Char
 
 
   
 
 
YouTube映像
へのリンク
 
 
宇田川寅蔵
三上武志
澤田浩史
   
 
 
中学生の頃
高校生の頃
邦楽
歌謡曲
面白い
 

思い出 7

メニュー
   

ハミング・バード

   チャー   

   

back to HOME

   



2020年 1月 8日(水) 新春 マダムギター長見順・斉藤”社長”良一・澤田浩史・岡地曙裕 SESSION at 関内 Stormy Monday


2020年、新春。
   

今宵は2ヶ月ぶりの関内 Stormy Monday。
そして3ヶ月ぶりの彼ら
 

  • マダムギター長見順(g,v)
  • 斎藤”社長”良一(g)
  • 澤田浩史(Bass,v)
  • 岡地曙裕(ds)

    開店:19:00
    開演:20:00

       

    【ライヴ】

    岡地とサンバーストのプレベをブイブイする澤田のグルーヴに、社長のギターとマダムの歌とギターでロックにブルゥジィにセッションというお題で奏でるロック・バンド。
    曲風とはうらはらにスリル?ドキドキ?を感じる"I Almost Lost My Mind"。
    この夜は度々クラッシュ・シンバルとハイハットと戯れる岡地。

    お陰様で今年も良い音楽鑑賞で迎えることが出来ました。









  • 2019年 1月18日(土) Smiles4'(ダッシュ) at 代々木上原 Smiles


    今宵は3ヶ月ぶりの代々木上原 Smiles。
    もちろん今宵は3ヶ月ぶりのSmiles4。
    でも何と今宵も澤田浩史が欠席ということでSmiles4'(ダッシュ)。
    でも大丈夫です、この3人ですから。

     

    Smiles4'(ダッシュ)
  • 宇田川寅蔵(sax) 
  • 三上武志(gt) 
  • 高宮博史(E.b)
  • 須貝直人(dr)

    開演:20:00

     

    誰が言い始めたのか人生100年?。
    その折り返しを迎えこれまでとは一味違う寅蔵オリジナルはちょっとだけよぅな新春公演。
    テーマ「原点を振り返る」な今宵の演目。

    本当に寅蔵オリジナルはちょっとだけよぅな今宵の演目でしたが、そのちょっとだけよぅの1曲が凄かった。
    これまでとは一味違う、眠らない大都会も眠りにつく深夜を連想させたアドベンチャーアレンジの"Morito"。

    そして今宵の締めはやはりこの曲、”Ma Ho Ra Ba”。
    三上と寅蔵の攻め合いに調和の演奏は圧巻でした。

    Smiles4' 'Back to Basic' set list(ネットから)
    1st:
  • I Feel Good
  • Suger
  • Morito
  • Sunny
    2nd:
  • The Nearness Of You
  • Georgia On My Mind
  • Charm Baby
  • Isn't She Lovely
  • Put It Where You Want It
  • Ma Ho Ra Ba
    en.
  • Straight No Chaser










  • 2020年 1月27日(月) 宇田川寅蔵 A NEW PERSPECTIVE at 横浜 Motion Blue Yokohama


    今宵は3ヶ月ぶりの赤レンガ倉庫内のMotion Blue Yokohama。
    もちろん今宵は10日ぶりの宇田川寅蔵、それもソロ。
    でもベースは澤田浩史だからSmiles4 half(ハーフ)?。
    でもパーションの方が違うからSmiles4とは一味も二味も違うだろうな。

    というようなことをあれこれ想像しながら赤レンガ倉庫に向かったのでした。

       

    A NEW PERSPECTIVE
  • 宇田川寅蔵(sax) 
  • 澤田浩史(b) 
  • コスマス・カピッツァ(per)
  • 菊池麻由(p)

    開場:18:00
    開演:19:30

       

    【第1部】

    最後の音が奏でられ闇に音が吸い込まれた後の静粛までもが楽曲。
    静粛も闇に溶け込んだ頃に湧き起こる拍手。
    そんな2曲で始まったライヴ。
    サックスで今宵の幕開けを告げ、心地良い細かく刻む速いリズムにサンバーストのプレべも一味違うリズム体が醸し出すグルーヴにサックスがさく裂する"The Drunkard And Mina"。
    そして一転、スローなピアノが奏でられて始まった"Requiem For Modernism"。
    小さなオーケストラ・ピアノに対しパーカションとベースのグルーヴの両輪にのりソプラノ・サックスが高らかに深く歌います。

    MCをはさみベースのグルーヴで始まった"On A Slow Boat To Jamaica"。
    サックス・ソロからピアノ・ソロ、ベース・ソロとジャマイカへの長い船旅。
    "Afternoon At A Silk Tree Cafe"
    長い船旅の午後はカフェでゆったりと。
    そこにいきなり奏でられるは"Ma Ho Ra Ba"!?
    パーカションの問いかけが違えば応えるベースも一味違ったような。
    更にピアノが色を添えればサックスも一味違ったような"Ma Ho Ra Ba"。

    【第2部】

    いきなり"Soprano The Hero"で再開。

    幻想的な雰囲気を醸し出すピアノ。
    その風景に馴染みのあるベースのメロディ。
    これは"Ha Gu Re Gu Mo"。
    そしてサックスが奏で始める頃にはパーカションも。

    パーカションが奏で始め、そこにピアノが加われば、「これは???」
    サックスが奏でるメロディは"Holiday On The Moon"。
    このピアノのフレーズは斬新というか新鮮で曲の空気を創っていたかも。

    第2部は一人一人の色がよりはっきりしながらも、お互いが呼応しユニットがより一つになったような。

    【アンコール】

    綺麗な曲、"Heavenly Maiden"、邦題"天魚"。

    初めて鑑賞する曲かと思いきや2019年 9月 4日(水) 南青山 MANDALAで催された「Urban Jazz Paradise Special vol.45」に出演したSaxophinity 2019でも演じられていたとか。
    綺麗な曲です。
    Smiles4で何度か鑑賞した寅蔵の楽曲。
    その数々の楽曲がまた違う顔を見せてくれました。
    この新しい寅蔵のユニット A NEW PERSPECTIVEは今宵だけでは終わらない、次がある予感がするのですがいかがでしょうか。

    set list(ネットから)
    1st:
  • The Drunkard And Mina : ts
  • Requiem For Modernism : ss
  • On A Slow Boat To Jamaica : ts
  • Afternoon At A Silk Tree Cafe : ts
  • Ma Ho Ra Ba : ts
    2nd:
  • Soprano The Hero : ss
  • Ha Gu Re Gu Mo : ts
  • Holiday On The Moon : ts
  • Morito : ts
  • An Obscure Movie Theme Song : ts
    en.
  • Heavenly Maiden : ts







  • ******************************
    ******************************

    「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19)」が
    日本を含む世界各地に感染が拡大。

    ******************************
    ******************************






    2020年 3月23日(月) ロックナイト(松川、澤田、& 松本) at 荻窪ルースター
    記録日:2020年 4月30日(木)

    天国のおとうちゃん。
    今日もぼくは相変わらず中途半端に生きています。

    失われた2か月間。
    3月にライヴハウスを叩いたように4月はパチンコ屋さん。
    私は今日もうつむいて歩いています。

    2019年 6月29日(土)から9か月ぶりの荻窪。
     

  • 松川純一郎(Vo,g)
  • 澤田浩史(Vo,b)
  • 松本淳(dr)

    開場:19:00
    開演:20:00

     

    入口には消毒液。
    東京都知事の言葉「密です!」は4月10日頃のこと。
    3月中旬のことでしたが店内は「密ではない!」な社会的距離(ソーシャルディスタンス)な席配置。

