これまでのゲストブック・掲示板(〜10月31日まで)

[ 戻る ] [〜10/15〜9月〜8月〜7月01年前半] [00年後半00年前半1999年][ Top Pageへ ]


人間喜劇 - 01/10/31 20:28:17
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/9761/
できれば『非罰的』でありたい

精神分析学用語で「他罰的」という言葉があります。 問題が起きると、他人のせいにする。あいつも駄目。こいつも駄目。 人に対してとても厳しい。 反意語は「自罰的」です。 何でも自分が悪いと思う。俺は駄目だ。わたしが悪い。 聞くところによると、最近日本では「他罰傾向」の強いひとが多くなって きているようです。そして、自覚症状の有無にかかわらず、神経症ぎみ の人が急増しているそうです。 わたしもヨーロッパに来た当初は、日本や他国との違いなどから怒り心頭 に発することが多く、「なんで犬の糞を放置するのだ」「何で人の命より 車の右優先件権を優先するのだ」などと、やり場のない憤りを感じたもの です。 しかし、何年か過ごしてみると、ヨーロッパの人たちは「自分にも人にも 甘い」傾向があることに気づきました。 他罰的ではない。自罰的でもない。 それでは、いったい何なのでしょうか。 「非罰的」なのです。自分は悪くない。他人も悪くない。誰も責めない。 心の平穏・平静=しあわせ。 完璧な人間は存在しません。みな長所もあれば、短所もある。 だからこそ、非罰的なほうが人間として「自然なかたち」であり、 「しあわせ」に暮らせるのかもしれません。おそらく、長い年月の中で 陰と陽、失敗と成功を繰り返していくうちに、こうした考え方を身につ けていったのではないでしょうか。 わたしは、これを「歴史的価値観」と呼びたいと思います。 信条(イデオロギー)で作られた国、アメリカと比較してみると、 こうした非罰傾向は、程度の差こそあれヨーロッパ人全般にあてはまる ように思えます。 日本も長い歴史を持つ国です。本来こうした姿勢は日本人にも当てはま るのではないでしょうか。歴史的価値観を共有する成熟期の国家という 意味では、先輩格のヨーロッパ諸国に学んでみる価値は十分にあるといえ ましょう。 もちろん、日本には成熟期によくみられる問題は多数存在します。 しかし、「閉塞感」「停滞」などと問題ばかり強調しても、何ら解決策に は結びません。 日本は、もはや戦後の復興期になりふり構わず突っ走ってきた国ではな いのです。「歴史的価値観を持つ成熟した大人の国」そう考えてもいい時 期を迎えているのではないでしょうか。そういう視点から日本を見つめ 直してみると、やるべきことが見えてきます。 そうやって、一人一人がリーダーシップを意識しながら「考え」ていく。 それが日本の再生につながっていくはずです。 何事も完璧はありえない。完璧な国もなければ、完璧な民族や完璧な人間 もいない。こうした視点から、様々な国々を見てみると、だんだんと世界 が「観」えてきます。二十一世紀のキーワードは「共創」と「共生」です。 そして、その前提には「共鳴」があげられます。 他罰的よりも非罰的、そう考えてみると、あなたの中で確実に何かが変り はじめるはずです。

asktaka - 01/10/31 07:20:45
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
10月末日

今日で10月も終わり今年もあと2ヶ月を残すところとなりました。 何かと気忙しい季節になりますね。 >家主さん なかなか精力的に活動されていますね。出版不況のおり、売れ筋も以前 とは異なっているようです。企画がうまく具体化するといいですね。

家主 - 01/10/30 20:58:33
ホームページアドレス:http://www.d4.dion.ne.jp/~tanagai/home.htm
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
家主が来年4冊の本を出版予定

出版企画が通りました。次の4冊を来年の前半に出します。 ゞい営業集団を作るチーム・マネジメント 部下が変わる上司が変わる効果的な組織コミュニケーション 対話を通じた組織変革の具体的すすめ方 キャリアストラテジー 最強の転職術 し弍張灰鵐汽襯織鵐箸砲覆詼 です。 完成したら皆さんにもご案内します。

asktaka - 01/10/30 10:32:39
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
政治と景気

