[prev]
[home]
[next]

MadDic1-- 英字を用いた短縮入力

― ローマ字入力はこう使え!(笑) ―


英字が短縮入力の読みに使えると思いついたのは、
20世紀も押し詰まった1998年の夏頃でしたでしょうか。
細かい話は省きますが、当時、ATOK8との出合いがなかったら、
今に至る膨大な日本語入力の研究は 始まっていなかったと思います。

ATOK8は、つい最近(*)まで 主力のIMとして愛用していましたが、
ついに Mac OS 9 との不具合が出始めて、諦めざるを得ませんでした。
今(*)では ことえり(2.3.6)のユーザーとなり、
それなりに快適な日本語入力が実現できていますが、
やはり、ATOKのサクサク感(笑)には 勝てません。
〈* 本ページの執筆は 2002年。現在は Mac OS X 10.4.11上の Classic環境を使用〉

なお、今、ATOK14/17等ではなく ことえりを使っているのは、
ひとえに、この章題にも なっているフィーチャーが 実現可能なのが、
私の身近にあるものの中では ことえりしかないからです。
結果、縁あって、ことえりの改造パッチまで作成してしまった私ですが、
それはまた、別のところ で話しましょう。(^.^;;;

さて、英字を用いた文字入力といえば、
多くの方は、ローマ字入力を想像するでしょうね。
しかし、かつて私もローマ字入力を試していましたが、
(もともと英文タイプを覚えていたため)
やはり打鍵数が多くなり、しかも100年以上前から変わっていない
QWERTY配列の下では 打鍵効率も悪く、
さらには 日本語をローマ字に置き換えるという
余分な負担を 脳にかけることになるため、
どうしてもある種の違和感から抜け出すことができない――等の理由から、
いくつかの利点もあるにもかかわらず、
常用の入力方式とするには そぐわないと判断しました。
〈これに関しては 別のページ(ナイショ(爆))で 詳述しています...^^;;;〉

それはともかく、ここでは MadDicプロジェクト全体の視点から、
MadDic1の 利点と効用について述べたいと思います。
(※当初、MadDicといえば この type I しか ありませんでした)

まず、現在決まっている法則性のリストは、以下の通り です。
(※詳しくは 冗長になるので、ここでは割愛します)
(英字と読みとの対応表は こちら です)


もちろん、決まっているとは言っても、あくまでも「暫定」です。
が、数年かけて試運転&微修正をしているため、
かなりの部分は、このままでいいのではないかと思っています。

結論から言えば、MadDic1の入力方式が その利点と効用を 最も活かせるのは、
MadDic VJE版に添付した『ガイド』にも 書いてありますが、
3文字以上の漢字列、もしくは カタカナ語を入力する時でしょう。

なぜかというと、
IMの辞書に登録されている漢字列やカタカナ語を引き出すのに、
アルファベット26文字×3ぐらいの“ヒント”を与えてやれば
ほぼ それで 十分 だからなのです。
(※通常、人は その“ヒント”を「読み」として与えているわけです)

これは単なる手抜き等というものではなく、むしろ それよりも、
打鍵数を減らすことによる 誤打鍵の減少として、
従来方式に比べ、確実に効能として現れてくるものであり、
大きく評価してもよい部分なのではないかと思っています。

また、カタカナ語は本来、もともとが英語から来ていたりするので、
それを英字で入力することは、言葉の取り扱いからいえば、
自然というか、好ましいことですよね。
(それを わざわざ 日本語読みにして、ローマ字で入力してる人がいるなんて!!!(>_<)!!!)

つまり教育的見地からしても、
MadDic は 正しい入力法を 支援・推奨しているわけです。(笑)
(英字は かく使うべし という意味でも)

しかし、とはいえ、そんな MadDic1にも 短所があります。
それは「2字熟語」です。
(※単漢字は 除く)

つまり、ただでさえ 同音異義語の問題があるのに、
それを英字の短縮読みにしてしまったら、
同じ読みにたくさんの候補が登録されてしまうことは 明らかなわけです。
(※ただし、打鍵数は減るので、候補選択の手間を含めて考えるなら、
  同音異義語を持つもののほうが、トータルでの入力の手間は
楽になるといえる)

そのため、特に打ちにくくないものに関しては、
一部、読みをひらがなで打つ(=ひらがな併用)等の方法が 考えられます。
しかし そうなると 今度は、残りの文字を optionキーで打つ(*)手間のほうが、
相対的に負担が大きくなってきてしまいます。
〈* ことえりの かな入力モードでは optionキーを押しながらキーを打つと英字が入力されますり。ATOK8も最初はそうでしたが〉

そこで、その後 思いついたのが、
日本語入力を根本的に見直すキッカケとなった
「簡略拗音」「濁点省略」等の まったく別次元のフィーチャーです。
これは、optionキーによる英字入力ができないIMでも
打鍵効率の向上が期待できる画期的な入力方法です。
(ヒット率の低下も ほとんど ありません!)

