これまでのゲストブック・掲示板(〜9月30日まで)

[ 戻る ] [〜9/15〜8月〜7月01年前半] [00年後半00年前半1999年][ Top Pageへ ]


ファイト! - 01/09/30 21:51:12
電子メールアドレス:uscpa@clubaa.com
雑感その140

先週は出張帰りということもあり、やや疲れ気味でしたが今日はがん ばって家族サービス、、、、と思っていましたが、息子といったゴル フ練習場でギックリ腰に。癖になっているのですが、この痛みはやっ た人にしか分からないものですが、、、痛い! 先週、とある国に出張したのですが、仕事はさておきその国のインフ ラの高さに少々ビックリしました。 ます、住居。国の政策で土地はすべて国有地なのですが、狭い国土に マンションが建っています。といっても1戸あたり100岼幣紊呂 り、国民は国から99年とか長期間に渡るリースを受けているようで す。労働者階級でもそのぐらいの家ですから、、、、。また、町並み は非常に綺麗で、ごみがほとんど落ちていません。煙草の吸殻なども ってのほかです。南国ということもあり緑豊かです。また、日本のよ うに電柱が一本もないというもの印象的でした。 食事も各国料理がおいしくいただけます。値段も手ごろでした。まあ 日本食はやはり本場の方がおいしいと思いますが。でも、あんな暑い 国で刺身が食べられるのも驚きでしたが(日本から空輸しているそう です)。但し、日本食の値段は最も高いものとなりますが。 空港から町の中心まで車で20分程度。ゴルフ場は国内に全部で17 個所。メンバーならカート代だけ(1,500円ぐらい)でプレーできま す。隣の国の国境までもせいぜい30分。ちょっと車を飛ばせば、物 価はさらに半分になります。 日本から6〜7時間のところにこんな国もあるんだと感心しました。 なにせアジアの国にいったのがはじめてのファイト!には見るものす べてが新鮮でしたね。 しかし一方で、年中暑い、車は便利だが日本で買うよりも2倍以上は する、ゲームセンターなど娯楽施設が少ないなど、やや生活する上で の刺激には乏しいようです。スボーツも数は少ないようですし。それ が理由か、人口が3〜4百万人程度なのですが、若者は米国やヨーロ ッパに行く、いわゆる過疎化もどきの傾向があるとの話も聞きました。 それにこの国の秩序が保てるのは政府の力が強いからという話も現地 で効きました。まさに「Fine city」です(謎!?)。 正直いうと、アジア諸国はいつでもいけるし、やっぱりアメリカかヨ ーロッパという一種の偏見がファイト!の中にあったのは事実でした から、こうして自分の目で見て経験すると「アジアも以外におもしろ いな〜」と自然に思えてきました。 まさにSeeing is believingですね。 さてさて、テロの影響というと。 1.成田空港は厳重な警戒をしており出国検査に時間がかかるか? →成田空港はガラガラでまるで外国の田舎町の空港のおうでした。荷  物検査は厳しいですが、並んでいる様子もなかったです。平日の昼  間だったからか?また、帰りも空港で厳重な荷物検査を受けました  ボディチェクもありましたが、人が少なかったのかスムースに出国  できました。 2.飛行機は空いているか? →YES。行きは日系エアラインでしたが搭乗率は60%ぐらいだったでし  ょうか。お陰で非常口のところに座っていたファイト!は美人フラ  イトアテンダントと仲良くなれました(ムフッ!)。帰りは米系の  エアライン。当日までFull bookingのはずが、乗ってみると60%  ぐらいの搭乗率。きっとキャンセルの効かない格安航空券を買った  人で結局キャンセルした人がいたのでしょう。フライトアテンダン  トは残念ながらパスということで、座席4席独り占め状態で帰れま  した。 3.出張先でもテロの件は大きなニュースになっているのか? →Yes。連日ニュースで報道されていました。現地の人にも少なから  影響はあるようです。しかしながら、自国民で犠牲者がなかったよ  うなので日本ほどセンセーショナルな感じは受けませんでした。し  かし、今後の状況では経済に深刻な影響があるのではないかという  不安感はある様子で、そういった類の質問をよく受けました。 さて、次回は米国・ヨーロッパ出張を計画していましたが、やはり少 し自粛気味です。しばらくはアジア諸国・国内出張かな。 なんとか腰の痛みに耐えながら雑感も140回目になりましたね。 どこまで続くのか、、、、。 高橋選手も世界新だし、イチローも新人記録更新する様子だし、我々 凡人もがんばらないとなぁ〜(、、、とまだ雑感を続ける気でいるフ ァイト!です)。 では、明日から10月。がんばりましょう! ファイト!