またまた政治の世界がきな臭い様相を呈してきました。小泉改革も掛け 声だけに終わるかどうか、年内には決着が着きそうですね。 こうした政治の動きと経済の実態にはどうも温度差がありすぎると感じ ます。所詮日本の政治家に期待過多は禁物で、規模の大小を問わず、 企業は自らの創意と革新によってのみ永続しえるのです。 景気低迷の中でも何社かの好調な企業をみていると、パワーの源泉は 組織の文化とそれに根ざした「人」にあるように思われます。無論 そのような企業に変身させたのは、トップを含むマネジメントの継続的 な努力によります。 政府の無策をなじっていても、ことは進みません。一層の企業革新が 求められていると思うのですが、守旧派、現場主義の強さが災いして 遅々として進まないケースもありますね。 >ファイト!さん XP搭載機種もお目見えしたようですし、日本のPCのクリスマス商戦 は結構活気が出てくると思います。しかし、米国ではXP効果もさほど 影響なく、例えテロがなかったとしても、95の発売に比べると消費者 の動きは断然低調なようです。 いずれにしても95〜98&Me系のOSに比べると、NT〜2000 の流れを汲むXPは安定しているでしょう。これまでフリーズやメモリ ー不足で多数のファイルを開けなくていらいらしていたユーザーには、 使い勝手が数段よくなると思います。asktakaは会社も自宅、モバイル も2000なので、あまりXPへ移行するインセンティブはないのです。 >一度TPのキータッチに慣れてしまうとどうしても他メーカーのキー >ボードは見劣りするんですよね。 全く同感です。今では会社のデスクトップも自宅のノート及びモバイル 用すべてIになりました。 >家主さん BSCは個人の目標管理にまで降りていけるので、人事系にも注目され ているようですね。ただ、いくら目標管理といっても、ビジョン、戦略 がなけりゃ、意味がないですからね。これまでの戦略下手から脱皮でき なければ、日本企業によってBSCも単たるお遊びになりますね。 修士論文を人に頼むなどもってのほかですね。まだ、半分白紙で出した 方がましです(これは某大学での実話です)。学力低下以前の問題と しか思えませんが、決して手伝っても本人のためにならないと思いま す。断って正解だと思います。

家主 - 01/10/30 07:27:19
ホームページアドレス:http://www.d4.dion.ne.jp/~tanagai/home.htm
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
修士論文を書いてください

最近、W大学の院生が修士論文を書いてほしいとコンタクトしてきました。 テーマはマーケティングでした。 参考文献も3冊程度しか用意していないし、レベル的には、10年前の 学部の卒論にも満たないものです。 学部でも論文を書いた経験がなく、レベル低下を痛感しました。 以前にも何人かの修士論文を手伝いましたが、英文情報がゼロで参考文献は業界雑誌とか、・・・・ 結局、断りましたが、学力低下を実感しました。

家主 - 01/10/27 22:09:17
ホームページアドレス:http://www.d4.dion.ne.jp/~tanagai/home.htm
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
HRスコアカード

家主です。 大手カーメーカーの管理職研修で伊東に1週間いました。 この間、HPはメンテできませんでした。 ともかく疲れました。 BSCは、結構面白いテーマですね。 英書で、HRスコアカードとか、パフォーマンスに関する本を 読んでいます。 人事組織系では、BSCをパフォーマンス向上で再構成した HRスコアカードがかなり流行りのモデルですね。 日本語の本では、 コミットメント経営もよかったです。 これは、次の5つでフレームができています。 活力と心理的コミットメントを引き出すバランスパスは、5つで、 MVP ミッション/バリュー/プライド P&M プロセスと評価尺度 ES 企業家精神 IA 個人的達成 R&C 認知と称賛 これはよくまとまっています。

ファイト! - 01/10/27 18:58:17
電子メールアドレス:uscpa@clubaa.com
雑感その144

秋晴れの気持ちのよい土曜日となりましたね。 こういう日は木陰でのんびり過ごすのが最高の贅沢ですね。 今日は近くの電気店で居眠りしてしまいました。そう、あの電動式 マッサージ椅子です。昔は温泉旅館なんかにおじさんが気持ちよさ そうに座っているのを見ておじさんの代名詞のごとく思っていまし たが。 大型電気店とはいえ、マッサージ椅子だけ販売しているわけではな いので、展示用はわずか3台。なかなか競争率は高く、店内をグル グル回りながら、空いた!を思った瞬間おばさんがジャンプイン! なんてこともよくありますが。 今日は午前中ということもあり、ひとつだけ空きが。それも最新モ デルです。走らないように、かつ周りを見ておばさんがいないこと を確認、さも自然な感じを出しながら、かつ偶然見つけたような振 りをして、「ヨッコラショと。」 でも、座った瞬間嬉しくてリモコンをガチャガチャ、、、。まずは 足載せをあげます。ウィ〜ン、、、そして電動マッサージスタート。 疲れた足にはたまりません。さらにリクライニングを下げ、いよい よ自動マッサージコーススタート!心地よい硬さのボールのような 物体が背中をほぐしてくれます。以前のように機械的な感じはしま せん。叩いたり、押したり、千差万別の動きです。腰のあたりをグッ としてくれるところでは思わず「あッ!」と溜息が。 20分コースを2回やり、3回目にはとうとう居眠りしてしまった次第。 きっと店員は渋い顔をしていたでしょうが、そんなことはお構いなし ですね。 こんなマッサージ機は外国ではまずお目にかかれませんね。まあ、値 段がかなり高いこともあり、普通の家庭でもあまり見かけませんが。 さて、マッサージ機独り占めで店員にマークされたことを感じ取った ファイト!はさっそく最新パソコンの品定めです。でも、お目当ての TPはまだ店頭になかった、、、、。残念。c30かX22を考えています が、今もっている600Eを下取りに出してX22にしようかと考えていま す。やはり、モバイルと家庭での使用が3:7ぐらいの割合ですからね。 SONYもみましたが、ソフトの充実・多機能ではありますが、一度TP のキータッチに慣れてしまうとどうしても他メーカーのキーボードは 見劣りするんですよね。 でもTPは高い、、、、。やはり下取りしてもらうか。このパソコン も5〜6万円ぐらいでは下取りしてくれるだろうし(期待!)。 どなたかファイト!の使っているTPを買ってくれる人いますかね? TP600E、P300、4G、128MB、CD-ROM、FD、LANカード付、マニュア ル、付属品すべて付いています。OSはWIN98。箱だけは捨てちゃいま したが。 さて、明日はハロウィーンだ!嫁さんからミイラ役をやれとトイレッ トペーパーをひとつ渡された、、、、。う〜ん、この寒空の下でミイ ラか?雨が降ったらどうなるんだ?紙が溶けちゃって、素っ裸のファ イト!が、、、、、これこそ本当のハロウィーンかもしれない。 軽口はこのくらいにして、そろそろ夕食の時間です。 かぼちゃ料理か、、、では、また来週。 ファイト!

