今月のお薦め本         

09月は、

  永井紗耶子
  「大奥づとめ」


 時代もの、女性たちの“お仕事小説”。その舞台が何と大奥とは!?
 ちょっと意表を突かれますが、読めばこれこそ己の才覚だけで出世が出来る世界だとよくわかります。構成力、人物造形ともまさにお見事!

 




 
(写真をクリックしてください)

  村上しいこ
  「死にたい、ですか」


 イジメ、それを苦にした自殺・・・。
 それがどれだけ大きな悲しみ、苦しみをもたらすものか、当事者だけでなく、社会全体で考えていかなくてはならない問題なのだということを、本書によって深く考えさせられました。

 




 
(写真をクリックしてください)

     

−過去1年分一覧−

【2018年】

 08月  
  八重野統摩  ペンギンは空を見上げる

 07月  
  佐川光晴   日の出
  マキューアン 憂鬱な10か月


 06月  
  深沢 潮   海を抱いて月に眠る
  小野寺史宜  ひと

 05月
  奥田亜希子  青春のジョーカー
  スウィフト  マザリング・サンデー

 04月
  一木けい   1ミリの後悔もない、はずがない
  瀬尾まいこ  そして、バトンは渡された

 03月
  花形みつる  Go Forward!

 02月
  塩野七生   ギリシア人の物語V
  C・トビーン ノーラ・ウェブスター

 01月
  山本悦子   神隠しの教室
  霧島兵庫   信長を生んだ男

【2017年】

 12月
  山田宗樹   きっと誰かが祈ってる


 11月
  畑野智美   消えない月
  L・グロフ  運命と復讐

 10月
  町田そのこ  夜空に泳ぐチョコレートグラミー


                
   

          

 Top Page