図書館員のコンピュータ基礎講座

数詞

アラビア語

【2008-10-03更新】

数詞の性と修飾する名詞の性は必ずしも一致しません。表の「男性名詞」と「女性名詞」の欄は、それぞれ男性名詞および女性名詞を修飾する数詞の形を表します。

基数詞

男性名詞 女性名詞 参考
0 صفر صفرة
1 أحد/واحد إحدى/واحدة
2 اثنان اثنتان
3 ثلاثة ثلاث
4 أربعة أربع
5 خمسة خمس
6 ستة ست
7 سبعة سبع
8 ثمانية ثمان
9 تسعة تسع
10 عشرة عشر
11 أحد عشر إحدى عشرة 110
12 اثنا عشر اثنتا عشرة 210
13 ثلاثة عشر ثلاث عشرة 310
14 أربعة عشر أربع عشرة 410
15 خمسة عشر خمس عشرة 510
16 ستة عشر ست عشرة 610
17 سبعة عشر سبع عشرة 710
18 ثمانية عشر ثماني عشرة 810
19 تسعة عشر تسع عشرة 910
男性名詞 女性名詞 参考
20 عشرون
21 واحد وعشرون/أحد وعشرون واحدة وعشرون/إحدى وعشرون 1と‏20
22 اثنان وعشرون اثنتان وعشرون 2と‏20
23 ثلاثة وعشرون ثلاث وعشرون 3と‏20
30 ثلاثون
40 أربعون
50 خمسون
60 ستون
70 سبعون
80 ثمانون
90 تسعون
100 مائة
101 مائة وواحد مائة وواحدة 100と‏1
200 مائتان/مئتان
300 ثلاثمائة/ثلاث مائة 3100
1,000 ألف
2,000 ألفان
1万 عشرة آلاف
10万 مائة ألف 100×1,000
100万 مليون
200万 مليونان
300万 ثلاث ملايين/ثلاثة ملايين
10億 مليار/بليون
20億 ملياران
30億 ثلاث مليارات/ثلاثة مليارات
1兆 التريليون
  • 形容詞的に用いられる1と2は数字を用いず、名詞の単数形と双数形で表現するのが通常です。例:بنت (娘の単数形=娘1人)、بنتان (娘の双数形=娘2人)、ثلاث بنات (娘3人)
  • 基本的に、1のواحد (男性形)とواحدة (女性形)は形容詞として、أحد (男性形)とإحدى (女性形)は名詞として用いられます。
  • 格により変化するものがあります。また、名詞を修飾する場合の形(修飾形)と、しない場合の形(独立形)が異なるものがあります。
    • 2、8の男性形、12は次のように変化します。
      2
      男性形 女性形
      主格 اثنان اثنتان
      属格・対格 اثنين اثنتين
      8の男性形
      独立形 修飾形
      主格・属格 ثمان ثَماني
      対格 ثمانيا
      12
      男性形 女性形
      主格 اثنا عشر اثنتا عشرة
      属格・対格 اثني عشر اثنتَي عشرة
    • 20、30、40、50、60、70、80、90は次の20と同様にに変化します。
      20
      表記
      主格 عشرون
      属格・対格 عشرين
    • 200、1,000、2,000は次のように変化します。
      200
      独立形 修飾形
      主格 مائتان مائتا
      属格・対格 مائتين مائتَي
      1,000
      表記
      主格・属格 ألف
      対格 ألفا
      2,000
      独立形 修飾形
      主格 ألفان ألفا
      属格・対格 ألفين ألفي
  • 100にはمئةという綴りもあります。

序数詞

男性名詞 女性名詞 参考
1 اول اولى
2 ثان/ثاني ثانية
3 ثالث ثالثة
4 رابع رابعة
5 خامس خامسة
6 سادس سادسة
7 سابع سابعة
8 ثامن ثامنة
9 تاسع تاسعة
10 عاشر عاشرة
11 حادي عشر حادية عشرة 第1‏10
12 ثاني عشر ثانية عشرة 第2‏10
13 ثالث عشر ثالثة عشرة 第3‏10
14 رابع عشر رابعة عشرة 第4‏10
15 خامس عشر خامسة عشرة 第5‏10
16 سادس عشر سادسة عشرة 第6‏10
17 سابع عشر سابعة عشرة 第7‏10
18 ثامن عشر ثامنة عشرة 第8‏10
19 تاسع عشر تاسعة عشرة 第9‏10
男性名詞 女性名詞 参考
21 واحد وعشرون/حادي وعشرون واحدة وعشرون/حادية وعشرون 第1‏と‏第20
22 ثان وعشرون/ثاني وعشرون ثانية وعشرون 第2‏と‏第20
23 ثالث وعشرون ثالثة وعشرون 第3‏と‏第20
101 واحد بعد مائة واحدة بعد مائة 第1‏の後の‏第100
200 مائة ثانية 100‏第2
2,000 ألف ثان 1,000‏第2
1万 ألف عاشر 1,000‏第10
200万 مليون ثان 100万‏第2
20億 مليار ثان 10億‏第2
  • 修飾する名詞に定冠詞الـが付く場合は、序数にもالـを付けます。例:الجيل الأول‎ (第1世代)
  • 名詞が先行します。例:الباب الأول‎ (第1の扉、第1章)
  • 2 (ثان)は格により次のように変化します。
    表記
    主格・属格 ثان
    対格 ثانيا
  • 合成数詞ではない20以上の数(30…90、100、1,000、100万、10億、1兆)および10万は基数と同じです。
  • 100以上の位は基数を名詞として扱います。مائة‎ (100)は女性名詞、ألف‎ (1,000)、مليون‎ (100万)、مليار‎ (10億)、التريليون‎ (兆)は男性名詞で、合成序数詞はこれらの名詞を序数で修飾して表現します。例:مائة ثانية‎ (100を第2の女性形で修飾=200)