    開演に先立ちいつも通りマスターが登場し前説。
    ただ今宵はいつもと一味違います。

    入口には消毒液、使ってください。
    ここはコンサート・ホール、西洋音楽「ロック」というクラシックの音楽鑑賞。
    マスクがあれば着用。
    静かに鑑賞してください。

    という旨の諸注意を拝聴し開演です。

    【ライヴ】

    1曲終えるとドアを全開して10分位、楽しいMC。

    イントロ、えっ、あっ、確かに白のMustang。
    「ベース係さん、本物かも」な1曲目。

    それ以降も好きなミュージシャンへの愛を感じました。

    いつもは遠くて高いステージで奏でるあの曲やその曲やこの曲のベース・ラインを目の前で奏でてくれる、特にその右手にくぎ付けなのでした。

    面白かったです。
    このような面白いセットリストのライヴは、1回きりだから面白いかも、という企画だと思いました。
    特に良かったのは2ndでの平山 純枝。

    白のMustangであの1曲。
    更にもう1曲。
    この時、ベース・ソロでファズを踏んだ!
    凄い音、音量というよりも圧!
    そしてもう1曲。

    平山 純枝を加えた4人バンド。
    もしかしたらこの形がこのバンドの魅力を倍増させる形かもしれないと思うのでした。

    松川純一郎の自由で広い心、その松川の盟友・松本淳、澤田浩史の器の大きさ。
    そのライヴに一期一会できた幸せを感じた一夜なのでした。









  • 2020年 3月28日(土) swingoza+ 「FULL HOUSE」 tour at 浜松 Hermit Dolpin
    記録日:2020年 4月29日(土)

    (映像鑑賞日:2020年 4月 6日(月) YouTube & Facebook 生配信 )
    インパールに行ったまま帰ってこないと聞いている写真でしかお会いしていないおじいちゃん。
    私は今日もうつむいて歩いています。

    ねぇ、後藤田さん。
    平時に対し今は「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19 )」という有事なのかもしれませんね。
    有事ならばその対応、例えば国が「マスク配給有無」「食糧配給有無」などをするならばシステム化は必須、その管理にマイ・ナンバー・カードの制度の整備が必要になるかもしれません。
    そして今の「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19 )」という有事に対応する法の整備が必要になると思います。
    しかしそれは「憲法の改正ではない。現在の憲法のもとでの法整備」だと思うのですがいかがでしょうか。

    3月末の予定は1月には計画をしはじめ2月の頭には3月末頃の予定のWBSを作成していました。
    そこに2月7日に3月29日(日)に大阪、3月30日(月)に名古屋というツアーを発表したのです。
    2月8日には大阪のお店、名古屋のお店が発表され、WBSの見直しを始めました。
    2月10日には3月28日(土)の浜松も発表されました。
    更に2月21日は4月15日(水)の横浜もSALSA SWINGOZAとの共演で発表されました。

    その発表を目にしながら観に行きたいと思ったのです。
    何とかWBSにあるタスクの入れ替えなどを行い、名古屋に鑑賞しに行くことが出来ないかと考えていたのですが、やはり3月30日(月)に名古屋に立ち寄ったり往復するのは無理で泣く泣く諦めたのでした。
    しかし3月28日(土)の浜松はWBSのタスクを入れ替え、このタスクとあのタスクをファスト・トラッキングすれば行けるかもしれないと3月1日に浜松を、3月2日に横浜を予約したのでした。

    でも2月後半からあちらこちらで延期か中止になる催しが日増しに増えていったのでした。
    そのような社会の空気、音楽を鑑賞しながら生演奏の音楽を鑑賞出来る飲食店やミュージシャンには逆風吹き荒れる中でのライヴ・ツアー
    3月28日(土) 静岡県浜松市 Hermit Dolpin
    3月29日(日) 大阪府大阪市 THIRD STONE 福島店
    3月30日(月) 愛知県名古屋市 TOKUZO
    を、swingoza+は催行してくれました。
    ミュージシャンもスタッフもお店も厳しい状況で検討し決定したと思います。

    3月14日には浜松の会場が変更になり、3月25日には開催に向け<密閉・密集・密接>を避けるお願いと、その模様をYouTubeとfacebookで生配信することが案内されました。



    そして迎えた2020年 3月28日(土)、3月末の必要計画的な用事に向かう途中、立ち寄った静岡県浜松市。
    7時頃の東海道本線の電車に乗り、熱海、沼津で乗り換え10時頃、浜松に。
    浜松を訪れたのは36年位ぶり。
    周りでは就職先が決まり始めどうしようかな・・・と思い始めた1983年 夏の暑い日。
    やはり就職しないといけないみたいな状況から「どうしよう・・・」と就職情報を開いて目についたのはコンピュータ業界。
    髪の毛を切って、スーツにネクタイして会社訪問すれば、いきなりの入社試験で「A、B、C、A、B、次にくるのは?」という適正検査のみ。
    そして桜咲いたらピカピカの新入社員。
    当時は一般的であった完全週休1日の、新人研修期間中ということで8:30から17:30勤務の残業代は無しという時期、連日の終電帰り、時に事務所に泊まり込みに、当たり前の休日出勤の二か月間で、わけもわからず初めて作ったMS-DOSのパソコンで動く小規模なシステムのプログラム群。
    事前に「君は経験3年の4年目だから」と上司に念をおされて訪問したお客様先で、「ににんがさん、にさんがなな」と背中から言われながら、そのプログラム群をデバッグした街。
    そのような昔を思い出しながら市内観光。
     

    そのような思い出しかなかった浜松でしたが、浜松も綺麗な街なのでした。

    そろそろ開店時刻も近くなりお店に向かうとします。
    ただ正直、お店に予約を入れてからの毎日、前日を迎えても、当日の朝を迎えても、お店に向かう道中も、お店の前に着いても、心の中は揺れ動き続きだったかもしれません。

         

    swingoza+
  • 大儀見元(vo, perc.) 
  • 中路英明(trombone, perc.) 
  • 福留敬(flute, cho.)
  • 中島徹(p, cho.)
  • 澤田浩史(b, cho.)

    3月28日(土) 静岡県浜松市 Hermit Dolpin
    開場:13:00
    開演:13:45

         

    【ライヴ】

    当日は中央の最後列のテーブル席。

    映像鑑賞は下手側の最前列のテーブル席。
    ステージ上手側の袖で控えるスタッフさん位置か上手側の最前列のテーブルの席かも。

    三密軽減のため開けられていた窓とドアを閉め、メンバー登場。

    2019年12月13日(金) 宇都宮 STUDIO P5から3か月ぶりのswingoza+の音楽。
    3か月ぶりのツアーのその初日のせいか1曲目は抑え気味?と感じる今宵、というよりもライチタイム・セッションの始まりです。

    演奏というかライヴの感想は翌3月29日(日)の大阪3月30日(月)名古屋の映像鑑賞とほぼ同じ。

    ただ店内の空気は重くはないけど固め。
    観客はほぼマスク着用。
    冒頭のMCする大儀見もいつもの快調さが最初はなく少し緊張感というか固め。

    可能な限りの感染予防対策を行っての開催。
    お店の方々、ミュージシャン、そしてスタッフ。
    ライヴ同時配信と投げ銭を思いつき、そして実行した方々。
    その姿にも感動した一時でした。

    set list(ネットから)
    1st:
  • Nutty
  • Descarga '73
  • Salsa es mi energia
  • ボサノビ
    2nd:
  • Decidete
  • Bailala pronto
  • Una flor
  • Ogun
    en.
  • I Will

    そして終演と共にお店を出て、浜松駅の東海道新幹線ホームに戻ると既に停車中の17:31分発ひかり号に飛び乗り、米原で18:56発しらさぎ号で金沢に。
    乗車率、余りの空席状況にJR東海をはじめとする公共交通機関は大丈夫?と思ってしまいました。
     

