明治俳諧の世界


 子規以前の明治の俳諧は、文学史上もっとも軽く見られている分野だと言えるでしょう。

 それは、近世俳諧の模倣と俗化だという見方が一般的です。

 たしかに、この時代の作品で、感心するものにお目にかかることはめったにありません。

 けれど、そこにはすでに近代の光がさしかけています。  


基礎資料 明治中期の俳壇 月並俳諧の実際
月並の俳誌 東京の発行所 月並俳諧とは何か
俳書刊行の推移 東京の宗匠たち 「俳諧一日集」
明治俳書目録 地方の発行所 「国粋振興会員発句集」
 明治俳諧の評価  「穎才新誌」の俳句   新聞記事に見る点取俳諧
「明治俳諧金玉集」の考察

ホームページに戻る