イラスト       特別支援学校の授業に役立つ自作創作教材・教具         イラスト


影絵ボックス コミュニケーションブック
体育:新・忍者ボード 国語:明るい教室でも使える影絵ボックス 自立活動:ボールの感触遊び 生活単元学習:歩行者用の信号機 算数・数学:自作ソフト「お金と電卓の学習」 自立活動:コミュニケーションブック 日常生活の指導・体育:歯磨き指導の歯の模型

( 全1938作品 )

アニメーション  こんにちは、あなたはカウンター人目の訪問者です。  
 
  イラスト    色々な教材・教具・作品の見本                   

コミュニケーションブック
『自立活動・基礎学習』の1 
 
『自立活動・基礎学習』の2
ひらがなカルタ
『国 語 
  買い物学習の自販機 
『算 数・数 学』
凧糸のランプシェード
『図工・美術』の1(創る)
  ビー玉転がしの絵
図工・美術」』の2(描く)
    
段ボール板の滑り台
『体 育・あそびの指導』

  ビー玉の飾り版
『作業学習』

手作りスプーンとフォーク
『日常生活の指導』

  カリンバ
『音 楽』 

歩行者用の信号機
『生活単元学習・特別活動』

  
火興し機
  
『社会・理科』

車イス用の日よけ
『その他の教材・教具』
 
  写真 
教材・教具とおもちゃの新作



   図工・美術の3(0から始める手作りおもちゃ)     

(図工・美術の授業に活かせる手作りのおもちゃ・楽器・工作の作品作りを写真と文でわかりやすく説明)
    
虹色CD 

0から始める「手作りおもちゃ」1

  立体独楽 

 
0から始める「手作りおもちゃ」2

安全クラッカー

0から始める「手作りおもちゃ」3
 
  エイムズの部屋

 0から始める「手作りおもちゃ」4
やじろべえ

 0から始める「手作りおもちゃ」5
  錯視ドラゴン

0から始める「手作りおもちゃ」6 
木のF1カー
0から始める「手作りおもちゃ」7


(木のおもちゃ)
  不思議な貯金箱 

0から始める「手作りおもちゃ」8
紙皿の天使

0から始める「手作りおもちゃ」9 
 
  紙飛行機の発射台

0から始める「手作りおもちゃ」10
 


        イラスト
    0から始める教材作り


(このHPに載っている教材・教具の作り方を写真と文章でわかりやすく説明) 
 

クレヨンが折れないオレンボ色合わせ 
0から始める教材作り1

  ブックカバー防災・防犯用のリストバンド笛
 0から始める教材作り2

文字数字つきのマグネット歩行者用の信号機
0から始める教材作り3

  文字付きカルタパネル式暗幕
0から始める教材作り4

 





 イラスト
    『教材・教具の制作と活用や指導の手引き Q&A 159』

 若い先生方を応援するページ
学習表示カードイラスト 
個々の子どもに合った教材・教具ってどんなもの?」・「お金の学習の教材は、本物?偽物?・・どっちがいいの?」・「カルタをすると同じ子ばかりとってしまう問題点を解決する工夫は何?」・「図工でお面作りをする時、風船が怖い子がいるけれど、どうしたらいいの?」・「最も優れた教材・教具って何?」等の疑問に答える「Q&A式の手引き」です。

 今までの授業をもっといい授業に変える「教材・教具の工夫点」や、若い先生方に指導や子ども達との関わり方について、ちょっと立ち止まって考えてもらいたいことを具体例を挙げてわかりやすくお話しする「若い先生方を応援するページ」です。





 イラスト   その他     

イラスト
教材・教具のHPリンク集 

 Googleで検索したHPから、「教材・教具」や「特別支援教育」・「図工・美術」のお勧めのHPを内容の説明を付けて紹介してます。

 
  毛塚です。
自己紹介

私の教材・教具についての考え(雑記帳から)


教材・教具の制作上の留意点等
 
はらぺこあおむし
教材になる絵本のページ 

教材になる「絵本」を紹介するページです。)
  火興し器で火をおこす
子どもと一緒に楽しい簡単な実験  
(誰にでもできる楽しい実験を紹介)


ページを閉じています

 
カワセミ 

「カワセミの小窓」
は、しばらくお休みです。
  アカゲラ
『ぐんまこどもの国の野鳥』

ウォーキングに行った時に撮った写真

しばらくお休みにします。

     こんにちは。あなたはカウンター人目の来訪者です。ゆっくり見ていってください。    (2001.1.18から) 
 



  
写真 
    感想や教材・教具作りの質問は、こちらへ!  