坊さん - 01/09/29 21:16:23
ホームページアドレス:http://www.kousaiji.or.jp/
電子メールアドレス:kousaiji@peach.ocn.ne.jp
遊びに来てください。

埼玉 久喜市 の香最寺 の坊さんです。今 パソコン と ゴルフ にはまっています。特にパソコンです。HPを作りつつあります。 遊びに来てください。

家主 - 01/09/29 11:34:40
ホームページアドレス:http://www.chukei.co.jp/cgi-bin/books/detail.pl?id=21504
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
優秀な部下が辞表を持ってくるとき

ビジネス書ですが、本を出しました。 上司は必ず直面する優秀な部下が辞表を持ってくるとき という本です。 中経出版です。 出版不況で、この5年で、本は実売が半分になっているそうです。

風間れい - 01/09/29 09:54:17
電子メールアドレス:satoko@global.t-bird.edu
It's a small world.

asktakaさま> お久しぶりです。テロが起きて早2週間強、段々世間も沈静化を見せ (ご近所レベルですがね)、アメリカの旗も半旗ではなくなりました。 しかしながらアメリカ国内で何の罪も関わりもないアラブ系米国人及び インド人が襲われているのは悲しい事実です。アリゾナでもその関係で 一人殺されましたし、Arizona State Univ.ではアラブ系学生の車が丸焼きに されてしまったそうです。「知らない」という事が誤解を生み、悲劇を生む という事を、人は何度声高く上げればよいのだろうかと思います。 うちの学校は小さな国際都市みたいなものなので(外国人がメジャーですし、 マイノリティーである米国人達も国外に対する関心と経験は高いですから) 恐らく全米で一番静観視している学校なのではないでしょうか?そんな中 ある生徒の一人が「知らないから知ろう」という動機で世界の宗教を色々 学ぶ為の勉強会を開きました。キリスト(プロテスタント&カトリック)、 ユダヤ、イスラム、仏教等など、週1度の集まりで1つの宗教を学ぶという ものらしいのですが、何だかんだで必ず一人はそのテの実経験を持ってる 生徒がいるのがサンダーバードですので、活発な集まりになりそうです。 改めて気付くと、多種多様な人間が集まっている環境に身を置いている 今の自分は幸せだなあと思います・・・・しかし就職活動の環境は テロのおかげでムッチャ最悪ですなんが(苦笑)

asktaka - 01/09/28 17:58:42
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
秋の味覚

秋といえば、松茸、秋刀魚、梨、巨峰、スダチなど季節感のある食べ物 が多い。しのぎやすい気候とも相俟って、食欲の秋を実感します。この 時期、実家にいた頃はお袋が松茸の土瓶蒸しと松茸ご飯をよく作って くれましたが、現在は和食の店では必ず土瓶蒸しを注文します。それか ら、ふぐ鍋やしゃぶしゃぶ・すき焼きなどの季節も到来ですね。でも 今年は、牛肉は敬遠されるでしょうね。 ところで、今日の宴会はどういうわけか、「いわし料理」です。まぁ、 スダチで食べれば秋らしいかなぁ。 今週は時差調整であるはずの一週間でしたが、何だかハードでした。 今週末もワイフのイベントがあって落ち着かないし、何とかリラックス したいなぁ。 さて、皆さんは、今週は何をしてお過ごしですか?

