河原崎法律事務所ホーム > 刑事事件
2015.5.1mf更新
弁護士河原崎弘

法律相談集/刑事事件

刑事事件に、一般の人が関与するのは、ほとんど、被害者としてでしょう。しかし、できるなら、被害者には、なりたくないものです。万一、被害者になった場合は、被害届けを出し、告訴をし、示談をすることになるでしょう。その際、弁護士の関与が必要となる場合があるでしょう。
刑事事件の加害者(被疑者、被告人)になった場合は、誤った自白をしないために、さらには示談のために弁護士が必要となるでしょう。多くは、当番弁護士、国選弁護士が関与しますので、十分な意思疎通ができるように心がけましょう。被疑者、被告人が罪を認識し、再犯防止のためにも、加害者の親族と弁護士の意思疎通が大切です。
交通犯罪の一部は、交通事件 にもあります。


東京都港区虎ノ門3-18-12-301(神谷町駅1分) 河原崎法律事務所 弁護士河原崎弘 3431-7161