石清水八幡宮
石清水八幡宮地図
い わ し み ず は ち ま ん ぐ う
空白線
石清水八幡宮

所在地:八幡市八幡高坊

 男山山頂にある石清水八幡宮は、応神天皇、神功皇后、ヒメ大神(八幡三所大神という)をまつる旧官幣大社である。八幡宮の遷座以前は、男山山中から湧き出ずる清泉を神としてまつっていたと伝えられている。

貞観元年(859)、奈良大安寺の僧、行教(俗称紀氏)が、九州・豊前国(今の大分県)の宇佐八幡の神託をうけ、八幡神をこの地に勧請。時の清和天皇の命を承け、木工寮権允橘良基が宇佐宮に准じて、本殿三宇、礼殿三宇からなる神殿六宇の造営に着手し、翌貞観2年(860)4月3日に「石清水八幡宮」は完成した。以来、朝廷の崇敬を得て、伊勢神宮に次ぐ国家第二の守護神と崇められ、源氏もまた八幡神を氏神として仰いだため、八幡信仰は全国に流布した。

仏教が盛んであったころは、僧侶によって管理され、その神宮寺は雄徳山護国寺といい、男山に48の堂舎僧坊が甍を並べた。江戸時代末期にあっても23坊を数えた。本殿に通じる参道の両側に並ぶ石灯篭は、往時の旺盛を偲ばせる。

現在の社殿は、寛永8年(1631)から寛永11年(1634)にかけて三代将軍徳川家光の造営によるもので、桜門、舞殿、幣殿、外殿、本殿、回廊からなっており、すべて重要文化財に指定されている。桜門は、入母屋造り、桧皮葺で、左右に回廊を出して外囲いを作り、前方に唐破風の向拝(ごはい)をつけた珍しい建築である。

本殿は八幡造りといわれる建築様式で、外陣(外殿)と内陣(本殿)とに分かち、両方の屋根の接する谷の部分に織田信長の寄進した黄金の雨樋を通している。これは、万一、本殿消失時においても、この黄金によって新しく本殿造営ができるといわれている。

また、三間社を一間づつあけて1棟としているので、11間社八幡造りの形になっている。建築の細部にわたっては、桃山風の華麗な彫刻が多数施されている。毎年9月15日には勅祭石清水祭が平安絵巻物のように繰り広げられる。



目次にもどる


HOME