近代俳句の世界


  俳句は、近代を取り込み、しかしその裏に前近代を囲い込みながら進展していった。 

  それは、日本の近代の相そのものであろう。


近代俳句の成立 俳人を考える これからの俳句のために
近代の座 虚子と碧梧桐 風景の崩壊
子規と言文一致 荻原井泉水と「層雲」 暗合と創造
俳句という名称の成立 水原秋桜子と「馬酔木」 俳句の行方
金子兜太論 口語の可能性
生き残る俳句
秋尾敏の愛称句

 

cf9b-ako@asahi-net.or.jp
ホームページに戻る