家主 - 01/09/27 16:08:00
ホームページアドレス:http://www.u2b.co.jp/magazine/tokushu/jinji20/index.html
転職の謎

デューダという転職雑誌に記事が載りました。 オンラインでも読めます。 ありきたりの内容ですが、写真も出ています。 よろしく。

asktaka - 01/09/26 13:48:28
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
それでも米国の景気回復は早い

Business Weekの最新号にハーバードのバロー教授のエコノミック・ ビューポイントが出ています。題して、「何故米国経済は再浮上する か(WHY THE U.S. ECONOMY WILL RISE AGAIN?)」です。この論旨は、 今回のテロに伴う対策(戦争行為を含む)で財政赤字を気にすることな く政府支出を増加させることができるため、結果として景気対策に有効 というものです。つまり、軍事や復興に関する支出と減税による効果で 景気後退を防ぐと述べています。 バロー先生のご指摘の通りとすれば、こと世界経済に関する限りでは幸 いですがね。そうそうバロー先生といえば、確かasktakaの20代前半の 頃、グロスマン先生と一緒に有名な論文や本を書いて、読んだ記憶が あります。懐かしいお名前ですね。 >家主さん 確かに日本企業は、かっては宗教的な面もありましたね。いまでも京都 方面に残っているのでしょうか。ただ、最近はさすがに、排他性や自己 絶対性なるものはやや陰を薄め、情報に対してオープンでかつ多様性を 受け入れるようになりつつあるように思います。でも特に西の方の何人 かのトップは今でも、○◇教という色彩が強いような気がします。

家主 - 01/09/25 14:43:03
ホームページアドレス:http://www.d4.dion.ne.jp/~tanagai/home.htm
電子メールアドレス:tanagai@d4.dion.ne.jp
イスラムへの偏見に思う

私も、井筒俊彦さんの本を読むまでは、中東とかアラブは怪しいところ と思っていました。しかし、いくつかの史実があります。 先ず、中世では、先進国はアラブであり、ヨーロッパは遅れた地域だった のです。医学もほとんどが中東で発達したものが欧州に輸入されたものです。 また十字軍による聖地奪還の戦争が、訳されてジハードになったもので、 もともと好戦的だったのは、キリスト教圏です。長いこと、教会は武装し、 そこから出兵したくらいです。 確かに、聖書には「山上の垂訓」があり、そこには隣人愛を説くイエスの 言葉もあるのですが、一方で、同じ箇所で目には目をという指摘もされて いるのです。 宗教に多かれ少なかれ、排他性、自己絶対性がありますが、宗教に限りま せん。日本の場合、企業が一種の教団になっています。

asktaka - 01/09/24 23:19:09
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
お帰りなさい!

ファイト!さん、海外出張でしたか。ご無事で何よりでした。時差が 少ないところへお出かけのような気がしましたが、現地で仕事をし過ぎ たのでしょうか。 では、ゆっくり休んでくださいね。

ファイト! - 01/09/24 21:49:10
電子メールアドレス:uscpa@clubaa.com
帰国

無事帰国しました。 眠いのでこれにて、、、何も書いてないですが。 雑感はまた来週、、、。 ファイト!

asktaka - 01/09/22 11:50:16
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
これから国技館へ

相撲観戦も何だか大変!お墓参りにも行かなきゃなんないし、連休も すべてつぶれそうです。 では、また今晩にでも。

asktaka - 01/09/21 12:34:09
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
台風

昨日は某クライアントの会社で朝から一日会議に参加したのです が、またもや台風に遭遇するのかとひやひやしていました。何せ この会社にお伺いするときは、よく暴風になるのです。昨日は、 台風がそれて外は意外と穏やかなのですが、その代わり会議が荒れ たのだ!? >ダン店長さん ご指摘の通りナショナルガードは、一般には沿岸警備隊を指すこと が多いようですね。軍隊を持たない「普通の国」ではない日本に おいて、もちろんasktakaを含めて国民一般は軍隊及び軍事知識に 関する知識及び関心が希薄なんでしょうね。 >人間喜劇さん もともと宗教の歴史をみると、その起源は民の側、弱者の側に立っ て布教していたので、反体制と弾圧の歴史ともいえると思います。 また、一つのものを信じ込むと他が見えなくなるのは人の世の常 で、それが高じると排他的にならざるをえません。 正直なところ付け焼刃でアフガニスタンとタリバンの歴史を概観 したのですが、おぞましい気持ちになったことは確かです。旧ソ連 と米国に翻弄された歴史的事実はこの際正視すべきだと思います。 ただ、この事実をもってしてもテロを正当化することは断じて 出来ないと思うのです。テロを犯罪として裁き、テロ撲滅という 大儀で世界が団結することはできないのか。パウエル国務長官は 強硬派を押さえて、この線での解決策を模索していると見るのは 早計か。

