窓際に深く打ち付けられた朝霧の中に……


                         自然は流れ 

                         人は還る 

                         蕭々と吹き渡る風の中に  

                         香気につつまれた  

                         おびただしい墓石群のある風景がひろがっている  

                         人生に絶望した作家  

                         道半ばにして病に倒れた作家     

                         語り尽くして人生を全うした作家  

                         一歩一歩  

                         落ち葉を踏みしめて  

                         この迷い道を歩んでいく  

                         鎮魂の碑    

                         望まれた 

                         あるいは望んだ    

                         作家たちが眠る聖域に  

                         今 

                         私はある      


 

編集後記


墓所一覧表


文学散歩 :住まいの軌跡


記載事項の訂正・追加


ご感想をお聞かせ下さい。





作家INDEX

   
 
 
   
 
   
       
   
           

 

    


     戸板康二

    峠 三吉

    十返 肇

    戸川秋骨

    戸川昌子

    時実新子

    土岐善麿

    徳田秋声

    徳富蘇峰

    徳冨蘆花

    徳永 直

    外村 繁

    富沢赤黄男

    富田木歩

    富永太郎

    富安風生

    豊島与志雄

    豊田三郎