イラスト     特別支援学校の授業に役立つ自作創作教材・教具     イラスト


文字カルタ 図工・美術:星空ボックス 算数:お金の学習用の自販機
体育:新・忍者ボード  国語:文字カルタ 図工・美術:星空ボックス 生活単元学習:歩行者用の信号機 算数・数学:自作ソフト「お金と電卓の学習」 社会:群馬県の観光マップ 算数・数学:お金の学習の自販機 自立活動:スヌーズレン 

( 全2293作品 )

アニメーション  こんにちは、あなたはカウンター人目の訪問者です。  
 
 
色々な教材・教具


コミュニケーションブック 
『自立活動・基礎学習』の1 
   
『自立活動・基礎学習』の2
ひらがなカルタ
『国 語  
  買い物学習の自販機 
『算 数・数 学』 
凧糸のランプシェード
『図工・美術』(創る1) 
  アクリル絵の具とボンドのメダル
『図工・美術』(創る2)
     
ビー玉転がしの絵 
図工・美術」(描く1)
 
  立体コマ 
 『図工・美術』(手作りのおもちゃ)
段ボール板の滑り台
『体 育・あそびの指導』

 
  ビー玉の飾り版
『作業学習』
 
手作りスプーンとフォーク 
『日常生活の指導』
  火興し機 
  
『社会・理科』

+(プラス) 楽しい実験
歩行者用の信号機 
『生活単元学習・特別活動』
  車イス用の日よけ
『その他の教材・教具』
  
カリンバ 
『音 楽』 
    イラスト
      教材・教具とおもちゃの新作     



          0から始める教材作り    

(このHPに載っている教材・教具の作り方を写真と文章でわかりやすく説明)
 
 
クレヨンが折れないオレンボ色合わせ  
0から始める教材作り1

  ブックカバー防災・防犯用のリストバンド笛 
 0から始める教材作り2

文字数字つきのマグネット歩行者用の信号機
0から始める教材作り3

 
  パネル式暗幕文字付きカルタ
0から始める教材作り4

  



 
   図工・美術の3(0から始める手作りおもちゃ)     

(図工・美術の授業に活かせる手作りのおもちゃ・楽器・工作の作品作りを写真と文でわかりやすく説明)
    
虹色CD  

0から始める「手作りおもちゃ」1
  立体独楽  

 
0から始める「手作りおもちゃ」2

安全クラッカー

0から始める「手作りおもちゃ」3
  
  エイムズの部屋 

 0から始める「手作りおもちゃ」4
やじろべえ 

 0から始める「手作りおもちゃ」5
  錯視ドラゴン 

0から始める「手作りおもちゃ」6 



 
その他  

イラスト
教材・教具のHPリンク集 

 Googleで検索したHPから、「教材・教具」や「図工・美術」のお勧めのHPを内容の説明を付けて紹介してます。
 
  毛塚です。
自己紹介

私の教材・教具についての考え(雑記帳から)


教材・教具の制作上の留意点等
  
 
 イラスト
     『教材・教具の制作と活用や指導の手引き Q&A 159』      若い先生方を応援するページ


 「個々の子どもに合った教材・教具ってどんなもの?」・「お金の学習の教材は、本物?偽物?・・どっちがいいの?」・「カルタをすると同じ子ばかりとってしまう問題点を解決する工夫は何?」・「図工でお面作りをする時、風船が怖い子がいるけれど、どうしたらいいの?」・「最も優れた教材・教具って何?」等の疑問に答える「Q&A式の手引き」です。

 今までの授業をもっといい授業に変える「教材・教具の工夫点」や、若い先生方に指導や子ども達との関わり方について、ちょっと立ち止まって考えてもらいたいことを具体例を挙げてわかりやすくお話しする「若い先生方を応援するページ」です。
 
 
  
    
 こんにちは。あなたは
カウンター人目の来訪者です。ゆっくり見ていってください。    (2001.1.18から) 




  
写真 

    感想や教材・教具作りの質問は、こちらへ!    

