イラスト        特別支援学校の授業に役立つ自作創作教材・教具        イラスト


お金支払い補助具
体育:新・忍者ボード 自立活動:コミュニケーションブック 自立活動:ボールの感触遊び 生活単元学習:歩行者用の信号機 算数・数学:自作ソフト「お金と電卓の学習」 国語:2分で教室を暗くできるパネル式暗幕 算数・数学:お金支払い補助具

( 全1853品 )

アニメーション  こんにちは、あなたはカウンター人目の訪問者です。  
 
  イラスト    色々な教材・教具・作品の見本                   

コミュニケーションブック
『自立活動・基礎学習』の1 
 
『自立活動・基礎学習』の2
ひらがなカルタ
『国 語 
  買い物学習の自販機 
『算 数・数 学』
凧糸のランプシェード
『図工・美術』の1(創る)
  ビー玉転がしの絵
図工・美術」』の2(描く)
    
段ボール板の滑り台
『体 育・あそびの指導』

  ビー玉の飾り版
『作業学習』

手作りスプーンとフォーク
『日常生活の指導』

  カリンバ
『音 楽』 

歩行者用の信号機
『生活単元学習・特別活動』

  
火興し機
  
『社会・理科』

車イス用の日よけ
『その他の教材・教具』
 
  写真 
教材・教具とおもちゃの新作




        イラスト
    0から始める教材作り


(このHPに載っている教材・教具の作り方を写真と文章でわかりやすく説明) 
 

クレヨンが折れないオレンボ色合わせ 
0から始める教材作り1

  ブックカバー防災・防犯用のリストバンド笛
 0から始める教材作り2

文字数字つきのマグネット歩行者用の信号機
0から始める教材作り3

  文字付きカルタパネル式暗幕
0から始める教材作り4

 



   0から始める手作りおもちゃ(図工・美術の3)     

(図工・美術の授業に活かせる手作りのおもちゃ・楽器・工作の作品作りを写真と文でわかりやすく説明)
    
虹色CD 

0から始める「手作りおもちゃ」1

  立体独楽 

 
0から始める「手作りおもちゃ」2

安全クラッカー

0から始める「手作りおもちゃ」3
 
  エイムズの部屋

 0から始める「手作りおもちゃ」4
やじろべえ

 0から始める「手作りおもちゃ」5
  錯視ドラゴン

0から始める「手作りおもちゃ」6 
木のF1カー
0から始める「手作りおもちゃ」7


(木のおもちゃ)
  不思議な貯金箱 

0から始める「手作りおもちゃ」8
紙皿の天使

0から始める「手作りおもちゃ」9 
 
  紙飛行機の発射台

0から始める「手作りおもちゃ」10
 



 イラスト
    『教材・教具の制作と活用、指導の手引き Q&A 159』

 若い先生方を応援するページ
学習表示カード 
個々の子どもに合った教材・教具ってどんなもの?」・「お金の学習の教材は、本物?偽物?・・どっちがいいの?」・「カルタをすると同じ子ばかりとってしまう問題点を解決する工夫は何?」・「図工でお面作りをする時、風船が怖い子がいるけれど、どうしたらいいの?」・「最も優れた教材・教具って何?」等の疑問に答える「Q&A式の手引き」です。

 今までの授業をもっといい授業に変える「教材・教具の工夫点」や、若い先生方に指導や子ども達との関わり方について、ちょっと立ち止まって考えてもらいたいことを具体例を挙げてわかりやすくお話しする「若い先生方を応援するページ」です。



 イラスト   その他     

イラスト
教材・教具のHPリンク集 

 Googleで検索したHPから、「教材・教具」や「特別支援教育」・「図工・美術」のお勧めのHPを内容の説明を付けて紹介してます。

 
  毛塚です。
自己紹介

私の教材・教具についての考え(雑記帳から)


教材・教具の制作上の留意点等
 
はらぺこあおむし
教材になる絵本のページ 

教材になる「絵本」を紹介するページです。)
  火興し器で火をおこす
子どもと一緒に楽しい簡単な実験  
(誰にでもできる楽しい実験を紹介)


ページを閉じています

 
カワセミ 

「カワセミの小窓」
は、しばらくお休みです。
  アカゲラ

『ぐんまこどもの国の野鳥』

ウォーキングに行った時に撮った写真


     こんにちは。あなたはカウンター人目の来訪者です。ゆっくり見ていってください。    (2001.1.18から) 
 





  
写真 
    感想や教材・教具作りの質問は、こちらへ!  


  
   掲示板 『青い空』





○このHPの感想やこのHPに載っている『「教材・教具」や「手作りおもちゃ」・「自助具」の作り方を教えて!』『担当しているお子さんの教材の効果的な使い方は?』など、教材の作り方やその活用法について等、気軽に質問してください。手作りのおもちゃのことや鳥の話しもOKです。

 教材・教具やおもちゃ作りのご質問には、必ずお応えいたします。
 
 





                          
                                 雑記帳 2018 

イラスト(考えながら・・)4/19
 数ヶ月ほおっておいた「ドーム」作りを再開・・・。9割くらいはできていたのですぐに完成しそうなものですが、出入り口をどういう形にするかでストップしています。訪問教育用の小さいタイプのほうは、顔をドームに入れる感じなので出入り口のようなものをつけてありますが、こちらの中に数人入れるドームは、使わない時にはくるっと巻いてコドームの制作ドームの内側ンパクトになるようにしてあるので、まだ出入り口を作ってありません。一度組み立てて出入り口をカットして作るか、マジックテープで簡単に組み立てが終わるようにするか、・・さてどうしたものかと考えながらです。あと数日考えたら完成させる予定です。
 下の「地図の学習」の教材の続きは、群馬県内の市町村の農産物・工業製品カードを作るか思案中です。1m×1mの市町村カードの貼ってある白地図さえ作ってしまえば、いろいろな種類のカードを用意さえすれば活用の仕方が広がりそうです。地図の学習の例として群馬県で作りましたが、その学校のある県ごとに同じように作ればいいわけですから、埼玉県版や福島県版や島根県版など色々作れるでしょう。小学校の低学年でも活用できそうな教材です。
 明日からは、プラコップを使った楽器のことを考えていく予定です。木の板で枠を作れば強度はOKなのですが、もっと簡単にできないかとずっと考えているところです。ゴムを引っ張って固定しなければならないので、厚画用紙では枠が変形してしまうでしょう。ただ、木の板で作るとなると木工経験がない先生方には作れないと言うことになってしまうので、そうはしたくないなと思っています。誰でも簡単に作れないと・・。