人間喜劇 - 01/09/21 02:45:23
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/9761
Playing devil's advocate

Asktakasan Take it easy.単に議論を活性化したまでです。 ¥私も、人間は鵜ではなく、完璧でもないとするご意見に賛成です。 ただ、情報を遮断してある一定の情報や価値観を植え付けている 国においては、果たして人間としての本来の自由な思想や考えた方が 育まれるのでしょうか。この意味で、その国の人々は鵜飼いに従う 鵜のようで、鵜飼い次第でどのようにもなるということを言いたかったのです。 = 同感です。単に同じ「鵜」という言葉を使われたのでわたしの アナロジーとの違いを示したまでですので、他意はございません (笑い)あすくたかさんはどの国のことを言っているのかわかりま せんが、わたしは中東諸国のみならず、アメリカ人にもその傾向 がなきにしもあらず、と思えます。。。。「イデオロギー国家」と いえば聞こえはいいのですが、一歩間違うと宗教にも似ている気が します(特にすぐにGod bless Americaを歌いだしたり、すぐに イスラム系=テロリストとしてバッシングしはじめる点や、報道機関 や大統領があまりにも短絡的に「戦争」という言葉を使う点など) 宗教というのは、本質的に「排他的であり、非妥協的」なのです。 歴史的価値観を持たない国の限界なのでしょうか。 もっとも、完璧な国家も、人種も、人間もいないので、それはそれ でいいかもしれません。他罰的になってはいけませんね(自戒を こめて)。 ¥¥やるせない思いと細切れの時間での書き下ろしで、感情を押え てややオブラートに包んで発言しているつもりですが、何を言って いるか分からんと思われるときは何時でもご指摘いただければ幸い です。 = おそれいります。お忙しい中、あすくたかさんのパワーには 羨望の眼差しになってしまいます。因みに、「シャッポをぬぐ」 という日本語のシャッポはフランス語です(帽子の意味=脱帽)。 僭越ながら、たまにはがんがんいいたいことをみんなでいいま しょう(特に小職は会社でも家でもはっきり言わない男ですから、 笑い)。 あすくたかさんも、人間喜劇はただplaying devil's advocateと 割り切ってください(笑)。 ダン店長= Thanks a lot.

ダン店長 - 01/09/20 14:06:43
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1299
違いは多分・・?

asktaka様&人間喜劇様へ 未熟者ですが、また書き込みをさせて頂きます。 多くの国でのナショナルガードとは、国防組織とか 沿岸警備隊ですが、アメリカでは州兵組織の事らしいです。 多分にフルタイムの兵隊さんではありません。 また、予備役(リザーブ)とは、陸、海、空、マリーン 各軍のすべての部隊にあり、フルタイムの兵士ではなく、 二ヶ月の入門訓練後に毎月一週末を訓練に費やし、 緊急時の為に雇われている臨時の兵隊さんです。 実数は知りませんが、合計で数百万人ぐらいで、たしか 国防長官は、一つの戦時に百万人ぐらいまでは、大統領 抜きで直接監督指示が出来たとCNNで放送していた記憶が あります。 以上ですが、自分は単なるサラリーマンです!

asktaka - 01/09/19 18:17:00
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
お返事など

