。各教材・教具の説明に、その教材・教具を使って児童生徒にどう変化があったかまで書かれていると尚良いでしょう。
  長野県飯山養護学校   「北信圏域共有教材教具資料」に「スケジュール・手順」「教室環境」「ことば・国語」「かず・算数」「生活」「SST・ルール」が載っています。写真と文章がやや小さいです。もう少し大きくしてもらえたらいいのですが・・。
  長崎県教育センター    「特別支援教育」のところで様々な資料が載っています。「特別支援学校におけるICT活用の手引き」は、わかりやすく整理された内容になっています。
新潟県立新発田竹俣特別支援学校 いじみの分校  教材教具は、「教材教具の紹介1」〜「教材教具の紹介4」まであります。ユニークな教材・教具が多いので、「こんな風に考えるんだ」と感心しました。
新潟県立はまなす特別支援学校  「教材・教具の紹介」のところに、平成29・30年度、令和元年度の作品の紹介があります。「個別の学習」「遊び」「作業学習」「生活単元学習」「日常生活」「音楽」「図工」「環境設定」の項目に分けて紹介されています。
  新潟県立はまぐみ特別支援学校    小学部・中学部・高等部・訪問部の教材・教具が23紹介されています。各教材・教具の「学習のねらい」「学習の流れ」「教材教具の材料・道具」と、今まで見た特別支援学校の教材・教具の説明の中でトップクラスといえる内容です。全国の特別支援学校のお手本になる内容と言って良いでしょう。
はあとリンク  国内・海外の障害者関連の情報や障害児教育にたずさわる人達に役立てるサイトの紹介をしているHPです。
パシフィックサプライ株式会社  車椅子等の福祉機器の会社。GIGAスクール対象機器、市政管理・装具・感覚統合なdの機器も紹介しています。
パナソニック・イズム  言語障害・上肢障がい者向け携帯用会話補助装置 レッツ・チャット」の紹介。
ボーカルリデューサー  歌の練習に使えます。曲から歌声を消してカラオケを作ることができるソフトです。Windows10・7XP、ビスタに対応しています。
広島県立北特別支援学校  「研究・研修」のところに教材・教具の紹介が載っています。平成30年度〜令和2年度の教材・教具を紹介しています。令和2年度から制作者・保管場所が書かれていますが、学校のみんなで共有しやすくするという方向で書かれているとすれば、とてもいいことだと思います。。
  広島市立広島特別支援学校   「研究・研修」のところに教材・教具の紹介が載っています。教材・教具は、平成19〜令和3年度まで紹介されています。作品数の多さといい工夫された内容といい素晴らしいです。また、 トップページの「学校生活」のところに、各学部の図工・美術作品や作業班の作品の紹介が載っています。小学部の図工は、平成31年度・令和2年度・令和3年度まで紹介されています。お子さん達の作品の紹介がここまで載っているのは全国一かもしれません。とても素敵な作品紹介だと思います。
  広島県立尾道特別支援学校   「教育研究・学びの変革」に令和2年度の幼・小・中・高の各学部の教材・教具の紹介が載っています。
  広島県立三原特別支援学校   「教育支援」のところに教材・教具の紹介が載っています。教材・教具シートは、「日常生活指導」「あそびの指導」「個人別の課題」「数学」「音楽」「自立活動」「その他」「図が・工作」「美術」「保健体育」「総合的な学習の時間」「特別活動」にジャンル分けしてあります。
  広島県立呉特別支援学校江能分級   「学びの変革」アクションプランで、平成30年度〜令和3年度の教材教具が載っています。「環境の構造化」や「遊びの指導」「日常生活の指導」「生活単元学習」等の各学習の取り組みの工夫などがわかりやすく書かれています。写真も大きいので児童生徒の学習での様子がとてもわかりやすいです。わかりやすいということは、とても参考になると言うことです。。
  広島県立呉南特別支援学校   教材・教具シートに自作教材が紹介されています。