  
   掲示板 『青い空』




○このHPの感想やこのHPに載っている『教材・教具や手作りおもちゃの作り方を教えて!』・『担当しているお子さんの教材の効果的な使い方は?』など、教材の作り方やその活用法について等、気軽に質問してください。手作りのおもちゃのことや鳥の話しもOKです。

 教材・教具やおもちゃ作りのご質問には、必ずお応えいたします。
 
 




                          
                                雑記帳 2020


 (HPの改訂 2020版)
 このHPがより『わかりやすく・見やすく・学習で使いやすく』するために今年もいくつかの変更を行っていきます。

 変更点としては、
①今年1年は、「教材・教具の作り方・図工・美術作品の作り方」の動画作りをメインにしていきます。発表は秋頃? 一度に数十本の動画を出す予定です。

②説明する文章を再度見直し、誤字脱字を直しつつ授業での使い方がわかりやすい説明文にします。

東南アジアやアフリカ諸国・東欧など、障害のあるお子さん達の教育の現場で、予算が少ないために学習のための教材をそろえることが難しい国々・地域の先生方が、教材を考えるときに参考になるように英訳を載せる方向で検討します。

④「教材・教具のHPリンク集」で紹介している学校や個人のHPの内容を改めて見て、リンク切れを解消するとともに内容が以前より低下してきているところは紹介をやめる方向で考えます。折角見に行っても、「あれ?」では時間が無駄になってしまいますから。


(A先生と)1/24
 先日、久しぶりに友人のA先生と会って話しました。このHPの方向性については、相談すると言うよりも「わかりやすさを考えると、面倒でも動画しかないので今年は始めようと準備している。」と報告。10数年前から、手作りの楽器の音色をHPで伝えられないのが残念だなあと感じていましたが、HPのデータ容量が増えてしまうので行いませんでした。
 HPの内容や見てもらい方については、A先生と話し合うことで彼から「○○にしてくれたほうがわかりやすい。」等のアドバイスをもらい教科ごとに作品をまとめる等の作り直しを行うことで段々とわかりやすくなってきました。時々、A先生から「作り方や使い方に関しては、文章と写真よりも動画の方が外国の人も含めてもわかりやすいんじゃない・・。」と言われ、「それはわかっているけれど、データ量が増えすぎて無理。大体、今だって写真を入れて説明文を書くことだけでも結構大変なんだから、これから教材や図工の作品を一から作り直して動画を撮るなんてしんどすぎる・・。」と言っていましたが、まあ彼の言うことは正論なので、さてさてどうしたものかと思っていました。
 「わかりやすさ」を求めていく、とやはり動画で教材・教具や図工・美術の作品作りが見られるのは一番です。このHPに来てくれた方々が、「これならわかりやすくて作れる」と思ってもらえることが一番なので、この1年は動画制作をがんばります。A先生には、「今年の目標は、生活全般で今まで面倒くさいと思ってやらないできたことを頑張る」と話すと「そうだね。」と笑っていました。暮れにトイレや風呂場の汚れ取りやカビ落とし、色褪せてきた家族の写真を全部印刷し直し、防災の観点からフォトフレームや掛け時計等のガラスを全て樹脂製に換えたりと、地震対策も色々進めて面倒だと思っていたことも取り組むと結構おもしろい(?)ということがわかりました。面倒と思っていた色々な事柄にチャレンジする1年です。

(「教材・教具のリンク集」)1/21
 昨日から「教材・教具リンク集」の調べ直しを始めています。教材・教具の紹介がなくなった学校は削除しています。また、ICT研究(実践)や図工美術の作品紹介が素敵な学校は、そのことにも触れるようにしています。作品の写真が小さすぎてよくわからない・教材・教具の使い方や指導の様子の文章が短すぎて伝わらないという学校は、その辺についてコメントすることにしました。余計なお節介でしょうが、折角自分たちの学校でがんばっていることを紹介しているのですから、その辺を改善されると見に来た人が「見に来て良かった」と思ってくれるのでは・・。

(ゴミ拾い)1/19
 毎日犬と散歩をしていますが、歩く道にゴミが落ちているのが気になります。紙くずやペットボトルやたばこの吸い殻・空き缶と、多くは大人の仕業でしょうね。こんなゴミを子どもたちが見ていたら、どう思うんでしょうか・・。学校での美化活動を通してきれいな町作りをしようとしているのに、大人がこれではだめでしょう。
 犬の散歩では糞を回収する袋を持って歩くので、先日からその袋の中にゴミを拾って歩くようにしています。一度の散歩で袋はいっぱいになりますが、少しずつ道がきれいになっていくのは良い感じです。毎日ゴミを拾っていると視線がゴミに向かうので、ちょっとおかしくもあります。いつも歩いている道はかなりきれいになってきたので、少し歩く道を変えてゴミ拾いをしようと思っています。ゴミという嫌なものを見ないですむようになるので、ゴミ拾い散歩はなかなかいいです。拾っても拾っても毎日何かしら落ちていますが、まあやらないよりはいいのでずっと続けていこうかな・・・。
 閑話休題。来週は友人のA先生と会うので、今後のHPの方向を話していく予定です。