イラスト(地図の学習)4/16
 地図の学習をするときにどんな教材があれば子どもたちが興味を持って取り組めるかと、以前から考えていました。障害のあるお子さん達は、生活する範囲が学校と家庭と買い物に行くスパーなどと狭いことが多いのが実情ではないでしょうか。自分が住んでいる街のこともほとんど知らないし、そもそも知ろうとする意欲や興味もあまり見られません。観光地図用のカード観光地図用のカード地図の学習自分の住んでいる街でさえそうですから、自分の住んでいる県のことや日本のことになれば尚更でしょう。どうしたら興味を持ってもらえるか・・。恐らく今までような地図のパズルを使ってもお子さん達が楽しんで地図の学習をできるようになるとは思えません。
 今回、ダイソーで見た日本地図から、関東地方に限定したサイズを大きくしたパズルを制作しましたが、作っている際にパズルではお子さん達は興味を持って地図の学習はできないと改めて感じました。地図の学習では、自分の住んでいる街の公共施設(市役所・学校・消防署・警察・郵便局)やスーパーや公園や映画館などがどこにあるのか白地図に書き込んでいくのもいい授業になるかもしれませんが、白地図にただ「警察署」などと書き込んでも、そこから地図のおもしろさは生まれてこない気がします。
 左の写真は、群馬県の観光地や食べ物(名産品)を写真カードにしたものです。例えば「白衣大観音・びゃくいだいかんのん・高崎市」と写真の下に書いてあります。お子さん達は地図帳をひらき、群馬県の地図を見ながら高崎市を探すようにします。高崎市が見つかったら、群馬県の白地図(1m×1m位の版)の高崎市のところにカードを貼るようにします。下仁田ネギのカードには下仁田町と書いてありますから、地図で下仁田町の場所を探して白地図にカードを貼ります。カードは、草津温泉・四万温泉・法師温泉・太田の呑龍様・館林の向井千秋記念子ども科学館・群馬子どもの国・群馬県自然史博物館・草木ダム・赤城山・榛名山・妙義山・尾瀬ヶ原・桐ヶ丘公園・群馬サファリ・岩宿遺跡・山田かまちデッサン美術館・富弘美術館・吹割りの滝・谷川岳・赤城山千本桜・群馬フラワーパーク等々のカードがあります。自分が家族と行ったことがある場所や行ったことはないけれど聞いたことがあるような場所のカードの市町村名を見て地図帳で調べることで、地図に対する興味が湧くのではないかと考えます。カードを貼る行為の中に、「地図で調べる・場所を確認する・カードを貼る・その場所や特産品がわかる」という4点が含まれています。鉄道等の交通機関に関しては、今回は省きました。あまり地図の中が複雑になるとごちゃごちゃしすぎるのではと考えました。個々のお子さん達の実態は違うのですから、これがベストというようなものはありません。色々試していく中でお子さん達に合ったいい教材が生まれるといいのですが・・。

イラスト(できるだけ簡単に)4/14
 現役の時に、音楽担当の先生から頼まれて塩ビ管を使ってレインスティックを作ったことがありました。その先生は、海外旅行の際に買ったレインスティックを持っていたのですが、授業で使いたいので複数本欲しいということでした。音楽の授業で使うと海外製の本格的なものよりも私が作ったもののほうが音が良くて、その先生はびっくりして後日私表彰状入れ表彰状入れのレインスティックにアドバイスを受けながら自作しました。ただ、塩ビ管で筒を作るとなると電動ドリルで穴開けをしなければいけなくなるので、女性の先生には面倒なことだったようです。
 一昨日、ダイソーに厚画用紙を買いに行った際に「表彰状入れ」があるのを見て、これを2本つなげればレインスティックの筒になるなと思い、買ってきて考えました。筒の蓋部分を外すと筒の内径が違うため連結できないことがわかり、ちょっと考えて筒の内側の紙部分をカットすることと蓋部分の先の部分もカットすることで連結できることがわかりました。あとは簡単で、紙筒ですから穴開けは千枚通しで簡単です。材料も表彰状入れ2本と竹串・布ガムテープとすべてダイソーで揃えることができます。教材作りは、できるだけ簡単にして誰でもすぐに作れるようにすることが大事です。忙しい毎日を送っている先生方が、教材の自作に取り組みやすくするのもこのHPの役割です。
 以前作ったものでも、もっと簡単に作れるアイデアが湧いてきたら、ここへ載せていこうと考えています。特別支援学校に新任で来た先生方は暗中模索状態でしょうから、お役に立てるように・・。

イラスト(一段落)4/12
 一昨日、「漢委奴国王印」(金印)の制作が終わったので、なんだか一段落したように気分です。特別支援学校の教材とは関係ないような、どちらかと言えば小学校向けのの教材ですが、たまにはいいかなと思ってます。ちょっと気分転換のようなものでしょうか・・。教材の制作は、昨日から「同じものカード並べ」・「紙筒で作るレインスティック」漢委奴国王印同じものカード並べ和紙に刷った様子「ドーム」を行っています。「同じものカード並べ」は、先日肢体不自由の学校時代の同僚との食事会で、現役の先生から小学部のお子さんの個別指導の教材について聞かれたことが発端です。教員が2人のお子さんの個別指導をする際に、障害の重いお子さん用の教材はどういうものがいいのかという話になりました。一人の子は文字が書けるがコミュニケーションに問題があり、もう一人の子は障害が重くて2分間くらいしか課題に向かえないとのことでした。2人の指導を行うときに、一人の課題を行っているとき、もう一人の子にはなにか課題を与えて待ったもらうと話していたので、同じ教材で課題を変えて同時に行う方がいいよとアドバイスしました。たとえば、コミュニケーションカード用意すれば、文字が書けるお子さんはカードを「誰が・何を・どうした」という形で並べて単文作りをする・・、文章が書けなくてもいいので、カードを並べる学習を通してコミュニケーションする力を向上させるようにできるし、一方障害の重いお子さんの場合は、カードを並べて「○○をください。」と話して、ものの名前がわかっているのか確認することができます。どこまで分かっているのか確認できれば、次にどんな学習をすれば良いかが見えてくるでしょう。「同じもののカード並べ」では、その子の好きなキャラクターや食べ物をカードにすることで、カードの操作を通して話も深まると思います。同じカードを使っても課題を変えることで2人同時に課題学習は行えます。もうすでにできることをさせて待たせるのでは、お子さんの意欲は高まらないでしょう。先生や友達の写真カードがあれば、先生と2人のお子さんと一緒に「好きな子・好きな先生・好きな食べ物」ランキング作りや、友達や先生の名前を覚えたり書いたりりすることもできるでしょう。
 難しい・うまくできないと思うのではなく、どうすれば時間を大事に使えるか・一人一人にたくさん向き合えるかと考えるほうが道は開けると思います。

イラスト(漢委奴国王印)4/5
 以前、古墳の模型(教材)や古墳の内部構造がわかる模型、石器時代のヤリのレプリカ等々の教材を作った時期がありましたが、そのときに図鑑で見た「漢委奴国王印印」(金印)をいつか作ろうと思っていたので、今それを作っています。サイズは15㎝×15㎝と見やすい大きさにしていますが、特別支援学校では使わないだろうと思いつつ、たまに漢委奴国王印漢委奴国王印は好きなようにやってもいいかと思いながらやっています。教材としては、小学校で使うものになるでしょう。
 このHPは、特別支援学校の先生方以外に小学校の先生方も活用してくれているようですから、その辺でお役に立つかもしれません。彫刻刀を使うのは数年ぶりだったせいか、彫刻刀が当たる中指へのダメージがひどかったです。1日数時間を3日間続けたら内出血のようになってしまいました。使っていないと体はどんどん軟弱になってしまうようです。ほぼできあがったので、これからのこで切り落としサンダー掛けやメタリックスプレーをして完成になります。今、ストローの立体作品も合わせてやっているので、それが終わったら数ヶ月ほっておいた「ドーム」の仕上げに入る予定です。ドームが部屋に置いてあると、兎に角場所を取るので片付けが進みませんから。ドームについては一応完成にして、もう少し大きなサイズのものを新たに作ろうか思案中です。サイズ的には2倍近くになるかもしれません。問題は正五角形のパーツを作れるだけの大きさ厚画用紙が売っていないことです。正五角形を3個くらいのパーツにしてしまえば、ダイソーで売っているA3の厚画用紙で作れると思います。

