大弐三位 だいにのさんみ 生没年未詳(999頃-1082頃) 別称:越後弁・越後弁乳母・藤三位

藤原宣孝の娘。母は紫式部。名は賢子(かたこ?)
長保元年(999)頃の出生と推定される。若くして上東門院彰子に仕える。藤原頼宗定頼ら摂関家の貴公子に愛され、また源朝任とも交際があったが、藤原兼隆の妻となり、親仁親王(のちの後冷泉天皇)の乳母を勤める。その後、正三位大宰大弐高階成章と再婚。長暦二年(1038)、為家を生む。寛徳二年(1045)、後冷泉天皇即位とともに、従三位典侍となる。
長元五年(1032)の「上東門院菊合」、永承四年(1049)の内裏歌合、同五年の「祐子内親王家歌合」などに出詠。承暦二年(1078)には、「内裏後番歌合」で息子為家の代詠を務めている。家集『大弐三位集』がある。後拾遺集初出。勅撰入集は三十七首。『小倉百人一首』『女房三十六人歌合』に歌が採られている。

「大弐三位集(藤三位集)」 群書類従274(第15輯)・桂宮本叢書9・岩波文庫(紫式部集)・私家集大成2・新編国歌大観3・和歌文学大系20

  3首  1首  2首  3首  2首 計11首

高陽院の梅の花を折りてつかはして侍りければ

いとどしく春の心の空なるにまた花の香を身にぞしめつる(新勅撰44)

【通釈】ただでさえ春は心がうわの空になりますのに、その上また贈って下さった梅の花の香を身に染み付けて、いっそう浮き浮きした気持ちになりました。

【語釈】◇高陽院(かやうゐん) 当時は藤原頼通の邸。二条城の東北にあたる。◇身にぞしめつる 「しめ」は「占め」(我が物とする)、「染め」(染み付ける)の掛詞。

【補記】頼通から梅の花を贈って来たのに対する返礼の歌。「心の空なるに」に相手の浮気心を暗示して皮肉を効かせている。頼通の返歌は「そらならばたづね来なまし梅の花まだ身にしまぬ匂ひとぞ見る」。

梅の花にそへて、大弐三位に遣はしける    権中納言定頼

こぬ人によそへて見つる梅の花ちりなむ後のなぐさめぞなき

【通釈】花の香に、いつまで待っても来てくれない人を偲びながら、我が家の梅を眺めていました。花が散ってしまったら、後はもう何も慰めがありません。

返し

春ごとに心をしむる花の()()がなほざりの袖かふれつる(新古49)

【通釈】春が来るたび、あなたの家の梅の花を心待ちにしていました。その枝に、誰が袖を触れてしまったのでしょう。私みたいに深い思い込みもなく、いい加減な気持で…。

【語釈】◇心をしむる 私の心を占める。◇花の枝 定頼の家の梅の花の枝。◇誰がなほざりの袖か… どこの誰がいい加減な気持で袖を触れて、花の香をうつしたのか。「私はまだ触れていないのに…」と男を非難してみせたのである。

永承五年六月五日祐子内親王の家に歌合し侍るによめる

吹く風ぞ思へばつらき桜花心とちれる春しなければ(後拾遺143)

【通釈】吹きつける風ってば、思えば無情なものよ。桜の花は春ごとに散るけれど、いつも自分の意思で散っているのではないのだから。

【補記】永承五年(1050)六月五日、関白左大臣藤原頼通の賀陽院において、祐子内親王(後朱雀天皇の皇女)が主催した歌合、一番「桜」左勝。

ほととぎすをよめる

待たぬ夜も待つ夜も聞きつほととぎす花橘のにほふあたりは(後拾遺202)

【通釈】待たない夜も、待つ夜も、おまえの声を聞いたよ、ほととぎす。橘の花の匂うあたりでは。

【補記】治暦二年(1066)頃、高陽院内裏で行なわれた皇后宮寛子主催の歌合に出詠された歌。ほととぎすは橘の花を好むとされたので、その花の匂うあたりでは、待とうが待つまいが、毎晩その声が聞えた、ということ。

題しらず

はるかなるもろこしまでもゆくものは秋の寝覚の心なりけり(千載302)

【通釈】遥かな異土、唐の国までもゆくものは、秋の夜、目が醒めて眠りに戻れない時の心であったよ。

【本歌】兼藝法師「古今集」
もろこしも夢に見しかばちかかりき思はぬ中ぞはるけかりける

【補記】秋の寝覚の悲哀の深さ、眠りに戻れない独り寝の淋しい心持ちの果てしなさを、唐土までの遥かな距離になぞらえてみせた。本歌により恋の風趣も薫る。千載集巻五秋歌下巻頭。

【他出】大弐三位集、続詞花集、詠歌大概、定家八代抄、新時代不同歌合、女房三十六人歌合、六華集

【主な派生歌】
天の原へだてぬ月をしるべにてもろこしまでも行く心かな(寂然)
うたた寝にもろこしまでも見つるかな夢はうつつに猶まさりけり(源季広[続後拾遺])
今日といへば唐土までもゆく春を都にのみと思ひけるかな(*藤原俊成[新古今])
心のみもろこしまでもうかれつつ夢路に遠き月の比かな(藤原定家[続古今])
月清みねられぬ夜しももろこしの雲の夢までみる心ちする(藤原定家)
大かたの秋の寝覚のながき夜も君をぞ祈る身を思ふとて(藤原家隆[新古今])
夢ならでまたもろこしのまぢかきは月みる夜半の心なりけり(*二条為子)
限りなく悲しきものは燈火の消えての後の寝覚なりけり(香川景樹)

