イラスト          特別支援学校の授業に役立つ自作創作教材・教具         イラスト

体育:新・忍者ボード 生活単元学習:歩行者用の信号機 算数・数学:買い物学習の自販機 国語・生活単元学習:折りたためる郵便ポスト 算数・数学:自作ソフト「お金と電卓の学習」 日常生活の指導:歯磨き指導の歯形模型 図工・美術:ホットボンドのランプシェード

( 全1695作品 )

アニメーション  こんにちは、あなたはカウンター人目の訪問者です。  
 
       
イラスト    色々な教材・教具1~11
   

呼気訓練具フーフー
色々な教材・教具
(自立活動・基礎学習) 
 
  大型紙芝居
色々な教材・教具 (国 語)
お金と電卓の学習
色々な教材・教具3 (算 数・数 学)
  色と光の2
色々な教材・教具4 (図 工・美 術)
    
忍者ボード2
色々な教材・教具5 (体 育・あそび)
  ペン立て
色々な教材・教具6
 (作業学習)

スプーン
色々な教材・教具7 (日常生活の指導)
  手作りのアフリカの楽器カリンバ
色々な教材・教具8 (音 楽) 
運動会の神龍
色々な教材・教具9(生活単元学習・特別活動)
  
ソーラークッカー:扇型
  色々な教材・教具10 (社 会・理 科)
   
エレベーターのダミースイッチ
色々な教材・教具11  (その他)
 
        
イラスト教材・教具とおもちゃの新作



        イラスト
    0から始める教材作り


(このHPに載っている教材・教具の作り方を写真と文章でわかりやすく説明)  

クレヨンが折れないオレンボ色合わせ 
0から始める教材作り1

  ブックカバー防災・防犯用のリストバンド笛
 0から始める教材作り2

文字数字つきのマグネット歩行者用の信号機
0から始める教材作り3

  文字付きカルタパネル式暗幕
0から始める教材作り4

 



 イラスト
    『教材・教具の制作と活用、指導の手引き Q&A 159』

 若い先生方を応援するページ

学習表示カード 
個々の子どもに合った教材・教具ってどんなもの?」・「お金の学習の教材は、本物?偽物?・・どっちがいいの?」・「カルタをすると同じ子ばかりとってしまう問題点を解決する工夫は何?」・「図工でお面作りをする時、風船が怖い子がいるけれど、どうしたらいいの?」・「最も優れた教材・教具って何?」等の疑問に答える「Q&A式の手引き」です。

 今までの授業をもっといい授業に変える「教材・教具の工夫点」や、若い先生方に指導や子ども達との関わり方について、ちょっと立ち止まって考えてもらいたいことを具体例を挙げてわかりやすくお話しする「若い先生方を応援するページ」です。


   0から始める手作りおもちゃ(図工・美術の2)     

(図工・美術の授業に活かせる手作りのおもちゃ・楽器・工作の作品作りを写真と文でわかりやすく説明)
    
虹色CDコマ 
0から始める「手作りおもちゃ」1

  ビニール袋ロケット 
 
0から始める「手作りおもちゃ」2

鏡の部屋
0から始める「手作りおもちゃ」3
 
  エイムズの部屋
 0から始める「手作りおもちゃ」4
凧
 0から始める「手作りおもちゃ」5
  火興し器
0から始める「手作りおもちゃ」6 
インオワアウト2
0から始める「手作りおもちゃ」7


(木のおもちゃ)
  お金の消える貯金箱 
0から始める「手作りおもちゃ」8
手作りの楽器
0から始める「手作りおもちゃ」9 
 
  ひもコン大型版
0から始める「手作りおもちゃ」10
 



 イラスト   その他     

イラスト
教材・教具のHPリンク集 

 Googleで検索したHPから、「教材・教具」や「特別支援教育」・「図工・美術」のお勧めのHPを内容の説明を付けて紹介してます。

 
  毛塚です。
自己紹介

私の教材・教具についての考え(雑記帳から)


教材・教具の制作上の留意点等
 
はらぺこあおむし
教材になる絵本のページ 

教材になる「絵本」を紹介するページです。)
  火興し器で火をおこす
子どもと一緒に楽しい簡単な実験  

(誰にでもできる楽しい実験を紹介)

 
カワセミ

 カワセミの小窓


趣味で撮ったカワセミの写真

 
  ジョウビタキ

『ぐんまこどもの国の野鳥』

ウォーキングに行った時に撮った写真

     こんにちは。あなたはカウンター人目の来訪者です。ゆっくり見ていってください。    (2001.1.18から) 
 