(教材の動画)1/18
 特別支援教育の「教材・教具の動画」を見ていて、なんとも言えない違和感を感じました。紹介されている教材・教具はなかなかいいアイデアのものでしたが、「これがあれば○○学習ができるようになります。」というコメントに違和感。最後まで見ると商品の紹介になり、教材を作っている会社の動画ということがわかりました。この動画を作った人や教材を作った人は、現場の経験がどれだけあるのかという感じがしました。現場では、個々のお子さんたちに合わせて教材・教具を用意し指導を行っていますが、それでも壁にぶつかってしまう子どもたちがどれだけ多いことか・・・。また、デジタル教材の紹介動画もありましたが、このデジタル教材はどういうお子さんたちに有効と考えているのかわかりませんでした。このデジタル教材が理解できるお子さんたちであれば、もっと課題は高くてもいいのではと思われるし、この教材の内容であれば対象になるような障がいがやや重めのお子さんたちには難しすぎるだろうという違和感。
 現状では、まだまだ改善の余地が残っているデジタル教材が特別支援教育の場では多いということがわかりました。小学校のデジタル教材並になるにはまだ10年くらいはかかりそうですね。いいデジタル教材が現れたら見てみたいので期待して待つとします。

 閑話休題。デジタルカメラがまだ値段が今よりずっと高い頃、教え子がカメラを落とすは投げようとするわでしんどい体験を何度もしました。初代のiPadを当時買って持っていましたが、知的障害の学校ではものを投げる・叩く・蹴るといったお子さんたちが多くて、高価なiPadを教室に持って行くことなどできませんでした。今の子どもたちは、パソコンやスマホに囲まれて育った子たちですから、教室にデジタルな機器があっても大丈夫になってきたのかもしれません。可能性が広がるデジタル機器ですが、まだ先進性という看板が先生方の中にも先行している感じでしょうか。機械が良くても内容がともなわない教材では、宝の持ち腐れでしょう。

(このごろ)1/15
 このところ毎日のように「ぐんま子どもの国」に出かけてバードウオッチングをしていますが、見られる野鳥の種類は5年くらい前から比べると1/10位でしょうか。最近は、期待感が減ってきて歩くことが主な感じです。昨日は、頭上の遙か高いところでカラスと鷹のバトルを見られたので面白かったですね。普段ですと鷹1に対してカラスが3~4羽でテリトリー争いのようにしていて鷹が逃げ出すのですが、昨日は1対1の状態から鷹が2羽になってカラスが逃げ回っていましたから、しばらく見続けました。空の高いところで争っているので鷹の種類はわかりませんが、羽の裏の色はほぼ白かった感じです。

 閑話休題。今月は教材・教具のアイデアを考えるということはなく、ひたすらHPの「わかりやすさ」を考える毎日でした。この辺が今年のHPの改訂版のメインになりそうなので、色々な面から考えそれを進める準備をしています。内容的には10数年前から考えていたことですが、始めたらちょっと大変かなという気がしたので友人のA先生とそのことが話題になっても、「今は無理」と言っていたのですが・・・。半年から1年かけて用意していこうと考えています。何を始めるかはまだ内緒ということにしておきます。
 来週A先生と会うことになっているので、そこで彼の意見も聞いて内容を詰めていこうと思います。


(教材・教具のHPリンク集について)1/6
 昨年度調べておいた特別支援学校の教材・教具の紹介のページのリンク付けを行いました。今年は、以前載せていた学校でリンクが切れているものや教材の紹介のデータが古すぎるものやわかりずらい内容のものは削除していこうと思っています。一概には言えませんが、手作りの教材・教具がたくさん載っている学校は、子どもたちのために頑張っている先生方が多いのではと思います。子どもたちが楽しくわかりやすい授業をしようと思えば、個々の子どもに合った教材・教具が必要になりますから・・・。
 リンクをつけなかった学校は、紹介している作品が古いものだったり写真が小さすぎてわかりずらかったり、数点しか作品が載っていなかったり、手作りとはいえあまりにも雑な作りだったりしたものです。数年前まで作品の紹介をしていたのにその後が続いていない学校は、熱心にやってきた先生方が他校に転勤してしまったからでしょうか?
 毎日が忙しいとは言え授業が一番大事なわけですから、子どもたちのことを考えて教材を作っていってほしいなと改めて感じています。

