歌合戦:記録


トップページへ戻る


[ 歌合戦の歴史 ] [ 過去の出場歌手 ] [ 司会者 ] [ 審査員 ] [ 記録 ] [ できごと ] [ 思い出の紅白歌合戦 ] [ 雑記 ] [ リンク ]


出場に関するもの

最多出場
北島三郎の50回。
 第14回から64回まで、第37回を除いて連続出場。 第64回の50回出場をもって、北島三郎は歌合戦を卒業。
最多連続出場
 森進一が第19回から66回まで、連続48回出場。 森進一も第66回をもって、歌合戦を卒業。
最年少出場
 第62回に出場した芦田愛菜鈴木福の7歳。 日単位まで比べると、芦田愛菜が7歳と193日で鈴木福より6日年少らしい。
 ただし、放送時間と法律の関係で、15歳未満の歌手が出場できなかった時期もある。 参考まで、午後9時以降のスタートだった時代に15歳で出場した歌手として、少なくとも第13回の弘田三枝子、第24回の森昌子、第25回の山口百恵、第39回の光GENJI赤坂晃佐藤敦啓がいる。
最年長出場
 第66回に出場した美輪明宏は80歳。
紅白の舞台を最後に引退、解散
 第8回の小畑実、 第35回の都はるみ(後に復帰し、第40~48回まで出場)、第43回のTHE CHECKERS、第48回のX-JAPAN(後に再結成し、第66回には再出場)の4組。
 第60回の絢香は無期限の活動休止(第62回に復帰、その後も何度か出場)。
テレビデビューが紅白
 第46回に出場した岡本真夜は、生で歌う姿がテレビで放送されたのは歌合戦が初めて。
デビューから引退までずっと出場
 既に引退し、現役復帰もないのは、16回出場のザ・ピーナッツ
現在進行形では23回出場のTOKIOがいる。
現役でない人が出場
 第40回の「昭和の紅白」で当時歌手を引退していた都はるみが出場。翌年現役復帰した。
(普通は(第42回の南沙織や第52回の森昌子)、引退した歌手でも舞台に立った時点で芸能活動なんですが、この人の場合出場が決まったときの記者会見で「復帰はありません」と言っていたので)
歌合戦なのに歌を歌わずに出場
 第41回のGクレフは動くクラシックグループ? 第42回のベンチャーズはエレキバンド。 第54回の女子十二楽坊は中国民族音楽。
最多返り咲き
 森山良子山本譲二雪村いづみ加山雄三が5回返り咲いている。
 森山良子は第20回に初出場し、翌21回も出場。
結婚休業で第23回に1度目の返り咲き。
さらに25回に2度目の返り咲きで翌26回も出場。
第41回に世界的大歌手アンディ・ウィリアムスの対戦相手として3度目の返り咲き。
第48回に沖縄ブームに乗って昔から歌い続けてきた「さとうきび畑」が話題となり4度目の返り咲き。
第54回には前年からロングセールスを続ける「涙そうそう」の作者として5度目の返り咲き(56回まで連続出場)。

 山本譲二の初出場は第32回、以降第36回まで連続出場。
ちょっとわけありで第37回に出場辞退して、第38回に初めての返り咲き。
第45回に2度目の返り咲き。
第47回に憲三郎&ジョージ山本として出場し3度目の返り咲き。
第49回に山本 譲二に戻って4度目、第51回に5度目の返り咲き。

 雪村いづみの初出場は第5回。
1度目の返り咲きで第8回から10回まで出場。
渡米から帰ってきて第12回に2度目の返り咲き。
子育てが落ち着いた後3度目の返り咲きで第14回から16回まで出場。
世界歌謡祭の歌唱グランプリで第22回に4度目の返り咲き。
第40回の昭和の紅白に「ジャンケン三人娘」唯一の生き残りとして5度目の返り咲き。

