本文へスキップ

熊野古道 和歌山

熊野古道はいよいよ最後の難関雲取越えと熊野川ルートです 

熊野三山へ最後のひと踏ん張りのを歩き、または川を下ります。
熊野古道の奥深さをひしひしと感じます。

ギャラリー

小雲取越え
那智大社から大雲取越えで小口に出、本宮へ向かう古道のルートが小雲取越えである。
流れる雲に手が届くほど高いところを行くという意味があり、この名が付けられたとものの本にはある。

本来は、那智大社から本宮大社まで戻るルートであるが、今回は本宮から小口に越えた。
当時は熊野川河原にある本宮大社(現大斎原)から舟で新宮に下り、海岸の古道を那智大社に向かったとあるが、本宮から小雲取りを越えて那智を目指したものもたくさんいたはずである。

湯峰王子から湯峰温泉、渡良瀬温泉、川湯温泉と3つの温泉を抜け、小雲取り越え起点の請川下地橋バス停までは約4kmほどである。
冬のさなかの温泉場は、温泉から立ち上る湯気がきれいで情緒がある。
川湯温泉の、途中の川原では正月祭りのなごりの、張り子が大塔川にかかっていた。
川湯は1000人が一度に入れるという、「千人風呂」が有名である。 。
熊野古道 川湯温泉
(湯煙が情緒を醸し出す:湯峰温泉)
熊野古道 川湯温泉(祭りに使った張り子:川湯温泉)
川湯から請川に行く途中の国道で、電話線を渡っていく猿の軍団に出くわした。
誰かが、

「猿のケーブル渡りや。おーい、おーい。こっちへ来い」

と叫んだ。
私もこちらを向いてポーズをしてくれないかなと思ったがだめだった。
しかし彼らは昔のように隠れるように逃げるのではなく、悠然としていた。
猿の世界も徐々に都会化しているのか? 請川を少し登ったところで、急に展望が開けるところがあるが、そこからの見える大峰山系や眼下の熊野川眺めは素晴らしい。
これが夕暮れになればもっと素晴らしい景色になるだろう。

請川から1時間ほど歩くと、松畑茶屋跡がある。
現在は周囲を杉林に囲まれ、茶屋跡を示す柱が立ち、間伐材で造った椅子が6脚ほどあるだけである。
石垣が周囲に残っているが、その規模からして、往時は大勢の旅人で賑わったことがうかがえる。
伊勢路との合流点(万才峠)が近くにあり、伊勢との行き来の宿場としても栄えたであろう。
ここは、昼食などの休憩によい。

茶屋跡から30分ほど歩くと、百間ぐらに出るが、ここは眺望が大きく開け、熊野の美しい山々、野竹法師、果無山脈、大塔山系などが一望できる。
奥熊野の素晴らしさに圧倒させられる。

峠近くの如法山は標高610mあり、藤原定家はこの山を紫金峰と称している。
小雲取り越えの山道はきれいに整備され、ゴミもない歩きやすい快適な道が続く。
また適当にアップダウンがあり、人に優しい道でもある。
熊野古道 川湯温泉
(電話線を渡る猿たち。何家族かあるらしく大群であった)
熊野古道 小雲取越え
熊野古道 小雲取越え 熊野古道 小雲取越え
 熊野古道 小雲取越え  熊野古道 小雲取越え
(松畑茶屋跡での食事の後で記念写真)
百間ぐらを越えるとほどなく賽の河原がある。
なぜこういうところに石積みがと思い調べると、ここで武蔵の国川越の若い僧がオオカミに襲われ絶命したという。小さなお地蔵さんの下に積まれた石の数は、僧の弔いと志半ばで倒れた人々の鎮魂であり、あるいは人々の旅の安全への祈りだったかもしれない。
しばらく行くと、きれいな屋根が見えてくるがそこは石堂茶屋跡である。
石堂茶屋跡はきれいに整備され、ゆったりと休憩ができる。
その昔、ここの宿場に泊まった客は、吊り天井の罠で殺され、金品を奪われるという物騒な噂が流れたという。
熊野古道 小雲取越え  熊野古道 小雲取越え
(石堂茶屋の案内板)
 熊野古道 小雲取越え
(石堂茶屋跡に立つ休憩所)
熊野古道 小雲取越え
(桜茶屋跡の案内板を見る)
案内板には、繁盛を妬んだものがその噂を流し、営業を妨害したのではないかとのことがかかれている。
コーヒータイムにちょうどいい場所である。
案内では水場があるということだが、水場はあるものの流れる水は濁り、飲むことはできなかった。
石堂茶屋跡を過ぎると、上りが続き最も標高の高い桜峠を越える。
峠を越えてすぐに桜茶屋跡がある。
この茶屋は明治末年までここにあったといわれる。

その昔山桜が多く自生していてこの名前がついたというが、この茶屋跡から見下ろすと小口の集落と赤木川の蛇行した流れが目に入る。そして越前峠、大雲取山が壁のように見える。
桜茶屋跡を過ぎると急峻な下りが続き、日ごろの運動不足がよく分かる難所である。
その難所の所々に高さ1.2Mくらいの歌碑が建っている。
これは昭和59年(1984年)に設置されたもので、故事を引用、またはその場所の風土を歌った和歌が刻まれている。じっくり読むと味わい深いものばかりである。
桜茶屋跡からひたすら下り、椎の木茶屋跡すぎをやっと田畑が見えてき、その坂の麓にお地蔵さんがある。
長い道のりを歩いてきた旅人を癒すかのように、あるいはこれからの急峻な坂道の安全を祈るかのようにひっそりとたたずんでいる。
そこを過ぎるともう小口の村で、民家がある。
民家の間を抜けると赤木川で、昔はここに渡しがあり、「小和瀬の渡し場」として行き来の人々を舟で送っていた。
今は頑丈な吊り橋がかかる。
ここが本宮からの小雲取り越えの終点であり、大雲取りを越えてくると、小雲取り越えの起点である。
近くには小口自然の家がありキャンプなどができるようになっている。
熊野古道 小雲取越え
(ここからの景色はすばらしい)
熊野古道 小雲取越え
kowase1.jpgkowase4.jpgkowase3.jpg