今月のお薦め本         

12月は、

 一穂ミチ
 「光のとこにいてね」



 主人公である2人の少女の出会い、そして大人になった2人のラストシーンが共に忘れ難い。
そのうえ、胸に刻み込んでおきたいと思う場面、言葉が幾つも散りばめられています。
 7歳、15歳、29歳と、3度にわたる出会いと別れの物語。感動は尽きません。お薦め!




 
(画像をクリックしてください)


 クリス・ウィタカー
 「われら闇より天を見る」



 家族の死、幼い弟の世話、相次ぐ困難な状況。そうした中で主人公の少女ダッチェスが自らを奮い立たせるのは、<無法者>だという言葉。
 一人の少女の闘い続ける姿を描いた圧巻のストーリィであると同時に殺人事件ミステリ。
 お薦めです。
 



 
(画像をクリックしてください)

      

−過去1年分一覧−

【2022年】

 11月
  佐原ひかり  人間みたいに生きている
  岩井圭也   付き添うひと

 10月
  八重野統摩  ナイフを胸に抱きしめて

 09月
  飛鳥井千砂  見つけたいのは、光 
  岩城けい   サウンド・ポスト 

 08月
  C・N・アディーチェ パープル・ハイビスカス 
  桂 望実   残された人が編む物語 
  竹宮ゆゆこ  あれは閃光、ぼくらの心中

 07月
  岩井圭也   生者のポエトリー 
  宇佐見りん  くるまの娘 
  草野たき   マイブラザー 
  乗代雄介   パパイヤ・ママイヤ 

 06月
  L・ベルリン すべての月、すべての年

 05月
  今村翔吾   幸村を討て
  上橋菜穂子  香君(上下) 

 04月
  朝比奈あすか ななみの海

 03月
  西條奈加   六つの村を越えて髭をなびかせる者
  M・クローニン レニーとマーゴで100歳

 02月
  L・ウリツカヤ 緑の天幕
  町田そのこ  コンビニ兄弟2

 01月
  青山文平   底惚れ
  北原真理   リズム・マム・キル

【2021年】

 12月
  町田そのこ  星を掬う
  木内 昇   剛心

                   

          

 Top Page