   広島県立福山特別支援学校  「学びの変革」のところから「校内研修」「過去の取り組み」等を見ることができます。「支援機器活用事例集」は参考になります。
  広島県立福山北特別支援学校   令和3年度の小学部・中学部・高等部の教材・教具開発カードが見られます。教材・教具の特徴が、写真でとてもわかりやすくなっています。写真の使い方がうまいですね。
  広島県立西条特別支援学校   「学びの変革」のところで、「自立活動研究会」「ICT機器・支援機器」の実践例が載っています。実践例はわかりやすいので参考になります。
  広島県立広島中央特別支援学校   私は盲学校の経験がないので、盲学校の教材・教具について判断するのは難しいのですが、「教材カード」の学習の「ねらい」を読んでみて、紹介されている教材・教具がいいものであることはわかりました。制作の意図がわかれば、その視点は参考になります。
  広島県立庄原特別支援学校   「研究・指導」のページの教育研究 「平成30年度公開授業研究会」のところに教材・教具の紹介が載っています。各教材・教具を使ってどう子どもたちが変わったかが書かれているのがいいですね。
  広島県立教育センター   学習指導案例集が充実しています。特別支援学校と特別支援学級の指導案もありますので、参考になると思います。
   広島県三原市教育委員会   「特別支援教育実践例集」に三原特別支援学校や小学校・中学校の実践例や教材が紹介されています。
  秀さんの理科工作の作り方   バランストンボやブーメラン等の工作が載っています。一度じっくりのぞいてみる価値ありです。
  美術教育を進める会   「特別支援教育分科会」だけでなく、「乳・幼児分科会」・小学校分科会」も参考になります。
Hirai Potter Net  各種のスイッチやワイヤレスリモコン、パソコンを活用した教材他、内容の非常に濃いHPです。教材・教具だけに終わらず、総合的なサイトになっています。「教材」や「教材研究」のページが開けなくなっているのは残念。
ひまじんの工作館  ペットボトルや牛乳パック等の身の回りのものを使って、様々な工作作品を作っています。各作品の作り方が、丁寧に載っているので、とてもわかりやすいです。
  ヒルマ 特別支援教材カタログ 2021   学校の事務室に置いてある特別支援教育の教材カタログ(2021版)を見られるページです。教材・教具を学部等で購入時に検討する際に見るだけでなく、教材・教具を制作する際の参考になります。
  ひらさんのソフトライブラリー   「ひらがなあそび」「えほんソフト」等のソフトを提供してくれるサイトです。ある程度パソコンのことに詳しくないと、導入の仕方がわかりずらいかもしれません。
福島県立特別支援教育センター  教材・支援機器ポータルの「検索キーワード」が使いやすいです。画像がもう少し大きければ尚良いのですが・・。
   福島県立会津支援学校   「支援のヒント・アイデア集」のところで「自立活動・算数数学・保健体育・生活単元学習・日常生活の指導・作業学習・技術家庭・国語・理科・社会・外国語・音楽・図工美術・遊びの指導」と分けて教材・教具を紹介しています。(理科・社会・図工美術・遊びの指導は紹介なし)
各教材・教具の説明文はわかりやすいので、若い先生方にも頭の中にすっと入っていくと思います。
  福島県立あぶくま支援学校    「教材・教具集」から「知的障がいのある児童生徒のための教材・教具集を見ることができます。「作成者のコメント・使用して児童生徒の実態や変容など」は、もう少し書かれていると尚良くなると思います。
   福島県立郡山特別支援学校  学部の紹介で子どもたちの生き生きとした表情が見られます。「ICT活用委員会」のところでは、平成26〜30年度のAT機器活用実践事例集が参考になります。教材・教具は、自立活動部のところに「教材・教具の工夫」として、13点紹介されています。「健康教育部」という分掌(?)があるのは珍しい。学校での色々な取り組みがわかりやすく伝わり、学校のHPとしてとても優れた内容です。
