├─EBCDIC
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - 固定長形式テキストデータの書き出し
├─Else
│  └─[VBA基本]初心者のよくある疑問・間違いや誤解 - 等号、不等号、大小記号がないIfステートメント
├─Else End If
│  └─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - 繰り返しや判断、分岐などは昔からあるBASICと同じ。
├─ElseIf
│  └─[VBA基本]初心者のよくある疑問・間違いや誤解 - 等号、不等号、大小記号がないIfステートメント
├─Empty
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - CSV形式テキストデータの書き出し
│  └─[VisualBasic]印刷はExcelで。 - .NETExcelへの処理が遅いのか。
├─EnableAutoFilter
│  └─[VBA応用]ワークシート操作 - シート保護状態でオートフィルタを使用できるようにする。
├─EnableCancelKey
│  ├─[API関連]APIの利用の例 - VBAの動作を一定時間止める。
│  ├─[VBA応用]Excel環境操作 - ESCキーで処理が止まるのをコントロールする
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のワークブックを順次処理する。
├─Enabled
│  ├─[VBA基本]作ったVBA(マクロ)の起動方法は? - シートにボタンを作る。
│  └─[配布の問題]アドインにVBAの主機能を収容する。 - アドイン動作のサンプル
├─EnableEvents
│  ├─[VBA応用]Excel環境操作 - 処理実行中の表現
│  └─[VBA応用]計算式関連操作 - 計算式をVBAから書き込む。
├─EnableSelection
│  └─[VBA応用]セル操作 - 保護しているセルは、セル選択もさせない。
├─Encoding
│  └─[VisualBasic]「メールの送信」 - Web上のメール送信フォームにPOSTしてみます。
├─End
│  ├─[VBA応用]セル操作 - Excelが認知している最終行を取得する。
│  ├─[VBA基本]シート上のセルの参照・転記 - RangeオブジェクトとRangeを返すプロパティ
│  └─[VBA基本]シート上のセルの参照・転記 - セル範囲が不定(可変)の場合は
├─Enter
│  └─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームのコントロールを配列にする。(クラス処理)
├─EnterFocus
│  └─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームのコントロールを配列にする。(クラス処理)
├─EntireColumn
│  └─[VBA基本]シート上のセルの参照・転記 - ついでに行列変換
├─EntireRow
│  └─[VBA基本]シート上のセルの参照・転記 - ついでに行列変換
├─Enum
│  └─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - ユーザー定義型
├─Erase
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - CSV形式テキストデータの書き出し
├─Err
│  └─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - 「プログレスバー」のクラス
├─Err.Number
│  └─[VBA応用]Excel環境操作 - ESCキーで処理が止まるのをコントロールする
├─Escキー
│  ├─[API関連]APIの利用の例 - VBAの動作を一定時間止める。
│  ├─[VBA応用]Excel環境操作 - ESCキーで処理が止まるのをコントロールする
│  ├─[VBA応用]Excel環境操作 - 処理実行中の表現
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のワークブックを順次処理する。
│  ├─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームの閉じる([×])ボタン制御
│  └─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - 「プログレスバー」のクラス
├─Excel
│  └─[VBA応用]データベース操作 - ADOExcelワークシートに接続
├─EXCEL.EXE
│  ├─[VisualBasic]印刷はExcelで。 - Excelがプロセスに居座ってしまう!?
│  └─[VisualBasic]印刷はExcelで。 - Excelがプロセスに居座ってしまう!?その2
├─Excel2000
│  └─[セキュリティ]セキュリティレベルとマクロ動作 - セキュリティレベルと動作
├─Excel2002
│  └─[セキュリティ]セキュリティレベルとマクロ動作 - Excel2002ではVBEを操作するマクロがエラーになる。
├─Excel2003
│  ├─[Excel環境]複数バージョンのExcelを共存 - 共存インストール
│  ├─[VBA応用]ウィンドウ操作 - 2つのウィンドウを同期を取ってスクロールさせる。
│  └─[基本操作]目的別ワンポイント - 分類ごとに集計がしたい。
├─Excel2007
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルの検索
│  └─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームにワークシートを表示させる。
├─Excel2010
│  └─[Excel環境]複数バージョンのExcelを共存 - どのバージョンで開くかの選択(Windows7,8)
├─Excel2013
│  └─[Excel環境]複数バージョンのExcelを共存 - どのバージョンで開くかの選択(Windows7,8)
├─Excel95
│  ├─[セキュリティ]セキュリティレベルとマクロ動作 - 健全なマクロと、マクロウィルスの見分けは明確ではない。
│  └─[セキュリティ]デジタル署名の問題 - デジタル署名の問題
├─Excel97
│  ├─[VBA応用]その他 - CDOでメール送信
│  ├─[セキュリティ]セキュリティレベルとマクロ動作 - セキュリティレベルと動作
│  ├─[セキュリティ]デジタル署名の問題 - デジタル署名で不正動作を起こす例
│  ├─[セキュリティ]デジタル署名の問題 - デジタル署名の問題
│  └─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - メール送信(CDO利用)
├─Excelのオプション
│  └─[Excel環境]デフォルト値を変える - クイックアクセスツールバー
├─Excelの終了
│  └─[VBA応用]その他 - Application.Quitの誤解
├─ExecuteNonQuery
│  ├─[VisualBasic]ADO.NETで試してみる。 - SQLServer2005で試してみます。
│  └─[VisualBasic]ADO.NETで試してみる。 - トランザクション処理を使ってみます。
├─ExecuteReader
│  ├─[VisualBasic]ADO.NETで試してみる。 - SQLServer2005で試してみます。
│  └─[VisualBasic]ADO.NETで試してみる。 - トランザクション処理を使ってみます。
├─Exit
│  ├─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームのコントロールを配列にする。(クラス処理)
│  └─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォーム上の数値入力や日付入力の工夫
└─ExitFocus
   └─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームのコントロールを配列にする。(クラス処理)