asktaka - 01/10/26 19:08:41
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
AirH"

NTT docomoのPinCompactからAirH"に変えてモバイルの使い放題 (といってもasktakaの場合、64k25時間使い放題、32k無制限 使い放題じゃちょっと速度が不安)をエンジョイしています。 docomoに比べてH"の方が地下鉄の中でも通信可能範囲が広い ですね。現在も日比谷線の茅場町あたりですが、メールを2本 送信しました。本稿もこれから送信してみます。 ということで、皆さん今週末もエンジョイしてくださいね。

asktaka - 01/10/24 19:51:42
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
BSC

今日は一日某ホテルでBalanced Scorecardのコンソーシアム設立記念 シンポジウムに参加していました。大学の先生とコンピュター屋さんな どがコアになって推進しているようですが、単なるBSCというツールに 群がる禿鷹とみえるのはasktakaの眼鏡が曇っているのでしょうか。 HBSの先生が提唱したBSCですからご利益があるのでしょうか、Fortune 500社の5割前後はすでに導入済みのようです。 日本でのBSC導入率は上場企業の8%(某社推定)とかいわれているよ うですが、全社的導入は少なく事業部単位あるいは一部導入が多いよう です。戦略なくしてBSC導入はナンセンスですから、日本企業にとって BSCとは何ぞやという本質的議論が必要だとみました。システム屋や コンピュータ屋のセールストークの裏を理解する眼が求められていると 痛感しました。

asktaka - 01/10/23 17:55:27
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
秋晴れ

世界は米国を襲う炭そ菌と戦闘行為に注目しています。重いテーマだけ にどうコメントしても軽々しい話にしか聞こえませんが、今日の青空は 世界共通で清々しさを感じると思うと少しは救われます。と、書いたと ころで迎えの車がきたようなので、またカキコします。

asktaka - 01/10/21 08:58:56
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
秋の味覚@東京の郊外

昨日は八王子のそばの秋川渓谷の下流で、芋煮会を行いました。 今年は牛を敬遠したため豚汁会でしたが(苦笑)。魚釣りを楽しむ 人達や子供達の楽しげな声が聞こえる中で、もっぱら食欲の秋を 堪能しました。 芋煮会も恒例となって今年で5回目です。ワイフの友人や親戚な どいつも10数人程度集まっています。メニューは芋煮(通常は 牛肉と里芋その他野菜を入れる)と鉄板焼き、焼きそば・うどん などです。メニューのマンネリ化を避けるさめか、ワイフの母親 は毎年参加者に来年の鉄板焼きなどの食材の要望を聞いてメモを とっています。ワイフよりも、このへんのセンスはあるなぁ、と 感謝しつつニヤニヤして眺めているasktakaでした。 >DokusouBossさん もちろんご指摘の「汗をかく前」の努力も、「汗」に含めて考えて いますが、学問でも発明でもその分野での基本的な知識ベースを 抜きには前進しません。その上でヒラメキを得るには発想を変える ことが重要だという発明家のDokusouBossさんの発言は重みがあり ますね。 >トヨタのWILLプロジェクトを筆頭に既成概念に囚われない〜 最近あまり噂を聞きませんがWILLはどうなったのでしょうね。2年 程前、このHPを立ち上げた頃はよく話題になっていて、「今日の話 題」(00年3月29日)でも取り上げました。企業内での取り組 みもさることながら、このプロジェクトに参加する企業が共通のカ ラー、ブランドを用いて商品開発を行うという試みも興味深いもの がありました。異業種同一ブランド商品開発プロジェクトで、よく 言えば協調、悪く言えば「横並び」の日本ならではの手法ですから ね。 >ファイト!さん >肝を醤油に溶かして、それで白身の刺身を食べるとこれもGOOD! きっとそれは「かわはぎ」ですね。山陰や九州の方でよく食べます が、最近では気の利いた鮨屋などでもお目にかかります。 昔からasktakaはお土産と観光には興味がなかったですが、地方あ るいは海外へ出張する楽しみは、その土地の旬の食べ物やですから ね。これから、山口、博多方面への出張が楽しみですね。

