HP-TOP  磯採集いろいろ

1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年
2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
2020年 2021年 2022年                

このグラフを眺めても、お魚が採れるわけではありません。しかし、採集海域の水温や黒潮のゆくえは、とても気になるものです。そういうわけで、年間を通して追ってみることにしました。採集海域の水温というのは神奈川県東部の三浦半島海域となります。データの収集元は神奈川県水産技術センターです。

= 採集海域の水温と黒潮の水温 ( 1998年~1999年 ) =
1998年は前年度からのエルニーニョ現象を引きずっておりまた、黒潮の当たり年とも言われています。

5月には、やや南方系のテンクロスジギンポを採集。
6月には、例年より1ヶ月程早くチョウチョウウオを採集。
10月に、磯では殆どお目にかかれないツノダシを採集。
1999年はチョット変な磯でした。(初めての経験です)
水温上昇は例年より1ヶ月程遅れたものの、お魚の種類はそこそこ順当に出現しておりました。(5月~)

しかし、8月の中旬あたりからは、それまでのお魚は殆どが姿を消し、あるものは片手で数えられる程でした。

この様相がなんとなく回復し始めた頃には、もう秋のお魚が姿を見せ始めていたのです。全体的に魚影が薄いということはあるものの、採集心が煮え切らないままの年でした。