もくじに戻る


├─False
│  ├─[VBA応用]Excel環境操作 - タイトルバー、ステータスバーの制御
│  └─[VBA基本]初心者のよくある疑問・間違いや誤解 - 等号、不等号、大小記号がないIfステートメント
├─Fields
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - ADOでデータを取得する。
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - Excelでデータベースを更新する。
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - SQLServerで試してみます。
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - ユーザーフォームで郵便番号住所変換
│  └─[VBA応用]データベース操作 - ワークシートからデータベースに一括登録
├─FileCopy
│  ├─[API関連]APIの利用の例 - Windowsの「SYSTEM」や「TEMP」フォルダ名の取得。
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルのコピー
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルの移動、ファイル名の変更、ファイルの削除
├─FileDateTime
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルのタイムスタンプや属性情報の取得
├─FileLen
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルのタイムスタンプや属性情報の取得
├─Files
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のファイル一覧の取得
├─FileSearch
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルの検索
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のワークブックを順次処理する。
├─FileSystemObject
│  ├─[API関連]APIの利用の例 - Windowsの「SYSTEM」や「TEMP」フォルダ名の取得。
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - CSV形式テキストデータの書き出し
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - CSV形式テキストデータの読み込み(カンマ数不定版)
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - テキストデータの書き出し
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - テキストデータの追記書き出し
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - テキストデータの読み込み
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルのコピー
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルの移動、ファイル名の変更、ファイルの削除
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルの検索
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のファイル一覧の取得
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のワークブックを順次処理する。
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - 固定長形式テキストデータの書き出し
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - 固定長形式テキストデータの読み込み
│  ├─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - カンマ数不定のCSVファイル読み込み
│  └─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - 自由設定のCSVファイル出力
├─FinalReleaseComObject
│  └─[VisualBasic]印刷はExcelで。 - Excelがプロセスに居座ってしまう!?その2
├─FIND関数
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - 文字列操作の例(氏名を分解する)
│  └─[計算式]よく使う目的別計算式 - 半角・全角に変換する、他の文字に置き換える。
├─FLOOR関数
│  ├─[VBA応用]計算式関連操作 - マクロ上でワークシート関数を使う。
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - 時刻を15分・30分単位にまるめてから時間数を計算
│  └─[計算式]その他目的別計算式 - 出退時刻間の時間を通常と深夜に分ける。
├─Folder
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のファイル一覧の取得
├─FolderDialog
│  └─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - フォルダの参照
├─For Each
│  └─[VBA応用]ワークシート操作 - シート保護状態でオートフィルタを使用できるようにする。
├─For Next
│  └─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - 繰り返しや判断、分岐などは昔からあるBASICと同じ。
├─Format
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - バイナリモードでの読み書き
├─Forms
│  └─[VBA基本]VBEの使い方 - ツールボックス
├─Formula
│  ├─[VBA基本]シート上のセルの参照・転記 - 計算式だと
│  └─[VBA基本]初心者のよくある疑問・間違いや誤解 - 変数を使って、計算式を動的に編集
├─FormulaR1C1
│  ├─[VBA基本]シート上のセルの参照・転記 - 計算式だと
│  └─[VBA基本]初心者のよくある疑問・間違いや誤解 - 変数を使って、計算式を動的に編集
├─Framework
│  └─[VisualBasic]「Visual Basic 2008」について - VB2008VB2005のプロジェクトを開いてみます。
├─FSO
│  ├─[API関連]APIの利用の例 - Windowsの「SYSTEM」や「TEMP」フォルダ名の取得。
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - MDBのテーブル定義内容を取得する。
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - ワークシートからデータベースに一括登録
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - CSV形式テキストデータの書き出し
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - CSV形式テキストデータの読み込み(カンマ数不定版)
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - テキストデータの書き出し
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - テキストデータの追記書き出し
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - テキストデータの読み込み
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルのコピー
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルの移動、ファイル名の変更、ファイルの削除
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルの検索
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のファイル一覧の取得
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のワークブックを順次処理する。
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - 固定長形式テキストデータの書き出し
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - 固定長形式テキストデータの読み込み
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - 絶対パス指定と相対パス指定
│  ├─[VBA応用]ワークブック操作 - ブックのプロパティ取得
│  ├─[ダウンロード]そのまま使えるツール集 - フォルダ一覧
│  ├─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - カンマ数不定のCSVファイル読み込み
│  └─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - 自由設定のCSVファイル出力
├─FTP
│  └─[VBA応用]その他 - FTPでホストのファイル一覧を作成する。
├─Function
│  └─[ダウンロード]そのまま使えるツール集 - パスワードの自動生成
└─Functionプロシージャ
   ├─[VBA応用]Excel環境操作 - マクロの起動にプロシージャ名を表示させなくする。
   ├─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームの閉じる([×])ボタン制御
   ├─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - モジュールとプロシージャ
   ├─[VBA基本]機能分割と他モジュールの呼び出し - 「値」の渡し方
   ├─[VBA基本]機能分割と他モジュールの呼び出し - Functionプロシージャ
   └─[VBA基本]初心者のよくある疑問・間違いや誤解 - プロシージャ間の変数の受け渡し(その2)