>ダン店長さん ご訪問いただき有難うございます。小生のあいまいなお話を明確に定義 していただき有難うございました。ところで、ナショナルガードは、 米国では州兵のことだと理解していますが、全州から召集するのでしょ うか?そうであれば、例えば人口比例で各州ごとに州兵のリザーブドを 割り当てて召集するのでしょうか?それとも新たにナショナルガード、 つまり州兵として徴兵するのでしょうか? 質問ばかりで、申し訳ないです(笑)。 >人間喜劇さん いつもご理解をいただき恐縮です。 >ナショナルカードとリザービストの違いが見えません。 ナショナルガード=州兵だと理解していますが、これもリザービスト なのか新たな徴兵するのか、各州によって違うのかは不明です。この 点はダン店長さんに質問しておきましたが・・・。 >。。。「しかし」という言葉でつなげた対比が見えません。すいませ ん、小職の日本語能力が低下しているのでしょう。 人間喜劇さんの日本語能力の低下が原因ではなく、小生の論旨のあいま いさに起因すると思います。人間喜劇さんのおっしゃる「Center」は 地理的な意味であることは理解していましたが、これを米国中心主義 ともいうべき「Center」にかけたつもりでしたが、分かりにくいです ね。例えば、下記の( )内の文章を加えればいかがでしょうか? << 以前お住まいは"Center of Europe"にあると述べていらっしゃ いましたね。しかし、(地理的な意味での"Center"を超えて)全ての面 でUSAが"Center of World"とは、人種、思想、文化、宗教の違う多民 族が生活している地球上の人々全員が賛同することはないと思います。 >> >= このアナロジー(鵜飼い)も見えません。これだと人間が「鵜」 ということになりますがわたしは「人間は(アメリカ人を含めて) 鵜ではない」と考えます。残念ながら、hate crimeをやっている アメリカ人は「鵜」以下だといえますが。〜 私も、人間は鵜ではなく、完璧でもないとするご意見に賛成です。 ただ、情報を遮断してある一定の情報や価値観を植え付けている 国においては、果たして人間としての本来の自由な思想や考えた方が 育まれるのでしょうか。この意味で、その国の人々は鵜飼いに従う 鵜のようで、鵜飼い次第でどのようにもなるということを言いたかった のです。 人間喜劇さん、ご指摘をいただき有難うございます。やるせない思いと 細切れの時間での書き下ろしで、感情を押えてややオブラートに包んで 発言しているつもりですが、何を言っているか分からんと思われるとき は何時でもご指摘いただければ幸いです。

asktaka - 01/09/19 17:29:16
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
お相撲さん

ちょっと暢気な話題です。実は千秋楽か14日目の溜席(いわゆる 土俵のそばの砂被り)をお願いしていたのですが、今回は手配できず その代わり22日(土)、14日目の桝席(4人席)がかろうじて確保 できました。昨晩、若松部屋のIからメールで返事をいただきました。 asktakaは24日に帰国予定だったので、今回の相撲観戦はあきらめて いたのですが、今回の件で急遽行くことにしました。若松部屋は、モン ゴルからきた朝青龍(前頭筆頭)、朝赤龍(幕下10枚目)などが頑張 っていて、今後が楽しみです。 ですが、今場所は上位陣の成績が悪く、休場が多いので今ひとつ盛り上 がりませんね。しかも現在、横綱、大関は二人とも武蔵川部屋なので、 これから上位陣同士の取り組みはありません。せめて朝青龍と琴光喜 が盛り上げてくれるといいのですが。 贔屓の現役最古参のIこと一ノ矢は、現在のところ6戦6敗で、両親 から引退を勧告(?)されているそうです。部屋のマネジメントもや っていて、部屋を取り仕切っているので、もし引退してもマネジャー として部屋に残るそうですが、一日でも永く相撲を続けて欲しいと思 っています。フレー、フレー、一ノ矢、フレー、フレー、一ノ矢!!

人間喜劇 - 01/09/19 17:30:24
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/9761
Devil's advocate

徴兵制については、アスクたかさんは、その辺をよく分かった上で、 日本に制度がないために徴兵という仮訳語をつかっているのだと おもいます。リザービストは私の友人にもいますが、これはアメリ カの強さの一面といえます。 学生やサラリーマンなどが事前にリザービストとして登録しておき 「有事のとき」に軍から招集を受けます。もちろん、「平時のとき」 にも、定期的に集まったり、トレーニングを(短い期間ですが) やったりするようです。要するに日本にない制度であり、日本語にも ない言葉なので、徴兵という仮訳語もあながち間違っていないのでは ないでしょうか(尤も、イスラエルやアラブ若しくはスイスの制度の とは異なりますが)。 ナショナルカードとリザービストの違いが見えません。教えてくだ さい。 ¥以前お住まいは"Center of Europe"にあると述べていらっしゃ いましたね。しかし、全ての面でUSAが"Center of World"とは、 人種、思想、文化、宗教の違う多民族が生活している地球上の人々 全員が賛同することはないと思います。 = 同感ですが。わたしがセンターという言葉を使ったのは、単純 に「地理的な」意味ですが。。。「しかし」という言葉でつなげた 対比が見えません。すいません、小職の日本語能力が低下している のでしょう。 そしていかなるシステムも、組織も完璧ではありえず、ある目的に 対してどれだけ効果的かという視点でしか捉えることは出来ないと 思います。換言すれば、目的が異なれば、異なった組織、システム の異なる行動が伴うのは必然です。そして個々の鵜は鵜飼い次第だ ということも、今回の出来事は教えてくれました。 = このアナロジー(鵜飼い)も見えません。これだと人間が「鵜」 ということになりますがわたしは「人間は(アメリカ人を含めて) 鵜ではない」と考えます。残念ながら、hate crimeをやっている アメリカ人は「鵜」以下だといえますが。完璧な国も、完璧な 人種も、完璧な人間もいません。そういう意味では、あスクたか さんと小職は同じ意見のような気がしますが。。 ところで、英語でdevil's advocateという言葉があります。 議論を活性化するために、いつも反対意見をのべる人です。 雰囲気が険悪になったときにも言い訳としても使えます。 ワンポイント英語でした。 人間喜劇