ファイト! - 01/10/20 23:37:57
電子メールアドレス:uscpa@clubaa.com
雑感その143

食の秋ですね。 先週の出張中、とある漁村に行ったのですが、そこで地元の方による 昼食接待がありまして、生まれて初めて魚の肝を食べました。 魚の名前は忘れましたが、白身の魚で薄く切ればふぐではないかと間 違う感じの魚です。いや〜、魚の肝って甘いんですね。なんかちょっ と濃厚な感じなのですが、醤油をちょっとつけていただくと最高。 肝を醤油に溶かして、それで白身の刺身を食べるとこれもGOOD! あの甘さと口のなかでとろける感触。絶品でした。 別の街では、昼から懐石料理。松茸・蛎・栗、、、、、量は若干不満 でしたが、味は最高でした。これぞ地方出張のおいしいところですね。 地方にいくと空港での待ち時間などにみやげ物屋にいくのが楽しみで す。試食用の饅頭とかを食べまくり、その土地独特の食材を手にとっ て味わうことでそれまでの仕事の疲れも吹っ飛びます。 海外に行っても同じなのですが、みやげ物屋文化は日本独自のものが あります。海外に行っても民芸品っぽいものやお菓子などはあります が、やはりその種類では日本がダントツではないのでしょうか? (香港あたりは知りませんが、、、) まあ、みやげ物屋の定番は黄な粉系、クッキー系、チョコ系、饅頭系 ですね。そして漬物などなど。最近ではプリンなども新顔です。 でも、浜名湖でうなぎパイとして売っているのが、富士山にくると同 じパイが名前を変えて売っていることもあります。よ〜くみると製造 元が同じだったりして、、、、。昔子供のころによくキーホルダーを 買いましたが、それも同じですよね。かわいいウサギにその土地の名 前が入っていますが、別の場所ではウサギは全く同じで土地の名前だ け違うもの。いい商売してますね。 ファイト!は地方にいって変な民芸品を買ったりするのは社会人にな って卒業しました。お菓子も買わないし。そんな時間があったら、と にかく自分の足でその土地を歩き、自分の目で見て肌でその土地の雰 囲気を感じ取るようにしています。まあ、土産は最後の試食で十分と いうケチな性格といわれたらそれまでですが。 地方のデパートの地下食品売り場なんておもしろいですよね。お金の ないときは夕食のお惣菜も帰るし、ホテルでそれを食べることも可能 です。また、地元の台所としての雰囲気もよく感じることができます。 同じデパートでも東京と地方ではまた色は違いますしね。 海外には海外のよさがありますし、日本にはないものを見たり食べた りできます。これは自分の視野を広げるには絶好の場となります。 でも、日本の地方にも日ごろ親しんでいる土地にはないものがありま す。思いがけず驚くこともあれば、知識としてあったことを実際に確 かめることもあります。 仕事とはいえ、こうしたいろいろな機会を持てることは幸せなことで す。自分の視野が広がると、日ごろの細かい問題なんかどうでもよく なりますね。 あ〜あ、でもあの肝おいしかったなぁ〜。次の出張はと、、、、、、 北か、、、、(ムフッ!)。 では、少し朝夕は冷え込んできました。ファイト!の周りでも風邪を 引く人が出てきましたので、皆さんも寝冷えに気をつけてくださいね。 また来週。 ファイト!

DokusouBoss - 01/10/20 15:03:35
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8903
電子メールアドレス:businesscoach@geocities.co.jp
ヒラメキの源泉

DokusouBossです。こんにちわ。 私の関係したカキコのレスに丁寧に、そして多くの時間を割いてくださ ったasktakaさんに感謝します。 ↓の「補足」の「真に改革する気であれば・・・」以下が効いてI‘m  Downです。 知的所有権や「発想法」について学生にレクしている立場から言います と、「1%のひらめき」の源泉はそのジャンルにおける幅広い知識の量 と質であることは研究者や発明家諸氏の共通の認識だと思います。 asktakaさんがおっしゃる「汗をかく」前にこのことが必要でして、 このヒラメキの1%は実はとてつもなく大きなものなのです。 エジソンが電球のフィラメントに日本の、それも京都の竹を用いたのは 有名ですが、そこまでの知識の深さと幅がなければこの「1%」にも 至らないのです。 このヒラメキを得る前提条件が「脱常識」であったり「視点の転換」で あろうと思います。 この点は今からのビジネスマンに求められている資質でもあり、トヨタ のWILLプロジェクトを筆頭に既成概念に囚われない(もしろんそれ が今すぐ主力になるわけではありませんが)組織の発生をみても、この ことが過小評価されては発展がないように思うのですが・・・。 確かにasktakaさんがおっしゃるように経済議論や政治的な議論といっ た大きなフレームでは、「脱常識」がネガティブになると生産的ではな くなる事が多々あるかもしれません。が、それはそれとして、「日本人 の議論下手」の代表格である私としては、今後ともasktakaさんをはじ め皆さんに更なる「包容力」と「忍耐力」をお願い申し上げます。

