本文へスキップ

熊野古道 和歌山

熊野古道陸路はいよいよ中辺路のメインルートです 

峠をいくつも越え熊野三山への参詣道を歩きます。
熊野古道の奥深さを感じながら歩きます。

ギャラリー

大門王子跡
大門王子は滝尻王子から3時間足らずの位置にある。
ここまで来ると標高も500mを超え、訪れた日は小雨であったので霧がまわりを包み、いかにも霊域らしい雰囲気であった。
古道は雨の日でも、雑木や時には高い杉の木の葉に守られて、それほど濡れることがない。暑い夏には自然のサンシェードである。
昔はもっと木が生い茂って、旅人を優しく守っていたのであろう。
また、道は落ち葉が適当なクッションの役目をし、疲れた足をいたわってくれる。しかしここを夜歩くには勇気がいりそうである。山賊やオオカミにおそわれたかもしれない。

大門王子は山中の要地で、ここに熊野本宮の鳥居があったからであろうといわれている。
今は社殿も新しくなり、境内に大門王子の碑がある。
またそれらと並んで、鎌倉時代のものとされる石造りの笠塔婆がある。平安時代からの休息地「水飲」もこの付近であったという。しかし古い参詣記には記述がなく、新しい王子ではないかといわれている。江戸時代にはもう社がなく、碑だけが建てられていた。

「乗輿今夜付昼養山中宿。此所又不思議奇異小屋也。完封甚堪難」と藤原定家が書いている。この山中宿というのが、ここ大門王子の周辺であろうといわれている。
建仁元年10月13日。もう夜はかなり寒く、奇異な小屋というからまさにむしろで囲ったくらいのお粗末な小屋だったのだろう。

以前は見事な松の大木があったが、マツクイムシの食害で枯死し、伐られたという。
小さな朱塗りの社殿が建てられており卒塔婆と碑はその背後に隠れてしまっている。そのため以前歩いたときは気がつかなかった。

熊野古道 大門王子
(2011年5月8日 13:26)
熊野古道 大門王子 熊野古道 大門王子 
熊野古道 大門王子
(今は杉木立の中にある)
熊野古道 大門王子
(松の木があったことを記す碑)
熊野古道 大門王子
(2011年5月8日 13:46 木立が切れ果無の山々が見える。ここで小休止)
熊野古道 大門王子
(2011年5月8日 13:40)
熊野古道 大門王子
(2011年5月8日 13:56)
熊野古道 大門王子
(2011年5月8日 13:47 風の影響か枝が一方に)
4時間かかって歩いてきたのでのども渇き、糖分が少なくなったのかお茶をのみチョコレートを食べるとおいしい。

滝尻からほぼ4時間歩いたところで、木立が切れるところがあり、展望が開けている。
その周辺の木をふと見上げると、枝が南に向けてゆがんでおり、北側に枝がない。
これはここが風の道になっているのだろう。
そういえば、ちょうど風を集めて吹き上げるような地形である。
自然というのはおもしろい。
特に見晴らしのいいところでの小休止は気持ちがいい。

何となくここをビュースポットに切り開いた感じがする。
熊野の山並みを体感するのにいいところである。