イラスト(新年度)4/1
 家の前から大光院(呑龍様)まで続く桜並木も満開が過ぎ、一昨日辺りから徐々に散り始めてきました。今年は桜が咲くのが早かったので、「桜祭り」が始まる4/7にはもう桜の花はなくなってしまっているでしょう。桜の花のない「桜祭り」って、主催する市も市民もちょっと気まずいような感じになるんでしょうか・・。
太田市の八瀬側の桜並木 家の前の桜の花を見ていると、なんだか「今年も会えて良かった。」という気持ちになってきました。自分が生まれる前から今の場所で咲いていた桜の木はだいぶ古木という風情になってきていますが、自分が幼かった頃の記憶や亡くなる前に母と見た記憶などが甦ってくるから不思議な気分になります。なんだか「今年も会えて良かった。」と桜の花に感謝しているような。
 桜といえば、肢体不自由の学校の熊谷特別支援学校では、学校の裏手にある土手に車いすを押して上がり、子どもたちと桜の木の前で記念写真を撮るのが毎年の恒例でした。小学部の子どもたちのかわいい笑顔が写真に残されているのが、今では宝物のようです。知的の行田特別支援学校時代は、学校の近くにある「埼玉古墳公園」の丸墓山に登り、丸墓山周辺の桜の木の前で写真を撮ることが4月の行事のようになっていました。今年は4/8過ぎまで桜は保ちそうにありませんが、毎年の恒例行事のように出かけるのかな?
 4月から転勤したり初任者として勤務したりと4月はなんだか慌ただしい時期ですが、いい出会いがあるといいですね。自分が肢体不自由の学校に初任で行った時、当時はまだ杖を使っている子どもたちがたくさん学校にいて、バスの乗り場のところにはたくさんの杖が並べられていました。何気なくその杖をまたいだ時に同僚の先生から叱られたことが思い出されます。「子どもたちの大事な杖をまたぐなんて・・」と。そのときはぴんとこなかったのですが、叱ってくれた先生の思いがわかるようになり、以後は大事な友人になりました。その女の先生とは、行田特別支援学校でも同僚になりましたが、30代の若さで病気のため亡くなってしまい、手本となる人を失った無念さがしばらく続きました。
 新学期には新しい同僚や子どもたちとの出会いが待っているし、年度の始まりとして多忙な日々が続きますが、元気を出して笑顔で過ごしたいものですね。私の方は、週末に肢体不自由の学校時代の元同僚達との食事会が今年も行われるので、今はそれが楽しみです。退職した人達と現役の人達が話すのはおもしろいです。

イラスト(4月からは)3/28
 3ヶ月ほどかかっていたHPの写真の拡大等の編集作業が終わりつつあるので、4月からは新しい教材・教具の制作に戻ります。5年に一度の内容の見直し作業の毎日でしたが、次回は2年か3年後に内容を見直していこうと考えています。データ量が増えてきたので見直しが大変な作業になってしまうので、間隔を短くしないと正直しんどいのと、デジタル化のことも考量していこうという思いがあります。

イラスト(スマホ)3/23
 8年間使っていたスマホが、とうとう数時間しか電池が保たなくなり、仕方がないので新しいものを買うことにしました。このスマホを買った頃は、iPhoneはドコモでは扱っていなかったので、いつかiPhoneがドコモで出たら欲しいなあと思いつつ、まあそれまでのつなぎのように考えていました。そんな風に思っていたスマホを8年も使うとはあの頃はGalaxyNote8思ってもいなかったですね。買い換えるのが面倒くさいからずるずると来てしまった気がします。できれば今年出るかもと言う噂だったGalaxyの折りたためてコンパクトになる有機ディスプレーの新型のスマホを見て考えたかったのですが、数時間しか電池の保たないスマホでは如何ともしがたいので、新型を待つことは断念。昨年末あたりからiPhone8かGalaxyのノート8を考えていたので、結局のところアイデアをすぐさまディスプレーにペンで書き込めるGalaxyノート8にしました。結構高かったんですが、まあ8年ぶりに買うし、ミニパソコンを買ったと思えば良いかと言うことで無理矢理納得。使い出して「しまった!」と思ったのは、ちょっとでかいということ。今まで使っていた物より2㎝くらい長い位と思っていたら横幅も少し広めなので、手の小さい私にはかなりでかいです。まあ、それ以外は特に問題は無いのですが、なるべくならばコンパクトにポッケに入る方がいいですね。スマホと言うよりもミニタブレットみいたです。電池の持ちがいいのは新しい機種ならではです。8~9年前の初期のスマホは、電池が半日くらいしか保ちませんでしたから雲泥の差を感じます。それだけでもすごくありがたいです。

イラスト(疲れました。)3/18
 数日前にWindows7のデータ更新を行ったら、パソコン2台が動かなくなってしまいました。メインで使っていた方は、修復作業を行おうとしてもマウスを認識してくれないため、修復作業のクリックができません。こちらはさてどうしたものかと思案中です。予備として使っていた方は、マウスが無線式だったのがよかったのか、マウスが動かせて修復作業を進めることができました。ただ、メインで使ってはいなかったので、ホームページビルダーの設定をすべてやりなおす必要が出るは、メールの設定もやり直すではで疲れました。この3日間はなんだったのかと言いたくなります。たまたま、動かなくなる前日に新しくした3TB外付けハードディスクに写真データとホームページビルダーのデータをコピーしておいたので、不幸中の幸いでした。もしパソコンが1台でデータのコピーがなかったら、アウトだったかも・・。兎に角疲れました。
 閑話休題。家の前を流れる八瀬川の桜は、つぼみはぷっくらしてきていますが、まだ一輪も咲いていません。まだ、開花までには数日はかかりそうです。桜はどこにでもその地域の人たちを和ませてくれる桜並木があるみたいです。よその土地の人に誇れるような特別なものでなくても、地域の桜はいいですね。幼い頃から毎年見続けてきた桜ですから、今年も会えたよって気になります。