   福島県立富岡支援学校  「教材コーナー」のところに「教室環境作りのアイデア資料」「教材・l教具と支援のアイデア資料』等が載っています。
  福岡県教育センター   「指導案データベース」「調査研究」が役に立ちます。特別支援教育教材・教具動画コンテンツ2015は、障がい別に分かれているので参考になります。
  福岡県立福岡視覚特別支援学校   「教材・教具(弱視用)(盲児用)(手作り学習具)」(便利グッズ)のところに様々な教材・教具の載っています。
  福岡市立今津特別支援学校   「今津美術館」のところから令和元度〜3年度の小・中・高・専科のお子さんたちの図工・美術作品が見られます。写真をクリックすると大きく見られます。
  福岡市立南福岡特別支援学校    「みなみ美術館」のところで、5月〜12月の掲示板の大きな作品が見られます。
  福井県立清水特別支援学校   「教材・教具ライブラリー」で平成28・29/30年度の教材・教具を紹介しています。
  福井県立南越特別支援学校   「研究・教材」のところ「手作り教材・教具」の紹介をしています。
  福井県立奥越特別支援学校   「iPad活用事典」にiPadを使った実践が詳しく載っています。アプリについてもわかりやすい説明が載せてあるので、お手本になるような内容です。
  福井県立嶺南東特別支援学校   国語・算数・図工・調理等のプリントがメインです。学習の流れがわかりやすくプリントにまとめてあるので、調理や図工のプリントは使いやすいと思います。
  福井県立福井南特別支援学校   「国語」教材の例「算数・数学教材の例」「スケジュール表」「縄跳び進級表の例」は、プリント教材の例です。「作業学習の教材の例」は、どの学校にもあるような基本的なものが多いです。
  福井大学教育学部付属特別支援学校   WEB美術館は紹介されている作品数が多く、図工・美術でどんなことをしているのかがわかりやすいのがいいですね。
  福岡県立嘉穂特別委支援学校  「地域支援」のところに教材・教具の紹介が61作品ほど載っています。
   福岡県立築城特別支援学校   ICT活用データベースに「知的障がい教育部門」「肢体不自由教育部門」「学習内容」などが載っています。
 その学習でどう児童・生徒に効果的だったか、課題は何か(上手くいかなかった)が載っていれば尚良いのですが、と昨年書いたのですが、その辺が書かれるようになりました。
  ぷりんと きっず  就学前幼児〜小3までの子どもたちに使える様々なプリントから「ひらがな・あいうえお表」などの学習ポスターまで、無料でダウンロードできます。 
ぺんぎん学校ICT教育発信  先生向けの教育システム関連ブログ。ICTに関する様々な内容のブログが書かれています。iPadの活用事例は、これからiPadを活用しようと考えている先生に役立つでしょう。
北海道白糠養護学校 「特別支援教育」のところに市販の教材・教具や自作の教材・教具の紹介のページが載っています。市販の教材・教具に関しては、先生がモデルになって使い方を見せているので、どういう使い方をするのか・どういった効果があるのかがとてもわかりやすいです。学校にある市販品の教材・教具を紹介する時のお手本のようです。
  北海道釧路養護学校   メニューの「教材・教具展」のところに小・中・高・高訪問の令和3年度の教材・教具が紹介されています。令和3年度以前の教材・弓具の紹介も載っているといいのですが・・。
北海道札幌養護学校 全国で1位・2位と言って良いような充実した教材・教具のラインアップです。教材・教具は、「研修と教材」のところに教材・教具の紹介が載っています。平成27年度〜令和3年(夏)まで紹介されていて、「国語」「算数」「日常生活の指導」「あそび」「生活単元学習」「その他」等にに分類されその数は600点を越えるほどです。
 先生方の良い授業・わかる授業を追求している姿が想像されます。また、ICTプロジェクトの実践事例は興味深いものです。
