今月のお薦め本         

07月は、

 岩井圭也
  「生者のポエトリー」


 自分の思いを口に出すことの大切さを感じさせてくれる連作ストーリィ。
 すべてはそこから始まる、始めることができるのではないでしょうか。





 
(画像をクリックしてください)


 宇佐見りん
  「くるまの娘」


 混乱と分裂に満ちた家族を描いたストーリィ。まだデビュー3作目だというのにこの完成度は凄い。
 限られた領域の中で現代的な問題をしっかり描き出して見せた宇佐見さんの力量には、魅了されるばかりです。



 
(画像をクリックしてください)


 草野たき
  「マイブラザー」


 5歳の我が儘な弟の世話をするイクメン中二生という設定が面白い!
 それぞれに悩みを抱えている保育園仲間の4人、彼らが見習いたいと思ったその相手とは?
 楽しめる要素がいっぱい詰まった一作。お薦めです。



 
(画像をクリックしてください)


 乗代雄介
  「パパイヤ・ママイヤ」


 ひと夏の、瑞々しいガール・ミーツ・ガール物語。
 でも2人の17歳女子にとって、それはどんなに大切な出会い、時間だったことか。
 読者にとってもきっと、忘れ難い時間になることと思います。




 
(画像をクリックしてください)

      

−過去1年分一覧−

【2022年】

 06月
  L・ベルリン すべての月、すべての年

 05月
  今村翔吾   幸村を討て
  上橋菜穂子  香君(上下) 

 04月
  朝比奈あすか ななみの海

 03月
  西條奈加   六つの村を越えて髭をなびかせる者
  M・クローニン レニーとマーゴで100歳

 02月
  L・ウリツカヤ 緑の天幕
  町田そのこ  コンビニ兄弟2

 01月
  青山文平   底惚れ
  北原真理   リズム・マム・キル

【2021年】

 12月
  町田そのこ  星を掬う
  木内 昇   剛心

 11月
  H・ジャクソン 自由研究には向かない殺人
  T・コーツ  ウォーターダンサー
  青谷真未   水野瀬高校放送部の四つの声

 10月
  中島京子   やさしい猫
  一雫ライオン 二人の嘘
  小野寺史宜  とにもかくにもごはん


 09月
  P・テリン  身内のよんどころない事情により
  吉川トリコ  余命一年、男をかう


 08月
  辻村深月   琥珀の夏
  C・ヴィック 少女と少年と海の物語


 07月
  小林由香   まだ人を殺していません 
  澤田瞳子   星落ちて、なお 


                   

          

 Top Page