(卒業式)3/14
 3/13(火)が教え子達最後の卒業式でしたので、行田特別支援学校まで行ってきました。教え子達のお母さん達とは会って話をすることができ、子ども達の進路についても聞くことができたので一安心という感じでしょうか。12年間の学校生活から子ども達だけでなく親御さん達も離れるわけですから、感慨深いものがあるでしょうね。学校から離れてしまうと友達とも中々会えなくなるでしょうし、親御さん達のつながりも希薄になってしまうでしょう。でも、卒業すると言うことはそういったことも含めて新しい人との関係が築かれていったりすることですから、前向きに行くしかないですね。式では、一人ひとりの成長した姿が見られて安堵しました。子ども達は、みんな笑顔・笑顔でしたから、こちらも同じように笑顔になっていました。
 式の間に体育館の天井を見ていて、7年前の震災の日のことも蘇ってきました。あの日は、高等部の卒業式の片付けを始めた時に揺れが来て、体育館にいた先生方は全員校庭に飛び出しましたが、校庭が下から突き上げられるように揺れて先生方が座り込んで揺れが収まるのを待つという状況でした。東北から遙か離れた埼玉であの揺れですから、東北はどれほどの激しい揺れだったか・・。新聞やNHKの番組で震災関係の記事やテレビを見る度に、涙がこぼれてしまいます。何かできることは・何ができるのかと、その都度考えます。私ができることといったら、このHPで先生方やお子さん達を応援することくらいですから、少しでも役立つ内容にするように1日1日努めていきたいと改めて思っています。

イラスト(紙のビーズ作り器)3/11
 「紙のビーズ作り器」を制作していましたが、試作品を試してみると失敗。紙をアルミの針金に初めに固定するのが上手くいかないことと、紙の固定していない方を手で押さえていないと巻き取れないので、今の形と仕組みでは無理だということがわかりました。楊枝に紙を1枚ずつ巻いていくのが難しいお子さん達の為に考えてみましたが、良いアイデアが出てくるまでしばらく放っておくことにします。下の写真の「肢体不自由児用のオーシャンドラム」の改良版の「2」は、昨日作ってみてこちらのほうが数段良いかなという感じです。
 段々と新しいアイデアが出てくるようになってきたので、しばらくはアイデアノートに出てくるアイデアを書きためていこうと思います。アイデアはいくらでも出てくる時期と、パタッと出てこなくなる時期が交互にくるので、出てくる時期になってきたようです。

イラスト(久し振りにパソコンショップへ)3/10
 データの保存用に外付けのハードディスク2台をパソコンにつないでいますが、買ってから4~5年は経ってきたので、これらが壊れる前にそろそろ新しいものを追加しようとパソコンショップに行ってきました。久し振りに製品を見ると、テレビの録画兼用とか無線でデータのやりとりができるとか・・・。外付けのハードディスクも変わってきている肢体不自由児用のオーシャンドラムんだなあと気づく始末。家電もそうですが、余り長いことお店に行ってないと今の時代の商品がわからなくなってしまいますね。
 反面、「おー、ここまで来たんだ。」と、ちょっとビックリするのも楽しい気分になります。アイオーデータとバッファロー等を見比べアイオーデータの3TBを買いました。今までバッファローを使っていたので、アイオーデータの使い心地を見ようということです。Windows7もアップデートがなくなるので、今年か来年には10に変えないといけないかなと思い、デスクトップを何台か見てきましたが意外と価格が高めなので「あれ?」という感じでした。昔よりは随分安くなってきていますが、思っていたよりは高かった感じです。夏に出る新製品をみて考えることにします。

 閑話休題。早いもので、学校にいる最後の教え子達の高等部卒業式が3日後になりました。小学部の時に4年間担任をした子ども達です。小6が終わるときに学区が変わった子達が、新しくできた特別支援学校へ転校してしまい残ったのは半数になりましたが、転校していった子達にはその学校の文化祭で会うようにしてきました。あどけなかったあの子達も青年になって、嬉しいようなちょっと寂しいような変な気分です。記憶の中のあの子達は小低の時の可愛い姿のままです。卒業すると学校からいなくなってしまうので、いつでも会えるというわけにはいかなくなります。式では、笑顔で送り出してやりたいと思っていますが泣いてしまいそうです。

イラスト(HP編集)3/7
 4日ほど前にHPのデータが壊れて、それを回復させるのに今までかかりました。毎日7~8時間パソコンに向かって疲れ果てましたが、そのままにして置くわけにはいきませんからコツコツやっていました。何とか90%位は回復できた感じです。新しい教材・教具を考えている方がどれだけ楽だったか・・。
 データの回復と並行して、「0から始める教材・教具・「0から始める手作りおもちゃ」(図工・美術の3)の写真の入れ替えも行っています。今までは色々な教材・教具で新しい教材を紹介することをメインにしてきましたが、よく考えてみれば「0から・・」の作り方のページほうの大事なのではないかと思うようになりました。作ってみようとした教材の作り方がよくわからないようなページでは意味がないですから。こちらのほうは、まだ20~30%位しか手がついていませんが、不要なものをカットしつつ写真を見やすくしています。費やす時間をHPのデータ回復・編集と新しい教材作りの半々にしてバランスを取っていきます。新しい教材の方は、以前木工で作ったものなどを厚画用紙で作れるようにしようと考えています。木工ができない先生方でも楽に作れるようにというねらいです。

イラスト(忙しい)3/1
 一昨日、本屋さんで平積みされた文庫本を見ていたら「古文研究法」を発見。高校時代に使っていた参考書だったので、ちょっと嬉しいようなビックリするような感覚。へーと思って周りも見ると、イザベラ・バードの「日本奥地紀行」が文庫本になっているではありませんか。
日本奥地紀行 2年位前だったか、ちょっとしたブームになったイザベラ・バード。ブラタモリの日光編でも紹介されていましたが、本屋さんで見当たらなかったので手に取ることができませんでした。多分、私が買いに行った時には売り切れ状態だったのでしょう。文庫本とは言え分厚いので、またびっくり。値段もビックリでしたが、すぐに購入して今読んでいます。
 最近というかこの1ヶ月余り、HPの編集作業で家の中にいることが多くなっていましたが、本屋さんや家電量販店など覗きに行くとおもしろい出会いがあるものですね。昔は毎週のように本屋さんと家電量販店・ホームセンターを見て歩いていましたが、最近行くことが減ってしまっていたので、改めて見に行くって新しい発見もあるんだなと感じました。出不精はいいことなしです。
 今月は、まだ行っていない確定申告や65歳で受ける肺炎球菌ワクチン接種や病院での精密検査、それから最後の教え子達の高等部卒業式と、ちょっと忙しくなる月です。教え子達の卒業式が終われば、もう学校とは直接的な関わりはなくなってしまいます。新任の頃教えた子達は40歳を過ぎましたし、いよいよ最後の教え子達が卒業。卒業式には、私と一緒にあの子達の担任だった友人のA先生やY先生と一緒に参加してきます。しっかりあの子達の成長を見てきます。自分が教員として少しは成長出来たのは、あの子達のように側にいた子ども達のお陰です。

