■ホームに戻る
■ボクの細道に戻る
和歌山市 かつらぎ町    『大和街道』は、和歌山県北部を流れる紀の川に沿い、古くから和歌山と大和を結ぶ道として大勢の人々が行き交い、たくさんの文化遺産も残っている。大和街道 和歌山
大和街道は、都が奈良におかれていた頃、都と各国を結ぶルートの一つとして誕生した。まさに歴史の宝庫と呼ぶにふさわしい。歴代の天皇たちの御幸のルートでもあり、参勤交代の道筋でもあった。
歴代藩主の参勤交代は240年間で97回にも及んだといわれている。街道ができてから、行き交ったたくさんの旅人が詠んだ万葉歌が、船岡山、妻の杜、背の山、飛越石などに今も残されており、歌碑などもあちこちに建っている。
平安時代に弘法大師が、高野山を開山した。
安土桃山時代には、岩出町の根来寺が織田信長に攻撃され根来の鉄砲隊が応戦したが、焼き払われてしまった。その鉄砲の弾跡は今も残っている。

そんな大和街道は、和歌山城を北上した所にある京橋が出発点である。京橋の上には、殿様の籠と紀州手まりのモニュメントがあり、時報をまりと殿様が告げてくれる。ここから大和街道が始まる。
1:和歌山市1(京橋) 9.かつらぎ町
岩出市 橋本市
2:岩出・西田中神社 10.高野口・葛城館
3.岩出・根来寺 11.橋本
紀の川市  12.橋本・応其寺 
4.打田・東田中神社 13.橋本・妻の杜神社
5.粉河・長田観音 14.橋本・隅田八幡神社
6.粉河・粉河寺 五條市
7.那賀・旧名手本陣 15.五条・飛び越え石
8.那賀・一五社の楠 16.五条・御霊神社
17.五条・桜井寺・新町
■奈良こだわり歴史散歩 18.五条・五新鉄道 

大和街道 和歌山 大和街道 和歌山
(紀州手まりのモニュメント)

<和歌山市>

 京橋は真田堀川にかかる橋である。昔は様々な汚水が流れ込み悪臭を放っていたが、最近はかなり浄化が進み、ボラもあがってくるようになった。
しかしまだ汚い。早く綺麗になって川底が見えるようになってほしいものである。紀州手鞠のモニュメント右にちらりと見える川中の白い構造物は、浄化装置である。
京橋から、和歌山市の中心的な商店街である、ぶらくり丁をこえていく。ぶらくり丁は活性化をいわれだして久しいが、日曜日でもこの人通りである。
少し寂しい。

国道に入る手前に幅がひどく狭い橋がある。地元の人は「一銭橋」と呼んでいるが、昔はこの橋を渡る際に一銭徴収したらしい。今は車一台がやっと通れるような橋で、交通量が多いためいつも信号待ちでたくさんの車が並んでいる。しかしもうすぐ新しい橋が架かる。写真左の青いのが新しい橋の橋桁で、ここに国道26号が延びてくる。これで少しは渋滞が緩和されるだろう。
橋を渡らずに右に折れると、国道24号線に入る。
国道24号に入ってまもなく白壁の嘉家作りの家並みが見えてくる。昔は路に面した家並みすべてが、こんな白壁の建物であったが、今は新しい家が多く建ち街道の面影が薄れつつある。

大和街道 和歌山
(ぶらくり丁入り口)
大和街道 和歌山
(一銭橋)
大和街道 和歌山
(嘉家作りの家並み)
大和街道 和歌山
(このあたりでお世話になった熟年も多いはず)
大和街道 和歌山 大和街道 和歌山
(地蔵の辻のお地蔵さん)

そこを過ぎると国道24号線と県道有功天王線の交差点に出る。ここがかつて直川観音へ行く人々で賑わった地蔵の辻である。地蔵さんとしてはかなり大きな祠がある。
この辺も道路改修などで昔日の面影をなくしつつある。この辺の町屋は、堤防をうまく活用し、二階が玄関で、居間が南向きの一階となっている。
便利さを追求するあまりに、こうした趣のある町並みが一つずつ消えていくのが寂しい。
また、この辺は歓楽街があり、にぎわった時代もある。今でも名残をとどめる造りの家があり、時代の変遷を感じる。