   今月の新作



                                       
 新しい教材・教具・自助具・おもちゃ     
ピンポンゴール
スプーンの楽器:ビーン  指ピンゴール 空き缶太鼓 手作りの楽器:ボウルギター  箱型の打楽器タンタン 弓形の楽器 ピンポンゴール スプーンの楽器:ビーン2 
      
キャップはめ学習のボード  
           
大型万華鏡 アルミ管のツリーチャイム  クルクルリンリン
 
 (制作中)
倒れないハードル3  紙飛行機の電動ランチャー   新・水琴窟 植物観察箱





イラスト
○教材・教具やおもちゃ作りの
『研修会のお問い合わせ』は、

『 s-kedukaABC5.so-net.ne.jp 』(※ABCを@fdに変えてください。)までご連絡ください。



◎研修会は、学部研修や教材・教具について学びたいという研修などで予算がない場合は、交通費や講師料など不要です。20代・30代・40代(?)の若い先生方を応援したいからです。気軽に声をかけてください。参加者が数名でもOK。・・・コーヒーでも出してもらえればそれだけで充分です。

○「いい授業をしたい」・「いい教材・教具を作りたい」と思う先生方と会ってお話ができれば、私の勉強にもなりますから全国どこへでも伺います。コーヒーでも飲みながら色々なことを話せたら、授業を進める上でのたくさんの「引き出し」が作れるかと思います。
  


  
イラスト 
          感想や質問などは、こちらへ!  

    
         掲示板 『青い空』


○このHPの感想やこのHPに載っている『「教材・教具」や「手作りおもちゃ」・「自助具」の作り方を教えて!』『担当しているお子さんの教材の効果的な使い方は?』など、教材の作り方やその活用法について等、気軽に質問してください。手作りのおもちゃのことや鳥の話しもOKです。

 教材・教具やおもちゃのご質問には、必ずお応えいたします。
 




                          
                             雑記帳 2017 

イラスト(肉離れ)2/26
 数日前に少しだけ走ったら右足が肉離れになり、運動不足を否応なしに感じさせられる始末。考えたら現役の頃は毎日朝マラソンで生徒達と走っていたのに、退職してからは走るということが全くなかったので、こうなるものかと納得しました。体力作りは歩くだけではだめなのかと思いつつ、無理して走るのもなあと・・微妙な問題です。当たり前のことですが、ストレッチを丁寧にやらないとダメですね。
 今月はアイデアというか制作意欲が余り湧かなかったので、作った教材は少なくなりました。子ども達の困っている場面が、浮かびづらくなってきたのがアイデアにつながらなかった原因かもしれません。

(太り気味)2/21
 
昨日は、午前中の用事を済ませてからそのまま「ぐんまこどもの国」へ。森の中を歩いていてもなかなか小鳥の姿は見られず、今日もダメかと諦めかけていたのですが、上の池にカルガモやマガモとは違う姿の鳥を見つけカメラを望遠にするとオシドリを発見。4年間通って見るのは3度目です。オシドリの写真を撮って湿性植オシドリベニマシコ物園にくるとアオジやシジュウカラがいたのですが、ちょっと違う感じの小鳥がいたのでよく見るとベニマシコでした。日本野鳥の会の太田支部が出している野鳥の資料にもこどもの国でベニマシコは載っていないので、やったーという感じ。多分、本には載っていなくても野鳥の会の人は知っているんでしょうが・・。このところ毎日のように通って『こどもの国の野鳥』という新しいページを作っていたので、カワセミはさっぱり見られなくてもよく歩いています。歩こうというモチベーションが高まるのはいいことです。・・とは言え、毎日4~5㎞歩いているにも関わらず、体重が増えてきて前傾姿勢が窮屈になってきています。ちょっと食べるとすぐに太るので、運動量を上げないとダメですね。
 教材の制作の方は、「卵型のランプシェード」は思っていたようにはいかず失敗。白いセメントの材料代がかかるので図工の作品にはどうかなと思っていたので、失敗を機に撤退です。今月は、アイデアが出てこないのと作りかけの教材の続きをやろうという気持ちになかなかならないので、このまま終わりそうです。3月から新たにスタートという感じになりそうです。しばらく歩く歩けの毎日かな?