(HPの編集と新作作り)2/24
 写真の「ペットボトルの飾り」・「紙笛」は以前作って「0から始める手作りおもちゃ」のページに載せておいたものですが、「ブーメラン」等と一緒に教材・教具の方にも載せることにしました。おもちゃ作りのページは、対象者を小学生と考えて作っているので、特別支援学校のお子さんにはちょっと難しいかもと思われるものが多いのですが、特別車イス用のレインコートペットボトルの飾り紙笛支援学校にも様々なお子さんがいますから・・。
 作りかけでその後手を着けていない「車イス用の雨具」は、自分が考えているようなタイプのものが市販されていることがわかったので、このHPに載せるかどうか思案中です。違いは、自作の試作品の方が価格(材料代)が1/20位で済むことと、体と雨具の間に空間が作れて体温を奪われづらいことですが、もう少し改善出来るようになったら載せていこうと考えています。
 ・・・まだ、しばらくは「0から始める教材作り1~4」と「0から始める手作りおもちゃ1~10」の説明の写真を大きくする編集作業です。これがなかなか写真を探すのが大変で、思った以上に時間がかかっています。「あれっ?」という思いの連続で探し出せないものが多いので少々参っています。そろそろ新しい教材を考えて頭の中をリフレッシュさせていこうと思います。座ってばかりではストレスが溜まりますから。

イラスト(新作?)2/18
 新しい作品や制作予定の紹介の所に10程載っていますが、これらは以前HPに載っていたものやおもちゃ作り(図工の3)のほうに載っているものです。写真を調べている際に、これは以前載っていた筈と気がついたものが多数ありました。データが壊れたときに消失したままになっていたようです。これらは少しずつ載せ直していきます。
 また、おもちゃ作りのページの方で紹介しているものでも、これは特別支援学校のお子さん達でも作れると思ったものは、図工・美術のページの方にも載せていくことにしました。おもちゃ作りのページは、主に小学生を対象にしているので図工のページとダブっていたり、こちらのページのみの紹介だったりでしましたが、良い機会なので見直しをしていきます。
 それから、以前は公文式のカードなど教材になる市販品の紹介をしていましたが、データ量を削減する関係で削除していたので、今回復活させていこうと考えています。

(次は「0から始める教材作り」)2/17
 各教科の教材・教具の写真を大きくする編集作業が大体終わったので、これからは教材・教具の作り方を載せている「0から始める教材作り」のページに編集に入ります。こちらのほうはデータ量を抑えるためにかなり写真が小さいので、ものによってはなんだかわからない状態でしたが、写真を大きくすることでわかりやすくなってくれると思います。データ量が増えてもわかりやすいほうが大事ですから、ここは割り切ってやっていくしかないですね。この編集作業はゆっくり進めていきます。毎日7~8時間はパソコンに向かってばかりの生活で腰の状態も厳しくなってきているので、新しい教材・教具も作りながら進めていきます。教材のことを考えたり試作している方が、体はきつくないので・・。
 閑話休題。ピョンチャンオリンピックのほうは録画して時々見ているのですが、国には関わらず超人的な体の動きに感嘆するのみですね。羽生選手などの見てみたい日本の選手が出る種目は、ドキドキしてしんどいのでリアルタイムの放送は見られません。オリンピックに出ている選手全員が、最高のパフォーマンスを出せることを祈るのみです。

イラスト(サイトが開けない)2/14
 ホームページビルダー21の不具合(HTMLエディター)のために、数日間サイトが開けなくなって編集がストップしていました。インターネットで解決策を見つけましたが、どうも面倒なやり方だったのでもっと簡単に修正ができないかと考え抜いて別の方法でなんとか解決しました。・・ということで、HPの編集が昨日からできるようになって、ルリビタキの雌編集作業を続けています。1日7~8時間はパソコンに向かってやっているので、ため息の多いこと。もう半月位はかかりそうです。兎に角写真を見つけるのが大変で、数千枚の中から1枚2枚と見つけていくので時間がかかります。
 気分転換にしばらく行っていなかった「ぐんまこどもの国」にこの10日程毎日通っています。今年は鳥が少なくてからぶり続きでしたが、少しずつ姿が見られるようになってきて、先日はアカゲラ(キツツキ)やカシラダカ・メジロ・・オオタカ・ノスリ等も見られました。カメラを持って森の中を歩いていると、それだけで気分が落ち着きます。写真の野鳥はルリビタキの雌ですが、なんとも愛くるしい目をしています。これでカワセミも見られたらいいのですが、12月に見て以来姿を見ていません。まあ、ウォーキングがてらですから、通い続けるしかないですね。

 閑話休題。HPの編集作業はこれからも続けますが、写真を探している時に「あれ?」っと思うことが結構あります。作ったのに載せていなかったものが出てきたり、載せていてデータが壊れたものを再発見したりと。これか半月ほどは載せていなかったものを載せたり、消えてしまっていたものを載せ直したりしながら、より見やすいHPに改訂していきます。新作はしばらくお休みになりそうです。とても手が回らない状態ですから。

(HPの編集)2/6
 朝方2時間ほどやり、その後昼過ぎから夕方の5時頃までずっとこのHPの編集作業です。お昼時は、久し振りにダメ元で「ぐんまこどもの国」へ野鳥を観に行き、昨年撮れなかったルリビタキの雄の写真をやっと撮ることができましたが、今日もカワセミやアカゲラ・アオゲラ(キツツキ)などの鳥は全く見られませんでした。この冬の野鳥観察は不作ルリビタキです。
 HPの編集作業では、「0から始める教材作り1~4」(教材の作り方のページ)のページから、これはもう必要ないだろうというものを削除しました。少しでもデータ量を抑えたいので、削れるところは削っていきます。編集作業の方は、「0から始める教材作り」の写真で小さいものを大きくするという作業が残っていますが、80%位は進んだ感じです。・・正直なところ、パソコンに毎日ずっと向かい続けるのはもうしんどい。
 毎日、何度も「ハー疲れた。」と言いつつも続けているので、我ながら笑ってしまいます。あともう少しで5年ぶりの改訂版になるので、もう一踏ん張りです。やらないことには先に進めませんから。
 この数日は、「星形のランプシェード」と「紙のビーズ巻き」の試作を行っています。星形のランプシェードは、イメージしたような形になっていないので、形自体を変えて再チャレンジです。多少複雑でも大人でしたら作れますが、特別支援学校の子ども達が作れないのでは意味がないので、シンプルな作りにするよう考え直しです。光源が100円ショップのLEDライトだとちょっと光の強さが足りないというもの考えなければならない点です。また、「ハー・・」となりそうです。

イラスト(学習のプリント)2/5
 教材・教具の写真の追加やサイズを大きくする入れ替えがようやく終わったと思ったら、外付けのハードディスクから大量のプリントのデータが見つかりました。今まではデータ量を抑えるためにプリント類は写真を小さくしていましたが、小さすぎてなんのプリントかさえわからないという状態でした。プリントのデータが見つかったので、写真を大きくしてどんなプリントなのかわかるように編集をし直しています。これで毎月のデータの支払額がまた増えるなとため息が出てきますが、わかりやすいHPにする為には仕方がないと割り切ってやっています。
 毎日編集作業を5~7時間はやっているので正直疲れ果てましたが、7割くらいは終えました。もう少し頑張ったら編集の方は少し休もうと思います。教材の制作の方がストップしたままですから、気分転換も兼ねて制作に時間を使おうと考えています。5年に一度くらいの見直しですから、どうしても1ヶ月くらいはかかるのですが、やれやれという感じです。
 閑話休題。「子どもと一緒に楽しい実験」のページは、役割を終えたと思うのでページを閉じることにしました。私の息子達が幼い頃に一緒に行った実験で思いで深いものですが・・・。