asktaka - 01/10/19 08:17:06
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
米国経済はV字回復?

先般BusinessWeek誌の記事から米国経済の先行きに関する楽観論 を紹介しました。近着のBW誌でもシカゴ大学のベッカー教授が、 米国のV字回復を主張していました。なんと懐かしいジョン・スチ ュアート・ミルからの引用と、95年の阪神大震災後の急回復の 例を上げていたのが印象的でした。要するに、戦争行為中や大災害 の後は政府支出や復興に伴う支出が増えるので、GDPを急速に押し 上げるというものです。asktakaはオールド・ケインジアンその ものだと思いましたが、米国経済の実態を見ると勝ち組を中心に 健闘しており、予想以上に回復は早いという感触を得ています。 但し、不気味な炭そ菌などのテロが生産活動を損なわないという 前提は必要だと思いますね。 土曜日は秋川渓谷にて恒例の芋煮会です。今年は、牛肉ではなく 豚肉だそうですから、豚汁会ということになりそうです。 では、皆さんもよい週末を!! asktaka@移動中 P.S.下のカキコの補足を少々。もちろん企業経営やビジネスに関し ては、過去から学んだり理論(といっても経営学は科学ではなく アーツだと思いますし、実際の経営の方が進んでいて経営学はそれ の後知恵ですからね)を踏まえるだけではお話になりません。 真に改革する気であれば、理想的には現在のやり方、常識、ルーテ ィン業務などを一度白紙にして、再構築すべきです。この意味では まさに「脱常識」は重要です。しかし、経済論議には「脱常識」 では議論にならないということです。

asktaka - 01/10/18 16:52:09
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
脱常識は否定しないが・・・

現場復帰一日目なので、ちょっと一息。皆さんからのレスがたまっ てきたので、気になってきました。 まだ、議論が混乱しているようですね。asktakaは脱常識、脱通説 を否定しているのではないのです。大天才は分かりませんが、かの エジソンも「天才とは1%のひらめきと99%の汗である」(天才 を後日“発明”と言い換えて紹介される場合もある)といっている ように、汗をかかなきゃ、ひらめきだけじゃ発明は難しいのです。 ここでいう「汗」とは先人の研究成果を勉強することを含むもので す。つまり、勉強しないで自分の頭で考えても、シュムペーター いわく主観的独創性か、独断に陥ることが多いのです。この点は 科学的発見なり科学の方法論の書物を読めば明らかでしょう。 問題は「勉強」にはまりすぎて、自分の頭で考えるウエートが 低くなることではありますが。 例えば、先日の貨幣の話でも、最初の芳香太さんの「お金とは何 か?」という問いかけでは、asktakaを含めて読者の方々も答えよ うがないでしょう。やはり、貨幣の機能をちゃんと押さえて、 ここが問題ではないかとかいうのでなければ、話になりません。 そりゃ、大学の教師は教えるのが商売で学生は授業料を払って いるので、たとえ愚問でも丁寧に基本から教えるかもしれません がね。この点は米国の大学教師のほうがもっと悲惨で、東部の有名 大学でも学生が相当お馬鹿な質問をするのですが、先生は一所懸命 答えていますからね。向こうの学生はやたらと質問はしますしね。 話は脱線しましたが、当BBSは大学ではないので、過剰に期待さ れても困るのです。 以上は、一応、DokusouBosssさんと芳香太さんへのレスとします。 >digitaloさん 確かに気をつけなければと思っています。ご丁寧にお心遣いをいた だき有難うございます。 どうも最近asktakaが個人のHPにかける時間が少なくなったせい か、当BBSも殺風景で余裕がないのだと思います。せめて、 「今日の話題」は無理にしても「今週の話題」程度はアップしたい とは思っているのですがいつになることやら。 >家主さん 早慶の差は出るかもしれませんね。でもWもかってのように人間学 を教える先生ばかりではないようです。結果が楽しみですね。 何だか、もう30分以上経過なので、ぼちぼち仕事に戻ります。

DokusouBoss - 01/10/18 15:07:02
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8903
電子メールアドレス:businesscoach@geocities.co.jp
反省しつつ・・・

