本文へスキップ

熊野古道 和歌山

熊野古道陸路はいよいよ和歌山に入り熊野を目指します 

熊野三山への参詣道はバラエティに富んでいます。
和歌山の熊野古道はみどころたっぷりです。

ギャラリー

千里王子
平安時代の延暦年間(781年)に鎮座したと記録されている。
この王子社は、後ろは山を削り本殿をもうけ前は海岸に突き出て拝殿のある石垣上の社殿は整っている。
天気のいい日は遙かに四国が見える。

古道は、打ち寄せる波に足を洗われながら海辺を歩く。
足を洗われることで清めの垢離をとることにもなっていたのである。
昔の人は「チサトの浜」と詠ったが、現在ではウミガメの産卵する浜辺として有名である。

千里王子の跡地の山手に御所原と呼ばれる所があり、花山法皇が熊野詣での途中、病に臥された枕石と歌の碑もある。

  旅の空 夜半の煙と のぼりなば 海士の藻汐火 焚くかとぞ見む

歌の意味は、「もし自分が旅の途中、この千里浜で死にそのまま火葬の煙になって暁の空に立ち上ったとしても、人々は漁師が藻汐火を焚いているのかと見ることだろう」ということである。
千里王子
<千里観音>


毒酒にあたった勇士の小栗判官は湯の峰温泉に入湯して難病が回復した。
そして帰路は海路をとったが、南部沖で暴風雨になり大波にさらわれる。
判官は、我が運命もこれまでと観念して、せめて最後を潔くと決意。
端座して一心に、熊野権現を念じて観音経をとなえ続けた。
このとき馬のいななきが聞こえ、思わず目を開けると、荒波の中を白馬が判官目指して近づいてきた。
判官は白馬の背に乗り移り、陸地に泳ぎ着いた。
泳ぎ着くと同時に馬はいなくなり、あとには一本の流木が残っていた。
あまりの不思議さに、これこそ熊野権現の神助の賜と感涙にむせんだ。

判官はこの木に観音像を刻み、祠に納め帰国したという。
流木が白馬の首に見えた事から、誰言うとなく馬頭観音と称えるようになったという。

  ありがたや 導き給へ観世音
          千里が浜にみがく我が身を

千里王子 千里王子