中江有里
作品のページ


1973年大阪府生、法政大学卒。女優、脚本家、作家。89年に芸能界デビュー、多数の映画やドラマに出演。2002年処女脚本「納豆ウドン」にて第23回BKラジオドラマ脚本懸賞最高賞を受賞し脚本家デビュー。06年処女小説「結婚写真」を発表。


1.ティンホイッスル

2.残りものには、過去がある

 


           

1.

「ティンホイッスル Tin whistle ★☆


ティンホイッスル画像

2013年01月
角川書店刊
(1400円+税)



2013/03/11



amazon.co.jp

人気低下し映画出演を契機に復活をかける美人女優、その女性マネージャー、かつて女優を目指したが今は離婚してパート勤めのシングルマザー、という3人の女性を巡る物語。

舞台は映画のロケ地となったある田舎町。
かつて人気のあった美人女優=
河野みさきは離婚以来人気を失っており、再浮上をかける映画出演だというのに我がまま放題、スタッフを振り回している。
主人公の一人である
大崎藍子はそのマネージャー。原石を発掘することを遣り甲斐と感じていたのですが、事務所の社長に頼まれみさきのマネージャーとなって半年。みさきの扱いに苦労している。。
その藍子がこの田舎町で目を留めたのは、かつてデビューしたものの売れないままに事務所が倒産。故郷に戻って結婚したものの離婚、
真菜という幼い娘を抱えるシングルマザーの片山愛。この愛がもう一人の主人公。
愛が監督の目に留まり、臨時出演を依頼されてやむなく応諾したところから、本格的に三人の女性のドラマが始まります。
本ストーリィの鍵となるのは、“運と運命”という言葉のようです。

登場人物の動きにややぎこちないところ等々ありますが、小説としては十分な出来。
藍子を真ん中にしてみさきと愛は対照的な存在ですが、両者を単純に比較するのではなく、各々自分の道をどう選択するのが良いのか、それを決めるのは結局自分自身でしかない、と描いているところが清々しく、とても気持ち良い。
今後の活躍に期待大です。

1.未練/2.過去/3.焦燥/4.希望/5.仕事/終楽章.再生

                      

2.
「残りものには、過去がある There is a past in leftovers --


ティンホイッスル残りものには、過去がある

2019年01月
新潮社刊

(1500円+税)

2019/03/--

amazon.co.jp






       近日中に読書予定









祝辞/過去の人/約束/祈り/愛でなくても/愛のかたち

            


   

to Top Page     to 国内作家 Index