図書館員のコンピュータ基礎講座

数詞

インドネシア語

【2007-05-06更新】
基数 序数
0 nol/kosong -
1 satu pertama
2 dua kedua
3 tiga ketiga
4 empat keempat
5 lima kelima
6 enam keenam
7 tujuh ketujuh
8 delapan kedelapan
9 sembilan kesembilan
10 sepuluh kesepuluh
11 sebelas kesebelas
12 dua belas kedua belas
13 tiga belas ketiga belas
14 empat belas keempat belas
15 lima belas kelima belas
16 enam belas keenam belas
17 tujuh belas ketujuh belas
18 delapan belas kedelapan belas
19 sembilan belas kesembilan belas
基数
20 dua puluh
21 dua puluh satu
22 dua puluh dua
30 tiga puluh
40 empat puluh
50 lima puluh
60 enam puluh
70 tujuh puluh
80 delapan puluh
90 sembilan puluh
100 seratus/satu ratus
101 seratus satu
200 dua ratus
1,000 seribu/satu ribu
1万 sepuluh ribu
100万 sejuta/satu juta
10億 satu milyar
1兆 satu trilyun
《基数》
  • laksa (1万)、keti (10万)という位を表現する語もありますが、あまり一般的ではありません。例:selaksa (1万)、seketi (10万)
  • tujuh (7)にはtudjuhjuta (100万)にはdjutamilyar (10億)にはmiliartrilyun (1兆)にはtriliunという綴りもあります。
《序数》
  • 1を除き、基数の前にkeを置いて作成します。1にはkesatuという表現もありますが、あまり一般的ではありません。20以上の数字の例は省略しています。

数字による表記

通常は、アラビア数字が用いられます。
多くの助数詞(個、本、枚などの、数を表わす語に付ける接尾語)があります。例:2 buah buku (2冊の本、buku=本)、5 lembar kertas (5枚の紙、kertas=紙)

序数の表現は「ke-+数字」または「ke +数字」が基本です。

例)
ke-1, ke-2, ke-3, ke-4, ke-5 ...
ke 1, ke 2, ke 3, ke 4, ke 5 ...

数詞に関連する用語

数詞とともに用いられる用語には、下記のようなものがあります。

意味 用語 省略形
edition cetekan/cetakan cet.
edition edisi
volume volume v., vol.,
number nomor no.
year tahun th.
part bagian
ページ page halaman hlm.
  • 省略形は「英米目録規則 第2版」(2002年改訂版を含む)に基づいていますが、halamanの省略形はインドネシア国立図書館外部へのリンクのOPACの表示に基づいています。
参照・参考文献
  • インドネシア語の入門 / 牛江清名著 白水社, 1975.1 [b]
  • インドネシア語四週間 / 朝倉純孝著 [改訂版] 大学書林, 1955 [b]
  • 基礎インドネシア語 / 森村蕃著 大学書林, 1981.9 [b]
関連ページ
ページのトップへ
CyberLibrarian : tips on computer for librarians, 1998-