書記法上の注意点

アラビア語の書記方向は右から左です。
基本的に、アラビア語には子音を表わす文字しかなく、母音の違いにより1つの文字が2通りに発音されることがありえます。これらの発音を区別するために、シャクル(شكل)と呼ばれる発音補助記号を用いる方法が考え出されました。辞書や児童向け書籍等ではこの方法が採用されており、その他の出版物等では発音補助記号を用いずに表記します。

例)
シャクル付き シャクルなし
基数2の男性形 اِثْنَانِ اثنان
基数3の男性形 ثَلاَثٌ ثلاث

数字による表記

通常は、基数にはアラビア数字が、序数にはアラビア数字またはインド数字(またはヒンディー数字)が一般的に用いられます。数字は左から右に記述します。10以上のインド数字はアラビア数字と同じ組み合わせ方で表記できます。例:٢١٥‎ (215)

インド数字
文字 数値
٠ 0
١ 1
٢ 2
٣ 3
٤ 4
文字 数値
٥ 5
٦ 6
٧ 7
٨ 8
٩ 9

また、アブジャド数字と呼ばれる、ローマ数字のようにアルファベットを数字として用いる記数法が用いられることがあります。古いアラビア語のアルファベット順に数値または順序を割り当てたもので、アブジャド(ابجد‎)という名称は、このアルファベットの最初の4文字(ا ب ج د‎ = ابجد‎)に基づいています。ページ付けや項目番号などに用いられることがあります。

アブジャド数字
文字 読み 数値 順序
ا アリフ 1 1
ب バー 2 2
ج ジーム 3 3
د ダール 4 4
ه ハー 5 5
و ワーウ 6 6
ز ザーイ 7 7
ح ハー 8 8
ط ター 9 9
文字 読み 数値 順序
ي ヤー 10 10
ك カーフ 20 11
ل ラーム 30 12
م ミーム 40 13
ن ヌーン 50 14
س スィーン 60 15
ع アイン 70 16
ف ファー 80 17
ص サード 90 18
文字 読み 数値 順序
ق カーフ 100 19
ر ラー 200 20
ش シーン 300 21
ت ター 400 22
ث サー 500 23
خ ハー 600 24
ذ ザール 700 25
ض ダード 800 26
ظ ザー 900 27
غ ガイン 1000 28
  • س‎ (スィーン)、ص‎ (サード)、ش‎ (シーン)、ض‎ (ダード)、ظ‎ (ザー)、غ‎ (ガイン)の代わりに、それぞれص‎ (サード)、ض‎ (ダード)、س‎ (スィーン)、ظ‎ (ザー)、غ‎ (ガイン)、ش‎ (シーン)を用いる方法もありますが、上記の方が一般的です。

数値を表わす場合は、次のように、文字を組み合わせて数を表します。

例)
ي١‎ = 10 + 1 = 11
رنو‎ = 200 + 50 + 6 = 256
※文字の順序に決まりはありません。例えば、11はي١または١يです。

数詞に関連する用語

数詞とともに用いられる用語には、下記のようなものがあります。

意味 用語 省略形
edition طبعة ط
volume مجلد
number عدد
year عام
part جزء
ページ page صفحة ص
  • 省略形はアラブ諸国の主要な国立、大学図書館のOPACに基づいています。これらの図書館では、センチメートル(سنتيمتر)を「سم」で表しています。
  • イスラム教では、西暦622年7月16日を紀元元年3月2日とするヒジュラ暦(イスラム暦)が西暦と併用されています。
    (西暦-622)×33÷32=ヒジュラ暦で、グレゴリオ暦の1月10日~12日に新年を向かえます。例:عام 1322‎ (西暦1964年)
参照・参考文献
  • 基礎アラビヤ語 / 内記良一著 大学書林, 1983.1 [b]
  • 基本アラビア語入門 / 奴田原睦明著 大学書林, 2002.4 [b]
  • 現代アラビア語入門 / 黒柳恒男, 飯森嘉助共著 大学書林, 1999.3 [b]
  • 現代アラビア語入門講座. 上 / 四戸潤弥著 東洋書店, 1996.7 [b]
  • 現代アラビア語入門講座. 下 / 四戸潤弥著 東洋書店, 1996.7 [b]
ページのトップへ
CyberLibrarian : tips on computer for librarians, 1998-