(今年もがんばります)
2020.1.1
 このHPを2001から始めてから20年目に入ります。「後3年くらいはがんばれるかな・・」と思いつつ、そうはいかないだろうなという気持ちにもなります。先のことはわかりませんから、一日一日ちょこっと頑張ることを積み重ねるだけかもしれません。昨年の12月は、防災や防犯の対策を色々と行ったり、家の中の片付けや大掃除で手一杯にアカゲラなって教材の制作は殆ど行わない月になりましたが、年も明けたことですから、徐々に教材・教具を作っていこうと思います。今のところはお正月なのでボーッと過ごしていますから、いろいろ考え出すのはもう少し先になりますが・・・。
 上の「HPの改訂」の中身については、今年は作品の説明文章をもう一度書き直してもっとわかりやすくすることと、英訳を載せていくことは変わりませんが、その他の内容については、友人のA先生と話してから方向を決めようと思っています。・・・ということで、上の改訂の内容は昨年のままの状態がもう少し続きます。

 閑話休題。昨年末の「ぐんま子どもの国」の最終日に朝の9時頃出かけると、カワセミは見られませんでしたが、3年ぶりくらいにアカゲラ(キツツキ)を見ることができました。以前は、木工・陶芸を行っている建物の北側の森でアカゲラ・青ゲラはよく見かけたのですが、この3~4年は全く姿を見せなくなっていました。今回は2つある池の上の池のそばで思いもかけず発見。この日は1日ラッキーな気分で過ごせました。今までとは違う観察ポイントもよく見てみればいいことがあるのかも。今年は昨年よりも「ぐんま子どもの国」に出かけてみようと思います。カメラを持って歩くにはいいところですから。


(今年も後4日)12/28
 家の中の掃除や片付けをしているとちょっと疲れます。体が疲れると言うよりも根気の問題なんでしょうが・・。さすがに朝から晩まで励むというのは難しいので、外に歩きに行ったり買い物をしたりするのですが、やはり森の中を歩くのが一番良いようです。この4~5年ほどめっきり鳥の姿が見えなくなってしまった「ぐんま子どもの国」ですが、それでも町中を歩くよりは気持ちが良いので時々出かけます。昨日は、半年ぶりくらいにカワセミを見ることができました。いつもはお昼頃に出かけるのですが、9時過ぎに行ったのが良かったのかカワセミ・しろはら・ルリビタキの雌と久しぶりに姿を見ることができました。カメラは持っていったもののメモリーカードが編集のため抜いてあったので、写真は撮れず。仕方がないので、鳥のかわいらしい姿をゆっくり眺めました。いなくなってしまったと思っていたのに、元気そうでなによりという感じです。
 教材の作成を全く考えないで毎日を過ごすのが楽なことを実感しつつ、そろそろ考えないといけないかなと思ったりもしますが、障子貼りや風呂場のカビ取りや不要品の処分等がまだ残っているので、年内はそちらに専念します。
 今月は頭の中を整理しようと年に数回しか行かない喫茶店に週に2回くらい行きました。近所にも喫茶店はありますが、車でちょっと離れたお店に行っています。店員さんが良い意味でほっといてくれるので、ノートに集中して考えていることを書き続けることができます。1時間くらい考えていることをノートに書き留めると頭の中がすっきりして気持ちも前向きになるので、年内にもう1回くらい行こうかなと思っています。来年このHPをどういう方向に進めるか考えないといけないですから・・。