    2020年3月28日(土)から3月31日(火)、必要計画的な用事のため訪れた金沢。
    「もし自分自身が・・・」と思いながら過ごした3日間。
    良かった・・・
    雪降り積もる2017年1月に訪れてからのこの3年間。
    毎年3~5回、機会あるごとに訪れた金沢。
    楽しい思い出ばかりの街、金沢。
    金沢に来る機会がある3年間に1度は観ていたいと思っていたCharのライヴも2019年 8月21日(水)に金沢東急ホテル ボールルームでChar’s Special Performance 「ROCK★HOUSE スモーキー・イン・ザ・ナイト」を鑑賞することが出来ました。
    さようなら、金沢。
     

    帰りは時間の都合で金沢駅から北陸新幹線かがやき号に乗れば、何故か四方を大きなスーツ・ケースで移動する欧米から来日されたと思う方々に囲まれまた座席。
    ごめんなさい、少しだけ緊張し続けた3時間でした。



    生配信されていた2020年 3月28日(土)の浜松 Hermit Dolpinでのライヴ映像を4月6日(月)23:00までの予定で期間限定公開してくれました。
     

    4月5日(日)に大阪 THIRD STONE 福島店の模様を鑑賞し終えた後、17:30頃、大阪分の追加と浜松分を投げ銭しました。

    YouTube映像。2020/03/27にライブ配信。2020/04/07 12:00時点、1,280回視聴。
    facebook映像。2020/04/04 16:30時点、1stは3,475回再生。2ndは4,479回再生。
    繰り返しの方もいると思いますが凄い再生回数だと思いました。









  • 映像鑑賞日:2020年 4月 5日(日)
    2020年 3月29日(日) YouTube & Facebook 生配信 swingoza+ 「FULL HOUSE」 tour at 大阪 THIRD STONE 福島店
    記録日:2020年 4月11日(土)

    インパールに行ったまま帰ってこないと聞いている写真でしかお会いしていないおじいちゃん。
    私は今日もうつむいて歩いています。

    頭の良い人?論理的思考が出来る人?、とにかく目先のことだけで行き当たりばったり生きている私とは違う人たちは、わかっていないフリをしながら、裏では既に描いてある筋書きで集団や組織を導いていくと思ったことがありました。
    2月に「解釈を変えた」と耳にしたのですが、今回に限って「法で出来ないのです」と何度も耳にしたりすると、その筋書きがあるのではないかと思ってしまう私は今日もうつむいて歩いています。

    ねぇ、後藤田さん。
    政治はお金がかかると申された後藤田さんご自身がどうであったかは存じ上げませんが、政治家が買収や汚職をしても日本は官僚が良いから大丈夫と言われていた時代があったそうですね。
    今の官僚はいかがでしょうか。


    日本人は大事なことほどその場の空気で決め、決まると一瀉千里に走り出す。
    職場でもどこでも『ちょっと待って、異論がある』という勇気が大事だね。


    予定していた4月24日(金)「マダムギター長見順・澤田浩史・斎藤”社長”良一・岡地曙裕 at 関内 Stormy Monday」、4月25日(土)「Char at 日比谷野外音楽堂」公演は中止とのお知らせ。
    「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19)」に感染し病気になるのが怖いです。
    そしてそれと同じ位、世間の目が怖い私は今日もうつむいて歩いています。



    社会の空気、音楽を鑑賞しながら生演奏の音楽を鑑賞出来る飲食店やミュージシャンには逆風吹き荒れる中でのライヴ・ツアー
    3月28日(土) 静岡県浜松市 Hermit Dolpin
    3月29日(日) 大阪府大阪市 THIRD STONE 福島店
    3月30日(月) 愛知県名古屋市 TOKUZO
    その模様をYouTubeとfacebookで生配信してくれたswingoza+。

    その映像を4月6日(月)23:00までの予定で期間限定公開してくれました。
     

    早速、まずは4月3日(金)22:30頃、名古屋分を投げ銭し、翌4月4日(土)に名古屋 TOKUZOの模様を鑑賞しました。

    その鑑賞を終えた後、18:00頃、名古屋分の追加と大阪分を投げ銭しました。

    swingoza+
  • 大儀見元(vo, perc.) 
  • 中路英明(trombone, perc.) 
  • 福留敬(flute, cho.)
  • 中島徹(p, cho.)
  • 澤田浩史(b, cho.)

    3月29日(日) 大阪府大阪市 THIRD STONE 福島店
    開場:18:30
    開演:19:15

    【YouTube映像鑑賞】

    今宵は下手側の最前列のテーブル席。
    ステージ下手側の袖で控えるスタッフさん位置かも。

    世間のテレワーク利用拡大の状況に映像や音声の品質制限をしたらしいYouTubeの影響を受けたのか、画質・音質ともに完全ではありません。
    でも自宅に居ながらして気分は音楽を鑑賞しながら生演奏の音楽を鑑賞出来る飲食店で音楽鑑賞しているよう。

    皆さん、忙しい。主とする楽器以外にも叩く、擦る、振る、歌う。

    1stの最後の曲"ゴザラヴィラ"での大儀見・中島・澤田の男三声はまるでビートルズのよう。

    大儀見のにパーカションを奏でる音色はまるでキーボードのように思えたり、逆に中島のピアノを奏でる姿はまるでパーカションを奏でているように思えたり。

    ステージ位置としては後列となる中路・福留・澤田も七変化な音を発色し続けます。

    一人一人のグルーヴが捩じり巻きあがりバンドとしての強固なグルーヴに。

    ツアー2日目もMCは絶好調。

    もちろんバンドも2日目ということで初日の浜松でバンドとしてのライヴのカンを取り戻し、もしかするとそれ以上に初日を終えることによって社会という見えない空気に何事も無くバンドが溶け込めたためかもしれないと思うのでした。

    観に行きたかったなぁ。

    食い倒れ大阪はswingoza+で食い倒れ。

    【Facebook映像鑑賞】

    今宵は上手側の最後列のテーブル席。

    今日も、自宅で、自宅のテレビを前に昼間だというのにビールを飲みながら一人静かに音楽を鑑賞しています。
    今日もまるで生演奏を飲食店で音楽鑑賞しているような気分です。
    もちろん生とは違いますけどね。
    でも画面で鑑賞していると思えばまるで生演奏を飲食店で音楽鑑賞しているような気分なのです。

    観に行きたかったなぁ。

    食い倒れ大阪はswingoza+で食い倒れ。

    4月5日(日)17:30頃、大阪の追加分と初日の浜松分を。うーん、我ながらセコイかな。
    本当はもっとしたいのですが「そんだけぇ」・・・。

    YouTube映像。2020/03/29にライブ配信。2020/04/05 14:00時点、442回視聴。
    facebook映像。2020/04/04 16:30時点、1stは3,655回再生。2ndは2,390回再生。
    繰り返しの方もいると思いますが凄い再生回数だと思いました。

    set list(ネットから)
    1st:
  • Nutty
  • Descarga '73
  • Salsa es mi energia
  • ボサノビ
    2nd:
  • Decidete
  • Bailala pronto
  • Una flor
  • Ogun
    en.
  • I Will









  • 映像鑑賞日:2020年 4月4日(土)
    2020年 3月30日(月) YouTube & Facebook 生配信 swingoza+ 「FULL HOUSE」 tour at 名古屋 TOKUZO

    もしかしたら1930年頃から1940年頃に生きていたら、1930年頃は2020年の今のような社会の空気を感じていたのかもしれないと思う今日この頃。
    天国のおじいちゃん。その頃に当てはめると今は昭和何年あたりの空気なのでしょうか。

