心の癒し。「死別の悲しみの癒し」に関連した情報を広く紹介するページです。

悲しみの癒し

死別の悲しみの
  癒しの広場 
Created by 中原 憬


All Rights Reserved. Copyright (C) 2000, 2019, Kei Nakahara
自殺で遺された人たち(サバイバー)のサポートガイド―苦しみを分かち合う癒やしの方法

災害で大切な人を喪われた方に、心より哀悼の意を捧げます。
  [2011.06.05]−「ミニエッセイ[死別と癒し]」に「さようならを言えなかった人に」を追加(#66)。
  [2011.05.07]−「ミニエッセイ[死別と癒し]」に「無残な亡骸と対面した人に」を追加(#65)。
  [2011.03.14]−「ミニエッセイ[死別と癒し]」に「あなたが助かってよかった」を追加(#64)。

「死別の悲しみの癒しのブログ」[2018.08.16]

新着6件
   [2019.11.29]−「レクイエム」にご投稿「私はげんきです」を追加(#3624)。  [2019.11.25]−「レクイエム」にご投稿「JJへ, 感謝の手紙」を追加(#5746)。  [2019.11.18]−「レクイエム」にご投稿「兄ちゃんに報告したい事」を追加(#6222)。  [2019.11.18]−「レクイエム」にご投稿「夢が少し叶ったかな?」を追加(#1475)。  [2019.11.03]−「癒しの書籍」に3.11ボランティアの記録「面影画」を追加。  [2019.11.03]−「癒しの書籍」に小説「ツナグ」と続編「ツナグ 想い人の心得」を追加。  
もう、12月。すっかり、寒くなりましたね。風邪を召されないようご自愛ください。
レクイエムはすべてのご投稿を掲載してあります。ご投稿をお待ちしております。[2019.12.02]

映画『風の電話』が2020年1月24日(金)から公開されます。
映画『風の電話』

東日本大震災ですべてを失った主人公のハル(モトーラ世理奈)が、傷ついた心を抱えて広島から故郷・大槌町へ旅する姿とその心の救済が描かれている。

地震によって発生した津波と火災により、壊滅的被害を受けた大槌町には亡くなった人々ともう一度会話したいという思いから設置された実在する電話ボックスがある。
その電話線はどこにもつながっていないが、今は亡き大切な人と想いをつなぐ電話として震災以降、3万人を超える人々が訪れている。その電話ボックスをモチーフにした映画。

西島秀俊さん、三浦友和さん、西田敏行さん、渡辺真起子さん、山本未來さん出演。


  [2019.10.23掲載]
映画『風の電話』公式サイト

今週の癒しの音楽 [2019.11.25] 

「光」 柴田淳



この曲は「好きな人を看取って一人で生きていくぐらいなら、本当に
申し訳ないんだけど残された人のことを全く無視して先に逝きたい」と
いう思いで作られたものとインタビューで語っています。

ただ、のちに作られた曲「Love Letter」では「でももし両親より
先に死んでしまうことがあるとしたら、やっぱり残された人たちって
生き地獄になると思うんですよね。だったら自分が看取った方が
ラクだなって、今は考えられるようになった。 」と語っています。

生き急ぐように 君は今
駆け抜けている
そんな眩い光 見つめていた
燃え尽きるまで きっとそう
立ち止まらない
そんな急いで 答え出さないでいて

ぼくはこう思っているんだ
"君より早く死にたい"
それくらい君なしでは
生きていけそうもないみたいだ

君の笑顔も 君のまなざしも
ぼくの一番の心の支えだから
失えないよ 奪わないで
ぼくのこと ひとりにしないで



すべての歌詞はこちら


過去にこのコーナーで紹介した曲は、こちらのブログにまとめてあります。

中原 憬のミニエッセイ

ミニエッセイ [死別と癒し]
No.88 「淀む感情に対処する方法」 [2019.05.04]
ミニエッセイ [憂鬱とメンタルヘルス]
No.42 うつ病と躁うつ病  [2018.10.09]
ミニエッセイ[恨みと赦し]
No.42 いちばん怖いこと  [2019.07.28]
ミニエッセイ[あの世とこの世]
No.15 死後の世界をテーマにしたナショジオのドキュメンタリー番組  [2019.08.15]

中原憬の作者近況
水害に遭った後の対処方法  [2019.10.22]

お勧めのアロマテラピーサロン〔京都市〕




旦那と死別した未亡人のために 〜生活情報編 [2019.05.05]