10年ごとに返り咲いているような印象がある加山雄三の初出場は「君といつまでも」が大ヒットした第17回で、翌18回も出場。
 第27回に返り咲いて33回まで連続出場。
 第37回から39回は白組司会を務めつつの出場。
 第48回はなんで返り咲いたんだろう。
 第50回から52回は第一部の終盤に登場。
 そして第61回に芸能生活50年で返り咲き。
最多飛び石出場 (未確認)
 武田鉄矢が第25回、31回、40回、44回、48回と飛び石で計5回出場(第40回以外は海援隊として)。 これが最多記録か。
返り咲きするまでの最長年数
 織井茂子は第11回から第40回の昭和の紅白で返り咲くまで29年。
髙橋真梨子も、第35回にソロとして初出場してから、ベストアルバムのヒットと共に第64回に再出場して名曲「for you...」でトリを務めるまで29年。
1回に2度選ばれる
 第40回に沢田研二が「昭和の紅白」にザ・タイガースとして、「平成の紅白」に個人として出場している。
 第60回以降のAKBグループは、いろいろと兼任などありなんだかもうやだ。
3年連続で異なる歌手名称で選出
 後藤真希は第54回に初出場(過去にもモーニング娘。として出場)。 翌55回は後浦なつみとして選出(その後、諸事情により当日は後藤真希&松浦亜弥として出場)。 さらに翌56回はDEF.DIVAとして出場。
4種類の歌手名称で選出
 前述の後藤真希モーニング娘。として3回(第50~52回)、ソロとして1回(第54回)、後浦なつみ(後に後藤真希&松浦亜弥に変更)として1回(第55回)、そしてDEF.DIVAとして1回(第56回)出場している。
紅組、白組として出場
 AAAは、第61回から63回、65、67回は白組から。 第64回と66回は紅組から出場。 他の歌手と組むでもなく、ソロとして出場するでもなく、グループ編成が変わるでもなく白組と紅組の間を移動したのはこのグループのみ。 また、第65回は白組から出場して白組優勝、第66回は紅組から出場して紅組優勝だったため、2年連続で組をまたいで出場し、連勝したのもこのグループのみ。
 和田弘とマヒナスターズは、第10回から18回は白組、第40回は松尾和子と組んで紅組で出場。
 原由子は、第30、33、34回はサザンオールスターズとして白組、第43回はソロで紅組から出場した。
 小室哲哉は、第39回にTM NETWORK、第46回にH Jungle With tとして白組から、第47、49、50回にglobeとして紅組から出場。
 そして和田アキ子が紅組から第21回~29回、37回~55回、57~66回の合計38回出場し、第56回はm-flo loves AKIKO WADAとして白組から出場している(和田アキ子も、第55回はいつも通り紅組から出場して紅組優勝、第56回はm-floとのコラボで白組から出場して白組優勝と、組をまたいで連勝している)。
 また、シルヴィアは、第31回から33回までロス・インディオス&シルヴィアとして紅組から出場し、第34回には正式な出場歌手ではないが、白組の菅原洋一とデュエットしている(シルヴィアも第33回は紅組、第34回はゲスト歌手ながら白組で連勝)。