(雪)2/2
 早朝、カーテンを開けて外を見ると雪景色。前回の雪ほどは降らなかったようで一安心です。金曜日なのでゴミを出しにいかなければなりません。ゴミを出す収集所が家から100m程先にあるので、ゴミ袋を両手に持って歩いて行くのが結構面倒臭いのです。
 朝の4時頃からずっとHPの編集を行っていたので、正直疲れ気味です。いつになったらこの作業が終わるのだろうという気分になってきますが、まあやらないことには先に進めないのでこつこつやっています。

イラスト(空を見上げる)2/1
 昨日は皆既月食でした。数週間前にFMぐんまのラジオ放送で群馬天文台の方が皆既月食のことを話していました。空を見上げると少しだけ雲はあるものの皆既月食。あの月に皆既月食行って月の上を歩いた人がいたというのが、なんだか不思議な気分になります。ちょっと夢のような話ですね。
 星と言えば、私が小学校の3年生くらいの時に父が家にあった天体望遠鏡で土星を見せてくれ、とても感動したことを思いだします。そんな思いがあったので、我が家の2人の息子が保育園児と小学校3年生くらいの時に私の天体望遠鏡で土星を見せたのですが、「輪があるね。」で終わり・・・。特段2人とも感動したようには見えず、「あれ?」と言う感じがしたのを思いだします。真冬に庭で天体観測を毎日のようにしていて、腰の具合が悪くなってしまいしんどい思いをしましたが、ちょっと懐かしいような気持ちになります。もうちょっといい寒さ対策をしておけばいいのにと、我ながらあきれたり反省したりしますが、不思議と後悔はないですね。空を見上げて星を見るのって、ここではないどこかに心が運ばれていくような感じになるのかもしれません。
 さすがに、今は寒い思いをしたくはないので、天体望遠鏡を覗くこともありませんが・・。年をとると寒さに弱くなるのを実感する毎日ですから。暑い暑いと言っても夏の方が過ごしやすいです。

イラスト(紙のビーズ)1/30
 通常の形ではない紙のビーズ作りをやっていて、紙を巻くのがなかなか上手くいきません。昔は簡単にきれいに巻けたのに、できあがったものは形が良くないのです。1時間ほどやっていて、なんか良い方法はないものかと思うようになりました。私が上手くできないと言うことは、障害のあるお子さんには結構難しいことなのかもしれないと思ったわけ紙のビーズのネックレスです。まあ、私もそんなには器用な方ではありませんが・・。
 中学部や高等部の紙工作の作業班には、大人より上手に紙を巻けるお子さんがいて、教員が舌を巻くと言うことがありますが、殆どのお子さんはそんなに器用ではありません。そこで、指先が器用でないお子さん達でもきれいに紙を巻ける「紙ビーズの紙巻き機」を作ってしまおうとアイデアを練っています。今のところ紙の幅が2㎝用のものと、紙の幅を自在に変えられるタイプのもの2つを考えています。うまくできるようになるかわかりませんが、ものは試しで制作します。
 それから、しばらくほっておいたドーム作りを再開してそろそろ完成させる予定でいます。あと、数年ほったらかし状態になっている「大型万華鏡」「楽器:クルリンリン」の制作も再スタートさせます。

イラスト(パソコン)1/28
 Windows7のアップデートが2020には終了すると言うことなので、今使っている2台のデスクトップがその時には使えなくなります。Windows10よりも7のほうが使いやすいということで使っていましたが、今年か来年には10を買うしかないかとちょっと憂鬱な気分になっています。まあ、操作は慣れれば良いのですが、年をとるとその辺が面倒臭SONYのバイオPC-1くなるのです。・・考えただけで面倒臭い。まあ、しかたがないことなので新しいパソコンを買うしかないのですが、昔使っていたSONYのバイオPC-1は本当に使いやすいミニパソコンでした。パソコンですから、タブレットと違いWindowsのソフトがそのまま使えます。大きさは両掌くらいの大きさで小さいバッグにすっぽり入るので、どこへでも持っていき仕事ができます。あんなパソコンをSONYでまた出してくれないものかと思っていますが、なかなか出てこないですね。数年前にキングジムで出たミニパソコンは、現物を見ていないのでいいのかどうかわかりません。多分見たら欲しくなるかも。どこに売っているかわかれば観に行きますが・・。
 以前iPadを持っていましたが、やはりPC-1のほうが使い勝手が各段に良い。・・とは言え、今はタブレットが主流になってきているので、ミニパソコンはもう出ないのかもしれません。今の小学生あたりになるとタブレットのほうが身近で使いやすいのかも。
 今まである物のバージョンアップのような製品ではなく、こんなの見たことがないというような驚きを与えてくれる商品が出てこないか楽しみに待つとします。スマホなら折りたためる有機ELディスプレイのものなど、わくわくする製品がそろそろ出てくるかな?
 閑話休題。このHPの改訂のような作業を毎日行っていますが、写真関係はほぼ終わりました。これからは説明の文章の加筆や書き直しに入っていきます。まだ当分改訂の編集作業が続きます。ちょっと疲れ気味ですが、数年に一度のことなのでがんばるしかないです。

イラスト(遅々として進まず)1/25
 HPの改訂版作りは、ホームページビルダーのHTMLエディタの不調が続いて強制終了の連続です。理由がわからないので困ったものです。以前使っていた古いバージョンのビルダーでもよく起こったことですが、この辺が改善されていないのはどうかと思います。ジャストシステムさんがんばってと言いたいところです。まあ、そう言ってもすぐに直松ぼっくりのブローチせるようなものではないんでしょうが・・・。
 今は写真を大きくしたり枚数を増やしたり、説明の文章を加筆したりしていますが、やっと1/3くらいきたでしょうか。この調子ですと改訂版作りは、2月いっぱいかかりそうです。困っているのは写真を大きくすると更にデータ量が膨れあがることです。写真が小さいとわかりづらいし大きくすると毎月の課徴金がどんどん増えるしと、苦しいところです。まあ、割り切るしかないのでしょうが・・。データ量を減らすために閉じるページを見つけるかということも考えますが、「0から始めるおもちゃ作り1~10」は、写真が小さすぎて見づらいので、これも大きくしなければならないでしょうし、良い案が見つからないので手詰まりかな・・。
 閑話休題。愚痴のようなことを言っていても仕方がないので、兎に角わかりやすいページに変えていくことに専念し、その後データ量を少しでも減らせる算段を考えて行きます。このところ外を歩いていると余りにも風が冷たくて、何か考え事をしながら歩くという状態ではありません。寒すぎて頭がまわりません。