身体と心の癒し

心と体を穏やかにするハーブ、サプリメント、漢方薬などを紹介します。

各種グループ&HP情報

死別の癒しに関連した各種グループを紹介します。また、困ったときに役に立つHPを紹介します
癒しの映画/ドラマ

心の傷を癒し、魂を暖めてくれるお勧めの映像作品をご紹介します
先人、作家、詩人の言葉
書籍などに書いてあった先人、作家、詩人の言葉を紹介します
癒しの書籍

悲しみを乗り越えて生きていく人生の指針となる書籍を紹介します
子どもを亡くした親の為に

子ども・赤ちゃんを喪った親のはかり知れない悲嘆を癒す為に
癒しの音楽

安らぎを与え、心を癒してくれる、とびきり美しい音楽を紹介します
自殺/自死で遺された遺族の為に

自殺/自死で遺された深い心の傷と自責の苦しみを癒す為に
レクイエム(鎮魂の文集)

死別の悲しみを綴って癒すための文集を用意しました。ご投稿をお待ちしています。






YouTubeへのリンク
瀬戸内寂聴の人生相談 「突然の死と向き合う時」

「娘が自殺しました」
※音量注意
大学を出て希望の会社に就職したばかりの娘が、突然自殺しました。急死した主人の死から半年後、父親っ子であった娘は後を追うように自殺してしまったのです。親として肝心な時に何もしてやれなかったことが悔やんでも悔やみきれません。天罰でしょうか。
「主人の自殺は私のせいでしょうか」
体が弱く失業した主人の代わりに働き続け、子供たちを大学にやり、就職させました。しかし、ふと私の人生って、と虚しい気持ちに襲われ、主人に思わずひどい言葉をかけた翌日、主人が自殺してしまったのです。この先、自責の念を背負いながら生き長らえていかなくてはならないのでしょうか。

「息子の死を信じたくない」(10:04より)
十六歳の長男が事件に巻き込まれ殺されてしまいました。私はもう魂の抜け殻のようです。二年経った今でも仏壇にお供えしたり、語りかけたりできません。それをしてしまうと、もう本当に息子が死んでしまったことを完全に受け入れるようでとても怖いのです。
(続き)「息子の死を信じたくない」



死別の悲しみの自己診断チェック あなた自身の悲しみについてもっとよく知る為に
頼れるカウンセラーの見つけ方 あなたをサポートしてくれる臨床心理士の見つけ方
心のお医者さんの見つけ方 近くの病院をまず見つけよう! よく眠れる薬をもらうだけでも
相続の手続きをどうしたらよいのかわからない人に 遺産争いを避けるためにも
再び歩きはじめた人達より 新しい出会いによって再び歩きはじめた人達からのメール

「岸辺のふたり」(Father and Daughter)のDVDのご紹介
HDリマスター版



通常版
岸辺のふたり [DVD]
20件以上あるレビューが参考になります。

奇跡のように美しい、8分間の短編アニメーションです。台詞はありません。
遺された人の心を優しく包み込む作品です。

YouTubeで「Father and Daughter」と検索してください。

父と幼い娘が自転車に乗って、湖にやってきます。父は娘を強く抱きしめた後、一人、ボートに乗って湖に消えてしまいます。そのまま父は二度と帰ってきませんでした。
失われてしまった父に対する深い哀切と思慕の念を抱えながらも、娘は成長していきます。そして−−−。

人が人を愛する想いを掬い取った深い作品です。短編アニメーションの最高峰といえるでしょう。2001年米国び英国アカデミー賞を受賞。

絵本はここ
Yahoo!映画情報
goo映画情報




[上に戻る]


このページは特定の宗教に拠ったものではなく、私、中原 憬(けい)の個人の体験と感性をもとに創っているものです
愛する人との死別でぼろぼろになってしまった人の気持ちを、少しでも癒していければと思います
あなたの悲しみがひとときでも和らぎますように


前書き / 愛する人を亡くした人の為の100の言葉 / 後書き / 感想文集
死別の悲しみの癒しの広場 / ミニエッセイ / 中原 憬 ホームページ


「愛する人を亡くした人の為の100の言葉」
戻る


このページ「死別の悲しみの癒しの広場」は、「愛する人を亡くした人の為の100の言葉」の付録のページです。

[上に戻る]


Google




いじめられて、自殺を考えているあなたに
いじめられたからといって、自殺をしてはいけない。
あなたの命は、何より価値のあるものだから。



日本いのちの電話連盟 様々な困難や辛い目にあって生きることに疲れてしまった人ための相談電話です。


NHK うつサポート情報室 うつ病に苦しむ方々を支える情報を提供するためのNHKのサイト。

クリックで救える命がある。 リンク先のサイトで、「募金ボタン」をクリックするだけで無料で各種NPO団体に寄付ができます。クリックしたときに広告が表示されることで、スポンサー企業が寄付代金をネットユーザの代わりに供出するという仕組みです。

日本骨髄バンク 骨髄バンクのドナー登録の説明があります。一人でも多くの命を救うために。



[上に戻る]