■ホームページへ
あちこちうろうろ歩いた記録 

芭蕉は、

「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして、旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。・・」

と、書き出しているが、奥の細道にもあるように、ちぎれ雲が私を旅へと誘う。

2001年からの21世紀を旅する者として、その足跡を様々に記録しておきたい。
その旅は、仕事であったり、ちょっとそこら辺の身近なものであったり、国内外への旅行であったりする。あるいは心の旅もある。
それら、生々流転の天地万物と共生しながら、私自身の「旅」の、心のありようを吐露し、書き連ねていきたい。 
古道・街道・お城・古い町並み
■熊野古道   熊野古道のすべての王子を踏破
■西国三十三所巡り   西国三十三所巡りをします。
■四国八十八カ所巡り   四国八十八カ所巡りをします。
■高野山町石道   熊野の入り口高野山への道
■大和街道   大和街道を歩きます。
■竹内街道   日本最初の国道を歩きます。
■柳生街道   剣豪が行き交った街道を歩きます。
■山辺の道   日本最古の街道を歩きます。
■暗峠   奈良と大阪を結んでいた街道を歩きます。 
■葛城街道   奈良の歴史の源を歩きます
■お城へ行こう    世界のお城を見て歩きます 
■ぶらり滝巡り   きれいな滝を見てきました
■奈良歴史散歩   奈良を見て歩きます 
■倉敷    倉敷をぶらぶら
■風土記の丘    和歌山は全国でも古墳の多いところです 

▲ページトップへ   ■ホームページへ