もくじに戻る


├─GET
│  └─[VBA応用]その他 - メールフォームにPOSTする。
├─Get
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - バイナリモードでの読み書き
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - 固定長形式テキストデータの読み込み
├─GET
│  └─[VisualBasic]「メールの送信」 - Web上のメール送信フォームにPOSTしてみます。
├─GetAbsolutePathName
│  ├─[API関連]APIの利用の例 - Windowsの「SYSTEM」や「TEMP」フォルダ名の取得。
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - 絶対パス指定と相対パス指定
├─GetAttr
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルのタイムスタンプや属性情報の取得
├─GetComputerName
│  └─[API関連]APIの利用の例 - コンピュータ名やログインユーザ名の取得。
├─GetFile
│  ├─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - ファイルの検索
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のワークブックを順次処理する。
├─GetFolder
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のファイル一覧の取得
├─GetLongPathName
│  └─[API関連]APIの利用の例 - Windowsの「SYSTEM」や「TEMP」フォルダ名の取得。
├─GetOpenFilename
│  ├─[API関連]APIの利用の例 - ファイルに関連付けられたプログラムの起動。
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - テキストデータの読み込み
├─GetSystemDirectory
│  └─[API関連]APIの利用の例 - Windowsの「SYSTEM」や「TEMP」フォルダ名の取得。
├─GetTempPath
│  └─[API関連]APIの利用の例 - Windowsの「SYSTEM」や「TEMP」フォルダ名の取得。
├─GetTypeFromProgID
│  └─[VisualBasic]印刷はExcelで。 - Excelがプロセスに居座ってしまう!?その2
├─GetUserName
│  └─[API関連]APIの利用の例 - コンピュータ名やログインユーザ名の取得。
├─GetUserName
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - テキストデータの追記書き出し
├─GoSub Return
│  └─[VBA基本]機能分割と他モジュールの呼び出し - 処理効率から、あえて分割しないことも
├─GoTo
│  ├─[VBA応用]ウィンドウ操作 - シートの表示位置を左上に戻す。
│  └─[VBA基本]機能分割と他モジュールの呼び出し - 機能分割のすすめ
└─Group
   └─[VBA応用]セル操作 - グループ制御

もくじに戻る


├─Header
│  └─[VBA応用]セル操作 - 並べ替え
├─Height
│  └─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームの閉じる([×])ボタン制御
├─Hide
│  ├─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - 2つのフォームを排他表示させるサンプル
│  └─[VBA基本]ユーザーフォームについて - ユーザーフォームの作り方
├─Hieght
│  └─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - 2つのフォームを排他表示させるサンプル
├─HLOOKUP関数
│  └─[計算式]よく使う目的別計算式 - コードから名称を表示
├─Horizontal
│  └─[VBA応用]ウィンドウ操作 - 2つのウィンドウを同期を取ってスクロールさせる。
├─HOUR関数
│  └─[計算式]よく使う目的別計算式 - 日付から年・月・日をそれぞれ取り出す
├─HPageBreaks
│  ├─[VBA応用]セル操作 - 同グループ先頭行以降は表示させない。
│  └─[VBA応用]印刷関連操作 - 定型書式でページ範囲いっぱいを印刷範囲にする。
├─HTMLメール
│  ├─[VBA応用]その他 - CDOでメール送信
│  └─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - メール送信(CDO利用)
└─HttpUtility
   └─[VisualBasic]「メールの送信」 - Web上のメール送信フォームにPOSTしてみます。

