歌合戦:司会者


トップページへ戻る


[ 歌合戦の歴史 ] [ 過去の出場歌手 ] [ 司会者 ] [ 審査員 ] [ 記録 ] [ できごと ] [ 思い出の紅白歌合戦 ] [ 雑記 ] [ リンク ]


 第67回の司会者は以下の方々でした。

総合司会:武田真一アナウンサー(初)
紅組:有村架純(初) 白組:相葉雅紀(6)

 紅組司会の有村架純さんは2017年(平成29年)上期の朝の連続テレビ小説「ひよっこ」ヒロインです。 昨年はゲスト審査員を務めていました。 ゲスト審査員を務めた翌年に司会者というのは、過去には例えば第40回(1989年、平成元年)にゲスト審査員、翌41回(1990年、平成2年)に白組司会かつ出場歌手でもあった西田敏行さんがいます。 白組司会の相葉雅紀さんのメンバーで、第61回(2010年、平成22年)から5年連続でとして白組司会を務めています。
 総合司会は、以前番組中の5分間のニュースを担当したこともある武田真一アナウンサー。 多分、ラジオ中継も含めて歌合戦に絡むのは今回が初めて。


 白組にNHKアナウンサー以外が起用されるようになった1986年(昭和61年)からの司会者を振り返ってみると

紅組司会白組司会
昭和61年
目加田賴子
斉藤由貴
千田千穂
加山雄三
  62年 和田アキ子 加山雄三
  63年 和田アキ子 加山雄三
平成 元年 三田佳子 武田鉄矢
   2年 三田佳子 西田敏行
   3年 浅野ゆう子 堺正章
   4年 石田ひかり 堺正章
   5年 石田ひかり 堺正章
   6年 上沼恵美子 古舘伊知郎
   7年 上沼恵美子 古舘伊知郎
   8年 松たか子 古舘伊知郎
   9年 和田アキ子 中居正広
  10年 久保純子 中居正広
  11年 久保純子 中村勘九郎
  12年 久保純子 和泉元彌
  13年 有働由美子 阿部渉
  14年 有働由美子 阿部渉
  15年 有働由美子
膳場貴子
阿部渉
高山哲哉
  16年 小野文惠 阿部渉
  17年 山根基世
仲間由紀恵
みのもんた
山本耕史
  18年 仲間由紀恵 中居正広
  19年 中居正広 笑福亭鶴瓶
  20年 仲間由紀恵 中居正広
  21年 仲間由紀恵 中居正広
  22年 松下奈緒
  23年 井上真央
  24年 堀北真希
  25年 綾瀬はるか
  26年 吉高由里子
  27年 綾瀬はるか 井ノ原快彦
  28年 有村架純 相葉雅紀

 総合司会はほったらかしですな。

 平成17年は便宜上女性司会を紅組、男性司会を白組としていますが、紅白に分けないと発表されました。 でも放送を見る限りは実質紅組司会が仲間由紀恵、白組司会が山本耕史、総合司会がみのもんた山根基世アナウンサーという構成でした。


司会者をつとめ、同時に歌手としても出場した方々

江利チエミ 司会昭和38、39年
歌手昭和28(12月)~44年
水前寺清子 司会昭和43、46、48、54年
歌手昭和40~61年
坂本九 司会昭和43、44年
歌手昭和36~46年
伊東ゆかり 司会昭和44年
歌手昭和38~46、50、平成4年
美空ひばり 司会昭和45年
歌手昭和29、32~47年
(54年にも特別出演)
佐良直美 司会昭和47、49~52年
歌手昭和42~54年
森昌子 司会昭和60年
歌手昭和48~60年、平成13、18年
斉藤由貴 司会昭和61年
歌手昭和61年
加山雄三 司会昭和61~63年
歌手昭和41、42、昭和51~57、
昭和61~63、平成9、11~13、22年
和田アキ子 司会昭和62、63、平成9年
歌手昭和45~53、61年~
武田鉄矢 司会平成元年
歌手昭和49、55、平成元、5、10年
(平成元年以外は海援隊として)
西田敏行 司会平成2年
歌手昭和56、57、平成2、23年
中居正広 司会平成9、10、18~21年
歌手平成3~12、14、15、17~27年(SMAPとして、平成19年は紅組司会)
司会平成22~26年
歌手平成21年~
井ノ原快彦 司会平成27年
歌手平成26年~(V6として)
相葉雅紀 司会平成28年
歌手平成21年~(として)

 司会を務めた年には出場していなくても、歌手として出場経験があるのは以下の皆さん。 昭和41年と42年に関しては、「歌手であっても司会に専念してもらう」というNHKの方針があったそうです(ウィキペディア情報)。 堺正章は歌手業がメインではなくなってからの司会、松たか子は歌手デビュー前の司会です。

ペギー葉山 司会昭和41年
歌手昭和29~40、43、平成元年
九重祐三子 司会昭和42年
歌手昭和39~41、43年
堺正章 司会平成3?5年
歌手昭和46~51年、平成11年
(平成11年はソン・フィルトルとして)
松たか子 司会平成8年
歌手平成9、11年

 朝ドラ主演+司会は全て女性で

司会者 主演した(する)朝ドラ
 林美智子  昭和40年   うず潮 
 斉藤由貴  昭和61年   はね駒(はねこんま) 
 石田ひかり  平成 4年   ひらり 
 松下奈緒 平成22年  ゲゲゲの女房
 井上真央平成23年  おひさま
 堀北真希平成24年  梅ちゃん先生
 吉高由里子平成26年  花子とアン
 有村架純平成29年  ひよっこ

 林美智子、斎藤由貴、松下奈緒、井上真央、堀北真希、吉高由里子は主演した朝ドラが終わってから司会、石田ひかりは朝ドラ主演中に司会を務めました。 有村架純は朝ドラが始まる前の司会となります。

 大河ドラマ主演は男性の方がやや多く

司会者 主演大河ドラマ
 西田敏行  平成 2年   翔ぶが如く 
 中村勘九郎  平成11年   元禄繚乱
 和泉元彌  平成12年   北条時宗
 仲間由紀恵  平成17、18年   巧妙が辻
 綾瀬はるか  平成25年   八重の桜

 西田敏行、中村勘九郎、綾瀬はるかは大河ドラマに主演した年に司会、和泉元彌は司会を務めてから主演する大河ドラマがスタートする形でした。 仲間由紀恵は大河ドラマが始まる前の年と主演した年の2年連続で司会を務めました。