  
   掲示板 『青い空』




○このHPの感想やこのHPに載っている『「教材・教具」や「手作りおもちゃ」・「自助具」の作り方を教えて!』『担当しているお子さんの教材の効果的な使い方は?』など、教材の作り方やその活用法について等、気軽に質問してください。手作りのおもちゃのことや鳥の話しもOKです。

 教材・教具やおもちゃ作りのご質問には、必ずお応えいたします。
 
 



                          
                                 雑記帳 2018 

イラスト(考えても答えが・・)10/17
 「大型万華鏡」の作り方が入りました。まだ、作り方を書いていないのをすっかり忘れていました。反省・反省です。
 
赤城自然園の紅葉・・・数日前から、教室内でちょっと避難できる空間作りのことを考えていました。最近はピアノ線を使ったポンと広がる簡易テントも余り高い値段ではなく売っているので、そういったものを使うのもありかなと思っていたのですが、ずっと前からインディアンのティーピーや三角の家のようなものが教材教具として出ていたので、それ以外のものはないかと考えていたわけです。2点ほどアイデアをイメージ図化しましたが、この2点よりもピアノ線の入っている簡易テントのほうがいいかもと思い、今は作らないで更に考えていきます。安価で手に入るのであればそれを使えばいいわけで、それ以上のものでなければ意味がないでしょう。
 「あっ、これはいいかもしれない。」と思ってイメージ図化しても、少したって冷静になるともっと楽な方法が浮かんでしまうことが結構あります。「できるだけ簡単に誰でも作れるものを考える」、その繰り返しですね。訪問教育用の星空ドームも、大きな傘があればそれを使った方が簡単なのにと思って考えています。大きな傘は売っているでしょうが、ちょっと高価になるでしょうからできるだけ数100円で材料費が済むように・・。
(写真は、赤城自然園の紅葉で数年前の紅葉の様子です。今年もそろそろ良い時期かもしれません。)

イラスト(作り方のページ)10/15
 「ボールが当たると倒れる的」・「スポーツ吹き矢の的3:板製」の作り方が、「0から始める教材作り」のページに入りました。「ドーム」・「投票箱」の作り方は、これから書き込んでいきます。新しい教材を作り出すと、前に作って「作り方」をまだ書き込んでいないもののことを忘れてしまいやすいので反省中です。
ピラミッド型のランプシェードピラミッド型のランプシェードピラミッド型のランプシェード
 写真は、「ピラミッド型のランプシェード」です。ランプシェードは、色々なタイプのものを様々な作り方を考えて作ってきましたが、今回はピラミッド型や半円型等と形を今までにない形に変えて作りました。まだまだ、ランプシェードは図工・美術の教材として変化が作れそうですが、なにぶん余りセンスがないのが私の弱いところです。
 肢体不自由の学校にいたときに、学年に美大出身の美術の女の先生が2人いて、つくづくセンスの違いを実感させられたものです。美大出の先生は、やっぱり違うなあと感心するとともにかなわないなあと思いました。



(疲れます。)10/14
 時々起こることなのですが、ホームページビルダー21の不具合(HTMLエディタの故障)がまたまた起こって、HPの写真データが相当数壊れてしまったようです。写真のデータが壊れて見えなくなると、1万枚近くある教材・教具の写真の中なら壊れたデータを探さなければならなくなります。壊れた元の写真を1枚探すだけで30~40分かかりリンゴの木リンゴの木ますから、数10枚壊れてしまったら膨大な時間がかかるので、本当に疲れます。
 昨晩の11時頃、HTMLエディタの故障の表示があって強制的に編集ができなくなる事態になり、データが壊れてしまっていることに気がつきましたが、「またかー」という気分です。
 前回は、データがすべて消失したものの外付けのハードディスクにコピーしてあり、インターネットで調べた解消法とは別のやり方でなんとか復元しましたが、どうしてこんな不具合を2年あまり改善できていないのでしょうか・・。ジャストシステムは、「一太郎」を20年以上使い続けている信頼している会社なので、この不具合が解消されてこないことがとても残念です。昨年も今年もホームページビルダーの「22」が出てこないのは、まだ、問題点を解消できていないからなのか? 何とか改善された「22」をリリースしてもらいたいものです。好きな会社に苦言を呈するのはつらい気分です。信頼しているからこそ、がんばって欲しいものです。
 壊れて表示されなくなった写真は少しずつ写真を入れ替えて直していきます。1週間~10日間くらいはかかりそうで気が重いです。

 閑話休題。夕方外を歩くと雲と夕焼けが美しくて思わず立ち止まって空を見上げてしまいます。このところ急に寒くなってきたので、そろそろ暖房機も出さないとけいないか・今日の夕飯はなににしようかなどと考えながら歩いています。50歳を過ぎたら運動をしないとどんどん筋肉が落ちていくので、筋トレを再開しなければいけないなあなんてことも考えて歩いています。来週は、木工作業を行うか新しい教材を考えるか、ちょっと疲れ気味なので楽な方をやるかと思いつつ、どちらも余り楽ではないなと気がつきちょっとため息。楽しようとするとだめですね。反省・・。(写真は、「リンゴの木」)