中納言定頼かれがれになり侍りにけるに、菊の花にさしてつかはしける

つらからむ方こそあらめ君ならで誰にか見せむ白菊の花(後拾遺348)

【通釈】あなたの私に対する態度には薄情な面がありますが、それでもあなた以外の誰に見せましょうか、この白菊の花を。

【補記】通いが途絶えがちになっていた藤原定頼に、菊の花に挿して贈った歌。「うゑし時花まちどほにありし菊うつろふ秋にあはむとや見し」(大江千里『古今集』)のように、白菊はしおれてのち赤つぽく変化する様も愛でられた。「かれがれ」(「かれ」は「離れ」「枯れ」の掛詞)の後、二人の仲が復活する願いを白菊の花に籠めたのであろう。

【本歌】紀友則「古今集」
君ならで誰にか見せむ梅の花色をも香をも知る人ぞ知る

かれがれになる男の、「おぼつかなく」など言ひたりけるによめる

有馬山ゐなの笹原風ふけばいでそよ人を忘れやはする(後拾遺709)

【通釈】(詞書)途絶えがちになった男が、「お気持ちが分からず不安で」などと(手紙で)言っていたので詠んだ歌。
(歌)有馬山、その麓に広がる猪名野の笹原――山から風が吹き下ろせば、そよがずにはいません。さあ、そのことですよ。音信があれば、心は靡くもの。あなたのことを忘れたりするものですか。

猪名の笹原(摂津名所図会)
猪名の笹原(摂津名所図会より)

【語釈】◇おぼつかなく 恋人の変心を疑うときの決まり文句。◇有馬山 摂津国の歌枕。今の神戸市北区有馬町。古くは有間山とも書く。◇ゐなの笹原 猪名の笹原、または猪名野笹原。猪名野は今の伊丹市から尼崎市あたりの平野。万葉集の「しなが鳥猪名野を来れば有間山夕霧立ちぬ宿りはなくて」以来、有馬山とセットで旅の歌によく出て来る。荒涼とした原野のイメージで詠まれることが多い。◇風ふけば ここまでが「そよ」を言い起こすための序詞。風には男からの音信を暗示している。◇いでそよ さあ、そうですよ。「そよ」は風が篠原を靡かせる擬声語を兼ねている。◇人を忘れやはする あなたを忘れたりするものですか。「人」は婉曲に相手の男を指す。「わする」は恋歌の用語としては「恋人を捨てる」「気にかけなくなる」意に用いることが多い。

【他出】定家八代抄、百人一首、新時代不同歌合、女房三十六人歌合

【参考歌】作者未詳(摂津作)「万葉集」巻七
しなが鳥猪名野を来れば有間山夕霧立ちぬ宿りはなくて
  曾禰好忠「好忠集」
すはゑする小笹が原のそよまさに人忘るべきわが心かは

【主な派生歌】
もろともにゐなの笹原みち絶えてただ吹く風の音に聞けとや(藤原定家)
行き暮らす猪名の笹原そよさらに霰ふりきぬ宿はなくして(藤原為家)
風わたる猪名の笹原そよさらにうきふししげく露ぞ乱るる(九条教実)
うらみばや猪名の笹原とにかくにいでそよつらきふしのしげさを(宗尊親王)
鹿のこゑ虫の音もまだ有馬山ゐなの笹原そよや初雪(木下長嘯子)
荻の葉に秋風たちし夕べよりいでそよさらに誰か恋しき(〃)
暮るる日の猪名のささ原風たちぬいでそよ夏を忘るばかりに(中院通勝)
風吹けばいでそよ今もささがにの袖にかかりし暮ぞ忘れぬ(下河辺長流)
春風はそよとばかりの音もなし霞みわたれる猪名の笹原(契沖)

かたらひける人の久しくおとづれざりければ、つかはしける

うたがひし命ばかりはありながら契りし中のたえぬべきかな(千載910)

【通釈】このうえ生き長らえるかと疑った命は未だ残っているのに、約束し合った仲は絶えてしまったのですね。

【補記】親密な仲であった男が久しく音信を絶えたので贈った歌。

堀川右大臣のもとにつかはしける

恋しさの憂きにまぎるる物ならばまたふたたびと君を見ましや(後拾遺792)

【通釈】恋しさが、煩しい些事に気が散って紛れるものなら、もう二度とあなたにお逢いしましょうか。紛れなどしないから、またお逢いしたいのです。

【補記】堀川右大臣は藤原頼宗。日常生活がいくら煩わしくても、だからと言って恋しさを忘れることなどない。だからあなたとは何度でも逢いたいのです、という気持。

秋の頃、をさなき子におくれたる人に

わかれけむなごりの露もかわかぬに置きやそふらむ秋の夕露(新古780)

【通釈】別れを悲しむ名残の涙もかわかないのに、あなたの袖にはさらに秋の夕露が置き添っているでしょうか。

【補記】幼い子に先立たれた人に贈った哀傷歌。

上東門院、世をそむき給ひにける春、庭の紅梅を見侍りて

梅の花なににほふらむ見る人の色をも香をも忘れぬる世に(新古1446)

【通釈】梅の花よ、なぜそんなに美しく咲き匂っているのか。おまえを見て賞美すべき人が、すでに出家して、色も香も忘れてしまった世であるというのに。

【補記】万寿三年(1026)春、上東門院藤原彰子が出家した時の歌。「見る人」とは、本来その梅を賞美すべき上東門院を指す。下句には、彰子の出家によって浮世に華やかさが失われたことを惜しむ心を籠めている。

【本歌】紀友則「古今集」
君ならで誰にか見せむ梅の花色をも香をも知る人ぞ知る


更新日:平成17年04月10日
最終更新日:平成19年02月12日