    昨年8月にイタリア旅行に行ったことが何年も前の出来事のように思います。
       

    昨秋頃は「来年2020年の2月か3月初旬にハワイにでも行こうか」と考えていたのも数年も前のことのように思います。
    結局、旅行は立ち消えになっていたのですが、もし予約していたら「ハワイは大丈夫だろう」と2月頃に出国していたと思います。

    ふと気づけば2020年も第1四半期の3か月が過ぎ去りました。
    中国の祝日である春節(旧正月)を迎えようとする1月後半か2月にかけて中国 武漢市で発生した新しい型のウイルス感染の拡大。
    桜では募集と募るは違うとのお答え。
    2月には観光立国を目指す日本へ中国から多くの観光客。クルーズ船の横浜 寄港。そして大阪のライヴハウスで発生した集団感染。その患者が集団で感染した場所は「クラスター」と称すとのこと。
    護衛艦「たかなみ」が中東地域に向け出港する中、財務省近畿財務局の職員の方の遺書に対して再調査は不要とのお答え。
    内閣総理大臣が法の解釈を変更したとお答えし、国家公務員の定年を段階的に65歳へ引き上げる国家公務員法や検察庁法などの改正案を閣議決定する過程において法務大臣の意味不明なお答え。
    2月末には内閣総理大臣から突然の全国の学校の休校要請。
    プロ野球のオープン戦は無観客試合に。
    医療崩壊を回避するため検査実施の抑制策。
    3月11日の内閣総理大臣の演説。
    この「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス」は新感染症、新感染症に含まれると解釈していました。
    しかし3月13日新型インフルエンザ等対策特別措置法の一部を改正する法律の公布と施行。
    休校が続く中、小中学校では3月後半には卒業式や修了式。
    新年度を迎える前の春休みの頃、欧米からの観光客の入国、欧米からの帰国や欧米への卒業旅行や家族旅行。
    目を疑ったまさかの欧米での爆発的な感染拡大。感染者(患者)の爆発的増加をオーバーシュートと称するとのこと。
    春の甲子園での選抜高校野球は無観客から中止へ。
    2020年夏に予定されていた東京オリンピックは中止ではなく1年延期へ。
    そして感染拡大に伴う3月25日の都知事の会見。
    もしかしたら欧米の都市のように首都圏も都市封鎖かもと噂される中、新年度を迎えるにあたり進学や就職や人事異動で引っ越し難民にならぬよう東へ西へ人の移動。都市封鎖をロックダウンと称するとのこと。
    4月1日は内閣総理大臣が新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき緊急経済対策の一環として1世帯あたりマスク2枚を配布すると「アベノミクス」に続き「アベノマスク」と上手くアピール。

    私にはわけがわからず生き続けていくだけで精一杯の毎日です。
    私自身を振り返れば、
    うつむいて歩こう。
    そのような毎日。

    そのような日常生活の中、2月7日に2019年12月13日(金) 宇都宮 STUDIO P5で音楽鑑賞したswingoza+が3月29日(日)に大阪、3月30日(月)に名古屋というツアーを発表したのです。
    その発表を目にして観に行きたいと思ったのです。
    でも2月の頭には3月末頃の予定を既にWBSで計画済み。

    それでも何とかWBSにあるタスクの入れ替えなどを行い、名古屋に鑑賞しに行くことが出来ないかと考えていたのですが、やはり3月30日(月)に名古屋に立ち寄ったり往復するのは無理で泣く泣く諦めたのでした。

    ところが流石、swingoza+です。
    社会の空気、音楽を鑑賞しながら生演奏の音楽を鑑賞出来る飲食店やミュージシャンには逆風吹き荒れる中でのライヴ・ツアー
    3月28日(土) 静岡県浜松市 Hermit Dolpin
    3月29日(日) 大阪府大阪市 THIRD STONE 福島店
    3月30日(月) 愛知県名古屋市 TOKUZO
    その模様をYouTubeとfacebookで生配信してくれました。

    しかし3月29日(日)頃の先週末は私用で外出し続け自宅に居ることがなかった私。
    生配信を鑑賞することが出来ませんでした。

    でも嬉しいことにswingoza+はその映像を4月6日(月)23:00までの予定で期間限定公開してくれることにしてくれたのです。
     

    先週末の外出続きで、今週末は自粛というよりもとにかく身体を休みたくてお散歩しないで家にいるつもりだった私には朗報そのものです。

    swingoza+
  • 大儀見元(vo, perc.) 
  • 中路英明(trombone, perc.) 
  • 福留敬(flute, cho.)
  • 中島徹(p, cho.)
  • 澤田浩史(b, cho.)

    さて3日間のツアー前半。初日から鑑賞するか、3日目から鑑賞するか。
    天邪鬼な私とはいえ2日目から観るのは流石に避けて、3日目から遡って鑑賞しようと思いました。

    3月30日(月) 愛知県名古屋市 TOKUZO
    開場:18:30
    開演:19:30

    【YouTube映像鑑賞】

    今宵は下手側の最前列のテーブル席。

    1曲目が終わった時の黄色い声。
    一瞬にして5人は男の子の笑み。
    確かにビートルズのようです。

    面白いなぁ、大儀見さん。MCは絶好調の証。
    そこに時おり挟む中島さん。決まった「うーん、マンダム」ポーズ。

    2nd Stageの2曲目"Bailala pronto"で一瞬、視界から消える中路さんと中島さん。

    観に行きたかったなぁ。

    尾張名古屋はswingoza+でもつ。

    【Facebook映像鑑賞】

    今宵は中央の最後列のテーブル席。

    iPhoneのカメラとマイクで配信したというFaceBook映像。
    ビデオカメラとPA卓からのline音源を配信したというYouTube映像。
    YouTubeは画質の設定を自動ではなく手動にしたり、テレワークの影響でYouTube側で一律品質を下げるとかという話もあったりしたのが影響したのでしょうか。
    品質は前者の方が良いようです。

    ビデオカメラやスマホで撮影し生配信した固定位置からの映像ですから、高級機材で撮影しカット割りも編集したテレビ番組やDVD商品の映像とは違います。
    でも臨場感はテレビ番組やDVD商品の映像よりもこちらの生配信映像に軍配が上がると私は思います。

    やはり2nd Stageの2曲目"Bailala pronto"で中路さんと中島さんは観客席を練り歩いていたのですね。観たかったなぁ。

    今、自宅で、自宅のテレビを前に昼間だというのにビールを飲みながら一人静かに音楽を鑑賞しています。
    これはつまり生演奏を飲食店で音楽鑑賞している時とほぼ同じではありませんか。

    観に行きたかったなぁ。

    尾張名古屋はswingoza+でもつ。

    4月6日(月)23:00までの限定で<応援投げ銭イベント>。
    この数年間、下り坂を転がり落ち続けている収入とお小遣い。
    まずは4月3日(金)22:30頃、名古屋分を。うーん、我ながらセコイかな。
    本当はもっとしたいのですが「そんだけぇ」・・・。

    YouTube映像。2020/03/30にライブ配信。2020/04/04 15:30時点、286回視聴。
    facebook映像。2020/04/04 15:30時点、1stは3,237回再生。2ndは2,783回再生。
    繰り返しの方もいると思いますが凄い再生回数だと思いました。

    set list(ネットから)
    1st:
  • Nutty
  • Descarga '73
  • Salsa es mi energia
  • ゴザラヴィラ
    2nd:
  • Decidete
  • Bailala pronto
  • Una flor
  • Ogun
    en.
  • I Will






  •  
    日本 2020年第1四半期の状況 (クリック:図の拡大)









    2020年 4月 7日(火) YouTube & Facebook 生配信 大儀見元 ギター弾き語り 無観客スタジオ "投げ銭" ライブ配信 at 渋谷の屋根裏から

    うつむいて歩こう。
    そのような毎日。

    「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19 )」の感染拡大に伴い、都道府県や医療関係からの強い要請により、内閣総理大臣による改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令。
    その宣言に向けた衆院議院運営委員会で、緊急事態に対応する憲法改正の必要性の問いに対し活発な議論を期待したいという質疑応答。
    「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19 )」対策、経済、東京オリンピックなど数々の重要項目。全ては私には必要であるとは思わない最重要項目に続くのでしょうか。

    そして受信したモーション・ブルー・ヨコハマから予約した4月15日(水)「swingoza+ & SALSA SWINGOZA」公演中止のお知らせメール。
    うつむいて歩こう。

    【YouTube & Facebook 生配信鑑賞】

    しまったなぁ、ビールを買っておけばよかったです。
    いつも飲みたくなる都度、家路に向かう途中で1本だけ買って家で飲むから買い置きがありません。
    残念!