イラスト(光りファイバーのツリー)10/13
 セロファンやビー玉でツリーを作っていたときに、光りファイバーを使ったツリーならもっときれいだろうなあと思い作ったものです。これは図工や美術ではなく、自立活動のミニ・スヌーズレンとしました。暗くした部屋の中できれいな明かりを見ていると、なんだか心が落ち着くというかリラックスしていきます。
光のツリー光のツリー 材料代が200円しないのは良い点ですが、千枚通しで厚画用紙に穴を開けて、その穴に光りファイバーを1本ずつ通さなければならないので、かなり時間がかかる制作になってしまいます。・・ということで、「作ってみませんか」とお勧めはしません。
 ミニ・スヌーズレンを作るのであれば、炭酸飲料の大きなペットボトルを使ってミニスヌーズレンを作る方が、1/20ほどの時間ですぐに作れますから。一応参考にと言う感じでしょうか。ただ、光の状態は写真より数倍美しいです。

 閑話休題。先日の3連休はどこにも行かないと言っていましたが、家から比較的近い「群馬昆虫の森」に月曜日に行ってきました。今まで気にはなっていたのですが一度も行ったことがなかったので、今回行けて良かったです。敷地が思っていたより数倍広くまさに森でした。観察館等の建物は安藤忠雄さんの設計で、すり鉢状の図書館のようなコーナーは居心地が良かったです。本に囲まれて生活したいというのが20代の頃の夢でしたから。
 昆虫に関しては、子どもの頃は昆虫が好きで、中学生の時は科学クラブで蝶の採集に夢中になっていたのですが、最近はちょっと苦手になっていました。それでも蝶やトンボは好きなので、展示は楽しく見られました。「群馬昆虫の森」の近くには日本に石器時代があったことを示す岩宿遺跡もあるので、古代史好きや昆虫好きには良いエリアです。岩宿遺跡・資料館には5回くらい行っていますが、石器は見ていて飽きません。


(リースとツリー)10/11
 クリスマスリースとツリーは以前何種類か作りましたが、今回は厚画用紙で作るものにしました。厚画用紙もセロファンも100円ショップのダイソーですぐに手に入るのがいいところです。
セロファンのツリーセロファンのリース 両方とも光をかざすとセロファンと千枚通しであけた穴がきれいに見えます。厚画用紙にあけた穴は革や紙に穴を開けるポンチを使っています。ポンチは木工室に行けば置いてあるでしょう。ホームセンターで買っても300円くらいで買えるものなので高価なものではありません。ダイソーでも売っていますが、一番大きいサイズが8㎜だった(?)ので、今回は10㎜を使うためにホームセンターで買いました。金属でできていますから、1本持っていれば20~30年は使えるでしょう。そう考えると安い買い物かもしれません。
 リースとツリーにあいている小さな穴は、千枚通しであけた穴です。「樹」の制作で行ったのと同じ方法で、星を表現しています。千枚通しやポンチを使っていますが、これでしたら小学部のお子さん達でも制作できるでしょう。
 セロファンをボンドで貼り付けるのが一番難しいところでしょうが、それはボンドを絵筆につけて穴の中に絵筆を入れてから穴の中でくるりと回すようにすれば簡単にボンド付けができます。難しいだろうと思うよりも、こうすれば担当している子どもたちでもできるという工夫を考えれば良いだけです。それには、まずは自分で作ってみながら、子どもたちにはどこか難しいのか考えることです。
 ツリーは、今日から光ファイバーを使ったものを作っていきます。天気が悪いので、外で作る「高さのある傘の的」や「不安定な椅子」は、天気が良くなってから作業です。


イラスト(歩きながら考える・・)10/8
 教材作りのアイデアが浮かばないときは、アイデアノートを閉じて外に歩きに行きます。歩きながら色々と考えても、アイデアが浮かばないときはどうやっても出てこない。玄関から出て空の雲を見ているときや夕飯を作り出した時など、何か違うことをやっているときに「あっ、そうだ!」と思い立ってノートを開いてイメージ図を描きますが、1週間もアイデアが出てこないときは、気分がしんどくなります。考えても考えても1週間何も浮かばない時はつらい。
 アイデアが浮かんでくるときは、一度に数点出てくるので「さあ、やろう」という気持ちになりますが、出てこなくなると本当にしんどい。こんなことを毎日・毎日1年中やっている訳ですから、時々いつになったら終わりにできるのだろうと思ってしまいます。もうこれでいいと納得できなければ終われないですから・・。
 亡くなった教え子達のため・苦労しながらがんばっている先生や親御さん達のため・自信が持てずにどうせわからない・できないとあきらめている子どもたちの為にという初心を思い出して、また考え続ける。考えることをあきらめなければ、子どもたちを活き活きさせられる教材・教具のアイデアは、まだまだ出てきそうです。今週は全くだでめでしたので、自分へのエールかな。