DokusouBossです。こんにちは。 禁煙のせいなのか、はた又、新しいアイデアにはまっているせいなの か、どうも表現力がサッパリで恐縮です。 充分に論理的か、という点についても、私めも全く自信がありません。 反省しつつ・・・ 私は発明協会正会員になったほど「発明」に凝ったことがありましたの でその経験を踏まえて申しますと、新しいものを産み出すには少なくと も「脱常識」と「視点の転換」が必要です。 私は現代の(成功者であるユニクロのマネージメントは未だ不完全だと 思っていますので)成功者としてのベネトンの軌跡をみるとこのことが よくわかります。 論理的であるかどうかという点をちょっと横に置くと、「この閉塞状態 を何とかしたい」という思いから真摯に「視点の転換」をすると、芳香 太さんの見方は現代資本主義社会が持つ矛盾点の一端をとらえている のであって、新しい価値観を模索する上で、否定されるべきではないと 思います。 問題はそれから先で、よりポジティブでクリエイティブでなければ 「不満解消のための単なる批判」に終わってしまう可能性があることで しょう。 さて、情報通の家主さんの「経済学の統一試験」には驚かされました が、原論もですが、asktakaさんにMBAより少しやさしい「戦略経営 の基本」みたいなテキストを作ってもらい、それで実践的な(中小企業 診断士試験みたいな)試験をしたら良いと思うのです。 ちなみに、私が近い将来やりたいこともその附近にあります。

芳香太 - 01/10/18 10:18:49
電子メールアドレス:kuse@mxa.nkansai.ne.jp
ヤボでございますが

信長のことが、書いてあったので、自分の書いたことかと思ってい たら、あたらしいカキコの方のことでしたね。  なんだか、自分が毛色が違うんで、ネックになるんでしょう。ご指 摘になった点、いわんとされる定義はよくわかりました。それでも、 あたかもこちらにすれば、官僚や週刊誌の、ネタ拾いみたいなもの で、どうみても、好意的に解釈されていないのは、事実ですね。 この件に関して言えば、文章書くにも定点が、必要でasktakaさん 個人に向けて発したのです。自分が、どこへ向かって発するかは、そ のときそのときで、かわりますから。  僕の文章は、精密さには、欠けますが、いわんとすることには、け っして負けません。議論のスタンダードは、いいまわしとか、誤謬で はなくて、内容そのものです。信長さんは、こちらが発する内容より も、文章のフレームだけを、自己解釈なさって指摘されただけです。 言葉の概念の定義は、それでよろしいから、内容について、指摘して ください。  いまの、日本の教育、アカデミズムの悪いところはすべてが、常識 の範囲で整理されるだけで、人間の持つ、英知、霊性に訴えることに 稀薄ですね。僕のお世話になった先生は、どもりながらしゃべる僕に しっかりと、内容を聞きとって、ガキの僕にこっちがおどろくほど、 受け入れて尊重してくださいましたね。  

digitalo - 01/10/18 07:39:39
ホームページアドレス:http://www.asmino.com
電子メールアドレス:digitalo@asmino.com
鬼の霍乱?

永らくご無沙汰していましたが今日初めて鬼の霍乱?を知りました。 大事になさって下さい。本当は鬼の霍乱の方が怖いのですよ。 最近、このBBSの話題がますます高度化し近寄り難い様相を呈していま す。かつて小生が「駆け込み寺」と名付けた頃を懐かしんでいます。

家主 - 01/10/18 00:57:49
ホームページアドレス:http://www.d4.dion.ne.jp/~tanagai/home.htm
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
経済学は統一試験がなじむかも

経済学は原論を中心になじむでしょうね。 だから、いいと思います。 社会学とか心理学はなじみませんね。 それでも、こういう試験は、大学時代にきちんと勉強しようという人を 評価するにもいいかもしれません。 早慶の差も出そうですね。

asktaka - 01/10/17 23:20:07
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
日本人の議論下手

という点では、信長さんのご意見に全く同感です。日本社会では いまだに反論すると、「俺にたてつくのか」という雰囲気がありま す。自由な討議が出来るのは一部の大学の研究室と専門家集団及び 開かれた社風をもつ企業ぐらいではないでしょうか。多くの日本企 業の会議はほとんど議論になっていないのが実態だと思います。 とはいえ、20年前、10年前と比べれば、日本企業も随分議論ができ るようになったとは思います。これは一様に、トップが会議のあり 方あるいは議論、討議のあり方を変えた結果に他なりません。 将来的にはasktakaは楽観していますが、小学校の頃からディベー トで鍛えている米国とはまた違ったトレーニングが不可欠だと思い ます。 >信長さん 的確なご指摘に感謝しています。個人のBBSなので、いつでも自由 にやめることができるという気安さからスタートしましたが、早い ものでもう2年余を経過しました。当初ほどこまめには発信でき なくなったことやMinaさんのサイトが休眠状態で交流が途絶えた こともあり、最近はこのBBSへの投稿者の顔ぶれも固定化してきま した。これも管理人たるasktakaの怠慢に起因するものであり、 かっての知的な議論を期待してご訪問された皆さんには、申し訳 なく思っています。 今後も最低月一回は「今月の提言」をアップしていく予定ですの で、また時々ご投稿いただければうれしく思います。 >家主さん 「経済学検定試験」なるものが実施されることは、国内の統一基準 が出来るという意味で、産業界にとってはいいことだと思います。 また、産業界の求める人材がすべてエコノミストであるわけがない ので、経済学部以外の人たちが就職で著しく不利になることはない と思いますね。とういうか、現在でも文学部などは法学部や経済学 部に比べて十分に不利ですからね。 だた、asktakaが思うには、少なくても大学側が商品として学生を 企業に供給するには、品質は保証すべきで、特にビジネスを志す 学生にとって経済学のファンダメンタルズは不可欠です。 P.S.行変の編集はしませんでしたが、悪しからず