ダン店長 - 01/09/19 16:58:28
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1299
ちなみにですが。

シカゴ在住30代の会社員です。いつも楽しく拝見させて頂いて います。現在のアメリカ国内のテロ事件に対する国民の意見は 厳しい方向にあり、臨戦体制にあるのは間違いありません。 ちなみにですが、話題になっている徴兵ですが、昔の徴兵制度と 言われるものは無いと思います。今回、召集されたのはリザーブと 呼ばれる予備役軍人とナショナルガードの方々5万人です。

asktaka - 01/09/19 08:16:59
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
日本企業から学べ

アメリカ企業の強さは、客観的にライバル(日本企業等)の強さを 分析し、それを概念化して実践に移す風土があることだと思います。 この点に貢献しているのは、米国のビジネススクールであり一部の コンサルティング会社です。 最近、また「日本企業から学べ」という趣旨の本が話題になっていま す。その本はプリンストン大学のPaul DiMaggio教授が編集した、 The Twenty-First-Century Firm(Princeton University Press) です。 同書は21世紀の企業の特性を「ネットワーク」にあるとして、日本 企業の垂直的ケイレツ(いわゆる下請構造)と水平的ケイレツ(三菱、 三井等の企業グループをイメージ)に注目しています。 戦略的意図、コアコンピタンス、シックスシグマなど80年代からの 米国の日本企業研究の成果が米国企業に多大な影響を与えました。 そして、今度は21世紀型企業の方向を探る中で、日本企業の「ネット ワーク」に注目しています。あのMITIが決別を宣言した、日本型ケイレ ツを日本企業の今後の強みとしてどう生かしていくか、この点の議論 が日本国内ではほとんど行われていないですね。 >3rdworldmanさん 「政治家と理性」、確かに難しいテーマだと思います。21世紀の世界 の政治的安定性のいかんがこの何日かで決まるとすれば、重い決断に なるはずです。

3rdworldman - 01/09/18 00:32:02
ホームページアドレス:http://www.3rdworldman.com
電子メールアドレス:tozawa@3rdworldman.com
「共創」に共感

人間喜劇さんのスタンスとご意見に全面的に共感します。 しかし、米国民がどうこうという論評ではなく、残念ながら人類 の歴史に、こういう事態で理性が勝利しえたことはなかったとい う多くの教訓があります。政権の人気にとらわれず、理性を持っ た政策を示す度量がどの国の政治家にもないことが残念です。

asktaka - 01/09/17 21:14:30
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
鵜も鵜飼い次第?

人間喜劇さん、以前お住まいは"Center of Europe"にあると述べて いらっしゃいましたね。しかし、全ての面でUSAが"Center of World"とは、人種、思想、文化、宗教の違う多民族が生活している 地球上の人々全員が賛同することはないと思います。そしていかなる システムも、組織も完璧ではありえず、ある目的に対してどれだけ 効果的かという視点でしか捉えることは出来ないと思います。換言 すれば、目的が異なれば、異なった組織、システムの異なる行動が 伴うのは必然です。そして個々の鵜は鵜飼い次第だということも、 今回の出来事は教えてくれました。 政治のリーダーシップが問われているとともに、国民のバランス感覚 が求められているのですが、なかなか難しい問題ですね。

asktaka - 01/09/17 18:22:58
電子メールアドレス:taka@asktaka.com
Petition for a Thoughtful U.S. Response