イラスト(的)10/6
 3連休と言っても犬の世話もあるので、どこへも行かない3連休です。教材の制作は、スポーツ吹き矢用の的を3種類作り、もう1種類作ろうかどうしようかと考えていた際に、学校にあったボールが当たると倒れる的のことを思い出しました。だれが作った的かは知らないのですが、ベニヤ板と角材で作られた的は、毎年文化祭の時に「遊びのコーナー厚画用紙で作るボールが当たると倒れる的ボールが当たると倒れる的」に置かれて、子どもたちや来場者に好評だったようです。簡単に作れる教材でしたから、そんなに興味を持たなかったのですが、考えてみれば木工ができないとこの的は作れない。誰でも作ろうと思えば作れるようにしようと言うことでダイソーで売っているA3の厚画用紙で作ってみました。
 紙で作ると問題になるのは強度と重さです。ボールが当たる部分が弱くては、ボールが的に当たれば折れ曲がってしまいます。また、的自体に重さがないとボールが当たった瞬間に後方へ飛んで行ってしまいます。
 その2点さえクリアすれば良いので、木工と違って簡単に誰でも作れるようなものになっています。(※作り方はまだ書き込んでいませんが、数日中に書き込みます。)材料費もダイソーで売っている厚画用紙(2セット)・両面テープ・アクリル絵の具(赤と黒の2本)で500円くらいで済みます。
 厚画用紙で作れるなら誰でも作れるので、「ボールが当たった時に回転する的」も今作っています。回転する的は、塩ビ管と木で作るしっかりしたものと手軽に作れる紙で作るものの2種類です。
 閑話休題。朝目覚めてもすぐにまたうとうとと眠ってしまっていたのですが、この数日は目が覚めたらすぐにスマホでユーチューブの『男子中学生の歌う、中島みゆき「糸」』という動画で歌声を聴くようになったので、すぐに目が覚めてすっきりした気分で起き出せるようになりました。昨晩は深夜2時まで教材の制作とアイデアを練っていましたが、朝は8時にすぐ起きられました。この中学生の「糸」の歌声は、何度聴いても心に響きます。多分、これからも毎日のように聴いて、「よし、がんばろう」と思って1日を過ごせそうです。

(木工)10/4
 昨日は、1年ぶりくらいに外で木工作業でした.MDF材で作るスポーツ吹き矢の「的」作りと「高さのある傘の的」の土台作りをしたのですが、ドリルで穴開けするのに時間がかかり4時間ほどやってひどく疲れました。的になるMDF材を軽くするために3㎜厚のものを使っていますが、板が薄いとドリルで開けた穴がきれいにならないのです。5㎜黒板等に貼って使える吹き矢の的くらいの厚さがあったほうが、穴はきれいになったなあと後悔しましたが、まあ後の祭りと言うことで仕方がない。
 最近運動不足気味だったので、体力がないと木工がこんなにもしんどくなるとは思わなかったです。身体を鍛え続けないとだめですね。

 閑話休題。半月ほど前にキャノンのプリンターの液晶パネルが壊れて使いづらくなってしまったので、YAMADAに行って新しいプリンターを買ってきました。液晶が壊れていても普通の印刷はなんとかできるのですが、スキャンや用紙の変更ができません。インクがまだあるので、もうしばらく使っていこうと思っていたのですが、ユーチューブの『男子中学生の歌う、中島みゆき「糸」』という動画で毎日歌声を聴いていると、息子達が幼かった頃のことがしきりに思い出されてきて、「そうだ、あの頃の写真を印刷しよう。」と思うようになり、プリンターを買う気になったわけです。家族の写真は、2階に上がる階段の壁に額に入れてたくさん貼ってありますが、普段いる時間が多いパソコンの置いてある部屋には少ないので、そこに貼る予定です。家族の写真が側にあると力が湧いてくる気がします。仕事馬鹿で中学生だった頃の息子達と過ごす時間が少なかったことを後悔している私ですが、笑顔を見せてくれている家族の写真は、なんだかそういったことを許してくれているような気にしてくれます。

(「0から始める教材作りのページ)9/30
 新しく作った教材の「作り方」を0から始める教材作りのページに書き込んでいなかったので、少しずつ書き込んでいます。今日もユーチューブで『男子中学生の歌う、中島みゆき「糸」』という動画を聴きながらです。この子の歌声は、「糸」をカバーしているどんな歌手でもかなわないと思います。中学校の文化祭での動画で今から3~4年前らしいので、この子も今では18~19歳になるのでしょうか。素晴らしい歌声をのこしてくれたことに心から感謝です。
 歌とは関係ないのですが、我が家の息子達が中学生だった頃が懐かしく思い出されました。あの頃に帰れたら・・。