    そんな楽しい音楽鑑賞の時間。
    生の方が良いにきまっていますが、でもその時々の環境・状況でも健康な時は良いものは良いです。

    暫しの休憩の後、第2部。
    第1部以上に、の、飲みたい!気分。
    綺麗な曲だなぁ、泣けるなぁ。

    今回も<応援投げ銭イベント>。
    本当はもっとしたいのですが「そんだけぇ」・・・。

    また鑑賞したいものです。

    set list(ネットから)
    1st:
  • Welcome
  • Sweet Little Darling
  • What A Wonderful World
  • I Will
  • A Hard Days Night
    2nd:
  • サヴォーラ・アミ
  • (ボクの好きな人)
  • ネマヤ
  • Happy Birthday
  • It's Just Rock'n Roll








  • 2020年 4月19日(日) YouTube & Facebook 生配信 大儀見元 「ビートルズだけ」ギター弾き語り 無観客スタジオ "投げ銭" ライブ配信 at 渋谷の屋根裏から

    うつむいて歩こう。
    そのような毎日。

    4月7日(火)に「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19 )」の感染拡大に伴い、7都府県に発令された緊急事態宣言。

    自宅から外出しない生活。でも日常生活で欠かせない食料は買い物する必要があります。
    お店が営業すればレジも稼働します。
    その裏ではシステムが動き、システムは故障するものです。
    そして品物も発注する必要があります。
    注文を受ければ物流にのせる必要があります。
    その裏ではシステムが動き、システムは故障するものです。
    故障や問い合わせに備えコールセンターを開設する必要もあります。
    電話を受けたコールセンターは技術者に訪問をシステムで依頼します。
    その裏ではシステムが動き、システムは故障するものです。
    技術者はシステムあるところまで出向きパーツを交換をします。
    物流は倉庫からお店まで運転手がトラックを運転します。
    倉庫の運営する人、倉庫にもシステムが動き、システムは故障するものです。
    業務に従事する沢山の人々が公共交通機関を利用し通勤します。
    ゴミを収集してくれる清掃局の方々。
    警察、消防、電気、ガス、下水道、銀行、その他、仕事をする方々。
    電話相談窓口、お役所の窓口などで出勤しなくてはいけない人々は沢山います。
    そして政治に振り回され続ける霞が関の方々。現場の全ての公務員の方々。
    皆様、お疲れ様です。
    今日も生活できるのは皆様のお蔭です。

    そして4月16日(木)には内閣総理大臣による改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を全国に拡大。
    拡大をした理由の一つに3月20日(金)〜3月22日(日)の3連休に国民が気を緩め外出したからとか。
    そうなのでしょうか。
    私は海外からの流入が理由の1番だと思うのですがいかがでしょうか。

    2013年に東京オリンピックを招致した時と同じように、2021年に東京オリンピックを開催する時、「私が安全を保証します。状況はコントロールされています」と「The situation is under control」(状況はコントロール下にある)と会見するのが最重要項目の達成に向けての一つのマイルストーンにしているような気がしています。 2月中旬から毎日、朝と晩の2回、水銀体温計と電子体温計で検温をしているのですが、どちらもほぼ同じ数値、その数値でホッとする毎日です。
    手洗い、うがい、マスクに検温を毎日しまがら野暮用に通っています。
    その合間には予定していた楽しみ、以前から必要で計画されていた外出はしています。

    うつむいて歩こう。

    そのような日常生活の中、2020年 4月 7日(火) 渋谷の屋根裏からギター弾き語り 無観客スタジオ "投げ銭" ライブでYouTube & Facebookに生配信してくれた大儀見元が、また弾き語りを生配信してくれました。

    それもお題は「「ビートルズだけ」ギター弾き語り 無観客 "投げ銭" ライブ」です。
    正直、ビートルズのコピー・バンドの音楽鑑賞は苦手な私。
    でも好きなミュージシャンが演奏するならばと2017年10月 4日(水)に渋谷リビングルームカフェ&ダイニングで鑑賞した佐藤竹善と大儀見元のビートルズナイト!
    うーん、ブルゥジィ。
    これは良いと2018年 5月25日(金)に赤レンガ Motion Blue yokohamaにも鑑賞しに行きました。

    その大儀見が「ビートルズだけ」ギター弾き語りするわけですから観るしかないでしょう。

    先週は鑑賞していたらビールを飲みたくまりました。
    昼間の1週間分の食材の買い物時に缶ビール(発泡酒ですが)を買ってもらい準備完了。
    開演20:00です。

    【YouTube & Facebook 生配信鑑賞 1st】

    開演は曲をより輝かせてくれる黒い編曲で"I Saw Her Standing There"。
    続けて"I Wanna Be Your Man"。

    初期3曲メドレー。
    1曲目は"Please Please Me"をジョージ・マーティンにアップテンポするように言われる前のオリジナルを想像させてくれるスローに。
    2曲目は"She Loves You"。
    3曲目は"Can't Buy Me Love"。

    演奏する前に訳詩を朗読。Knowing She Would.
    Norwegian Wood (This Bird Has Flown)

    昨年の金沢での出来事。
    そのような状況だったのですね。
    パーカションも添えられ、口笛といいフィル・スペクター版ではないNaked版のような風味で曲の魅力を最大限に引き出す"The Long And Widing Road"。

    "I Want To Hold Your Hand"
    前半は泣けるアレンジ。後半はサルサの味付け。

    【YouTube & Facebook 生配信鑑賞 2nd】

    暫しの休憩の後、第2部。
    まずは同級生の誕生日ということで"Happy Birthday"。

    そして幕開けは"大儀見さんが来てくれたヤァ!ヤァ!ヤァ!"な"A Hard Days Night"。

    何と前録りしてあるポール役がコーラスを重ね、鑑賞している気分はシェイ・スジアムにさせてくれた"Act Naturally"。

    "The Fool On The Hill"。リコーダーを口笛で奏で牧歌的な雰囲気。

    時おり遠くに聞こえる車の音がまた泣かせてくれるスローな"Eight Days A Week"。

    生前のインタビューで語っていた、きっとJohnはこんな感じのアレンジにしたかったのかなと想像しながら鑑賞した"Help"。

    最後は"Drive My Car"。びび、びび、いえ〜。

    ポールとジョージのコーラスと共に"Twist And Shout"で幕を閉じるのでした。
    大儀見さん、本当にThe Beatlesが好きなのですね。
    音楽を鑑賞しながら何か嬉しい気分。

    今回も<応援投げ銭イベント>。
    本当はもっとしたいのですが「そんだけぇ」・・・。

    また鑑賞したいものです。
    その日を楽しみに明日も野暮用にうつむいて歩こう。


    set list(ネットから)
    1st:
  • I Saw Her Standing There
  • I Wanna Be Your Man
  • 初期3曲メドレー Please Please Me 〜 She Loves You 〜 Can't Buy Me Love
  • Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
  • The Long And Widing Road
  • I Want To Hold Your Hand
    2nd:
  • A Hard Days Night
  • Act Naturally
  • The Fool On The Hill
  • Eight Days A Week
  • Help
  • Drive My Car 〜 Twist And SHout








