磯の魚たち > 魚(幼魚)の画像 カ行 クロハギ タイドプール(潮だまり)や浅瀬で見られる小さな魚たちの紹介

【 和名の行選択 】
ア行選択 カ行選択 サ行選択 タ行選択 ナ行選択
ハ行選択 マ行選択 ヤ行選択 ラ行選択 ワ行選択
クロハギ 〔 クロハギ 〕 ニザダイ科
見られた時期:9月~10月

浅いタイドプールで3匹のニザダイと一緒に泳いでいた。見ためはニセカンランハギ?と思ってしまうが、尾びれが黄色くないことで多少雰囲気が違ってみえる。2014年が初採集。

尾びれの根元にある棘のおおいが黒いのはクロハギ、白いのはニセカンランハギなのですが、このサイズで泳いでいるのを見ての判断は難しい。(下から2枚目の比較写真参照)

ニセカンランハギと同様に逃げ足は速く、追い込める場所がないと採集は難しい。当磯ではこの個体が初採集。

撮影個体:5.0cm(成魚:35cm)
 学名:Acanthurus xanthopterus
⦿ 写真クリックで大きい画像
クロハギ

上の個体から10ヶ月後。

人工餌にも慣れるのが早く飼育は容易。

尾びれの根元にある棘のおおいが白でなく黒であることが良く判ります。(下の写真も参照)

本や資料等による日本近海での分布
南日本
撮影個体:14cm(成魚:35cm)
 学名:Acanthurus xanthopterus
⦿ 写真クリックで大きい画像
ニセカンランハギとクロハギの比較

左はクロハギとニセカンランハギの比較画像。

図鑑等によれば、他に似ている種としてオスジクロハギがいる。

画像を検索してみれば確かに悩ましい…これからはもっと良~く観察しなければと思う。

⦿ 写真クリックで大きい画像
クロハギ

2016年に採集した個体。

ニセカンランハギの写真フォルダーを整理している時に発見したもの。

一番上の写真の個体よりも小さいサイズで表皮に細い黒線がある。これはクロハギ属のアクロヌルス幼生の名残りとのこと。

亜科、属についてはwiki参照

撮影個体:3.5cm(成魚:35cm)
 学名:Acanthurus xanthopterus
⦿ 写真クリックで大きい画像