(スポーツ吹き矢の的2)9/29
 スポーツ吹き矢の的を工作用紙で作ったものです。はじめは厚画用紙で作っていたのですが、色を塗ってポンチで穴開けをしようとしたら上手く穴が開かないのです。紙の厚さに問題があるのかポンチが問題なのかわからないのですが、「このアイデアはだめだった・・」とあきらめかけて少したってから、工作用紙ならどうだろうと再チャレンジ。スポーツ吹き矢の的ポンチで穴開け矢が刺さった様子 工作用紙は厚画用紙より薄く堅さがあるせいか、今度は一発で穴を開けることができました。これでアイデアが無駄にならずに済みました。矢が10㎝ほどあると穴に突き刺さっても裏側にある用紙の壁に当たって矢は抜けません。
 スポーツ吹き矢の的は、あとひとつMDF材を使ったものを作れば完了です。雨が続くので外での工作は無理なので天気待ちですね。

 閑話休題。今こうしている間もユーチューブで『男子中学生の歌う、中島みゆき「糸」』という動画を聴きながら作業をしています。歌を聴いて色々考えました。音楽の持つ力は本当にすごいなあと改めて思いました。心が疲れてしまったり萎えてしまっているときに、がつーんとやられる感じや「がんばったね」と母に頭をやさしくなでられたような感覚でしょうか。あーもう少し頑張ろうと励ましてくれたり、親が亡くなった時の喪失感を仕事の忙しさで押さえ込んでいたのに、突然涙があふれ出して泣いてからすっきりした心もちになれたりと・・。 歌に励まされて、もっともっと子どもたちのためにがんばろうと。

(中島みゆきの「糸」)9/27
 中島みゆきの「糸」の歌が聴きたくて2年ぶりくらいにユーチューブを調べてみたら、『男子中学生の歌う、中島みゆき「糸」』という動画が出てきました。視聴回数780万回以上というので、「えっ、中学生の歌が・・」と思いましたが、1回聴いて驚いたというか胸が熱くなりました。何回か繰り返し聴いて最後の方には涙が出てしまいました。歌がうまい人はプロを含めて結構いるようですが、うまいだけでは人の心はうたないでしょう。この男子中学生の歌声は、心に響きました。歌声に感動するなんて何年ぶりでしょうか・・。

イラスト(吹き矢の的)9/26
 スポーツ吹き矢用の的の1は、写真のような形になりました。矢が突き刺さる感じで安全性にも考量したものです。的は後2種類作っています。一つは厚画用紙だけで作るもの・3つめはMDF材を加工したのものです。
吹き矢の的の1 それから吹き矢の筒の吹く部分を取り替えられる形は、HPに載せたものよりもいいものができそうなので、その試作を行っています。こちらのほうがスマートかな。雨がよく降るので、「星空ドーム」・「高さのある傘の的」は天気待ちです。最近睡眠不足がちなので、寝るときは寝てゆっくり作っていこうと思います。ちゃんとして生活の流れができていないと、身体に不具合が出てきますから無理はよくないことはわかっているのですが、作り始めると深夜2時・3時が続いてしまうので反省ばかりしている割りにはちっとも改善されないというパターンです。

 閑話休題。今日は、革などに穴を開けるポンチの径が大きいものを買いにジョイフルホンダに出掛けたのですが、さすがに種類が多くて感心しきり。ダイソーにもポンチは売っていますが、2種類ワンセットが2個の計4種類だけですから、「さすがジョイフルホンダだなあー!」とつい口から声が出てしまいました。・・・ダイソーの4種類だってなかなかのものですが。
 このポンチは、厚画用紙で作る的に使う道具になります。自分が持っているポンチでは、ちょっと径が小さすぎるので10㎜の径を選択。明日は、体育以外の教材・教具を考えていきます。

イラスト(スポーツ吹き矢)9/23
 昨日から、「スポーツ吹き矢」を作ろうと試作を始めています。吹き矢の筒は、塩ビ管を使えばすぐにできるので問題はありませんが、的をどうするかで1日悩んで試行錯誤。矢の先が鋭いと安全制に問題が出てきます。ただ、矢が的に突き刺さるのはやっていて楽しいものでしょう。安全で矢が的に突き刺さるにはどうしたらいいのか・・。
 そこで100円ショップのダイソーに売っている猫よけマットを使えないかと考えました。矢がマットの隙間に入ることで突き刺さるような感じになるし、矢の先端がとがって吹き矢の筒いる必要もなくなるだろうと考えたわけです。ダイソーに行って猫よけマットを買ってきて円盤状に切り取ったのですが、どうも隙間の穴が大きいのです。矢の後方部分が相当広がっていないと、矢がマットの穴をすっと通り過ぎてしまうので、さてどうしようと・・。この問題点は考えて何とかなりそうですが、別に3㎜厚のMDF材を使った的も考えてみることにしました。的は2種類作ってHPに載せて、参考にしてもらえば良いかという結論です。
 数日掛けて制作する予定でいます。星空ドームのペンキ塗りや投擲用のボール・高さのある傘の的等も同時に作っていくので、少し時間はかかりそうです。