歌に関するもの

最も多くの歌手に歌われた歌(「蛍の光」は除く)
 「愛の讃歌」
 越路吹雪(第20回)、菅原洋一(第33回)、美川憲一(第56回)、美輪明宏(第65回)、大竹しのぶ(第67回)の5組。
一歌手によって最も多く歌われた歌
 石川さゆりは「天城越え」を第37、48、50、53、56、59、61、63、65、67回の計10回歌唱している。 ちなみに、「津軽海峡・冬景色」も第28、33、44、51、58、60、62、64、66回の計9回歌唱しており、第58回以降はこの2曲を交互に歌っている。
一歌手が同一曲を連続して歌った最長年数
 第53回に初出場した夏川りみはこの年から4年連続で「涙そうそう」を歌唱(第54回は森山良子BEGINとの共演)。
 美川憲一も、第57回から60回まで、「さそり座の女20XX(20XXは歌唱する年)」というタイトルで、1973年のヒット曲「さそり座の女」を歌っている。
 最近では、第63回に初出場したゴールデンボンバーが「女々しくて」を4年連続で歌唱した。 歌唱曲が1曲だけで、最も出場回数の多いグループかもしれない。
最も歌唱時間の長かった歌
 第42回に出場した長渕剛は、「ベルリンからのメッセージ」というテーマで3曲歌い、総時間は約15分半。これがブッちぎりで最長記録。
 1曲としては、第61回に初出場した植村花菜が歌唱した「トイレの神様」が7分55秒(スポーツ紙の情報)。
最も歌唱時間の短かった歌
 昭和30年代は2コーラス歌っても1分40秒程度の曲があったので、最短記録は1分台の争いになると思われるが、第4回の大トリだった藤山一郎は放送時間の関係で1コーラスのみとなったらしい。 第4回当時の一歌手の平均歌唱時間は2コーラスで2分10秒程度なので、この時の歌唱曲「丘は花ざかり」が最短時間だと思うが、録音も映像も残っていないため真の最短記録は不明。
 複数組がひとまとめで登場し、それぞれの持ち歌を歌うケースもたまにあるので、これを正式な記録として考えるなら、その中に記録があるかもしれない。
紅白組んで歌う
 第43回に堀内孝雄ケイ・ウンスクが「都会の天使たち」をデュエットした。
 第54回には女子十二楽坊錦織健が「自由そして荒城の月」(実体は、まず女子十二楽坊が単独で「自由」を演奏し、その後錦織健が「荒城の月」を歌い、女子十二楽坊は伴奏を担当)、夏川りみBEGIN森山良子が「涙そうそう」をコラボレーションと称して共演。
 第62回は芦田愛菜鈴木福が「マル・マル・モリ・モリ!」を、夏川りみ秋川雅史が「あすという日が」を歌った。

同じ歌対決

第6回「インディアン・ラブコール」(宝とも子浜口庫之助。ただし、2曲のアレンジはだいぶ違う)
第7回「セ・シ・ボン」(宝とも子高英男
第35回「浪花節だよ人生は」(水前寺清子細川たかし
(第25回のトリ島倉千代子と大トリ森進一はいずれも「襟裳岬」を歌唱したが、この2曲は同名異曲)

紅白オリジナルソング

第42回 「SMILE AGAIN」 さだまさし
第43回 「Tears」 YOSHIKI(X JAPAN)
第44回 「山に抱かれて」 小椋佳
第50回 「A Song for Children」 スティービー・ワンダー作(日本語詞さだまさし
第60、61回 「歌の力」 久石譲作曲
 小椋佳は、第44回は歌手としてでなく、オリジナルソング作者として歌合戦に出演し、最初に一節歌った(歌手としては翌45回に出場、第58回にも特別出演)。