(疲れ気味)2/12
 昨日今日と赤城山の方から吹いてくる空っ風がとても冷たく感じるので、外出しないで家で過ごす2日間になりました。ちょっと疲れ気味という感じなので、休めるときにはのんびりしています。「ぐんまこどもの国」の野鳥観察のほうも、どういうわけか小鳥が余り観られない日が続いていたので、もう少し暖かくなるまで待つことにしました。
 退職してすぐの頃は、3ヶ月ほど館林市・みどり市・桐生市・伊勢崎市・前橋市と毎日のように鳥を観に行っていましたが、さすがに半日から1日つぶれてしまうので教材作りができなくなり、これではいかんということでカワセミだけに絞るように変えました。最近カワセミ以外の写真も撮るようになったら、あの頃のように1日出掛けてオオタカをなどを観に行くのもいいかなあという気持ちになってきました。色々なことを考えずにお目当ての鳥を追うのもいいのかもしれません。今は午前中に用事があって毎日出掛けなくてはならないのでそうはできませんが・・。そんなことをふと思うのは、疲れ気味なのかもしれませんね。

イラスト(風が強い)2/7
 このところ毎日風は強いのですが、午前中の用事を済ませた後に「ぐんまこどもの国」へ通っています。新しく作っている『ぐんまこどもの国の野鳥』のページを整理する為に、新しい写真を撮ったりしていますが、この数日鳥の姿は余り目にできません。風が強いと小鳥たちは姿を見せないようです。上空をやたらうるさいほスプーンの楽器どの鳴き声を出しながらカラスが飛び回っているばかりです。はしぶとカラスなのかはしぼそカラスなのか見極めようと少しでも近づくとすっと逃げていくので、カラスは結構神経質のようです。頭がいい証拠なのかもしれません。それにしてもこれだけ小鳥が姿を見せてくれないと、ちょっと足が向かわなくなりそうです。ウォーキングがてらバードウォッチングをしているので歩かないわけにもいきませんから、悩ましい限りです。
 教材の制作の方は、風に負けないで少しずつ進めています。スプーンの楽器は、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドと音階をつけたのでスプーンを仮止め中。ボウルギターの方は、家にギターの弦がないので買ってこなくてはいけないのですが、イオンまで出掛けるのがちょっと億劫なのでもう少し時間がかかりそうです。楽器の方はその辺で終わりにして次の教材を作りたいのですが、この数日アイデアが全く浮かんでこないので、ちょっと頭を休めるしかなさそうです。

(新しいページ)2/1
 このHPを始めたときから載せていた「Sさんの部屋」(詩人で教え子のお母さんの詩や散文のページ)は一休みということにし、新しく「ぐんまこどもの国の野ヤマガラ鳥」というページを始めます。(まだ、鳥についての説明文の書き込みが終わっていないので、いわゆる工事中です。)
 毎日健康のために歩かなければいけないのですが、なかなかカワセミが見られないと歩きに行く気持ちになれなくなります。ただ健康面を考えるとそうも言っていられないので、カワセミ以外の鳥の写真も改めて撮ろうということにしました。この4年間でそこそこ撮っていたのですが、カワセミに絞ってからは他の鳥は少々ご無沙汰気味になっていました。できるだけ歩いて健康でいられるように「やる気」スイッチが入るように新しいページを始めようと言うことです。「ぐんまこどもの国」のHPを見ても公園内の鳥の写真は小さい写真しか載っていないので、バードウォッチングする方々や野鳥の巣箱を置いている市内の小学校の子ども達のお役には立つかもしれません。夏頃からは昆虫の方も載せていこうと考えています。
 閑話休題。教材制作の方は、上州名物空っ風が毎日吹いているのでなかなか進みませんが、少しずつ進めていければと思っています。余り間隔が開いてしまうと、この板はどの教材に使う板だったかしらと、わからなくなってしまいますから。

イラスト(ルリビタキ)1/28
 一昨日、午前中の用事を済ませて帰宅してから昼過ぎに教材作りを外で行い、その後「ぐんまこどもの国」に歩きに出掛けました。この日もカワセミは見ることはできませんでしたが、蛍の住む池のところでルリビタキのオスを見ることができました。「こどもの国」へ4年通って初めてオスの青い姿を見ることができたのでちルリビタキょっと感激したのですが、兎に角じっとしていないでぴょーんぴょーんと飛び跳ねるので写真が撮れません。やっと撮れたら後ろ向きでしたが、まあ撮れただけましというか・・。この日は、メジロ・コゲラ・ジョウビタキなどの小鳥も数m先くらいの近い位置でじっくり見ることができたので、バードウォッチング日和でしたね。以前見たアカゲラ・アオゲラなどの大型のキツツキはさっぱり姿を見せなくなりましたが、小鳥類は下の池の周辺と上の池の東側でよく見られました。カワセミがさっぱり見られなくて「こどもの国」へ歩きに行こうという意欲が薄れていたのですが、しばらくは小鳥の観察も良いかなという気持ちになってきました。歩かないと体力が落ちますから。
 