 閑話休題。毎日犬の散歩でたんぼ道を歩いています。歩いているとバッタがあちこちから飛び上がり、こんなにもいたのかと驚きます。昨日は、1m位の距離でキジが飛び出してきました。とんぼは、お歯黒トンボやヤンマ系のトンボがよく飛んでいますが、今まで地面から1m位の所を飛翔していたトンボが、今日は高さが5~6mの所を飛んでいました。以前トンボの生態の本を読んだときに、どうしてそういった行動を取るのか書かれていたような気がするのですが、思い出せないので「あーなんだったけかな」と考えつつ立ち止まると、犬がこちらを見上げて「もう行こうよ!」と催促するので(?)、「あー、ごめんごめん」と言って歩き出しました。途中トビ(とんび)らしき鳥が2羽頭上を飛んでいるのに気づき羽の裏側が見えないかと立ち止まって見ましたが、よく見えません。鷹類は羽の裏側の模様を見ることで種類を見るので、歩きながらでは無理。犬は、あきらめたのかおとなしく待っていたので、「ごめんね。」と言ってまた歩き出しました。外に出ると雲や昆虫類や鳥など興味がつきません。

イラスト(投票箱完成)9/18
 少し時間がかかった「投票箱」が完成しました。組み立てが終わってから、アサヒペンのメタリックスプレーで着色するのですが、風のない曇天の日がなかなかこなかったので、少々時間がかかってしまいました。室内で作るのであればそういった点で困ることはないのですが、家の中で塗装作業はできませんから難儀します。
投票箱投票箱 できあがりとしては、高等部の生徒さんが実際に投票状に行って投票する際に違和感を持たずに投票ができるレベルにはなっていると思います。箱に穴が開いただけの投票箱では、本物を見たときに「あれ?」と思ってしまうでしょうから、できるだけ違和感がないものが教材としていいと思います。
 一度作ってしまえば10年くらいは使えますから、夏休みや冬休みといった時間のあるときに制作するといいですね。
 今回気づいたのは、目に見えない(?)部分にボンド等がうっすらでもついていると、塗装するとなめらかな仕上がりにならないということです。何回も手は洗ったはずなのにこんなに手が汚れていたのかなと、正直驚きました。まあ、教材制作でそこまで神経質になる必要はありませんが、汚い仕上がりよりはきれいな方が子どもたちにも良いですね。

 閑話休題。このところ図工・美術の作品例作りが多かったのですが、そろそろ算数・数学・国語等の教材・教具作りを考えた方がいいかなと思うようになってきました。作業学習などもそうですが、もう少し教材数を増やして「あっ、これなら作れそう。」といったものを提案できるようにしていこうと思います。
 何を作るか考えるのに時間がかかるので、しばらくはまだ書き込んでいない「作り方」のページを書き込んだりしていきます。

イラスト(漫画・コミック)9/15
 小学生の頃、漫画は「少年画報」「少年」「冒険王」といった月刊誌と、週刊の「少年マガジン」「少年サンデー」があった気がします。「ジャンプ」はそれからずっと後になって発刊。本屋さんに行って立ち読みをしていると、お店のおばさんがはたきを持ってパタパタ叩きにくるので閉口しましたが、まあ仕方がない。当時の小学生はお小遣いも少ないので、友達とお金を出し合って漫画を買い、じゃんけんして勝った子から読むという時代です。
 最近は、ビッグコミック増刊号の「モディリアーニにお願い」とヤングジャンプの「キングダム」を楽しみにしています。「モディリアーニにお願い」は、東北の馬鹿でも入れる美大(馬鹿というのはどうかと思いますが・・。)が舞台ですが、毎回読み終えた後に考えさせられて、ちょっとすがすがしい気分にさせてくれるものです。秦の時代の戦国ものの「キングダム」は、申し訳ないとは思いつつ立ち読みです。単行本になると買うので勘弁してという気持ちです。いくつになっても漫画はやめられないけれど、最近小説や随筆・パソコン関連の本等を読んでいないので、頭の回転が悪くなってきている感じです。何事もバランスが大事なようです。
 教材制作のほうは、新たなものがまだ浮かばないというか、どういう場面で必要かといった子どもたちの「困った」が見えてこないという感じです。『あー、あの時、○○さんが困っていたっけ』という場面が浮かんでこないから、新しいものが出てこない。

