メール送信

メール送信では、フリーソフトの「BASP21」と、Windows標準の「CDO」を紹介します。
メール送信の外部コンポーネント....   メール送信については何カ所かのページで扱っているので、詳細はそのページに委ねますが、 元々、ExcelVBAにはWorkbookレベルに「SendMailメソッド」があり、Windows標準メールソフトを経由してメール送信を行なう機能がありましたが、 宛先と件名くらいしか指定できる項目がなく、また、セキュリティレベルで警告メッセ−ジが表示されて送信がブロックされてしまうなど、現在では使い物にはならないという状態でした。

ここで早い段階から登場したのがフリーソフトの「BASP21」です。 メールの送受信やTCP通信を含めてサポートし、有償版の「BASP21 Pro」もあって脚光を浴びていました。

Windows2000以降になると、Windows側に標準として「CDO」が搭載されたため、 メール送信については「CDO」が定着していったというのがこれらの経緯だと思います。

以前はこちらのページでソースコードを紹介していましたが、現在では「ダウンロード」の方で下記のように紹介しています。
CDO」では送信認証項目の設定も行なっています。
BASP21」でのメール送信

メール自動送信
(画像をクリックすると、このサンプルがダウンロードできます)
「メール送信(BASP21利用)」をご覧下さい。

CDO」でのメール送信

メール自動送信
(画像をクリックすると、このサンプルがダウンロードできます)
「メール送信(CDO利用)」をご覧下さい。