Benchmark ADC-1
Benchmark ADC-1
ADコンバータ
2015年10月
 
SACD用ADコンバータ


高透明度ガラスプレート+超低反発インシュレータは自作。

1. SACDをPCM化する
 ここまでSACD導入に時間がかかっていたのは、デジタル出力が許されないSACDをDEQ2496にデジタル入力する方法に迷っていたからでした。

  そもそもSACDのデジタル出力は禁止されているなどの説もありますが(法的には微妙)、HDMI出力と、いまは売っていないちょっと古いゲーム機を通すと、SACDの出力をPCMで出せるというのが割とよく知られている方法のようです。

 もちろん、この方法も考えてはみましたが、HDMIが付いているのは大抵が、いわゆる「SACDも再生できる」ビデオディスクプレーヤーで、ハイエンド級のSACDプレーヤーではHDMI出力がある機種というのは極めて少ない。さらに、大事な入力が「ゲーム機経由」っていうのも、さすがに導入に抵抗ありです。

 違法ながら、SACDからDSD信号を取り出すという怪しいソフトもあるようですが、DSDではデジタルイコライジングはできませんし、違法かもしれないものは、私には無縁です。


 長年(本当に何年も)考えぬいた結論は、LP同様、アナログで出力してADコンバータでPCM化する、という至極真っ正直な方法です。これが一番いい音になる気がします。

 しかし、ADコンバータは、コンシュ-マ・オーディオではほとんど商品がないので、PA用製品から探すことになります。これは安いのもあるし、逆に上を見ればきりがないけれど、やはりADコンバータも「アナログ機器」なので、数万円の格安品というわけにはいかんでしょう。

 10万円前後のRME ADI-2と、20万円程度のBenchmark ADC-1とに絞り込みました。しかし、ここからは参考になる情報も少なく、この際、仕方がないので、両方買ってみて比較試聴する、という暴挙にでた結果、Benchmark ADC-1に決定。Benchmarkは日本ではあまり知られていませんが、米国ではPA用として名が知れているらしいです。納期はかかりましたが、正規輸入品が買えました。


RMEとBenchmark、どちらも、そこまでの価格はどうもなあ、という方には、2万円台で買えるベリンガーのSRC2496内蔵のADCを使うことを薦めたいです。言い方を変えれば、SRC2496のADCは価格から考えるとかなり優秀です。これはまったくリーズナブルなお値段。可変入力がある分、DEQ2496のADCよりよいと思います。DEQ2496の2段切替の入力は、帯に短し、たすきに長し、になりがちで、ちょっと使いにくい。もちろんADC-1と同じとはいきませんが、ADCは変換アルゴリズムに工夫の余地があまりないので、DACほどコストの差がでないように感じています。

 ADC-1はPA機器ですから、アナログ入力は当然バランスです。SACDプレーヤからのバランス出力をBenchmark ADC-1に入れ、96kHz24bitに変換、TOS光ケーブル経由でDEQ2496に送ります。ADC-1は、TOSも含めて192kHzでも出せますが、DEQ2496の制約で、今は96kHzまでです。TOSの差込口が非常に固くしっかりしていて感心。

TOSってアマチュア専用かと思っていましたが、プロ仕様ってのがあるのでしょうか。グラグラしません。(グラグラすると、同期が途切れてしまうのが確認できますから、音にもよいはずはないのです)。光のSTリンクが滅亡した今となっては、TOSに頑張ってもらわねば仕方がありません。光リンクは、私のように複雑な機材組合せをする人間にとっては、アースを切るのに重要なことがあるんです。







 
ADC-1で経由で出てきたSACD(マランツSA-11S3 や アキュフェーズDP-720)の音は、期待以上でした。これはまがいもなくSACDの音です。これならLPの音にも対抗できると思います。


以下は、
RME ADI-2(上)とBenchmark ADC-1(下)の比較テスト中の様子。

 Benchmark ADC-1は、LPを聞いているかと思うようななめらかな音と、充実した低域が印象的。
 でも、RME ADI-2の音のほうが歯切れがよいという人もいるかもしれません。
 
 しかし、SACD用ADコンバータをBenchmark ADC-1に決定するのに時間はかかりませんでした。つまみやスイッチ類の精度感もなかなかよく、高級です。

 RME ADI-2も、決して音が悪いということはありません。この例では相性が悪かった、というだけです、実際に、
RME ADI-2は、その後、アナログディスク用ADコンバータとして使っていて、非常に好調です。歯切れの良さが、ここではプラスに効きます
 


キャリブレーション機能
 BenchmarkのADC-1は、RMEのADI-2にはできない機能があります。それが入力の精密キャリブレーションです。


 上の写真のVariableと書かれた下のレバー(左右それぞれ)を下に下げるとCalibratedのモードに変わり、大きな黒ダイヤル(1dB刻み)は無効となり、その横の穴の奥にあるトリマーで音量を微調整可能になります。トリマーは精密ドライバーで回します。10回転回りますので超精密です。この機能と、DEQ2496のレベルメーター(0.1dB精度)とピンクノイズを使うことで、左右差を0.1dB精度で揃えることが可能。DEQ2496でも調整精度は0.5dB刻みなので、ここで精密調整しておくことがベストです。


2. CDの再サンプリングにも利用


 デジタル出力が可能なCDは、常識的にはデジタル出力をDEQ2496に直接入れると思いますが、実は、SACDと同様に、DP-720のアナログ出力をADC-1に入れて96kHzに再サンプリングしてからDEQ2496に入れると、曲によっては圧倒的に良いことがあります。最初は、接続設定をSACDのままで「間違って」CDを再生して、音が良いのに驚いた、というのが発見の経緯。

 デジタル入力では、ほぼ、エソテリックの音で聴くことができます。きれいな響きが伴う、最高レベルのCDの音。ピアノ系、大編成オーケストラ系、そしてポップス系は、大抵はこちらで聴くのが快適。
 
ADC-1経由の音は、アキュファーズの音が優先し、そこにD-02xの超高S/N感が加わるイメージ。響きが少し整理され、その分、定位がシャープで、聴こえる音数も増えます。こちらは、バイオリン・ソナタとかバイオリン協奏曲で、ダントツに快適。ハイレゾに準ずる美音と定位感を示します。




 ADC-1の価格は21万円くらい。安くはないですが、私にとって、SACDの(そしてCDの)音質を決定づける機器なんですから、むしろ、DP-720等に対して、健全なバランスという気がします。

2015年10月
2015年12月改定
2021年3月改定


オーディオのページのトップへ