  • 2020年 5月 9日(土) YouTube & Facebook 生配信 梟座 noctua:中路英明(トロンボーン)× 伊藤志宏(ピアノ) 無観客スタジオ "投げ銭" ライブ配信 at 渋谷の屋根裏から

    うつむいて歩こう。
    そのような毎日。

    そのような日常生活の中、アテネ・ミュージック&アーツが渋谷の屋根裏から無観客スタジオ "投げ銭" ライブをYouTube & Facebookに生配信してくれました。
    私が鑑賞するのは2020年 4月19日(日)以来。

    今日は2020年 3月28日(土) 浜松 Hermit Dolpinで鑑賞したswingoza+のトロンボーン奏者である中路英明。
    これは鑑賞するしあありません。

    梟座 noctua
  • 中路英明(トロンボーン)
  • 伊藤志宏(ピアノ)
    開演17:00です。

    【YouTube & Facebook 生配信鑑賞 1st】

    今日はYouTubeからの配信がご機嫌斜め。
    まずはfacebookからの配信で。

    小さなオーケストラだけど小さくないピアノ。
    そしてトロンボーンの音色。
    音は時に途切れることもありますが良い音、心地良いです。

    そして曲間の一度だけのMC。
    面白い!
    思わず笑ってしまいました。

    オリジナル曲、"駅の待合室"や"浮雲"が印象的でした。

    facebookでほぼ65~75名の視聴。

    【YouTube & Facebook 生配信鑑賞 2nd】

    暫しの休憩の後、第2部。

    途中、何度か「ライヴ動画が中断されました」となったりしましたが、これもライヴです。

    第1部はテレビから音を流しましたが、第2部からはイヤホンで。
    より臨場感が増しての鑑賞。
     

    アンコールは"猫の帰り道"。



    今回も<応援投げ銭イベント>。
    本当はもっとしたいのですが「そんだけぇ」・・・。

    また鑑賞したいものです。
    機会があればお店で。
    その日を楽しみに明日も野暮用にうつむいて歩こう。










  • 2020年 5月23日(土) YouTube & Facebook 石塚隆充 × 大儀見元 = Double Fantasy 無観客スタジオ "投げ銭" ライブ配信 at 渋谷の屋根裏から

    うつむいて歩こう。
    そのような毎日。

    そのような日常生活の中、アテネ・ミュージック&アーツが渋谷の屋根裏から無観客スタジオ "投げ銭" ライブをYouTube & Facebookに生配信してくれました。
    私が鑑賞するのは2020年 5月 9日(土)以来。

    今日は2016年11月12日(土) Smiles 4 at 代々木上原 Smilesで購入したSalsa SwingozaのCD「Cantando」で知った石塚隆充と大儀見元のユニットDouble Fantasy。

    初めて生演奏を鑑賞したのは2016年12月15日(木) 原宿クロコダイルで行われたSalsa Swingoza「Cantando」完成記念パーティ!のこと。

    その後も
  • 2017年11月19日(日) 横浜 Motion Blue yokohamaで行われた石塚隆充 Spanish Soul & Flamenco "especial"
  • 2017年 5月30日(火) 渋谷・リビングルームカフェ&ダイニングで行われたSALSA SWINGOZA "Cantando" LIVE! w/佐藤竹善,CHAKA,石塚隆充」
  • 2019年11月19日(火) 渋谷・リビングルームカフェ&ダイニングで行われた大儀見元 弾き語り with a little help from his frinds
    と鑑賞してきたようです。
    久しぶり。
    これは鑑賞するしかありません。

    今回はDouble Fantasy(ダブル・ファンタジー)
  • 石塚隆充 (Cante, Flamenco guitar)
  • 大儀見元 (Vocal, Guitar, Percussions)
    開演20:00です。

    【YouTube & Facebook 生配信鑑賞 1st】

    20:00過ぎから、まるで飲食しながら生演奏を楽しむお店のステージにミュージシャンが登場し最終セッティングするように、オンライン配信の設定が始まりました。

    配信側も慣れてきたように、受信側の私も少し慣れがでてきました。
    慣れてくると余計なことをしたくなります。
    そうだ、「今宵はYouTubeとFaceBookのウインドウを並べて観てみよう。」
    左右、どちらにしようかと2〜3回、ウインドウの大きさや配置を入れ替えながら、落ち着いたのは左にFaceBook、右にYouTubeのウインドウ。

     

    映像の画質はどちらも時々良くなくなったりする瞬間もありましたが、おおむね良好。

    音声は配信が始まった最初の頃はYouTubeに比べのFacebook映像は約20秒の遅れがありましたが、じきにその時差が2秒ほどに。
    個人的に面白かったのが、先行する映像と音声を楽しみながら、遅延する方の音声を小さめに流すと、特にサビの部分など深くディレイをかけたように追っかけコーラスのよう。
    もう少し時差が小さければダブル・トラッキングというかフランジャーをかけたような感じかも。

    オリジナル曲を中心にコピーも数曲という2部構成。
    今回は二人ということでMCも会話形式でより面白かったです。

    大儀見とのツイン・ヴォーカルという組み合わせ。
    石塚との組み合わせ、良いかも。良いです。
    例えば"Baby's In Black"や"If I Fell"などハモったらどういう感じになるのかな、と思いながら鑑賞していました。
    ダブル・ファンタジー。だけど一輪の花のよう。
    今回も<応援投げ銭イベント>。
    本当はもっとしたいのですが「そんだけぇ」・・・。

    また鑑賞したいものです。
    機会があればお店で。
    その日を楽しみに明日も野暮用にうつむいて歩こう。










  • 2020年 6月26日(金) YouTube & Facebook 大儀見元 無観客スタジオ "投げ銭" ライブ配信 at 渋谷の屋根裏から

    東京都議選も近いということで毎朝観るNHKの番組「おはよう日本」の一部で立候補されている方々の政見放送。
    私にとっては「都知事選ですよね、この政見放送は?」という内容の方もいらしたりして。私にとってはですが。
    今回も一人一人の票が大事かと思うのですが、どうなることでしょう。
    結果が楽しみです。
    まさか投票率は過去最低だったりして。

    そのような日常生活の中、アテネ・ミュージック&アーツが渋谷の屋根裏から無観客スタジオ "投げ銭" ライブをYouTube & Facebookに生配信してくれました。

    開演21:00です。

    私が鑑賞するのは2020年 5月23日(土)以来。

    いえ、前回、6月12日(金)も鑑賞し始めたのです、21:00過ぎから。
    でも、いつもその頃には寝てしまう毎日。
    その日も開演、緊急トークショー、衝撃のびっくり人間、「ぎっくり背中」を観たことは覚えているのです。
    でも、寝てしまいました。

    そのことを反省し、「今日は頑張って起きていよう! 小学生だった頃、大晦日の紅白歌合戦を最後まで眠い目をこすりながら観たあの日のことを思い出すんだ!」と頑張とうとしたのです。
    でもこの日に限って何と朝9時過ぎから既に眠気との戦い。
    何とか1日、耐えがたきを耐え、夜を迎えたのですが、20時過ぎには寝てしまい、気づいたら翌朝4時頃だったのです。

    でも時は21世紀。
    録画映像が配信を鑑賞できる、便利な時代になったものです。

    【YouTube & Facebook 生配信鑑賞】

    「ギックリ背中」から「スッキリ背中」に治癒したその体調が可視化される特異体質!
    テレビ番組「世界ビックリ大賞」を観ているようで画面にまさか司会の愛川欽也が登場するのではないかと思ったオープニング。