トップバッター、トリに関するもの

最多トップバッター
 浜崎あゆみが第59から64回まで、計6回トップバッターを務めている。
連続トップバッター
 2回連続でトップバッターを務めたのは、林伊佐緒(第3、4回)、荒井恵子(第6、7回)、SPEED(第48、49回)、DA PUMP(第49、50回)、w-inds.(第53、54回)、EXILE(第60、61回)、NYC(第62、63回)、Sexy Zone(第64、65回)。
 3回連続は荒井恵子(第9から11回)。
 4回連続は郷ひろみが第28から31回まで。
 そして、前述のように浜崎あゆみ第59から64回まで、6回連続でトップバッターを務めている。
最多トリ
 美空ひばり(第8回から10回の3年連続と、14回から23回の10年連続)、五木ひろし(第26~28、30、31、38、45、48、49、51、53、55、58回)、北島三郎(第23、24、32、39、40、43、44、47、50、52、57、60、64回)の13回が最高。
最多連続トリ
 前述の美空ひばりによる第14回から23回の10年連続が最高。
最多トリ対決
 美空ひばり三波春夫が第14、15、17、18回の4回対決していて、これが最多記録。
最も多くの相手とトリを務めた歌手
 北島三郎は13回トリを務め、11組(ひょっとしたら10組かも)の紅組歌手と対決。 対戦相手は美空ひばり島倉千代子森昌子小林幸子石川さゆり(2回)、由紀さおり坂本冬美和田アキ子(2回)、川中美幸DREAMS COME TRUE髙橋真梨子(ここが微妙)。 最後の出場となった第64回は紅組白組の枠を超えて最後に歌っており、NHKは「大トリ」扱いとしているが、紅組トリの髙橋真梨子次に白組トリ?のSMAPが登場しており、紅組の対戦相手はいない、という扱いかもしれない。
3回トリを務め、対決した相手が一人
 八代亜紀は第28、30、31回とトリを務め、対戦相手は全て五木ひろし
最年少トリ
 第29回に紅組トリをつとめた山口百恵は当時19歳。
 ぶっちぎりの最年少記録かと思いきや、第8回の美空ひばりや第48回の安室奈美恵は20歳でトリをつとめている。 (20代でトリを取った方々
最年長トリ
 第64回の歌合戦卒業の際、紅組白組の枠を超えて最後に登場した(NHKの番組では「大トリ」と紹介されていた)北島三郎は当時77歳。
初出場でトリ
 第1回トリの渡辺はま子藤山一郎を除けば、第4回の淡谷のり子ただ一人。
返り咲きでトリ
第 5回 霧島昇
第 7回 笠置シヅ子灰田勝彦
第 8回 美空ひばり
第43回 由紀さおり
第56回 SMAP
第60回 DREAMS COME TRUE
第64回 髙橋真梨子
第66回 近藤真彦
 初期に多いのは、当時は歌合戦連続出場にそれほど命を懸けなかった時代だったからか。 第56回のSMAPは、歌手活動自体にそれほど力を注がなくなった頃。 第60回のDREAMS COME TRUEは前年デビュー20周年の制作活動のため出場を辞退。 第64回の髙橋真梨子は、基本辞退組であるが、歌手生活40周年ということでトリとしての出場を承諾した? 第66回の近藤真彦は・・・。
トップバッターとトリを務めた歌手
歌手トップバッタートリ
北島三郎 第15回 第23、24、32、39、40、43、44、47、50、52、57、60、64?回
森進一 第23、38回 第20~22、25、33、35~37、41回
山口百恵 第25、27回 第29回
水前寺清子 第18、21回 第34回
都はるみ 第19回 第27、33、35、41、45回
細川たかし 第26、56回 第34、46回
近藤真彦 第31回 第66回
八代亜紀 第38回 第28、30、31回
SMAP 第43回 第54、56、61、62、63、64?回
川中美幸 第56回 第57回
DREAMS COME TRUE 第41回 第60、61回
 森進一八代亜紀細川たかしは、トリを務めた後にトップバッターを務めている。
 森進一の場合、トップバッターの2回はいずれもその前の年まで3年連続でトリを務めている。
 そして川中美幸はトップバッターを務めた翌年にトリを務めている。
 第64回は曲順が全体の最後から2番目にSMAP、最後が北島三郎となっており、SMAPが大トリ(北島三郎は特別枠)なのか、北島三郎が大トリ(SMAPは白組トリ前)なのか意見が分かれるところ。

司会に関するもの

最年少司会
 第47回紅組司会の松たか子は当時19歳。
初出場で歌手と司会
 第37回に1回だけ出場した斎藤由貴は同年紅組司会も務めた。
 当時、初出場の紅組歌手は他の歌手のバックで踊ることが多く、それがいやだったので司会を引き受けた、という話もある。
最多司会
 元NHKアナウンサーの宮田輝は第3、6、7、13から24回の計15回司会を務めた。 ちなみに、6回と7回は紅組の司会、19回と20回は総合司会。
最多歌手兼司会
 紅組は歌手として第18回から30回まで13回連続出場した佐良直美が、第23回と25から28回の5回司会も務めた。
 白組はSMAPとして何度も出場を重ねる中居正広が第48、49、57~60回の6回司会を務める。
 (歌手と司会をこなした方々
グループで司会
 は第61回から5回連続で、グループとして白組司会を担当。
NHKアナウンサーでない総合司会
 第19回(未確認)に初めて総合司会が登場して以来、総合司会は基本NHKアナウンサー。 例外は第34回のタモリ、第66回の黒柳徹子(有働由美子アナウンサーと二人で総合司会を担当)。