大和街道は24号線をさらに東へと続いている。

地蔵の辻をさらに東に進むと、JR阪和線の高架とであうがその下に小さな松原地蔵尊があり、由来がかかれている。比較的新しい地蔵さんである。
そこからさらに行くと、饅頭のような盛り土の上に松が植えられている四箇郷一里塚がある。
1619年(元和5年)に徳川頼宣が大和街道、大坂街道を整備して一里塚を設けたという。この一里塚はその第一号という。しかし現在の一里塚は、ほとんどその機能を果たしていない。周りに雑多な施設が多すぎる。
周囲にあまり建物もなく田などが広がっていたときは、この一里塚までくると、やっと和歌山に帰り着いたという気持ちになったのではなかろうか。

一里塚をすぎてほどなく四箇郷刑務所がある。ここの建物のスタイルがクラシックで前の桜並木とマッチして、好きであったが建て替え中である。またいい建物が一つ減ってしまう。

大和街道 和歌山
(四箇郷一里塚)
大和街道 和歌山
(松原地蔵尊)
大和街道 和歌山
(新築中の四箇郷刑務所)
大和街道 和歌山
(名前は分からないお地蔵さん)
大和街道 和歌山
(隣にある身代わり地蔵さん)
大和街道 和歌山
(成田山不動明王)

大和街道は、雑然とした町並みの国道24号をさらに東へ東へと歩を進める。
阪和高速道路の高架下をくぐってからは少し斜め左に折れ24号から離れ、旧家らしい町並みの路地を行く。大和街道 和歌山
街道は、さらに東へと続き、八軒家の旧道に入る。
途中の家並みは街道にふさわしいたたずまいを見せる。
その周辺は、なぜか私と同じ松本という姓のお家ばかりで、ひょっとして松本という姓が八軒あったのかも知れない?

そして街道は、今度は、国道24号線のバイパスの高架下を抜ける。田井ノ瀬橋袂から再び紀ノ川南岸の国道24号線と合流する。
合流してからは堤防の上をしばらく歩き、かなり大きな団地の手前の信号を斜め右に折れる。
そこからは、食品工場やコンクリート工場などが雑然と立ち並ぶ狭い道を抜ける。所々に日本建築の家屋が建ち並び旧道の面影を楽しめる。
イボ取りと安産に霊験がある、馬次の地蔵堂常夜灯と共に立っている。

大和街道 和歌山
(八軒屋にある社)
大和街道 和歌山
(いかにも古い消防ポンプがあった)
大和街道 和歌山

この紀ノ川南岸土手の国道24号線は、四季折々に景色が変わり、楽しいところである。

この道筋布施屋駅の近くに「ライオンズマンション」があるが、そこで大坂からの熊野街道とクロスする。
両街道はライオンズマンションの前で合流し、小さな神社の角をJR和歌山線布施屋駅の方向に行くと吐前王子を経て、川端王子へとつながる。逆に紀ノ川方面にバックし、川辺橋をわたると中村王子に行く。
このあたりは交通の要所で紀ノ川を渡るために、南岸には布施屋の渡しと吐前の渡し、そして対岸は川辺の渡しとして、たくさんの人を運んだであろう。今は川辺橋がある。
地図を見ても、伊勢から大和街道を経て熊野詣でをする場合、ここから南の熊野に向けていくルートの一つであったろうことがよく分かる。

馬次地蔵堂から少し行くと、田の中に、質素な墓碑が建っている。この先の船戸の渡しで根来寺に行く40人が乗った船が転覆、そのうち15名は無事岸に泳ぎ着いたが、残りは流され帰らぬ人となった。その中には巡礼の人も多く行き倒れとなり、付近の人がそれを哀れみこの墓碑を建てたということである。
さりげなくある、こうした日本人本来の優しさがうれしい。

大和街道 和歌山
(馬次の地蔵堂)
大和街道 和歌山
(イボ取り地蔵さんのお姿)
大和街道 和歌山
大和街道 大和街道 和歌山

この紀ノ川周辺は、あたり一面たんぼの風景が広がり和歌山の穀倉地帯という感じで古道らしい雰囲気となる。巡礼墓から少し行くと、小さな祠がある。八坂神社と鳥居にあった。
小さいが綺麗に手入れされている。

そこからしばらく行くと再び国道24号線に出、岩出橋が見えてくる。
岩出橋をわたらずに右に曲がると、船戸の渡し場跡に行く。岩出橋を渡ると岩出町である。

▲ページトップに戻る
■次へ
■ホームに戻る
■ボクの細道に戻る