本文へスキップ

熊野古道 和歌山

熊野古道陸路はいよいよ和歌山に入り熊野を目指します 

熊野三山への参詣道はバラエティに富んでいます。
和歌山の熊野古道はみどころたっぷりです。

ギャラリー

鹿ヶ瀬峠
馬留王子で草履の緒を締め直し、いよいよ鹿ガ瀬峠の急坂に挑む。
馬留王子跡からすぐの追分けを右にとる。

最初はミカン畑を縫うように続き、馬留王子から鹿ケ瀬大峠までは45分程度かかる。
ここ鹿ヶ瀬は古来から軍事交通の要衝の地で標高は350mある。
藤原定家は,峠の様子を「シシノセ椎原を過ぎて樹陰滋り道甚だ狭し・・・山をよぢ登る」と御幸記に書かいている峠である。
今も椎の大木があり往事を思い起こさせる。江戸時代はこの峠にも茶屋が十数軒あったと言うが時代とともに峠道が衰退し、現在では石積が点在しているだけである。

そんな道だからやさしくはない。

一里松跡、痔の地蔵尊、法華堂と続き鹿ケ瀬の大峠に登り着く。
痔の地蔵尊はその名の通り、痔の悪い人を直すという。
昔から痔の悪い人がいたんだ。私も拝んできたが・・・・・

法華堂はその昔、骸骨の亡霊がでるので、その霊を鎮めるため僧、一恵が法華経を読んだという。
お堂の前は平らな草むらが広がっており、いかにも幽霊がでそうな雰囲気がある。
この道はかなりきついので、心して取りかかる必要がある。

すぐ右手にいくと石仏群や鹿ガ瀬城跡がある。
古道からすこしはずれるが、時間があれば見てみたい。
峠は薄暗い自然林を行く。
途中馬頭観音が、薄暗い自然林の、大きな木の根に抱かれるようにして、道ゆく人々を見守っている。
20分ほど歩くと、道標石像を祀る小峠に着く。
やはり古道は、こうした自然林の中を苦しみながら行くのがよい。
熊野古道 鹿ヶ瀬峠
(鹿ケ瀬峠頂上の案内板)
熊野古道 鹿ヶ瀬峠
(1999年 案内板が変わった)
熊野古道 鹿ヶ瀬峠
(法華堂前の広場で)
熊野古道 鹿ヶ瀬峠
(法華堂を示す看板の前で一服)
熊野古道 鹿ヶ瀬峠
(ひっそりとたたずむ馬頭観音)
熊野古道 鹿ヶ瀬峠
熊野古道 鹿ヶ瀬峠 熊野古道 鹿ヶ瀬峠
小峠から約500mの間は、現存する熊野古道なかで最長の石畳道として、日高町の文化財になっている。
石畳は、ジグザグに続いている。
終点近くには、きれいに整備された休憩所がある。
その日の休憩所には、無人のミカン販売所ができていて、おいしいミカンを販売していた。

坂の途中の何カ所かと、石畳終点の橋の下に、電話線の埋設を示す目印の石柱が立っている。
この峠を電話線も越えているのである。