  北海道帯広養護学校   教材・教具は「ギャラりー」のところの「いいものみーつけた」に163作品載っています。また、子ども達の図工・美術の作品の紹介が「ギャラリー」のページでたくさん見られます。図工・美術は作品を見ることで触発されることも多いので参考になります。
相談支援部の「ともに談(かた)ろ」は、保護者向けの啓蒙と情報提供等の内容ですが、内容がとてもわかりやすく優れたものになっています。今まで見た類するものの中でダントツに良いと言えるでしょう。
   北海道網走養護学校  「実践研究」の項目から入ると、そのページの一番下に教材・教具の紹介が載っています。教材・教具の累積シートに名称や制作者等が整理されています。29年度の分は、それまでとは違い教材・教具の写真が白黒になってしまっていてわかりづらいのが残念。28・27年度分はカラーで詳細がわかりやすいです。
  北海道立特別支援教育センター   「特別支援学級を支えるために」〜教材活用事例集が載っています。学習のねらい・学習指導要領等を踏まえた工夫を等がとてもわかりやすく書かれているので、参考になります。
  北海道立教育研究所付属理科教育センター   「授業に役立つ情報を探したい」で理科に関する教材・教具やハンズオン教材を紹介しています。小学校・中学校・高等学校と分けられていますが、小学校の内容は特別支援学校でも活用できるでしょう。
  「ぽっしゅん POSSYUN Website   様々な内容で溢れています。有名なサイトなので、皆さんも知っていると思いますが・・。
  ほいくる    「あそび」・「学び」等、保育に関する内容が充実しています。「あそび」では、室内あそび・戸外あそび・製作遊び・自然遊び・ゲーム遊び・新聞遊び・ごっこ遊び・手遊び・手遊び歌・絵本遊び・運動遊び・水遊び・音楽遊び・言葉遊び・実験遊び・伝承遊び・昔遊び・ハンカチ遊び・親子遊び・大人が作る手作りおもちゃ」と内容の充実性に驚きます。特別支援学校でも使える内容がたくさん載っています。
  保育のひきだし  「音を楽しむ遊び」「自然と関わる遊び・活動」「ことばと数」「ごっこ遊び」「身体を動かす遊び」「ゲーム性のある遊び」「身近な素材で作って遊ぶ」「室内装飾」「製作」「かんたん食育」「手作りおもちゃ」等のジャンルわけがされていて、小さなお子さんの活動を考える際に役立つ内容になっています。

タイトル 内  容
Microsoftアクセシビリティホーム  「学習困難のある子どものPCタブレット活用」「障碍があっても使えるWindowsパソコン」「PowerPointでの授業作り」など。PowerPointの授業作りは参考になります。
魔法のお手伝い 「魔法の動画クラブ」「魔法のアプリ紹介動画」「魔法の教材館」「魔法の啓発絵本」「魔法のプロジェクト×ドロップレット・プロジェクト」の項目でモバイル端末の活用事例を載せてあります。
   マジカルトイボックス  障がいが重い人でもコミュニケーションをしているはず。なんとかそれを豊かにできないだろうか・・という思いから生まれたAACを普及させるための集団。私も発表会を光明養護まで見に行った記憶があります。このHPには教材・教具等の紹介はありませんが、マジカルトイボックスはイベントや出版物で真価を発揮しています。先駆者としていつまでもがんばってもらいたいです。
  マエストロ足立の手作り楽器工場    捨ててしまうような廃物を利用して作るリサイクル手作り楽器の数々。見て驚いてから、思わず吹き出してしまうネーミングとアイデアの面白さに脱帽です。
  みえテクノエイドセンター   肢体不自由のお子さんたちに役立つ色々な自助具が紹介されています。ここから自分の学校のお子さんに役立つ自助具を作るヒントが見つかるかもしれません。
  宮城県立古川支援学校  2015/2016年度の教材・教具が紹介されています。「国語グループ」「算数数学グループ」「体育・体育的活動グループ」「美術・造形的活動グループ」「日常生活の指導グループ」「生活単元学習グループ」「自立活動グループ」ICT活用グループ」「コミュニケーショングループ」と分けてあるのでわかりやすいです。ねらい他がしっかりまとめてあるのでお手本のような資料のまとめ方です。