というemailが米国の友人から届いています。CNNなどの報道を見ると もう臨戦体制で、大統領も盛んに士気を高めようと行動しているよう に見えます。しかしながら、米国内にも冷静に今後の対応を判断して いる人たちが数多く存在しています。上記のメールには、これまでの 米国のアクションを総括しつつ世界の平和を確保するための行動を "Petition(嘆願)"しています。具体的な署名サイトは次のシカゴ大 学のサイトにありますので、もし賛同される方はどうぞ。 http://home.uchicago.edu/~dhpicker/petition それから、欧州の国民感情は今回のTragediesに対して微妙ですね。 欧州のジャーナリズムの論調や欧州からのメールを見ても、犠牲者の 方々に対するお悔やみの気持ちは人間として当然もっているにしても、 これまでの米国の世界戦略に関しては問題だと考えている向きも多い ようです。 もちろん無差別なテロは絶対に許すべきではなく、世界の国々はこれに 断固とした対処をすべきだと思います。ただ、これが必ずしも全面戦争 を意味するわけではなく、イスラムという異文化を相手にこれでテロが 撲滅される保証はありません。asktakaには妙手は思いつかないです が、戦略、戦術オプションは数多くあるはずです。まだサイはすでに 投げられたわけではないので、米国の今後のアクションを見守りたい ですね。 >Alexandraさん "AMERICA'S NEW WAR"には実は吃驚しました。今回のケースは国際法 上は、WARではなくTERRORであることは確かだと聞いていましたから。 >アメリカに徴兵があるのですか?ベトナム以来、その制度は無くなっ >たと思っていました。 USAで教えている友人の教え子が徴兵されはじめたというメールを受け 取りました。その学生=予備兵なのかもしれませんが。ただ、徴兵制度 がない国は日本をはじめ珍しいはずなので、まだせいどは存続している のではないでしょうか。 >金曜日は世界規模で正午から黙祷がありましたね。 asktakaも友人のメールで知って一緒にやろうよということで、金曜の 夜中というか土曜日の早朝自宅で黙祷しました。この友人はPetitionの メールをもらった友人ではないのですが、冷静な米国人でバランス感覚 をもっていますね。 やはり、原爆を体験した、敗戦を体験した貴重な「経験」を日本独自の 理念、見解、政策として持ちえないことに違和感を感じる人は多いよう です。そんな大げさな話ではなくても、15日の日本の祭日に、横須賀 の米軍基地(自衛隊と共用)では、米軍の半旗に対して同じ敷地内の 自衛隊側では高らかと日の丸を揚げていたそうです。こうした場合は、 日本も同様に半旗とするのが国際常識だと思いますが、いかがなもの でしょうね。その4人は例外的だと思いますが、何故の行動なのか、 聞いてみたいものですね。

人間喜劇 - 01/09/17 17:32:52
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/9761
Nay 二十一世紀のキーワードは「共創」

