いとうみく作品のページ No.2



11.朔と新

12.あしたの幸福

【作家歴】、糸子の体重計、空へ、車夫、車夫2、チキン!、ひいな、車夫3、トリガー、羊の告解、大渋滞

 → いとうみく作品のページ No.1

 


                  

11.
「朔と新(さくとあき) ★★☆         野間児童文芸賞


朔と新

2020年02月
講談社

(1500円+税)



2020/03/07



amazon.co.jp

兄弟で乗った高速長距離バスの事故のため、兄の朔(さく)は失明し、将来への希望を失う。
一方、軽傷で済んだ弟の
新(あき)は、あんたの所為だと母親から責められ、自分にとって大事なもの=陸上競技を手放す。

失明し自ら望んで盲学校に寄宿していた朔が1年ぶりに自宅に帰って来ます。母親の
加子は朔を心配し過保護状態、そして新とはことごとくぎくしゃく。
恋人の
から、選手としてその将来性を期待されていた新が陸上を辞めたと聞いた朔は、<ブラインドマラソン>に挑戦したいと言い出し、その伴走者に新を指名します。
それぞれ人には言えない想いを抱えこんだ滝本兄弟が、ブラインドランナー、伴走者として新たな視界を広げていく物語。

失明という運命に見舞われた絶望感、お前の所為だと責められた絶望感、兄弟2人が味わったやりきれない思いは、どちらが大きいとか比べることは到底できないものでしょう。
どんなに絶望感が大きくても、人生は待ってくれない。そうであれば、少しでも前に足を踏み出すしかない。
本作でそのきっかけとなるのが、近過ぎても遠過ぎてもダメというブラインドマラソン、その練習です。

2人の葛藤は、まさに大学生〜高校生年代の青春ドラマ、そのものです。
母親の加子と対照的に、特別扱いはしないけれど必要なサポートは当然のこととしてするといった姿勢の、兄弟を取り巻く人物たちの姿が爽やかです。
中でも、朔については進学して大学生となった恋人の
上城梓、新については何を言われてもめげない性格の同級生で陸上部の藤崎希美という、組み合わせが中々に魅力的。

ブラインドマラソンを素材にした清新な青春成長ストーリィ。いとうみく作品、やはり良いなぁ。
※なお、ゲスト出演でしょう、伴走者の一人として
吉瀬走が姿を見せます。そこのところも嬉しい。

           

12.
「あしたの幸福(絵:松倉香子) ★★★       河合隼雄物語賞




2021年02月
理論社

(1400円+税)



2021/03/11



amazon.co.jp

中2の雨音(あまね)は父親と二人暮らし。でも来月には父親、恋人の帆波と結婚予定。
それなのに、その父親が交通事故で突然に死去。
父親を失ったというのに、そのうえ家も学校も失いたくない、このまま自宅に住み続けたいと主張した雨音に、伯母が取った対応策は・・・。
数日後、雨音の元に国吉という女性から
「お困りでしたら、わたしと住みますか?」という電話が掛かってきます。
伯母曰く、
国吉京香はまだ赤ん坊の頃に父親と離婚した、雨音が会ったことのない母親とのこと。
9年前に死んだ祖母が
「あの人は欠陥人間なんだ」と言っていたことを雨音は思い出します。
それならそれでいい、その人を利用するだけだと雨音は覚悟を決め、それから2人の同居生活が始まります。

たしかにその国吉さんはちょっと変。人づき合いが、予想外の出来事が苦手なのだという。
実の母子だというのに「国吉さん」「雨音さん」と他人行儀。
TVドラマ「義母と娘のブルース」で綾瀬はるかが演じた義母の口ぶりを思い出します。

もう中学生、いや未だ中学生。でも中学生だって苦労を抱えますし、どうすれば幸せになれるのか、と考えます。
それは、父親を失った雨音だけでなく、心を病んだ母親を介護する同級生の
廉太郎も同様。

雨音と国吉さんの同居生活に、思わぬ同居人が飛び込んでくるところが面白い。
幸せって与えられるものではなく、自分で判断し、選び取るものなのだと感じさせられます。
その中で、その人の言葉は信じられるって思えることは、とても大切なことだと思います。

さて一年後、雨音の生活はどんな状況になっているのやら。それを考えるととても楽しい気分になってきます。
いとうみく作品、ホント好きだなぁ。


同居/隠し事/守りたいもの/背伸び/母と暮らす

   

いとうみく作品のページ No.1

  


   

to Top Page     to 国内作家 Index