講談社編アンソロジーのページ


1.
ぐるぐる図書室

2.
暗黒グリム童話集

 


             

1.

「ぐるぐるの図書室 ★★




2016年10月
講談社刊

(1400円+税)

 


2016/11/26

 


amazon.co.jp

児童文学作家5人によるリレー式連作。

舞台は小学校、いずれの篇も主人公は小学5年生たちです。
学校の図書室に親しんでいる小学生もいれば縁遠い小学生もいます。そんな5人の小5生がふと目にした張り紙の文句に惹かれ、図書室に足を踏み入れます。
そこには髪が長くて白いワンピース姿の、背の高い女性が彼らを待ち受けています。
こんな司書の先生はいたっけ?と疑問を持つものの、彼女の指示されたまま主人公たちはある本を手にします。するとその途端に不思議なことが・・・・。

そこはリレー式連作小説ですから、冒頭は同じようでもそれぞれの個性が発揮された小ストーリィがそこから繰り広げられます。

児童文学作品好きとしては楽しい一冊ですが、小学生たちを図書室へ、そして本の世界に誘うようなストーリィになっているところが嬉しい。
活字離れ、本離れが懸念されている現在、小学生の内にこうした本に触れて、少しでも読書に関心を持ってもらえたらなぁ、という一冊。

「時のラビリンス」:好きな男の子の誕生日にプレゼントを渡し損なって後悔している女の子が主人公。
「妖怪食堂は大繁盛」:嫌いなカボチャを母親から無理やり食べさせられようとして腹を立てている男の子が主人公。
「秘境ループ」:スポーツ得意の女子と仲良くなりたいと願う料理・手芸好きの男の子が主人公。
「九月のサルは夢をみた」:友だちなんかいらない、一人の方がいいと決めつけている男の子が主人公。
「やり残しは本の中で」:自分では気づいていない、やり残しを抱える男の子が主人公。

どの篇も好きですが、冒頭だった所為か
工藤純子「時のラビリンス」が印象に残ります。
また、「走れメロス」を思わせられ、これこそ本絡みと感じる
まはら三桃「やり残しは本の中で」が特に好きだなぁ。

プロローグ
工藤純子 「時のラビリンス」
廣嶋玲子 「妖怪食堂は大繁盛」
濱野京子 「秘境ループ」
菅野雪虫 「九月のサルは夢をみた」
まはら三桃「やり残しは本の中で」
エピローグ
デビュー10周年記念−スペシャル座談会「本たちと私たちが出逢ったころのお話」

                 

2.

「暗黒グリム童話集 ★☆




2017年03月
講談社刊

(2800円+税)



2017/04/29



amazon.co.jp

6人の作家と6人の画家がそれぞれにコンビとなって描いた、現代版ブラック気味の新グリム童話集。

「ブラック」と言いましたが、元々「グリム童話」ってかなり残酷だったり冷酷だったりします。
アンデルセン童話集グリム童話集を同時に読んだ時期があって、比べてみるとその違いははっきりします。
ですから、本書ストーリィを読んでもそう驚くことはありませんが、面白いかどうかはまた別。

本書の中で一番楽しめたのは
村田喜代子X酒井駒子「手なし娘協会」。こうした話がグリム童話の中にあったかどうかは覚えていませんが、かなりSF的。
話より楽しめたのは、やはり酒井駒子さんの絵。素敵ですねぇ。好きだなぁ。眺めているだけで少しも飽きません。

松浦寿輝X及川賢治「BB/PP」は、彼の“青ひげ”が美少女アンドロイドを注文し、自分好みの妻に仕立て上げようとするのですが、その結果は・・・・・何と恐ろしい。

多和田葉子X牧野千穂「ヘンゼルとグレーテル」は2つの話をかみ合わせていることから、込み入っていて複雑。
穂村弘Xささめやゆき「赤ずきん」は、それこそ本書を象徴するような“暗黒”風。

村田喜代子酒井駒子「手なし娘協会」
長野まゆみx田中健太郎「あめふらし」
松浦寿輝x及川賢治(100%オレンジ)「BB/PP」
多和田葉子x牧野千穂「ヘンゼルとグレーテル」
千早 茜x宇野亞喜良「ラプンツェル」
穂村弘xささめやゆき「赤ずきん」

   


   

to Top Page     to 国内作家 Index