 一昨日は、久し振りに外での木工をしましたが、思っていたよりも早いスピードで板のカットが終わりました。楽器を4種類くらい作っていますが、本当に天気次第。余りにも寒い日は外での工作はできませんから。今月は、外が寒いということと午前中に用事があって毎日出掛けなくてはならないので、教材制作は殆ど進みませんでした。来月もしばらく同じような状態が続きそうですが、天気が良く暖かな日も増えそうなので教材制作も進めそうです。
イラスト(ねむの木学園の美術展)1/24
 
午前中の用事を片付けてから、午後新しくできた太田駅前の「太田市美術館・図書館」へ『ねむの木学園のこどもたちとまり子美術展』を見に行ってきました。開館記念展ということで1/14~1/29まで行われています。新しい美術館・図書館はどんな風な建物なのか、ねむの木の子ども達の作品はどうだろうかと、家かねむの木の作品展ら10分ほど歩いて行くと、館内はたくさんの人で溢れていました。障がいのある子への理解という点では、都会に比べると田舎ではどうなんだろうと思っていたので、たくさんの方が見に来ていることが、関係者でもないのに嬉しく思われました。かつて子ども達だった人の作品がメインだったようですが、その子達を見つめ続けてきた宮城まり子さんの文章がとても心に響きました。ある子の作品の前のパネルには、その子のお父さんが酔っ払って学園に来た時のことが書かれていました。その子が酔っているお父さんを怖がるので、まり子さんが「お酒が入っていないときに来てね」というと、「お前、頼むからな・・。」と言ってふらふらしながら坂道を下りて帰っていったそうです。子どもがお世話になっている人に向かって「お前」とは随分失礼なお父さんですが、酔わないと会いに来られないお父さんの悲しみをまり子さんはわかっているんです。親だってつらいことをたくさん抱えて生きているということ、特別支援学校の先生方ならわかってあげたいものです。
 私は、肢体不自由の学校に14年間勤務していたこともあったので、子ども達に関わる大変さも可愛さもわかる気がします。時間をかけて作品をゆっくり見てから帰ろうとした時に、テーブルに「ちょっと休憩します。」というようなことばが書かれたプレートがあるのを見つけました。あれ?何・・と思ってよく見ると、美術展の終わる1/29まで、まり子さんが直接本にサインをしてくれると書かれていました。わざわざ太田市まで足を運んできてくれているのかと驚きました。テレビのドキュメントで見たまり子さんは、大分高齢になられて車イスでお話ししていたので、ありがたいような申し訳ないような気分になりました。 
 帰り道を歩いていて、建物自体は割合こじんまりとした作りだったけれど、駅のすぐ前というか殆ど駅の一部のような感じで立地していて、カフェのコーナーもいいし「ねむの木学園の美術展」は良い企画だったなあと、ちょっと良い気分で帰りました。

イラスト(こどもの国へ)1/22
 
今日は風もなく割合暖かだったので、1ヶ月ぶり位に「ぐんまこどもの国」へ歩きに行きました。朝方には、この良い天気ならば外での工作ができるなあと思ってルリビタキいたのですが、フロアマットやクッション等がどんどん軒下に置かれてしまっていたので、これらを全部片付けて工作を行うも面倒臭いということで、「こどもの国」歩きに変更。木工をすると板の研磨で細かな木のかすが浮遊してしまうので、クッション等は干すことができなくなりますから。
 このところ運動不足状態でしたから、工作よりも歩こう歩こうという感じです。「ぐんまこどもの国」ではカワセミは全く見られずがっかりしましたが、上の池の東側でルリビタキ(メス)を見ることができました。距離にして5m位でしたからじっくり姿が見られてラッキーでした。バードウォッチングはやはり面白いです。宝探しのような感覚でしょうか。カワセミだけに絞って写真を撮るようにしていますが、他の鳥もいいものです。
 教材の制作の方は暖かな日があればできそうですが、気温が10℃以下ですとちょっと厳しい感じがします。できないときは体力作りをするしかないかな・・。明日は、太田市の駅前に新しくできた市立の美術・図書館でねむの木学園の「ねむの木の美術展」を開館記念としてやっているので、午前中の用事を片付けてから駅まで歩いて行って見てくる予定です。