    第1部は2曲目から英語の曲を弾き歌い。

    "Blackbird"。この左手のポジションは1975年頃に見たシンコーミュージックの楽譜のタブ譜のパターンかも。
    良い曲が続きます。
    2ndでは2曲ほどパーカションを奏で、渋谷の一画だけは素敵な空間になるのでした。

    眠りは誰にも訪れる、でもその時間は人それぞれだと改めて気づかされた翌朝なのでした。









    2020年 7月 4日(土) Facebook 首藤晃志 & 三上武志 有観客スタジオ "なんとなく幸せvol5" 2nd Stage 突然ライブ配信 at 外苑前 Date

    この日はすでに必要不急な予定があったため観賞しに行けなかったのですが嬉しいことに急遽、2ndからfacebookで配信してくれました。

    首藤晃志の〜なんとなく幸せ〜を、私が鑑賞するのは2018年 7月25日(水) 〜なんとなく幸せ vol.2〜以来。
    それも今回は三上武志と共に。
    でも違うのはお店で鑑賞するのではなく、自宅のPCで鑑賞していること。

    【YouTube & Facebook 生配信鑑賞】

    いきなり"あくび"で、冷蔵庫から缶ビールを出さずにはいられません。

    そして"30年目の同窓会"。
    何となく生き続けているだけの私にも何かウッときます。

    更に日常の"Kitchen Bar"。
    もう新しい缶ビールを開けるしかありません。
    首藤のSAXが夜空に吸い込まれていきます。

    "ふたり"で考えさせられ、"どうしようもない愛の歌"で楽しい気分で明日は明るい日と書くことを思わせてくれたり。

    終盤にはお誕生日お祝いのコーナーもあり、ほっこり。

    "待ち合わせ"、人生だなぁ。。。

    首藤の世界を描くに欠かせない三上のギター。好きです。

    インターネットのお蔭で自宅で、後から、自分の都合で、観賞出来る幸せ。
    でもこの無料で観賞できてしまうことが当たり前になってしまうことに危うさも感じてしまいます。
    プロの方々の作品や演奏には、広告収入だけでなく、これからもお店で商品を買ったり、チケットを買ったり、お店で入場料を支払ったり、ネットのサービスなどから、直接的にお金を支払いを続けるのがこれからも当たり前でありますように。









    2020年 7月12日(日) GENTA NIGHT Vol.12〜?西慎嗣+澤田浩史+渡辺貴浩+江川ゲンタ at 元住吉 POWERS2
    記録日:2020年 8月22日(土)

    今宵は1年6ヶ月ぶりの元住吉。
     

    4月7日(火)に「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19 )」の感染拡大に伴い、7都府県に発令された緊急事態宣言。
    4月16日(木)には緊急事態宣言が全国に適用され、5月25日(月)に解除されたものの、6月には東京アラートの発動を挟み、ようやく6月19(金)に全業種への休業要請が解除された頃、この日のことを耳(目)にしてお店に予約をした6月12日(金)。

    7月5日(日)には都知事選で都知事が再任された頃から都内では日毎の感染者数が再び100人、200人と増えていった頃。
    今宵は1年6ヶ月ぶりの元住吉 POWERS2。
     

    入店時、手指の消毒。
    店内ではマスクの着用をお願いとのこと。
    満席。

    普段はお店で食事をすることなく飲むだけなのですが、やはりお店にもお金を落とさないと。
    メニューにあった「Powers名物! 卵たっぷりプルンプルン」なオムライスを。
    もちろんマスクを外し食べるのですが、美味しかったです。
    飲食する時はマスクを外しますが、その時以外はマスクを着用し続けます。私は。ほとんどの観客の方は。

    今宵の演目は

    GENTA NIGHT第三弾はドラマー江川ゲンタが絶大なる信頼を寄せるミュージシャン達と共にお届けするスペシャルセッション!極上のグルーヴでぶちかまします!!


  • 西慎嗣(Vo,G) 
  • 澤田浩史(B)
  • 渡辺貴浩(Key)
  • 江川ゲンタ(dr)

    開演:19:00

     

    【第1部】

    野音などで観たかもしれませんが、やはり思い出すのは1980年春、愛知県勤労会館で観たスペクトラムのコンサートです。
    あのステージで演奏していた、ギターをクルクルしていた方が目の前で演奏しています。
    手を手術された後の初の演奏と感じさせない西のギターに歌。

    開演前のステージを観てまず驚いたのはオレンジ色のベース・ギター。
    Red House Guitarのプレべ・タイプとのこと。
    新品らしいのですが、白のプレべまで熟していないのですが、2014年にお披露目したサンバーストのプレべに色々と経験させた今の音に近いように思いました。
    例えると2014年にお披露目したサンバーストのプレべに感じた還暦オヤジが憧れる女子高生みたいにピチピチな感じな音ではなく、色々経験した女性のような感じ。
    色々経験した女性に還暦オヤジは教わりたい! そんな気持ちにさせてくれる音に感じました。



    【第2部】

    2部から田中義人が登場し2本のギター。

    久しぶりに観る"Sunset Blues"。
    この1曲を鑑賞したくて、この1曲だけではないのですが、鑑賞しに来た今宵。

    数曲を演奏してから、女性ヴォーカルはな(Hanah Spring ?) をステージに招き入れ1曲。
    凄い音域です。上手い!

    続けてモミーFUNK!をステージに招き入れ2曲ほど。

    いよいよ終盤。高揚。

    アンコール。
    "Knockin' on Heaven's Door"で幕を下すのでした。

    2020年 3月28日(土)の浜松 Hermit Dolpinでのswingoza+ 「FULL HOUSE」 tour以来の3か月強ぶりの生での音楽鑑賞。
    良かったです。









  • 2020年 7月24日(金) マダムギター長見順・斉藤”社長”良一・澤田浩史・岡地曙裕 SESSION at 関内 Stormy Monday
    記録日:2020年 8月25日(火)

    今宵は6ヶ月ぶりの関内 Stormy Monday。
       

    今宵のバンドは6ヶ月前の2020年 1月 8日(水)と同じというのは偶然でしょうか。

    マダムギター長見順・斉藤”社長”良一・澤田浩史・岡地曙裕 SESSION、バンド名はまだない。
  • マダムギター長見順(Vo,G)
  • 斉藤”社長”良一(G)
  • 澤田浩史(Vo,B)
  • 岡地曙裕(dr)

    開演:19:00

    本当ならば4月24日(金)に予定されていた公演。
    4月7日(火)に「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19 )」の感染拡大に伴い、7都府県に発令された緊急事態宣言により延期されていた公演となります。
     

    凄いです! 神奈川県の感染症対策。
    ステージのマイク・スタンドにはフェース・シート。
    観客のテーブル間に飛沫防止フィルムが天井からテーブル下までの仕切り。
    レジやカウンターなどの仕切り、マスクとフェイスガードなど着用した接客。
    もちろん観客は飲食時以外はマスクを着用。
    そして観客数の制限によりステージと客席の間隔を確保すると共に観客同志の間隔を確保。
    生演奏を絶えさないために営業とはいえ、ここまでやるとは。
    流石、Stormy Monday!
    いつもならばビールやワインをお代わりしながらの音楽鑑賞ですが、今宵は食事「九州産たか菜のチャーハン」も注文してみます。
    美味しかったです。

    【演奏】

    久しぶりの生ライヴを、演じる側も、鑑賞する側も、その喜びを感じ続ける一時。

    マダムのオリジナル曲を中心に。

    今宵も開演前のステージにみせつけるは2020年 7月12日(日) 元住吉Powers2でのGENTA NIGHTがお初だったオレンジ色のベース・ギター。
    Red House Guitarのプレべ・タイプ。
         