家主 - 01/10/17 18:34:31
ホームページアドレス:http://vivid-keizai.khk.co.jp/
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
経済学部以外に就職などで不利になるのでは?

経済学部に限らないが、レベル低下が問題になっているので、こういう試験もいいと思う。 しかし、英語はTOEIC,経済は統一試験で、不利になるのは、経済系以外の卒業生ではないかと思う。

家主 - 01/10/17 18:27:27
ホームページアドレス:http://www.d4.dion.ne.jp/~tanagai/form1.html
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
大学生に経済の検定 来年3月に最初の試験

皆さん、どう思いますか?  経済学を学ぶ大学生の実力を全国レベルで判定する「経済学検定試験」が来春から始まる。英語のTOEICのように就職時に評価されるものをめざす。学生に明確な目標を与え、学力低下を食い止める狙いがある。  関係者によると、経済学部の学生の卒業時の実力をみる目安はない。企業からは「経済学部卒なのに経済学の基礎があまり身についていない」という声も出ていた。  このため、全国の大学の経済学部の教員が協力して、日本経済学教育協会を設立。来年3月に最初の試験を実施することになった。  試験では、理論的・数理的な基礎と実体経済の理解度をみる。1千点満点で、プロとして通じるSランクから、勉強不十分のDランクまで、5段階で判定する。  試験委員長を務める西村和雄・京都大教授(前日本経済学会会長)は「学生にも教員にも刺激になるし、ひいては日本経済の再生にもつながる」と話している。  出願方法などは、協会のホームページ(http://vivid−keizai.khk.co.jp)参照。 (08:14)

家主 - 01/10/17 17:48:40
ホームページアドレス:http://www.d4.dion.ne.jp/~tanagai/form1.html
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
東京でセミナーをやります

宣伝禁止なので、詳細は出しませんが、今度、都内でセミナーをやります。 無料です。

信長 - 01/10/17 17:23:22
誤謬(ごびゅう)と詭弁

最近ここでは投稿者の詭弁と誤謬が目立つように見受けられます。 とても残念です。。。。 「経済を、論議するなら、底辺のベイシックな基礎がなくては、論 じられないというのは、おかしいのではないですか。それは、あた かも、戦争とは、こうあるべきだという固定観念しかなくて、信長の 鉄砲を使ったあたらしい戦術に、他の大名が敗れて行って、天下を取 れなかったのと、おなじことと、違いますか。相手が、どんな方法を とっても、胸をかすつもりで、説得してこそ、ほんとうの論争です。」 = これは「論点変更の誤謬」の一例です。論理が完全に破綻して います。 「デリバティブになると、もうペテンの世界です。そうなってくると、 お金は、だんだん本来の意味を今では失っているといえませんか。」 =言えません。「不当仮定の誤謬」と呼ばれる論法です。 「他のひとも、多く言っておられますが、21世紀は、資本主義が、 破綻するというのは、なんだかすんなり腑に落ちるかんじがするの ですが、どうですか」 = これは典型的な「不可知の論証」です。つまり「みんながあの人 は悪いといっているから、つきあってはいけません」と同じ論法です。 「みんな」とは誰か、「どんな悪口なのか」と質問を重ねていくと この手の論法はもろくも崩れてしまうのです。 また「腑におちない」と否定形で使うのが日本語です。 一般論ですが、国際社会では「日本人は討論が下手」といわれます。 否定されるとカッとなって逆上したり、やけにあっさりと退いてしま う人が、少なからず、見受けられます。 しかし、これからの時代、つまり情報化社会では、増え続ける「言葉 によるごまかし」を冷静に見極め、物事を論理的に考えていく力が 欠かすことのできない資質となっていくでしょう。冷静に、諦めずに 考えつづける力。その前提として先人が蓄積してきた学問(経済学も 当然この範疇に入ります)は、もちろん完璧ではないにせよ、決して 侮るべき性質のものではないはずです。

asktaka - 01/10/17 11:32:23
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
鬼の霍乱

