松家仁之
(まついえ・まさし)作品のページ


1958年東京都生、早稲田大学第一文学部卒。編集者を経て2012年06月長篇小説「火山のふもとにて」を「新潮」に発表し作家デビュー、同作にて第64回読売文学賞、2018年「光の犬」にて第6回河合隼雄物語賞を受賞。


1.
火山のふもとで

2.沈むフランシス


3.優雅なのかどうか、わからない

4.光の犬

  


     

1.
「火山のふもとで」 ★★★       読売文学賞


火山のふもとで画像

2012年09月
新潮社刊

(1900円+税)



2012/10/25



amazon.co.jp

地味な作風だが評価の高い建築家=村井俊輔(70代半ば)の事務所に運よく入ることができた新人建築士の坂西徹
その村井建築設計事務所では夏になると、留守番役を都内の事務所に残し、浅間山のふもとにある青栗村の山荘に移って仕事をするのが常だった。
折しも事務所は国立現代図書館のコンペ参加を決め、例年にない忙しさ。
主人公にとって何もかも清新なひと夏が、先生の姪である麻里子とのひそかな恋愛と共に静かに進んでいく、というストーリィ。

何よりも魅力なのは、小説を読む喜び、そのストーリィの中に浸る楽しさが豊かに味わえること。
エンターテイメント性もトピック性も一切なく、ただひと夏の仕事を中心とした日々が淡々と書き綴られるだけなのですが、背後の情景、山荘の雰囲気といい、ディテールの全てに程よく神経が巡らされているといった確かな心地良さがあります。
その点では最近の小説にあまり感じられない、古典的小説技法のような良さを感じますが、そこには小説を読むという行為そのものを楽しむに足る味わいがあります。
また、本ストーリィは建築設計事務所を舞台にしているだけあって作品そのものにも、彼らが設計する建物のようなきめ細かさ、確かな設計があり、ちょうど建物の周りをぐるっと回って初めてその建物の美しさを実感するような素晴らしさを感じます。
なお、麻里子との恋愛も程よく抑制が効いていて快い。

本作品がデビュー作というのは全くの驚き。小説を読む楽しさをじっくり味わいたいという方に、是非お薦めしたい逸品です。

    

2.
「沈むフランシス」 ★★


沈むフランシス画像

2013年09月
新潮社刊
(1400円+税)



2013/10/30



amazon.co.jp

北海道を舞台にした男女の恋愛ストーリィ。
主人公の
撫養(むよう)桂子は35歳、東京の会社を辞めこの北海道の安地内村にやってきた。仕事は非正規雇用の郵便局配達員。
その桂子が配達先として出会い恋仲(?)となったのは、川のほとりに立つ木造小屋で一人暮らす
寺富野和彦
寺富野は桂子に、自分がこれまで録音してきた世界中の様々な音を聴かせます。
そして幾度となく登場人物をして、この安地内村の太古時代の風景、森が生い茂った景色へと思いを馳せられます。

桂子の配達先のひとつである老女は、他所からこの地にやってきた桂子のことを旅人といい、旅人であるからこそ好きなように行動することができると語ります。
桂子も寺富野もこの地では所詮、他所から一時的にやってきた旅人に過ぎないとも言えますし、太古から連なる悠久の時間から見れば、また広い世界の中の一部として見れば、桂子と寺富野など些細な存在に過ぎないと見えます。
そんな時間軸、空間軸の中での、北海道の大地を舞台に一時出会った男女の恋物語。そう思えば、他人の噂話など些少のことに過ぎないでしょう。

どうというストーリィとも言えないながら、ストーリィ全体を通じてかもし出される空気が快く、北海道の自然を噛みしめるような味わいがあります。そんなところは火山のふもとでに共通しています。
※表題の「フランシス」とは何か。表紙の犬の写真と関係があるのか。それは読んでのお楽しみ、
意外や意外です。

         

3.
「優雅なのかどうか、わからない」 ★★☆


優雅なのかどうか、わからない画像

2014年08月
マガジンハウス刊
(1600円+税)