   宮城県立石巻支援学校  「学校情報」のところに教材・教具の項目があります。アイデア教材として、国語、算数・数学・自立活動・保健の教材が載せられています。写真は大きく、「ねらい」「工夫点」などがわかりやすく書かれています。
   三重県立杉の子特別支援学校  目と手の協応・分類・組み立て・ことばかず・日常生活支援等々のわかりやすいジャンル分けがされていて、内容も豊富です。写真が1作品1枚ですが、写真が大きくはないのでもうすこし大きくするかできれば2枚くらい載せてもらえばよりわかりやすくなると思います。
  三重県立くわな特別支援学校  「支援・進路」のところに教材・教具が載せられています。 教材教具の紹介は24作品。写真がもう少し大きいとよりわかりやすくなると思います。
   三重県立かがやき特別支援学校 緑が丘校  病弱児のための特別支援学校で、「緑が丘校」「あすなろ校」「草の実校」のなかの緑が丘校で紹介している教材・教具です。教材・教具の数は少ないのですが、子どもたちへの愛情のようなものを感じる教材・教具です。
   三重県立かがやき特別支援学校 草の実校   上と同じく病弱児の為の学校になります。「教材・教具ライブラリー」にプットイン等の基礎学習の教材・教具が多載せられています。
  みさき先生のスマイルサイエンス   教材が動画も含めて紹介されています。わかりやすいので参考になるでしょう。
昔のおもちゃアルバム  「めんこ」「あやとり」「おはじき」「影絵」「切り絵」等々のあそびが、そのあそびの方法や道具だけでなく、あそびの歴史の解説まで載っています。以前は、おもちゃの作り方は、説明文だけでイラストがないのでちょっとわかりずらかったのですが、大きな写真が載せられるようになり、作り方・遊び方がとてもわかりやすくなりました。
 めもぐ 日常の気になるメモ    ストロー笛や獅子舞のお獅子など色々なおもちゃの工作がわかりやすく載っています。スライドショーの動画も工作過程が本当にわかりやすいので、工作で新しく作るものがあれば参考になるでしょう。
文部科学省ホームページ  今私たちの中で話題となっている「特別支援教育」に関する各種の資料を調べるためには、このページが当然のことながら最適です。これからは何度も見るようになるページと言えます。
もろQの授業教材アイデア集  肢体不自由校の勤めている先生のホームページ。iPadやPowerPoint、タブレットPC、各種のスイッチの紹介や実践とシンボル(イラスト)などが載っています。肢体不自由の学校に勤めている先生方なら知っているというような有名なサイトです。
  問題集 発達障害児のための絵カード屋さん   発達障害児のための絵カードの紹介をしています。絵カードの作り方やデータも提供しているので、色々な場面で応用ができそうです。
山梨県立やまびこ支援学校  「情報公開」の「研究部」の所に令和2年度自作教材集が載っています。「国語・算数・数学」「生活」「社会」「理科」「音楽」「体育」「家庭科」「特別活動」「自立活動」「日常生活の指導」「寄宿舎」と分類されています。子どもたちのことをよく考えて作られていることを感じます。
  山梨県立甲府支援学校   「自立活動」のところに「初期学習〜記号操作学習」までの自作の教材・教具が載っています。
山梨県立あけぼの支援学校  スイッチ類の紹介が充実しています。紹介されている教材・教具は、39作品。初期学習の教材・教具が参考になりそうです。
  山梨大学 教育学部付属特別支援学校  各教科・特活・自活など様々な教材・教具が紹介されています。学生さんの教材・教具の紹介もあり参考になると思います。残念なのは、教材・教具の写真が白黒なので、どんな教材・教具なのかが写真から伝わってきません。カラーにすれば教材・教具の詳細が見て取れるのに・・。
  山梨県立科学館   「おうちで科学館を楽しもう」のページで家庭でできる楽しい科学実験を動画で見ることができます。