とかいうそうですが、月曜の夜から高熱が出て昨日は一旦出社 したものの昼前に自宅に戻りました。今日も用心して自宅で仕事を することにしました。十数年高熱とは無縁だったのですが、今年の 1月末にやはり39度台の熱を出したので何と年に2回も高熱に 見舞われたわけです。体力が落ちたということでしょうか。 というわけで、さすがに昨日は起きていることが苦痛でしたが、 今朝はまだ元気がありますね。 >DokusouBossさん 確かに、「従来の常識的な発想」が問題だと思います。しかし、 そうした発想では問題が解きにくくなっているのは、自明なことで すが、一方では情報技術の急速な発展があり、他方、もはや賞味期 限が切れた伝統的システムや手法に依存した思考方法に限界がある からです。今回の「新しい戦争」の意味も一連の問題もこういうこ とではないでしょうか。 ところで、asktakaには、ビジネスに関していうと「常識的な発 想」とは、従来の日本の商慣習、経済的慣行に基づく発想を意味す るように思えます。ビジネスの成功は、よくいわれるように、半歩 先を行くことかもしれません。だが、大ブレークするには、少なく ても10年のスパンで物事を考えることが必要だと思います。 DokusouBossさんのお得意な流通・小売リの世界でいえば、歴史的 には主婦の店ダイエーや藤田商店のマクドナルドの創業期を、最近 ではファーストリーテーリングのユニクロの軌跡を想起すればよい と思います。 ポジティブに考えれば、現在のような混迷の時代こそ、大きなビジ ネスのチャンスが生まれると思います。生産性がグローバルにみて 相対的に劣る産業においては、ビジネスシステムの改革によって 大ブレークの可能性が大ではないでしょうか。 >芳香太さん 経済学のような完成した学問には言葉の定義が一義的に定まって いて、これを無視して議論はできません。しかし、市井のお話で は、無論それほど厳密な話が出来るはずはありません。現況の経済 状況の診断及び対策には経済学者、エコノミストの間でも多様な案 があります。共通しているのは、規制緩和と金融緩和ぐらいでは ないでしょうか。こうした状況ですから、この手の論争を当BBSで 行うつもりはありません。 お金、つまり、貨幣の機能とは、教科書的にいうと次の三つです。 1.価値尺度 2.交換手段 3.貯蔵手段 このうち1は将来も必要でしょう。アイスクリーム1個100円 という価値が明らかでなければ現在のそして将来の交換経済も成立 しないでしょうからね。しかし、2と3、とくに2は今後相対的に ウエートが下がると思います。 >デリバティブになると、もうペテンの世界です。 そういうことをいうと投資はみな悪者ということになります。金融 工学に基づくデリバティブも保険と同様に立派な金融商品です。保 険もデリバティブに投資していますしね。住宅ローンや定期預金も 広義にはデリバティブの一種という人もいますしね。このへんは 金融の専門家に聞いてください。 21世紀の資本主義はいかにあるべきか、あるいはいかに変容する か、この点も定説はありません。ただ、米国対ドイツ・日本型、 あるいは7つの資本主義など多数の見解はあります。 asktakaのイメージは、こと日本の資本主義についていえば、一層 市場メカニズムを活用しながら、市場では解決できない問題、例え ば環境とか弱者救済といった問題には政府がちゃんと対処するシス テムです。何せ、これまでは規制と大きな政府で資本主義とはいい ながら社会主義的資本主義でしたからね。 市場メカニズムが効率的な資源配分を促すことは歴史的に証明され ましたが、21世紀は効率性のもたらす歪みと市場の失敗への対処 そして市場メカニズムを阻害する要因の除去が大きな課題となるは ずです。

芳香太 - 01/10/16 09:37:20
電子メールアドレス:kuse@mxa.nkansai.ne.jp
お金の意味は何ですか

「時代は変わる」を、小生も期待していましたが、がっかりしまし た。大学者は、要点を少ないフレーズで、完璧に表現します。いちい ち、用語の説明から、解説しなければ論争できないというのは、核心 を、得ていませんね。  21世紀に際して、いろいろ考えられるけれど、どうしてもわからな いことに、お金があります。これいったいなんでしょうね。  貨幣は、物々交換から始まりました。それでは、いちいち不便なん で、石の大きな物や、金などになって、現在の紙幣などの貨幣に、 発展していったのは、周知の事実です。それが、地球上の価値観とな っています。そうして、商品の交換用具として機能している間はいい のですが、実体経済は、生活に関連した何十倍のお金が、世界を動き 回っています。デリバティブになると、もうペテンの世界です。 そうなってくると、お金は、だんだん本来の意味を今では失っている といえませんか。他のひとも、多く言っておられますが、21世紀は、 資本主義が、破綻するというのは、なんだかすんなり腑に落ちるかん じがするのですが、どうですか。

[ トップページへ ]