もくじに戻る


├─If
│  └─[VBA基本]初心者のよくある疑問・間違いや誤解 - 等号、不等号、大小記号がないIfステートメント
├─If Then
│  └─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - 繰り返しや判断、分岐などは昔からあるBASICと同じ。
├─IFERROR関数
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - VLOOKUPで見つからなかったら「???」を表示する
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - 文字列操作の例(氏名を分解する)
│  └─[計算式]その他目的別計算式 - 文字列操作の例(住所を都道府県とそれ以外に分ける)
├─IF関数
│  ├─[基本操作]目的別ワンポイント - 印が付いた行を自動的に塗りつぶしたい。
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - リスト内容の件数や対象が変わる場合の対応
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - 今日の日付から月初/月末日を算出する。(締日判定)
│  ├─[計算式]よく使う目的別計算式 - 条件判断の使い方
│  └─[計算式]計算式の基本 - エラー回避策
├─IIS
│  ├─[VBA応用]その他 - メールフォームにPOSTする。
│  └─[ダウンロード]組み込み用モジュール集 - Excelをダウンロードコンポーネントとして使う。
├─IME
│  ├─[API関連]APIの利用の例 - ふりがなの自動入力
│  ├─[VBA応用]その他 - 郵便番号から住所を自動入力
│  └─[基本操作]入力支援について - 入力規則
├─Import
│  └─[配布の問題]配布の問題とは!?
├─Index
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - ユーザーフォームで郵便番号住所変換
│  └─[VBA応用]ユーザーフォーム関連 - ユーザーフォームのコントロールを配列にする。(クラス処理)
├─INDEX関数
│  └─[VBA応用]その他 - 探し出しマッチングのサンプル(VLOOKUPと速度比較)
├─INDIRECT関数
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - リスト内容の件数や対象が変わる場合の対応
│  ├─[計算式]よく使う目的別計算式 - コードから名称を表示
│  └─[計算式]よく使う目的別計算式 - 文字列を「式」に見立てて参照を行なう
├─INIファイル
│  └─[API関連]APIの利用の例 - INIファイルの読み書き。
├─Input
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - CSV形式テキストデータの読み込み
├─InputBox
│  └─[VBA応用]テキストデータやファイル操作 - フォルダ内のファイル一覧の取得
├─Insert
│  ├─[VBA応用]セル操作 - グループ制御
│  └─[VBA応用]セル操作 - 小計の挿入
├─INSERT
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - Accessなしでデータベースを作成する。
│  ├─[VBA応用]データベース操作 - Excelでデータベースを更新する。
│  └─[VBA応用]データベース操作 - SQLServerで試してみます。
├─Integer
│  ├─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - データ型の変換
│  ├─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - ユーザー定義型
│  └─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - 変数のデータ型
├─Interactive
│  └─[VBA応用]Excel環境操作 - 処理実行中の表現
├─Internet Information Service
│  └─[VBA応用]その他 - メールフォームにPOSTする。
├─InteropServices
│  ├─[VisualBasic]印刷はExcelで。 - Excelがプロセスに居座ってしまう!?
│  ├─[VisualBasic]印刷はExcelで。 - Excelがプロセスに居座ってしまう!?その2
│  └─[VisualBasic]印刷はExcelで。 - Excel操作部を共通関数化
├─INT関数
│  └─[計算式]よく使う目的別計算式 - 切り捨て、切り上げ、四捨五入
├─IPアドレス
│  ├─[VisualBasic]「メールの送信」 - 「CC」や「BCC」を追加してみます。
│  └─[VisualBasic]「メールの送信」 - まずは単純に送信を確認してみます。
├─IsAddin
│  └─[配布の問題]アドインにVBAの主機能を収容する。 - ワークブックからのアドインの呼び出し方を考える。
├─IsArray
│  └─[API関連]外部コンポーネント利用の例 - メール送受信、添付ファイルの処理
├─IsDate
│  └─[VBA基本]BASIC言語の基礎 - データ型の変換
├─ISERROR関数
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - VLOOKUPで見つからなかったら「???」を表示する
│  └─[計算式]その他目的別計算式 - 式がエラーだったら赤太字にする。
├─ISERR関数
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - VLOOKUPで見つからなかったら「???」を表示する
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - 式がエラーだったら赤太字にする。
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - 式のエラーは表示しないようにする
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - 文字列操作の例(氏名を分解する)
│  ├─[計算式]その他目的別計算式 - 文字列操作の例(住所を都道府県とそれ以外に分ける)
│  └─[計算式]計算式の基本 - エラー回避策
└─ISNA関数
   └─[計算式]その他目的別計算式 - VLOOKUPで見つからなかったら「???」を表示する