   山形県立米沢養護学校  「よねようの工夫」というテーマで、児童生徒が「自分から自分で」活動に取り組めるための、「できる状況づくり」の工夫を紹介しています。児童・生徒の様子がわかりやすく説得力があります。
山口県 「特別支援教育におけるICT活用ガイドブック」について  ガイドブックは、特別支援教育における情報教育や情報モラル教育、ICT活用上の配慮や工夫、指導事例等で構成しています。小学部・中学部・高等部の事例が20余り載っているので参考になります。
やまぐち総合教育支援センター  県内の先生方が指導のために作成されたPowerPoint・Word・一太郎で作ったものが載せられています。それらの教材は、先生方で共有することを目的にしていて授業の進度や内容に合わせて改良して活用してもいいということになっています。良い教材を共有するという趣旨がいいですね。
  山口大学教育学部付属特別支援学校   「ICT活用プロジェクト」のところで「ICT活用事例集」が見られます。iPadの活用については、多くの学校で色々な学習での取り組みが行われていると思いますが、そんな活用事例のひとつです。実践から良かった点と改善すべき点が出てくると思いますが、良い点しか書かれていないのはどうしてなのかなと思います。
山ねこ工作室  「いっしょにつくろっっ」で支援機器や自助具の作り方が載っています。電気(電子)工作に慣れていない人のはハードルが高い内容ですが、障がいのある人に少しでも力になろうとする気持はとても伝わってきます。
YuKaのおもちゃ箱 ダウン症のお子さんの成長を願ってお父さん・お母さんが作り出したおもちゃ等が紹介されているHPです。手作りの良さや愛情が感じられます。親ってたいへんだけれど、素敵ですね。
雪印メグミルク 牛乳パックで作ろう  牛乳パックで作る楽しい工作がたくさん載っています。特別支援学校の子どもたちが作れるものもありますし、何よりもアイデアがおもしろい。
米村でんじろう サイエンスプロダクション テレビでおなじみの米村傳治郎先生のHP。内容は、見てのお楽しみ・・?
幼児の学習素材館  ちびむすドリル「子育て・ことば育て」のHPに幼児の素材館があります。素材館には「ひらがな・カタカナ練習プリント」「ぬりえ」「数と数字の練習プリント」「学習で使う用紙」「時計の読み方プリント」など、授業で使えるプリントがあります。
  横須賀市立養護学校   児童・生徒数の少ない学校ですが、子どもたちのためにわかりやすい学習の取り組みをしているのがわかるような教材・教具です。
  横浜市立港南台ひの特別支援学校   「教材・教具集」から、「国語」「算数・数学」「自立活動」「その他」の教材・教具が見られます。ユニークなものがあって面白いのですが、その教材・教具を使って子ども達にどんな変化があったかが書かれていないのは残念。
Leeの特別支援教育

 教材教具だけのHPというのは、私が思っていた以上にあまりないというのが現状です。このHPでは、そういう部分を差し引いても色々な内容がそれぞれ充実しているので、見る価値多しです。「指導案」は載せてあると参考になるので、とってもいいですね。LeeさんのHPは、内容もかなり膨大で全部を見ようとするとたいへんです。
レクぽ  公益財団法人日本レクレーション協会が運営するサイト。様々なレク遊びやおもちゃ作りを紹介しています。動画なのでわかりやすいです。
  和歌山県立紀北支援学校   自立活動部が自作の教材を紹介しています。拡大できるとは言え、写真がもう少し大きいと教材の様子がわかりやすいのですが。説明文以上に写真は雄弁ですから・・。「ねらい」・「使い方・アピールポイント」は、とてもわかりやすいです。
  蕨アクティブプロジェクト   様々な「運動遊び」の動画を紹介しています。簡単にできるものもあるので、特別支援学校のお子さんたちも楽しんで体を動かせる内容です。
  わくわく教材   基礎教材・学習教材・面白教材・カードなどがあります。各教材についてのわかりやすい説明が載っているので、とても使いやすくなっています。

※ページの最初に戻る! 

トップへ