図書館員のコンピュータ基礎講座

Unicode(合成可能記号)

【2018-08-03更新】

Unicodeの字種の表です。
下表のリンク先のページに、十六進数の数値文字参照で記述した文字コード表を掲載しています。文字コード表中の文字は、環境によっては文字が正しく表示されない場合がありますが、各ページからリンクしているPDFでは正しく表示されます。

文字ブロック Unicode範囲 説明
ダイアクリティカル・マーク(合成可能) Combining Diacritical Marks 0300~036F 合成可能なダイアクリティカル・マークです
ダイアクリティカル・マーク(合成可能)拡張 Combining Diacritical Marks Extended 1AB0~1AFF
ダイアクリティカル・マーク(合成可能)補助 Combining Diacritical Marks Supplement 1DC0~1DFF
記号用ダイアクリティカル・マーク(合成可能) Combining Diacritical Marks for Symbols 20D0~20FF 主に記号に用いられる合成可能なダイアクリティカル・マークです。
半記号(合成可能) Combining Half Marks FE20~FE2F リガチャ、ダブルチルダ、マクロンの合成可能な半記号です。
参照・参考文献
  • The Unicode standard, version 4.0 / the Unicode Consortium ; edited by Joan Aliprand ... [et al.]. Addison-Wesley, c2003 [b]
  • Unicode標準入門 / トニー・グラハム[ほか]著 ; 乾和志, 海老塚徹訳. 翔泳社, 2001.5 [b]
ページのトップへ
CyberLibrarian : tips on computer for librarians, 1998-