(掃除と片付けの日々)12/22
 家の防災対策を行っていて、以前作って取っておいた教材・教具や使わなそうな教材・教具の材料を処分しています。これらのものが地震の揺れでダーッと崩れるようなことがあったら大変ですから。処分することで材料を収納している納戸が大分すっきりしてきました。
 廊下に飾ってある家族の写真も少々色褪せてきたので、全て印刷しなおして額縁のガラスを樹脂の板に代えました。写真は今まで飾ってあったものの5倍くらい印刷したので、これから飾るスペースを考えていきます。通常の額縁は使わないで、厚画用紙を貼ったボードに写真を貼ってあるので、揺れて落ちても大丈夫。
 毎日、家の片付けや防災・防犯対策を行ってきて、この2週間ほどは教材制作は一休み状態です。今年はまだ10日ほど残っていますが、今年の教材制作はおしまいという感じです。まだ、古いパソコンの処分や木材等の材料の処分・障子紙の張り替えなどの家の片付けが続くので、そちらを優先させます。

 閑話休題。上に掲げた「HPの改訂」ですが、来年から英訳に入る予定です。今は、どのソフトを使うか思案中。来年はどういう方向でHPを良くしていくか、年末年始にゆっくり考えます。

(防災)12/12
 先日、NHKで放送された首都直下地震のシミュレーションドラマを見ていて、防災を改めて考えるようになりました。我が家でも非常食やライト等の準備は以前からしていましたが、家具やテレビ等の転倒防止器具はつけていませんでした。家具は作り付けが殆どということと今までものが倒れる・落ちるような地震が群馬では起きていなかったので、「そのうちに・・」と後回しにしていたわけです。今回放送を見ていて、今まで体験したことがないようなことがいずれ起きると感じたので、この1週間は簡易トイレ等の防災用品の購入・家具やテレビの転倒防止器具の取り付け・非常食の買い増し・写真を飾っている額縁や掛け時計のガラスを全てはずして樹脂板に交換・キャスター付きの暖房具のキャスターベースの取り付け・食器棚の食器の飛び出し防止器具の取り付けなどを行ってきました。窓ガラスの飛散防止フィルムはこれから取り付ける予定です。
 東京から離れているとは言え、今まで体験したことがないような揺れが群馬でも将来起きる可能性が高いので、家の中のものの置き方なども考えていく予定です。昔ボーイスカウトだった頃、「備えよ常に」といつも言われていましたが、それを体現している感じです。

 閑話休題。教材制作のほうは防災対策で手一杯でしたから、何も進んでいません。防災関係が、後は窓ガラスのフィルム貼り位になってきたので、ぼちぼち考え始めようと思っています。今考えているのは、地図の理解を進める教材や外国籍の子たちがわかりやすく実生活で使える日本語の教材とはどういうものかということです。

(スクラッチ)12/3
 プログラミングを学ぶ「スクラッチ」の入門編と応用編の本を2冊買ってきて、スクラッチを実際に体験してみました。今のところは「なるほど」という感じでしょうか。どんなソフトが作れるかもある程度わかってきましたが、このスクラッチで特別支援学校で使える教材が作れるかというと今のところまだ先が見えません。アイデア次第というところでしょうか・・。
 小学生でも誰でも理解できるのかというと、そう簡単ではないなあという気がします。ただ、プログラミングの仕組みは学習できるので、さすがMIT(マサチューセッツ工科大)だと感心。スクラッチをやっていて、このスクラッチにちょっと似たソフトがWindows95の頃にあって、そのソフトを使うと人間や動物や乗り物の動きや音・効果音・声・BGMや背景も選べて、ショートムービーができる海外のものがありました。その頃は、私は肢体不自由児の養護学校で最重度のグループを担当していたのですが、当時パソコンに詳しいということで、当該学年の学習ができる子どもたちのグループのパソコン指導を頼まれて行っていました。その時にこのソフトを使ったショートムービー作りの授業を行いましたが、慣れさえすればわかりやすい内容でしたから、子どもたちがどんどんムービーを作れて喜んでいました。あのソフトの新作が出ないものかとずっと思っていましたが、残念ながらWin95版以外は出ませんでした。スクラッチのようにプログラミングを学ぶというソフトではありませんが、色々なものを組み合わせて物語を作れるのは、今出てきても売れると思うのですが・・。私は子どもたちの参考作品として「宇宙人襲来」・「幽霊屋敷」の2本のムービーを作って見せましたが、楽しかった良い思い出です。
 閑話休題。12月になりましたが、今は新しい献立のことや体力作りで歩け歩けの生活です。この数日は、花のブローチの試作を行っていますが、図工以外の教材はアイデアが出てこないので沈滞期に入っている感じです。




