本文へスキップ

熊野古道 小辺路

高野から熊野三山へのルートです 

熊野三山最後の二つの神社への参詣道を歩きます。
手つかずの自然と昔ながらの参詣道が魅力です。自然を楽しみながら歩き、そしてお参りします。

ギャラリー

九度山駅から高野山
町石道を歩き、熊野古道小辺路ルートを歩き始めたが、今回は高野山から十津川の三浦口まで歩いた。
今回は初めて泊まりのあるルートとなった。熊野古道 小辺路
メンバーは、8名で歩いた。
家の近くまで迎えに来てもらい、南海九度山駅から高野山に向かった。駅に着いたのは、8時30分頃で9時9分の出発まで時間があった。
ちょうどスケッチブックを持っていたので、駅をスケッチした。高野山へは、極楽坂からケーブルでいく。
ケーブルカーは、階段が少し傾いているため、立っているとめまいがした。からくり館の斜めの建物と同じ感覚になる。普段乗り慣れないこうした乗り物に乗るのは楽しい。
熊野古道 小辺路
(ハイキングのカップルが見えた)
熊野古道 小辺路
(下りのケーブルカーとすれ違う)
熊野古道 小辺路
(ケーブルカーの駅)
終点からはバスで千住院前に行く。
小辺路のルートはここから始まる。歩き始めたのは10時30分であった。
高野山大学の前抜け、金剛三昧院の石塔の手前を右折する。
私たちは境内の中に入ってしまい、お坊さんに聞いた。
金剛三昧院は国宝だけあって佇まいがすばらしかった。

今度ゆっくり来たい。
歩き始めて15分程でろくろ峠の大滝口女人堂跡についた。
ここは高野七口の一つで女人禁制であり、女性はここで伏し拝んだのだろう。
女人堂跡を示す看板が立っていたが、それは携帯電話アンテナの施設の中に隠れていた。
ここから右手は展望がいい。
熊野古道 小辺路
(金剛三昧院入り口)
熊野古道 小辺路
(三昧院楼門で道を聞く)
熊野古道 小辺路
(お昼寝のワンちゃん) 
熊野古道 小辺路
(境内の花) 

(ろくろ峠にある案内板) 
熊野古道 小辺路
(隠れた看板) 
ろくろ峠から30分ほど歩くと薄峠で、ここは標高1040mである。
この道は未舗装で、バイクで走るにはもってこいの道である。KLEで走りたい。熊野古道 小辺路
途中トラック2台とすれ違った。道が狭いので側壁によけた。

薄峠からは左に折れ、下りとなる。

道は、この古道を世界遺産に登録するということで、整備されていた。偽木などで整備されすぎると、古道本来の雰囲気が薄れてくる。ただし、要所要所で修景を壊さない、東屋などの休憩施設が欲しい。
たぶん往時は、歩き疲れる頃に何らかの東屋があり、旅に必要なものを売っていたはずである。
京都方面から来た場合には、それほど荷物は持てないので、旅人のための食べ物やわらじなどを販売していたであろうことは、想像に難くない。

中辺路ルートは王子がその役目を担っていた。  
熊野古道 小辺路
(綺麗なダートが続く。バイクで走りたい道)
熊野古道 小辺路
(これから本格的なルートとなる)
熊野古道 小辺路
(ススキ峠の保守道路と古道の分岐点)
熊野古道 小辺路 

熊野古道 小辺路