私見では、日本人が「自信を持つ」ことから、すべてが始まると 思います。それは自分に対する誇りであり、そして自国に対する 誇りです。日本では「愛国心」などというとすぐに「偏っている」と 一蹴されてしまいますが、複雑なことではないのです。 自信=自分を信じる。自信を持つ。ただそれだけです。 マスコミにせよ、評論家にせよ、お得意の自嘲癖で「日本は駄目」 「日本人は駄目」と言っていたら、いつまでたっても日本人は変わら ないでしょう。挙げ句の果てに(マスコミのみならず)国民達が皆で 自虐的になって自分で自分をいじめていては、せっかくの良い面も 曇ってしまうのではないでしょうか。 物事に完璧はありません。国家も、人種も、個人も。だからこそ、 なにごとにも良い面も悪い面もあるとまず認識することが大切です。 世界にも、日本にも良い面、悪い面がある。まずそれを認識した上で、 日本に欠けている面を、他国の良い面で補完していく。 そういう「世界観」が、きっと今の日本人には必要なのでしょう。 いずれにせよ、わたしはあまり自嘲癖はないので、generalization (一般化)に基づく日本人否定論には賛成しかねるところです。 なぜなら、そうした議論からは何も生まれないからです。 今回の事件は悲しい出来事です。しかし、アメリカの「陽」の部分 だけでなく、「陰」の部分も露呈しているという現実も、決して曲解 せずに、理解しておく必要がありそうです。テロリストとイスラム教 の違いを理解せずに、一方的に人種差別を始める人々やボランティア に集まりながら「なかなか美味しい飯が食えるんだよ」と臆面もなく テレビのインタビューに答えるアメリカ人の輩。 もちろん、そうした各論レベルの現象を基に、「アメリカは云々」と いう結論を出すのは愚の骨頂です。 そうではなくて、現象の裏にある「問題」とは何か。それを考えてい く。たとえば、上述の例では教育が挙げられるでしょう。アメリカの 二極分化した教育制度の弊害(素晴らしいエリート教育とそうでは ない一般教育)といえるでしょう。 爆撃の後、CNNが報道していた(爆撃を喜ぶ)パレスティナ人の 子供たちもある意味で被害者といえます。教育を受けていないから 一部の過激派の反米スローガンを鵜呑みにしてしまう。おそらくあの 子供達はアメリカのことなど何一つ知らないでしょう。そしてきっと アメリカに行く機会なども一生ありえないでしょう。 アメリカでイスラム系市民に投石したり、拳銃を突きつけている アメリカ人も同じです。何一つイスラムのことなど知らないのでし ょう。そしてイスラム=テロ、あるいは外国人=テロ(たとえば 日本人=パールハーバー)という極端な視野狭窄に簡単に陥ってし まいます。 鵜呑みもいい。しかし、人間は鵜でなないのです。 わたしはJFケネディーのいった「世界の人々が多様性の中で、 お互いの違いに寛容な気持ちをもって暮らしていける社会」を、 たとえdreamerといわれようが、心待ちにしています(ちなみに JFKが「尊敬する日本の政治家」として挙げた江戸中期の上杉 鷹山は「三助」という素晴らしい考え方を実践しました=日本人 の中にも素晴らしいひとは多いのです。。。)。 どうか「第三次世界大戦」が始まらないように。。。。。

Alexandra - 01/09/17 16:06:59
ファイト!さんに10票!

ファイトさんが、私が思っていたことを書いて下さっていました。 会社のイントラネットに献血ができる所が紹介されていたので、TEL しましたが、志願者が殺到しているため予約制になり、3日後になりました。 私はまだ出張中です。10日後に帰宅する予定です。幸い、空港は混雑 しましたがオープンしました。空港の混雑など、被害に遭われた方のことを 考えると、不満も言っていられません。 >ところで、CNNの画面の見出しが昨晩か今朝から"AMERICA UNDER >ATTACK"から"AMERICA'S NEW WAR"に変わりました。これから何が起 >こるのか、大体の想像はつきそうですね。すでに大学生も徴兵されは >じめているようですしね。 CNN以外は別の書き方をしているので、CNNともあろう局が、こんな字幕を 出すと、変に士気を高めるのではと心配です。アメリカに徴兵があるのですか? ベトナム以来、その制度は無くなったと思っていました。 ところで、金曜日は世界規模で正午から黙祷がありましたね。世界の模様が NY Timesに写真で掲載されています。本当に世界で行なわれたのだと 実感しました。(http://www.nytimes.com/ の Day of Prayerの写真) 私の会社でも被害者の冥福を祈るという目的で、CEOからメールが入っており、 集合して3分間の黙祷式が行なわれました。変に国旗を持ったりする人も おらず、小さな星条旗を入手して持参したのは、なんと欧州からの出張者 でした。ここで「どうして!?」と思うことがありました。日本から出張で 来ていた4人の男性だけが参加しなかったのです。星条旗に敬礼せよ、 と言われているわけでもないのに、被害者の痛みを分かち合うという 考えには及ばなかったようで、軽く誘っても変な笑みを浮かべて「パス」と 言われました。その間に4人集まって昼食をとっている。欧州人は、 それを見ながら「日本は大戦の歴史を教えていないと聞いた事があるが、 やっぱりそうなの?」と私に尋ねるし。「日本人は不可解」という 印象を会社で残してしまいました。ファイトさんのように、現状や人の痛みを 早く認識できる人が日本にも沢山いたら良いな…と思いました。 黙祷後に顔をあげると山々の向こうの青空は平和な空でした。

[ トップページへ ]