本文へスキップ

熊野古道 堺   

熊野古道陸路の始まりは大阪から   

熊野古道といえば、畿内から紀州・熊野三山へと通じる由緒ある参詣道です。
熊野古道の陸路は堺に入ります。大きな古墳群に驚きながら熊野を目指したのではないでしょうか。

ギャラリー

境王子
境王子は、大阪の少年鑑別所や刑務所との間を西に右折すると住宅街の一角にある。
小さな地蔵様と境王子を示す石碑がある。
石碑は本宮町が寄贈したそうである。
境王子または堺王子は後に熊野神社となり、現在堺市戎之町東の菅原神社に合祀されている。
ここも住宅街にひっそりとあるので、うっかりすると見落としてしまう。
ポイントは刑務所である。
境王子を示すものは碑だけで、かわいいお地蔵さんが片隅にある。
こぢんまりした公園風になっているが、センスのない犬のウンチ除け看板があり興ざめである。
熊野が世界遺産登録された後、心配なのはこのあたりのセンスなのである。

周辺は住宅街で、道もそれほど広くなく、快適に歩けた。人通りはほとんどなかった。
この道もかなり複雑でわかりにくく、地図と首っ引きであった。
ただし、古道は南に延びているので、お日様を追いかけて進んだ。
所々にお地蔵様がある。
またこの辺の、下水道のマンホール蓋はなかなか粋である。

(せっかくの景観を壊す立て看板。これは不要)

(境王子碑の横にあるお地蔵様)

(道途中のお地蔵様)

おしゃれなマンホール蓋)

(昼食に入ったラーメン屋さんの招き猫)

(ある事務所風の家の前にあったメグロの単車)