(工事中2)1/20
 「自立活動・基礎学習」と「図工・美術」のページを各1ページから内容を分けて各2ページになるようにしました。「自立活動・基礎学習」「図工・美術」は作品数が特に多いので、なかなか目当てのものが見つからない・ページを開くのにデータ量が多いのでなかなか開かないと言った問題を解決するためです。この辺は、友人のA先生が正月に会った際に指摘してくれたことです。
 何年か前までは「色々な教材・教具」という項目だけで教科は関係なく作品を載せていたのですが、これだとどこにどんな教材・教具があるかわからないというA先生の指摘を受けて教科・領域で分けるようにしましたが、今回の内容見直しは5年ぶり位でしょうか・・。データ量を減らすために写真を小さくしていたものも、これから大きくしていき併せて説明の文章も加筆していき、指導の仕方がわかりやすくなるようにしていきます。・・この作業はこれからになります。
 毎日5時間くらいパソコンに向かっていますが、さすがに目が疲れました。今月は教材・教具の制作はお休みで、ひたすらHPの編集になりそうです。時々ホームページビルダーのHTMLエディタが強制的に終了してしまうので、すいすいと編集が進むというわけにはいかないのがつらいところです。

(ページの工事中)1/13
 「自立活動・基礎学習」と「図工・美術」のページを工事(編集)しています。どちらのページも作品数(写真のデータ)が多すぎて、なかなかページが開けないという点を改善する為です。1ページに収めていたものを2ページに分けることで、ページが早く見られるようにします。この作業に1~2週間かかるかもしれませんが、いつものようにHP自体は見られますので、ご迷惑はお掛けしないかと思います。分ける際には似た内容(学習のねらいが似たもの)を同じページ内に納めるようにして、今までよりも参考にしたいものを探しやすくします。
 ゆくゆくはお子さんをタイプ別(例えば、手指の操作性が低いお子さん・視線が定まらず集中して課題に取り組めないお子さん・自信が持てないお子さん等々)に分けて、そんなお子さんのタイプにはこんな教材・教具が効果的という風にわかりやすくしていこう考えています。(この改善は相当時間がかかるので、ずっと後になりますが・・。)
 閑話休題。先日、「ぐんまこどもの国」に天気が良かったので行きましたが、やはり野鳥は殆ど見られず。今年は例年を100とすると5位しか野鳥を見ることが出来ない感じです。冬になったらバードウォッチングと思って楽しみにしていたのですが、今年はもう諦めました。台風とその被害の改修工事とで鳥がいなくなったようです。最近はもっぱら街中を歩いていますが、正直楽しくないです。まあ歩かないわけにはいかないので、仕方がないのですが。
 今日は、ホームページビルダーの解説本で普通の解説本の2~3倍分厚いパーフェクトガイドと広辞苑を買いに市内の大きな本屋さんを2店廻ったのですが、どちらにもありませんでした。アマゾンを使うようにした方がいいのかしらと思案中です。

(制作スタート)1/11
 新しい「ホームページビルダー21」は、できることが増えたためか古いバージョンを使っていたものにとっては正直言って使いづらいです。画像編集などアイコンをクリックすれば済んだ作業が、プルダウン式になってそこから選ばなければならないので、一つの作業をする際にこれはどこを使えばいいのか考えなければならないのです。シンプルな方が使いやすいと思うのですが、まあ慣れるしかないようです。この数日使っていなかったので、これから毎日使って慣れていきます。
 ドーム作りの方は、小さいドームは内側を黒いペンキで塗りたいのですが、毎日風が強く吹くので外でペンキ塗りができません。ペンキ塗りが終わらないと次の作業ができないので、しばらく天気待ちです。中型のドーム作りは、今日から作業の続きをスタートです。作業をする室内が広ければ、基本になるパーツの正三角形の一辺を40㎝~50㎝位にしたいのですが、ちょっと無理ですから今のまま試作を続けます。
 ・・・ドーム以外の教材・教具で、以前考えたものではなく新しいものがなかなかアイデアとして出てこないので、ちょっとフラストレーションがたまりつつあります。毎日考えていてもアイデアが出てこないのはしんどいです。

イラスト(ホームページビルダー)1/6
 今年、新しい「ホームページビルダー22」が出たら買い換えようと考えていましたが、昨日パソコンショップに行ったついでに昨年出た「ホームページビルダー21」を買ってしまいました。思い立ったらという感じでしょうか。まだパソコンにインストールしていないので使い勝手はわかりません。昔のバージョンのように小ドーム使いやすいといいのですが。
 教材・教具の制作の方は、新年になってからまだ始めていません。息子達が帰省してきたり友人に会ったりで、制作の方はもう少し経ってからスタートになります。制作を予定しているものは10数点あるのですが、どうも気が乗らないというかさあやるぞという気分になれない状態です。お正月ということで休みすぎたのかもしれません。今年はこんなことを大事にして生活していこうというものが、まだ決まっていないのも原因かも・・。さっさと目標を決めて動きだせばいのですが、ぐだぐだしています。
 毎日8000~10000歩歩きながら教材のことを考えていますが、新しいアイデアが湧いてこないのも「さあやるぞ」につながらない一因のようです。この数日考えていたのは、教材のことよりも1/12だったかに出版される新しい「広辞苑」のこと。昔、女子高生の家庭教師をやっているときに、教員試験に受かったお祝いということで、その子の親御さんから「広辞苑」をプレゼントして頂いて以来、新しい広辞苑を買っていなかったので、今度出る広辞苑は買おうかなと考えていました。読書するように毎日広辞苑を読んでみようかと思っています。広辞苑はある意味知の塊ですから。

(A先生来訪)1/4
 予定していた年末に会えなかったので、今日埼玉から友人のA先生が訪ねてきてくれました。家から歩いて女子校の近くの喫茶店へ行くと混んでいましたが、窓側の席がとれたので一安心。教材・教具の話しを中心に、今制作中のドームのことや教育課程の話しや若い先生方はこんなことに困っているんじゃないかといった話しドームの制作を2時間ほどしました。
 教材については、アナログの良い点とデジタルの良い点など話しましたが、デジタルの方はプログラミングができないと制作はできないので、子ども達の実情に合ったものがMac版だけでなくWindows版でもたくさん出てくるといいのにねということになりました。Windowsで自作のソフトが簡単に作れるソフトが出ないかなあと話したのですが、そういったものはさっぱり聞きません。Windows95の頃、人物・乗り物などの動きが簡単に作れ、人物の声や効果音など入れられるアニメーション制作のソフトがあり、私は頼まれて類型Ⅰの児童達にそのソフトで物語を作る授業をおこなったことがあったので、あのソフトの新バージョンがあれば使うのにと話しました。
 最近は、フリーのソフトで良いものがたくさんある反面、お金を出しても是非買いたいというソフトが少なくなっているように思います。パソコンショップに行ってもソフト自体が余り置いてないのでがっかりします。Windowsが95だった頃の方が、色々なおもしろいソフトがたくさんあったのに・・。

