HP-TOP
 磯採集いろいろ 


磯の状況
  1998年度の磯   1999年度の磯   2000年度の磯   2001年度の磯   2002年度の磯   2003年度の磯
  2004年度の磯   2005年度の磯   2006年度の磯   2007年度の磯   2008年度の磯   2009年度の磯
  2010年度の磯   2011年度の磯   2012年度の磯   2013年度の磯   2014年度の磯   2015年度の磯
  2016年度の磯   2017年度の磯   2018年度の磯           

黒潮と採集海域の水温グラフ
  1998年   1999年   2000年   2001年   2002年   2003年   2004年   2005年   2006年   2007年
  2008年   2009年   2010年   2011年   2012年   2013年   2014年   2015年   2016年   2017年
  2018年                                    

○ 海水魚との付き合い始め   ○ 採集方法   ○ 採集へ行く時に持っていくもの   ○ 携帯用の網
○ 出現時期の一覧            

海水魚との付き合い始めはチョウチョウウオ、1993年10月のこと・・
 

小学生の子供達を連れて、家族で神奈川県の三浦半島へ磯遊びに行きました。定番のバーベキュと釣りと魚取り。

「魚がいるっ!」と叫ぶ子供に応え、自分の少年時代の遊び心も手伝って、では採って見せてやろうという親心。その銀色の体に黒いしましま模様の魚(多分…オヤビッチャ)をそーっと追いかけていると、ふと目の前にこれまで見たこともない平たい「オレンジ色の美しい魚」が泳いでいるではありませんか!全神経を魚の動きと両手に持った網に集中させ、そして採った!採ったーっ!!

興奮と感動と賞賛がおさまったころ、こう思ったのです。

汚れていると思っていた都会に近い海、こんな綺麗な魚がいるなんて、まだそんなに海は汚れていないのか!では、他にはどんな魚がいるのだろう…??と。そして図書館で必死に調べた「オレンジ色の美しい魚」はチョウチョウウオだったのでした。

  チョウチョウウオ この頃はまだパソコンが普及していません。Windows3.1の時代です。魚の名前を知るために図書館へ行き、海水魚の図鑑をあるだけ借りてきました。でも成魚の写真ばっかりで幼魚の写真なんて殆ど載っていなかったので、チョウチョウウオと判るまでにはかなりの時間がかかったように思います。

写真は2004年7月のもの、デジカメを購入したのは7年後ですからねぇ…

このことがきっかけで海水魚の採集が始まりました。子供たちよりも私のほうがのめり込んでしまい、ライフワークと言えるまでになってしまいました。


採集の方法は「玉網でのタイドプール採集」
 

海パンを履くわけでなく、シュノーケルを付けて潜るでもなく、短パンとゴム靴でタイドプール(潮だまり)をとびまわり、覗いていく採集の方法です。お目当ての魚が運よく見つかれば、玉網で採ります。ダイバーの方が潜れない水深10cm、20cm、30cmが主なフィールドとなります。

採集を始めて5年目頃から、ここに何、あそこに何、と時期により出現する種類がわかってくるようになりました。7年目頃までは、ここの磯、あそこの磯と約 2km 程の領域を飛び回っていましたが、その後は 0.5km 程に限定し、魚はあまり居ないかもしれないけれども、過ごし易い磯を決めて、ジックリと観察することにしました。

日本や世界の気象状況の変化で、出現する種類や数が大きく変わります。そういう変化も楽しみといえば楽しみなのですが、毎年同じようにお魚が現れてくれると、何故かホッとするものです。


ホームページの最初へ戻る