イラスト(投票箱)9/14
投票箱 投票箱は組み立てがほぼ終わったので、後は天気の良い日に色付けになります。アサヒペンのメタリックスプレーのシルバーを使って色をつけていきます。厚画用紙は絵の具やペンキを塗ると水分を吸って表面がふやけてしまいますので、投票箱の天板・底版・側板は厚画用紙を2枚貼って、しっかりした強度と着色の際に厚画用紙がふやけて波立たないようにしていますが、実際にはやってみないとどうなるかはわかりません。最後に失敗という具合になって欲しくはないので、日の光が強くない曇天の日に着色をする予定です。
 ダイソーの透明の傘を使った「高さのある傘の的」は、傘の石突き部分を塩ビ管の内径に合わせる作業(やすりで削る)はできたので、後は土台になる板に穴を開けるだけですが、これは少し後にします。問題は、紅白の玉が傘いっぱいに入ったときに傘が強度を保てるかですが、これは当然のことですが家には紅白の玉はありませんから試しようがないですね。まあ、強度不足にならないように考えていきます。ダイソーの傘では難しいようなら、別の傘を試します。
 予定していた教材作りは、「星空ドーム」以外はがほぼ終わったので次を考えていかなければいけないのですが、そうそうアイデアが出るものではないのでこれから色々考えていきます。まあ、考えても全く浮かばないという日の方が多いのですが、それでもずっと考え続けないと「あっ、そうだ!」ということにはなりませんから、ひたすら考えるだけ。幸いにして現役時代と違って時間はたっぷりありますから・・。


イラスト(投票箱)9/8
 以前、投票箱を作ろうとして投票箱の写真を集めたことがありました。投票できる年齢が変わったことにより、投票の仕組みを学校でも教える場面が必要になってきたからですが、私が高等部にいた頃にも、先生方で話し合って投票の学習を行ったことがあります。制作の方は、箱の質感を出す方法で悩んでそのままになっていたのですが、木工でなくて投票箱もなんとかなりそうだということで試作を行っています。
 投票箱や郵便ポストは、箱に穴が開いていればいいというものではありません。学校で学習したときの郵便ポストや投票箱が、本物とあまりにも違っては別物に見えてしまうからです。家庭にある郵便箱のような郵便ポストは実際には存在しませんから、箱に穴ではだめということです。
 子ども達には、学校の教材・教具と実生活のそれとができるだけ似ていた方が受け入れやすいでしょう。買い物学習で本物のレジスターを使うのとただの箱では違いは歴然としています。なかなか本物を用意するのは難しいと思いますが、子ども側の視点を持たないと、がんばって作った教材・教具がマイナスの効果しか生まれないようなものになっているかもしれません。その辺は時間がないと嘆くより、考えていかなければならないことだと思いますが、確かに日々忙しいのも事実ですね。
 投票箱に話を戻すと、調べてみると色々な形や大きさがあるのがわかりました。実際にある形でなるべく本物に近い形を作ってみます。勿論、教材以上にどんな授業をするかの方が重要ですが、投票という行為を指導するのは難しい内容になると思います。高等部時代にそのことは痛感しました。

イラスト(ポップアップの鯉)9/2
 立体的な魚を作ろうと考えた時に、張り子で作るのも良いけれど別の方法はないかと考えました。何年か前にポップアップの作品作りをやっていたことを思い出して、ポップアップの作り方で魚を作ってみました。この方法が良い点は、魚の型紙で描いた輪郭を意識できるお子さんは、輪郭の中に色を塗るようにしていけばよいし、輪郭を意識できないおポップアップの鯉子さんの場合は、好きなように色を塗って、絵の具が乾いたら先生が型紙を使って輪郭を描いてあげればいいということです。魚の輪郭を作る紙型は、1種類でもお子さん達は色々な色を塗るので個性は表現できると思いますが、できれば3~5種類くらいあるとより一人一人の個性が発揮できるようになると思います。型紙は、一度作ってしまえば何年か使えますから、面倒がらずに数種類作ることをお勧めします。
 ポップアップは、紙を2つに折り縦か横に切り込みを入れていけば切った部分が手前に引き出せるので、立体化できるということです。画用紙(厚画用紙)をカッターナイフやデザインナイフで切るのはお子さん達にはちょっと危ないので、この作業は先生の作業になりますが、障がいの軽いお子さんにも重いお子さんにも取り組める内容になるでしょう。
 作品名を「鯉」にしたのは、色鮮やかな魚で色の付き方がばらばらなのが鯉の特徴だからです。色数を少なくした熱帯魚や1色で描く魚でもきれいでしょう。併せて作った「エイ」は、まだ改善の必要がある作品例ですが、こちらはもう少し良い形が作れるように折り方など考えて試作していきます。

