本文へスキップ

熊野古道 和歌山

熊野古道陸路はいよいよ和歌山に入り熊野を目指します 

熊野三山への参詣道はバラエティに富んでいます。
和歌山の熊野古道はみどころたっぷりです。

ギャラリー

蕪坂峠王子
熊野古道は有田に入る。

そのはじめのこの「蕪坂峠王子」は、蕪坂すぐ下右手に竹藪があり社跡といっていたが、戦後畑に開墾されたという。
昭和41年 宮原神社へ合祀された。
蕪坂は宮原町道町から下津町沓掛へ越す坂で熊野参詣道のうちでも古くから陸路交通の要路であった。

万葉集に、

 木の国の昔 弓雄の鳴矢もち 鹿獲りなべし 坂の上にある

とあり、紀伊国名所図会には、

 鏑矢もて 鹿を射ちし坂なれば蕪坂と名付しに や 峠に茶屋あり

と「鏑」が「蕪」に変ったものと記されている。

この周辺は、1999年の熊野体験博以来整備が進み、ずいぶんとよくなっている。
周辺の景色もかなり変わった。


蕪坂峠王子
蕪坂峠王子
(2001年11月)
蕪坂峠王子
(きれいな水洗トイレができた)
kabura1.jpg
(1998年)
蕪坂峠王子 kanba3.jpg (蕪坂峠王子跡案内板)
<太刀の宮>
tatinomi.jpg
蕪坂峠王子から、少し下ったところに「太刀の宮」がある。
由来等は、看板もなく定かでないが、かなり古そうな神社である。
と、1998年に歩いたときは書いたが、今回(2001年)に歩くと、きれいな看板があり、縁起がかかれていた。
大阪夏の陣での真田幸村が関わっている。

道は下りばかりとなり、登りで疲れた膝を痛めてしまう。急がず、ゆっくりと周囲の景色を見ながら歩くと良い。
蕪坂峠王子