        今月の新作  ( 新しい教材・教具、自助具、おもちゃ   )
 
 (自立活動・基礎学習の1)  制作中     
不安定な椅子3(感覚統合椅子)     
(自立活動・基礎学習の2)    
(国 語)  
(算数・数学)  
  (図工・美術の1 創る1)                         
(図工・美術の1 創る2) 
(図工・美術の2 描く)                  
(体育・あそびの指導)    
高さのある傘の的  制作中
(作業学習)  
(日常生活の指導)  
(音 楽)   
(生活単元学習・特別活動)  
(社会・理科)           制作中
地震の際の建物の揺れを知る教材:立体版
(その他の教材・教具)           
教材・教具の制作と活用の手引き
Q&A
 
 
動画制作 1/24 「クレヨン画」「チョーク画」「大きな円が描けるコンパス」「サンドブラスト風のコップの模様」の撮影。
教材教具のHPリンク集  「青空どんとこい」のリンクを訂正ました。
「青森総合学校教育センター」は、教材・教具の紹介の項目がなくなっているので削除しました。
「阿波手作りおもちゃ館」は、殆どの写真が表示されていないので削除しました。
「石川県立小松特別支援学校」の紹介文に「石川県立小松瀬領特別支援学校」の内容を間違って入れてしまっていたので、両校とも訂正しました。
「石川県立明和特別支援学校」の教材紹介を平成30年度までに訂正しました。
「石川県立七尾特別支援学校」は、リンク切れのため削除しました。
「石川県立七尾輪島分校」の教材の制作年度を2016/2017/2018に変更しました。
「岩手県立釜石祥雲支援学校」の「ICT活用実践」のページがリンク切れなので削除しました。
「茨城県立水戸飯富特別支援学校」は、教材・教具の紹介はなくなりましたが、ICT研究の実践例が良いので書き直しました。
「茨城県立鹿島特別支援学校」は、紹介している教材・教具が平成27年度のものと書き加えました。
「茨城県立大子特別支援学校」は、「もりの子ギャラリー」「発見わくわく授業」「お知らせ」を新たに書き加えました。
「茨城県立内原特別支援学校」は、「360°カメラ」「アップルTV」について書き加えました。
「兵庫県立伊丹特別支援学校」説明はわかりやすく良いのですが、写真が小さすぎてわかりづらい点を指摘しました。
「うさぎのせいさくちょう」は、ヤフーブログが終了してリンク切れになったので削除しました。
「笑顔に会いたくて」は、リンク切れになっているので削除しました。
「SENC」は、役目が終えたようでリンク切れになったので削除しました。
「岡山県立早島特別支援学校」は、教材教具の紹介が市販品のみになったので削除しました。
「岡山県立岡山西支援学校」は、リンク切れになったので削除。学校で行っている研修はとても良いものなのでそれを知るだけでも価値があると思われますが・・・。
「大阪府立箕面支援学校」は、作品数が20から16になったので書き換えました。
「東大作支援学校」は、教材・教具の紹介がなくなり、ICT機器の活用(ICT教材」となったので書き直しました。
「大阪府八尾支援学校」は、小学部の教材の説明文が中・高に比べて少ないのが残念。
「大阪府西淀川支援学校」は、教材の紹介が一般では見られなくなってしまったので、削除しました。
「大阪市立市平野特別支援学校」は、リンクが切れているので削除しました。
「がまん堂」は、Yahoo!ジオシティーズが終了したのでリンク切れになり削除。
「神奈川県立相模原養護学校」は、教材・教具の紹介がなくなったので、削除しました。
「神奈川県立小田原養護学校」は、説明に間違いがあったので訂正しました。
「神奈川県立津久井養護学校」は、リンク先を教材・教具のページに変更。教材紹介は平成28年度から30年度までに訂正。
神奈川県立中原養護学校」は、教材・教具の紹介がなくなったので
削除しました。
「簡単工作100選」は、リンクが切れたので削除しました。
0から始める手作りおもちゃ1             
0から始める手作りおもちゃ2              
0から始める手作りおもちゃ3             
0から始める手作りおもちゃ4              
0から始める手作りおもちゃ5             
0から始める手作りおもちゃ6              
カワセミの小窓    しばらくHPからはずします。データ量削減のため。            
「ぐんまこどもの国」の野鳥 しばらくHPからはずします。データ量削減のため。