2014/10/29



amazon.co.jp

主人公の岡田匡は40代後半、出版社勤務。妻と離婚し、井の頭公園近くの一軒家を借りて一人暮らしを始めます。
持ち主は米国に住む息子の元に引っ越したため鷹揚、さっそく主人公は自分にとって居心地の良い住まいへと改修を始めます。
会社の上司曰く、独身、収入面に不安なく、息子も米国で独り立ちしていて何の心配もいらない、
「これを優雅と言わずしてなんと言う」と言われますが、果たしてそうなのかどうか。

奇しくも主人公、一年前に別れた元恋人の
菅原佳奈と偶然に再会します。何と佳奈、主人公が住む借家から僅か5分程度の距離のところに、故郷から呼び寄せた父親と借家住まいを始めたばかりという。
しかし、その佳奈に父親の痴呆、介護問題が発生。佳奈は何かと主人公を頼るようになるのですが・・・・。

気遣う同居人もおらず、キッチン、書棚と住まいは自分の好みに合わせて居心地の良い家に整いつつある、そんな整然とした暮らしが語られる辺り、とても心地良いものがあります。
元恋人との関係も元通りになれば言うことはないのでしょうけれど、それは中々進まない。そう何もかもうまくいったらいくら小説といっても鼻白むところですが、どろどろした雰囲気は一切なく、この先どうなるのか、少々ミステリアスなところがむしろ楽しいくらいです。

端正な文章が何よりも魅力的。この文章に触れているだけで楽しい、嬉しい気分に浸ることができます。
主人公の生活は、題名にあるとおり「優雅なのかどうか」? 
最初こそ意味が判らないと思った題名も、その問い掛けを紐解いていくような展開に、最後はその意味が得心できます。
<読書>という遊びを心から楽しめる味わいをもった一冊、お薦めです。

            

4.

「光の犬 ★★☆         河合隼雄物語賞


光の犬

2017年10月
新潮社刊

(2000円+税)



2017/11/25



amazon.co.jp

北海道の田舎町=枝留(えだる)町に住むある家族を、三代 100年に亘って描いた物語。
ストーリィは50代になった
添島始が、老いた両親と三人の叔母たちの面倒を見るため、大学を退職し妻と別居して、ひとり故郷に帰ろうとするところから始まります。
そこから回想と、家族一人一人の人生ドラマを以て描かれる力作長編。

・信州の追分に生まれ、助産婦となり枝留にやって来て助産院を開き、孫の歩を取り上げる最後まで現役だった
祖母=よね
・戦前に隆盛を極めた薄荷工場の役員だった
祖父=眞蔵
・渓流釣りと北海道犬が趣味、生真面目だった
父=眞二郎
・義姉妹に見下されつつ専業主婦として生きた
母=登代子
・幼馴染の牧師の息子=一惟(いちい)と高校時代に恋仲となりながらも枝留を出て広い世界へと乗り出し、研究者の道を歩んだ
長女=歩
・レコードから音楽に没頭したまま成長しながらも、結局は大学で研究者の道を進んだ
長男=始
・夫婦に隣接する一軒家に住み続けた
三人の叔母たち=一枝・恵美子・智世
・親が押し付ける牧師の道に反抗し家をでたものの、最後はそこへ戻る
工藤一惟

ストーリィは時代を追って順次描かれるのではなく、家族ひとりひとりの人生ドラマを不規則に描いていきます。
しかし、それがかえって一人一人の人生と、その生きた重みを感じさせる作りになっています。
題名は「光の犬」で、さも犬が重要な役割を果たすように思われますが、本書に登場する、添島家の飼い犬で四代に亘る
北海道犬(初代イヨ、二代目エス、三代目ジロ、四代目ハル)は、ただそこにいる、というだけの存在。でもその北海道犬たちが添島一家に何かしらの安定を与えているのは紛れもない事実。

広大な北海道という土地、その土地で生きる家族の傍らに北海道犬が寄り添う姿は、至極当然の光景のように思えます。

※本作からは、スコットランドから移住したカナダで生きる人々の姿を多く描いた
アリステア・マクラウド作品を思い起こさせられます。「生きる」という重みを描いた点で、両者の作品には共通するところがあると思います。

 


  

to Top Page     to 国内作家 Index