 どうもこの1週間ほど微熱とだるさとで朝は普通に起きられないし、目の調子をも何となく変なので、「高さのある傘の的」はもう少したってから試作を初めて行く予定です。
 
(夏の終わりに)9/1
 数日前に那須に出かけました。那珂川町の「もうひとつの美術館」・14匹のネズミシリーズの絵本画家の「いわむらかずお絵本の丘美術館」、馬頭町の「広重美術館」・那須の「藤城清治美術館」に寄ってきましたが、那珂川町のもうひとつの美術館は、明治期・大正期の面影を残している旧小口小学校が美術館になっていて、障がいを持ったお子さんもうひとつの美術館もうひとつの美術館や青年達の作品が展示されていました。障がいを持ったお子さんらのアート作品は色々見てきましたが、これほどクオリティーの高い作品群を見たのは初めてです。障害の有無に関係なく、1点1点が目を見張らせるものでした。「すごい! すごい!」と何度も声が出てしまうほどです。
 よく言われることばですが、「障害の有無」などということばが意味を持たないようなエネルギーに正直圧倒された感じです。こんな里山にこんな美術館があるなんて、もっとたくさんの人に知られて良い・知って欲しい美術館でした。
 絵本作家のいわむらかずお絵本の丘美術館は、まず第一にコーヒーがおいしかったですね。「えっ・・」と思うくらいでした。懐かしい14匹のねずみたちの原画を見終えてから、大きなガラス窓のある喫茶コーナーで外を見ると、丘の上という立地で眺めの良い景色と静けさがあって、木々の姿や葉の様子をスケッチしたくなる気持ちになって「あれ? どうして・・」という感覚になりました。里山に囲まれた立地の良さは、街の中で暮らしているとどこか懐かしいような時間がゆったりと流れるような不思議な感覚です。暮らしやすいというのは、便利さなのか活きやすさなのかと・・。その中間地点がいのかな? 



樹の卓上タイプ 閑話休題。
 図工・美術の作品作りで「樹」・「樹と星」をいくつか作ってきましたが、これは作り続けるときりがないのでこの辺で終わりにします。大都市の夜景も作ろうかなと思いましたが、そろそろ違う内容に取りかからないときりがない・・・。
 この数日、微熱があって体中が固くなっている感じです。制作に夢中になりすぎて机に向かい続け、身体を動かさなかったのが表れてた感じです。使わないと身体も頭もスムーズに動かなくなるということですね。若い頃には決して感じなかった、身体からの信号みたいなものでしょうか。
 今日から取り組むのは、「高さのある傘の的」です。運動会などで紅白玉入れをおこないますが、玉が入るかごの部分が小さすぎるのと高さがあり
過ぎるので特別支援学校の小学部・中学部のお子さん達には難しいのが市販品の問題点です。小学校のお子さん達には、難しさがちょうど良いあんばいになっていると思いますが、支援学校のお子さん達には難しすぎる感じがしていました。
 「高さのある傘の的」は、傘が的になっていますから子どもたちが玉を入れるのが市販のものより格段に楽になります。投げても投げても玉が入らないのでは、玉を投げて入れようとする意欲がなくなるでしょう。高さは2m位にして、子どもたちが手を伸ばして届くか届かないくらいにします。高さは、中に入る塩ビ管をあげて更に20㎝・30㎝・50㎝位は高くできるようにして、お子さん達の実態に合わせられるようにと考えています。
 材料は、塩ビ管2本・ダイソーで売っている透明のビニール傘・木の板・ボルトナット1個だけです。まあ、作ってみないと思惑どおりに行くかどうかはわからないので、とりあえず試作です。





        今月の新作  ( 新しい教材・教具、自助具、おもちゃ   )
 (自立活動・基礎学習の1)  ドーム  
キャップ締め学習のボード 
制作予定  
訪問教育用の星空ドーム 制作中  光のツリー(スヌーズレン)   
(自立活動・基礎学習の2)              
         
(国 語)    
(算数・数学)    
     
(図工・美術の1 創る)             シュレッダーされた紙の造形 紙の造形
ビー玉飾りのクリスマスツリー セロファンのクリスマスツリー セロファンのリース ビー玉のリース シュレッダーされた紙の造形 シュレッダーされた紙の造形2
 ランプシェード  リンゴの木  黒い画用紙で作るランプシェード  黒い画用紙で作るランプシェード    
穴あきのランプシェード リンゴの木 黒い画用紙で作るランプシェード 黒い画用紙で作るランプシェード2 黒い画用紙で作るランプシェード3  
(図工・美術の2 描く)            
(体育・あそびの指導)     厚画用紙で作る的
高さのある傘の的  制作中  吹き矢の的3 吹き矢の的4 厚画用紙で作るボールが当たると倒れる的 ボールが当たると回転する的
制作中
厚画用紙で作るボールが当たると回転する的
           
スプーンゲームのスプーン        
(作業学習)        
(日常生活の指導)  
(音 楽)   
(生活単元学習・特別活動)  
(社会・理科)    
(その他の教材・教具)      積み木パズル
積み木パズル
教材・教具の制作と活用の手引き
Q&A
 
 

教材教具のHPリンク集
 
0から始める手作りおもちゃ1           
0から始める手作りおもちゃ2            
0から始める手作りおもちゃ3           
0から始める手作りおもちゃ4            
0から始める手作りおもちゃ5           
0から始める手作りおもちゃ6            
0から始める手作りおもちゃ7            
0から始める手作りおもちゃ8            
0から始める手作りおもちゃ9            
0から始める手作りおもちゃ10           
カワセミの小窓    しばらくHPからはずします。データ量削減のため。          
「ぐんまこどもの国」の野鳥 しばらくHPからはずします。データ量削減のため。  
絵本のページ