    2020年 7月12日(日) 元住吉Powers2でのGENTA NIGHTの時は色々経験した女性のような感じにも感じましたが、ここストーミーで聴くとやはり還暦オヤジが憧れる女子高生みたいにピチピチかも。
    いえ、2014年にお披露目したサンバーストのプレべの時ほどでもないから入学したての女子大生かも。

    第2部、社長のインスト曲"蒼い玉(Blue Ball)"。

    あれ?、やはりピチピチ張りある高校生?という感じかも。
    いずれにしても白のプレべの熟女ではないし、かといって入社してから3年たった25歳の女性でもない。
    とにかく若いことには変わりありませんがイィ!
    もしかしたらこういう音を狙ったベースなのでしょうか。

    第2部ではマダムがキーボードを奏でながら歌う曲も。
    ”マリア"、"居酒屋"、良い単語が続きます。
    一度、キーボードのみの弾き歌いライヴなどあったら鑑賞しに行くのも楽しいかも、と思うのでした。
    そしてマダムの歌に合わせ、岡地もドラムを奏でながら歌う光景が素敵でした。
    それにしても居酒屋にも長いこと行っていないかも。

    マダムがギターに戻るMC中には換気タイム。

    今宵も終盤、"百姓の娘"、あーあああーあー♪
    途中でキーボードに向かいホンキートンク風にアドリヴ!
    あーあああーあー♪

    アンコールはもちろんハレルヤしかないでしょう。

    楽しかったです。
    本当にこの夜のような催しが当たり前のように続く毎日になりますように。
    気持ち良い気分で関内駅に戻ってみると横浜スタジアムではプロ野球の無観客公式試合かも。

     









  • 2020年 7月25日(土) S.M.S at 南林間 HIDEAWAY
    記録日:2020年 8月28日(金)

    今宵は1年ぶりの南林間 HIDEAWAY。
    もちろん今宵は7ヶ月ぶりのS.M.S。
       

  • 嶋田吉隆(Vo&ds)
  • 松川純一郎(Vo&g)
  • 澤田浩史(Vo&b)

    開演:19:00

    本当ならば4月 5日(日)に予定されていた公演。
    4月7日(火)に「武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19 )」の感染拡大に伴い、7都府県に発令された緊急事態宣言。
    その宣言がされる前の世間の空気により延期された公演となります。
     

    凄いです! 神奈川県の感染症対策。
    入店時に手の消毒はもちろんのこと、検温に連絡先の記入。
    ステージと観客席との間には飛沫防止フィルム。
    あちらこちらに換気装置。
    観客のテーブル間に飛沫防止フィルムが天井から仕切りし、一つのテーブルで対面してもフィルムごし。
    レジやカウンターなどの仕切り、マスクとフェイスガードなど着用した接客。
    もちろん観客は飲食時以外はマスクを着用。
    そして観客数の制限によりステージと客席の間隔を確保すると共に観客同志の間隔を確保。
    生演奏を絶えさないために営業とはいえ、ここまでやるとは。
    流石、HIDEAWAY!
    いつもならばビールやワインをお代わりしながらの音楽鑑賞ですが、今宵は食事「ロコモコ」だったか「ホットドッグ」だったか既に記憶にないのですが注文してみます。
    美味しかったです。

    【第1部】

    ステージと観客席との間には飛沫防止フィルム。
    ビニ・バン。

    いきなり松川が愛器ストラトでフィードバック。ロックです。
    生演奏!という幕開けで始まったその曲は"Hey Joe"。
    嶋田のドラム、澤田のベース、そして松川のギターに歌。ロックです。

    飛沫防止で「静です!」な観客席。

    澤田が歌う"Key To The Highway"。
    「ん?、何かな」と思ったイントロから格好良いです。
    歌になっても格好良いです。
    この格好良さがこのバンドの良さかも。

    嶋田が歌う"Come Together"。
    The Beatlesのコピーが格好良いと思うバンドの一つ。
    それがS.M.Sです。

    第1部、最後の曲は澤田が歌う"My Sunday Feeling"。ロックです。

    今宵のベースは2014年にお披露目したサンバーストのプレべ
    アンプは違えど音創りはしてあるし、お店も違う、バンドも違うから比較は出来ないけど、これから「してやるぜ」な2020年 7月12日(日) 元住吉Powers2にお披露目されたオレンジ色のレッドハウスに比べ、2014年にお披露目したサンバーストのプレべは「いやぁん、そんこと。恥ずかしい」の数々をしたと思う数年間の差があるかも。



    【第2部】

    第2部もロックです。2曲ほど。松川の歌。ギターもロック。

    ここで谷川史郎がゲストで登場。
    松川もお店にあるゴールドトップのレスポールに。時価2億円位?(笑)。
    "It all comes back"。今年は反省するほど行動出来ない空気。自粛。周囲の目です。

    そんな世間の空気を忘れさせてくれるのは澤田が歌う"Thunderbird"。

    谷川のMC。お店でのお買い物。新しい都から始まる苦笑い話し。うーん、大人の対応。流石です。

    "Knockin' On Heaven's Door"、時は1970年代初頭、アメリカが負けたベトナム戦争から帰国した兵隊さんが苦悩する日々。
    あれから50年。今の時代も人生、迷い道、十字路の連続、"Crossroads"。
    ここ数年、「お父ちゃん、扉の向こうはどうですか?」と思ってしまう今日この頃です。
    最近、日増しに扉を開けるまでの道のりを考えると怖くて仕方がありません。
    でも最後は"Down Home Blues"で靴をぬいで楽になって明るいブルース、ブルージィ。

    アンコールは"Going Down"、落ちて、落ちて・・・

    今は8月28日(金)5:00少し前。
    天国のお父ちゃん、もしかの時は怖いよ・・・その道のり、世間の目も。。。









  • 2020年 9月16日(水) S.M.S at 南林間 HIDEAWAY
    記録日:2020年 9月29日(火)

    今宵は2ヶ月ぶりの南林間 HIDEAWAY。
    もちろん今宵は2ヶ月ぶりのS.M.S。
       

  • 嶋田吉隆(Vo&ds)
  • 松川純一郎(Vo&g)
  • 澤田浩史(Vo&b)

    開演:19:30

     

    いつもならばビールやワインをお代わりしながらの音楽鑑賞ですが、今宵も食事「あつあつチーズ・カレー」を注文してみます。
    美味しかったです。

    【第1部】

    ステージと観客席との間には飛沫防止フィルム。
    ビニ・バン。

    マスクの話しだったか内容は酔っぱらっていたので殆ど覚えていませんが、MC、面白かったです。
    多分、1曲分位。それもシングル・レコードの長さでは収まらない位の長さだったかも。

    "Politician"、今宵も炸裂か?
    政権の政策に反対する官僚は「異動してもらいます」という内閣が発足。
    いつの間にか前路線を継承すると顔が代わっただけで、パン・ケーキで好感度アップ効果なのか支持率急上昇。
    世間とは不思議なものです。

    今宵のベースは2014年にお披露目したサンバーストのプレべ


    【第2部】

    第2部もロックです。そしてブルース。

    やはりトリオは良いです。

    今宵はその時々、炸裂しかけるも今宵は全般、まとまっている印象。
    もちろん一音、一打は炸裂しています。
    ただバンドとしてはこじんまり?した炸裂のようにも感じた夜なのでした。

    生意気、書いて良いですか?

    S.M.Sはこんなもんじゃない!

    美味しい食事、美味しいお酒、そして音楽鑑賞を堪能した後の南林間の街は心地良いのでした。
     

    今は9月29日(火)4:00少し前。
    天国のお父ちゃん、「どんなことがあっても、来年は必ずやる」、「どんなことがあっても、必ず五輪は開かれる」ですか・・・














  • Char    


    楽器の部屋