(買い物)1/3
 使っているスマホが8年目に入るので新しいものを買うことにしました。古いスマホなので、新品の頃から電池が半日持ちません。年末から新しい機種をどれにするかずっと考えていたのに決まりませんでした。iPhoneかギャラクシーノート8か迷っていたのですが、帯に短したすきに長し状態。手が女性並に小さいので、画面が大きくなると持ちづらいのです。たまたま見た雑誌にサムスンが今年折りたためる有機ELのスマホを出すのではないかという記事を見ました。モデルの形が、普段は小さいのに広げるとつなぎ目がなくて大画面になるのです。ヒンジでつながっていないので薄くていい。iPhoneが登場したときのような革新的なものになりそうなので、この機種が出るまで待つことにしました。機能面でノート8のようになっていればいかなと思います。思いついたらすぐにペンで文章や図が描ければアイデアを書き留めることができますから。
 スマホ同様このHPを作っているホームページビルダーも10年位前のものなので、今年は新しいビルダーに変えようと思っています。一度「16」を買ったのですが、どうも使いづらいので「14」のまま使っていました。ビルダーは昨年「21」になったので、今年出る「22」に変えようと思います。
 若い頃はWindowsのバージョンが変わるごとにパソコンは買え変えていましたが、この数年は使いやすいからということで「7」のデスクトップをを2台使っています。今ある物で各段不便を感じないのであれば、それを使えばいいという感じです。・・とは言え、ある意味数年経ってから新製品を手にすると、こんなにも変わったのかと感動できて良いのかも。 

(年賀状)1/2
 昨日は、朝の7時くらいには年賀状が届いていました。寒空の中届けてくれた郵便局の配達の方に感謝です。新聞の方もいつもと同じように3時くらいには届いていて、これも感謝です。色々な人がこうやってがんばってくれているお陰で、穏やかに生活できるんだなあと改めて思いました。室内での仕事とは違い、外での仕事校長さんから頂いた書はより大変だと思います。
 年賀状のほうは、新任の時に教えた子からのものはお母さんと一緒に映っている写真付きでしたので、家庭訪問した時のことが思いだされました。写真があると今がわかるのでいいですね。また、一昨年亡くなった教え子のお父さん・お母さんからの賀状はとても嬉しかったです。教え子が亡くなるとそこで親御さんとの関係も切れてしまうことが多いのですが、こうやって賀状を送ってくれることにただただ感謝です。亡くなった教え子は一人っ子でしたから、お父さんもお母さんもつらかったと思います。退職した同僚達からの賀状には、今こうしていますという内容になりますが、兎に角元気にしていることがわかるだけで嬉しいものです。「えっ、そんなことやっているの!」という内容もあったりして、意外な面をみせてもらえた感じですね。まだ現役の元同僚からは、「自立活動の教材を作りたいので、今度会うときに教えてください。」という内容だったり、家族についての近況報告だったり。
 お正月は、運動不足と食べ過ぎが重なって体重増加が心配になりますが、まあ年に1回くらいはいいかとゆるんでいます。まだ、初詣に行ってないので、年賀状の返事を書いたら、歩いて呑龍様(大光院)まで行こうと思います。

(今年もよろしく)2018.1.1
 明けましておめでとうございます。昨日は除夜の鐘の音を聞きましたか? 夜、家の外に出ると風に乗って呑龍様(太田市の大光院)の鐘の音が聞こえてきたので、私はこの音で新年を感じることができました。さすがに寒いので、初詣には出かけはしませんでしたが・・。
 今年もこのHPに訪れてくれた先生方や障害のあるお子さんの保護者の方々・施設の職員の方々等のお役に立てるようにがんばってやっていきたいと思います。今年でこのHPも18年目になります。HPを始めた頃は、教材・教具の作品数は50位でした。現役最後の年に作品数は750位で、退職してからのこの5年間で1800まできました。今年か来年には2000を越えるでしょう。作品数が1000を越えた時に時に友人のA先生に「2000までがんばろうと思う。」と大風呂敷(?)を広げましたが、こんなに早く2000近くまで増やせるとは思ってもいませんでした。2000までいくには退職後10年間位はかかると思っていましたから・・。
 現役時代は、肢体不自由の学校でも知的の学校でも障がいの重いお子さんを担当することが殆どだったので、特別支援学級に在籍しているような障がいの軽度のお子さんの為の教材・教具は少ないかもしれません。こればかりは想像して作るわけにもいかないので仕方がないかなと思っています。子ども達がいて、この課題にはこうした教材・教具があればこの子達の学習に役立つと考えて制作するわけですから、子どもたちのことをよく知らないと制作は難しいですね。
 学年やクラスには色々な障がいや個性を持ったお子さん達がいますから、ある子には適した教材も別のお子さんには役に立たないことがあります。このHPが、色々なお子さん達に対応できるようにもっと多くの教材・教具を載せられるようにがんばっていきます。





        今月の新作  ( 新しい教材・教具・自助具・おもちゃ   )
 (自立活動・基礎学習の1)  ドーム ボッカ    
キャップ締め学習のボード 制作予定   訪問教育用の星空ドーム 制作中  同じものカード並べ VOCA    
(自立活動・基礎学習の2)    だるま積み2          
だるま積み2          
(国 語)    
(算数・数学)    
     
(図工・美術の1 創る)         ブンブンコマ ブンブンコマ円盤 ビニール袋の鯉のぼり
ストローの立体物 お面作り   ブンブンごま2 ブンブンごま3  花びら落下傘  鯉のぼり 
(図工・美術の2 描く)  
グルーガンの絵 
(体育・あそびの指導)  
(作業学習)              
           
(日常生活の指導)              
         
(音 楽)    ストロー笛   表彰状のレインスティック
ストロー笛2 楽器:カンキンコン
 制作予定
  
楽器:クルクルリンリン制作途中  スプーンとコップの楽器 紙コップの楽器
 制作中 
表彰状入れのレインスティック 
(生活単元学習・特別活動)            
         
(社会・理科)   トルネード  漢委奴国王印 地図の学習 イラストマップの例
 トルネード 漢倭奴国王印  関東地方の地図パズル  関東地方の地図パズル(白地図)  地図の学習(群馬県の観光地図作り)   地図の学習(イラストマップの活用)制作中 
(その他の教材・教具)      友達トランプ
友達トランプ 障害者用のアプリ 障害者用のアプリ 中型ドーム
制作中  
大型万華鏡
制作中
           
 障害者用のアプリ  障害者用のアプリ 障害者用のアプリ  障害者用のアプリ    
教材・教具の制作と活用の手引き
Q&A
 
 

教材教具のHPリンク集
 
 
0から始める教材作り1   
0から始める教材作り2   
0から始める教材作り3   「同じものカード並べ」が入りました。4/13
「表彰状入れのレインスティック」の作り方が入りました。4/14
0から始める教材作り4   
0から始める手作りおもちゃ1           
0から始める手作りおもちゃ2            
0から始める手作りおもちゃ3           
0から始める手作りおもちゃ4            
0から始める手作りおもちゃ5           
0から始める手作りおもちゃ6            
0から始める手作りおもちゃ7            
0から始める手作りおもちゃ8            
0から始める手作りおもちゃ9            
0から始める手作りおもちゃ10           
           
カワセミの小窓    しばらくHPからはずします。データ量削減のため。          
ぐんまこどもの国の野鳥  
絵本のページ