イラスト(「一太郎」の『詠太』)1/21
 
ワープロソフトの「一太郎」には、「詠太」と言って一太郎で作った文章を読み上げてくれる機能があります。男性・女性や話すスピードなどを選ぶことができ、自分が書き上げた文章を読み上げてもらって、文章の推敲ができるようになっています。この「詠太」を使って外国人の児童生徒や文字が読めない児童生徒の為の教一太郎の詠太材が作れないかと、この数日考えています。教材制作の予定では外で楽器作りなのですが、この寒さではちょっと無理。赤城山から吹いてくる上州名物空っ風のせいで、厚着をしてもとても木工をやる気にはなれません。そんな状態ですので、家の中でやれる教材作りを考えていたときに、この「一太郎」の「詠太」の機能を活かせないかと思ったわけです。最近は特別支援学校にも外国人のお子さんがポツポツと増えてきて、日本語が余り通じないということでどういった教材があれば「ことば」の壁を乗り越えられるか悩んでいる先生もいるかと思います。英語圏のお子さんであれば多少なんとかなっても、中国語やポルトガル語・スペイン語・ロシア語などになるとお手上げ状態でしょう。私もブラジルのお子さんを担任したときに大変なおもいをしたので、日本語の学習について考えていました。外国籍のお子さんだけでなく、文字を読み書きできない障がいの重いお子さんにも使える教材として、自作ソフトの「ことば図鑑」を作って授業を行いましたが、今考えているのは「詠太」の文章や単語を読んでくれる機能を活かした教材です。まだ、教材の具体的な内容のイメージが固まらないので、この数日ずっと考えています。

イラスト(底冷え)1/16
 
この数日、本当に寒いので外を歩くのもしんどい。2週間位前まで浅間山にも余り雪がなかったのが真っ白い山容に変わり、数日前からは榛名山や赤城山も雪をまとうようになってしまいました。あんまり寒いので「ぐんまこどもの国」へ歩きに行くこともせず、ジョイフルホンダのなかを歩いている状態です。電気工作や工芸品やダイソーなどを見ていると面白いのですが、そう内容が変わるわけではないので少し飽きてきた感じ。そろそろ教材作りを行いたいのですが、先週から用事があって毎日午前中は出掛けているのでなかなか工作もできません。午後になるとぐんと気温が下がるので無理はしないようにしていますが、楽器の制作もしないとなあと思案中です。室内に作業ができる場所があればいいのですが、ないものねだりをしても考えても仕方がない。 

イラスト(足踏み状態)1/5
 いくつかの楽器の寸法図はできたものの外があまりにも寒いので、外での工作を行う気になれないでいます。晴れてはいるのでやろうと思えばできないこともないのですが、赤城おろしの風が強く吹いているので着込んでも寒い。無理をして風邪を引いても困るしなあという思いもあってまさに足踏み状態。しばらく最高気温が10℃以下の日が続くようですが、春まで待ってというわけにもいかないので、来週辺りから工作をスタートする予定でいます。頭で考えてばかりいても先には進まないので・・。
 閑話休題。昨日はひとりで太田市の大光院へ初詣に行ってきました。一昨年までは家族全員で同じ場所(開山堂の端)で定点観測のように30年間毎年写真を撮っていましたが、昨年にストップしてしまいました。子ども達が赤ちゃんの頃から、ずっと写真を撮ることが年の初めの家族行事のようになっていたのでちょっと残念。まあ仕方がないかという思いがありますが、とりあえず元気な顔が見られれば良しとしようという気分です。子どもの笑顔に勝るものなしというのが親の心情でしょうか。

(楽器)1/2
 昨日から「手作りの楽器」を考えて、イメージ図や寸法図を描いています。障がいのある子ども達は、障がいが重くなるほどド・レ・ミと言った音階や曲には興味サウンドホースを示してくれませんが、楽器の音は好きなお子さんが多いです。大きな音を嫌がるお子さんは多いのですが、和太鼓のお腹の底まで響くような大きな音は嫌がらないといった面もみせてくれます。ものを叩いたりして音が出る太鼓のような打楽器や弦を弾いて音が出るギターのような弦楽器のようのものはおもしろがり自分から手を伸ばしてくれます。「叩く・弾く」ことで音が出る手作りの楽器を今月はいくつか作る予定です。
 子ども達がにこっと笑い、自分から触れてみようとする楽器が作れたらおもしろい。勿論、誰もが作れるようなもので材料代が安くすむように・・。


(明けましておめでとうございます。)2017.1.1

 2001の1月からこのHPを始め、今年で17年目に入ります。肢体不自由の学校から教員生活がスタートし、知的の学校に移って11年経ってから再び肢体不自由の学校に戻ってきた頃です。初めの頃は、教材・教具の作品数は50~60位だった気がします。スタートした肢体不自由の学校では、新任でしたから何もわからないような状態のまま就学猶予を受けていた最重度のお子さん達を担当することになったので、教材作りは難しかったという思い出があ講演会にてります。毎日深夜まで勉強しても勉強しても、寝たきりで喋ることもできないお子さん達を前にして、どうしたらいいのかと途方に暮れるという状態でした。幸い学年の先生方がいい方ばかりで、養護学校の教員はどうあるべきなのかということを教えてもらった気がします。

 その後、異動した知的の学校では、学部を越えて10数人で教材・教具研究グループを作り、作品集も3冊出すことができました。知的の学校では中学部と高等部にいましたが、高等部時代に尊敬できる人達に出会って充実した日々を送れました。知的の学校から肢体不自由の学校に戻り、その後知的の学校に移ることになりましたが、どこでも子ども達は可愛くていい教員人生だった気がします。勿論、職場には色々な先生がいるので、ストレスが溜まることもありましたが、まあいい先生ばかりに囲まれるという風にはいかないのが普通のことでしょうから仕方がない。ただ、若い先生方にはそういった経験はさせたくないものです。
 
 私が尊敬した同僚は本当によく勉強していて、子ども達に優しくいい授業を行える人達でした。人間的に素敵な人達だったので、その人達と友人になれたことがかけがえのない私の宝になりました。いい先生は身近にもいるものです。若い先生方は、忙しくてもそういった先輩達と色々なことを話すようにすることが一番の勉強になるでしょう。「わからないことは聞く・いい教材や授業は真似る」ようにすることで、引き出しがどんどん増えていくと思います。引き出しの多い先生の授業はわかりやすく、子ども達も学習内容が身につく楽しい授業になるでしょう。
 今年も「いい授業」のお手伝いができるように、このHPで先生方の引き出しが増えるようにがんばっていこうと思います。


アニメーション更新した内容です。

更新した内容は、わかりずらくなるのをふせぐため、2~3週間位で古いものから消していきます。ここに訪れてくださった方々が、新しい情報についてすぐにわかるようにしたいと思っています。

自己紹介、制作上の留意点等
色々な教材・教具1(自立活動・基礎学習)
色々な教材・教具2(国語)
色々な教材・教具3(算数・数学)
色々な教材・教具4(図工・美術) 
色々な教材・教具5(体育・あそび) 「ピンポンゴール」が入りました。2/1
色々な教材・教具6(作業)
色々な教材・教具7(日常生活の指導)
色々な教材・教具8(音楽)  「空き缶太鼓」「弓形の楽器」が入りました。2/4
「箱型の楽器:タンタン」が入りました。2/7
「スプーンの楽器:ビーン」が入りました。2/8
「スプーンの楽器:ビーン2」が入りました。
2/10「ボウルギター」が入りました。2/12
色々な教材・教具9(生活単元学習・特別活動)
色々な教材・教具10(社会・理科)
色々な教材・教具11(その他)  「指ピンゴール」が入りました。2/2
 教材・教具の制作と活用の手引き Q&A
教材教具のHPリンク集
0から始める教材作り1
0から始める教材作り2 「ピンポンゴール」の作り方が入りました。2/1
0から始める教材作り3 
0から始める教材作り4
0から始める手作りおもちゃ1
0から始める手作りおもちゃ2 
0から始める手作りおもちゃ3 
0から始める手作りおもちゃ4 
0から始める手作りおもちゃ5
0から始める手作りおもちゃ6 
0から始める手作りおもちゃ7 
0から始める手作りおもちゃ8 
0から始める手作りおもちゃ9 
0から始める手作りおもちゃ10  
カワセミの小窓 
ぐんまこどもの国の野鳥   
絵本のページ
子どもと一緒に楽しい実験をしてみましょう
 

ページの最初に戻る