これを 私は、MadDic2のプロジェクトとして
新規に研究開発することにしました。

以下、これについては、次ページ以降で説明したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ことえり2用・新MadDic1辞書〈β版〉(カタカナ語編倭語編:2014年10月31日版)
ことえり4用・新MadDic1辞書〈β版〉(カタカナ語編倭語編:2015年 8月16日版)
ATOK14(Mac版)用・新MadDic1辞書〈β版〉(カ タカナ語編倭語編:2010年 7月 3日版)
ATOK17(Mac版)用・新MadDic1辞書〈β版〉(カ タカナ語編倭語編:2010年 7月 3日版)
MS-IME2000用・新MadDic1辞書〈β版〉(カタカナ 語編倭語編:2010年11月13日版)
MS-IME2002用・新MadDic1辞書〈β版〉(カタカナ語編・倭語 編:2009年 8月24日版)

※いずれも汎用仕様です。それぞれのIM用にチューンアップはしておりません。(^_^;;;
※旧版のMadDic1(*)は、現在、サポートしておりません。(* 和洋混合版のこと)
※登録されている単語は、私のよく使うものをメインにしており、
 あくまでもサンプルという位置づけで考えてください。
 (※もちろん、順次、増強&見直しはしていきますが、
   使い勝手を損なわない範囲での増強となりますので、
   登録されている単語に関しては、適宜変更があります)
※ローマ字で使わない英字に関しては、旧法則になっています。(準ヒボン式)
 まだ試用版であると考えているので、混在している場合があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ことえり4のローマ字入力時に
optionキーで 全角英字を入力できるようにする特約(爆)(爆)(爆)
Mac OS X 10.6.x対応版(※10.5.xについては動作未確認)
Mac OS X 10.4.11対応版
Mac OS X 10.3.9〜10.4.7版

拙作『ことえり強化パッチ』のサポートページにも書きましたが、
本来の ことえり(かな入力時)では optionキーを押しながら文字キーを押すと、
全角英字が出力されるような仕様になっています。
ところが、ローマ字入力では、そのような仕様にはなっていません。
これは、リソース(Mac OS X では plist)の設定で、そのようには なっていないからです。
(※元々は、一部だけに Macでしか使えない文字を打つための設定がしてあります)

しかし、かな入力時でも ローマ字入力時でも、これができるようになると、
文字入力時に いちいち モード切り替えをしなくて済むので、
とても便利な、否、快適な文字入力を実現するためには欠かせない機能の一つです。

なお、かな入力時でも ローマ字入力時でも、この機能を完全に働かせるためには、
一部 ことえりのキー設定を外さなければならないので、
その際には、拙作『ことえり強化パッチ(ファイルズ)』を ご使用ください。
(※ただし、他の必要なキー設定も外されてしまう可能性もありますが...(爆)(爆)(爆))

※Mac OS X 10.5.x〜10.6までの動作は 未確認です。(※Mac OS X 10.6.4は 確認済み)
 おそらく Mac OS X 10.6.4のものと同じで良いと思うのですが、
 OSのバージョンによって微妙に異なる場合がありますので、
 動作しない場合には、10.4.11のものを使うか、使用をやめてください。
※Mac OS X 10.6.4版と Mac OS X 10.4.11版は ファイル名が 同じなので、併用する際には お気をつけください。
 (※アーカイブ名は変えています)
※Mac OS X 10.4.11版と Mac OS X 10.3.9版は、HRNXに同梱されているものと同じです。
 (※なお、Mac OS X 10.6.4版のHRNXは 現在 特に作成しておりません)
※インストール先は、『ことえり強化パッチ(ファイルズ)』と同じです。
 Mac OS X 10.6.4(Snow Leopard)では、
 「/System/Library/Input Methods/Kotoeri.app/Contents
/Resources
 Mac OS X 10.4.11までは
 「/System/Library/Components/Kotoeri.component/Contents/Resources」となります。
※この中にある同じものを それぞれのファイルと置き換える必要があります。
 置き換えるためには 管理者権限が必要となります。(たいがいはマシンのオーナーです)
 (※なお、ことえり(Kotoeri.component)を 開く際には、コンテキストメニューを使います)
※当然ですが、自己責任となりますので、元のファイルも消さないで 保存しておいてください。
※なお、「TransliterationOverrideData.plist(*)」のほうは、 現状では、特に置き換えなくてもよさそうです。
 (* Mac OS X 10.3.9等では「TransliterationData2.plist」という名称になっています)
※この特約(苦笑)を追加したことにより、元々打てたものが不採用となる場合があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、MadDic誕生10周年を記念して、
「漢字のみ完全版(=クラシック版)」を作ってみました。(^.^;;;
(ことえり2用・指定変換辞書〈汎用仕様・第3版リリース4:2014年10月 28日版〉)
(ことえり4用・指定変換辞書〈汎用仕様・第3版リリース4:2014年 10月28日版〉)
(MS-IME2000用・システム辞書〈汎用仕様・第2版リリース2: 2010年11月13日版〉)
(MS-IME2003用・システム辞書〈汎用仕様・第3版リリース3: 2011年 8月27日版〉)
(ATOK14〈Mac版〉用・システム辞書〈汎用仕様・第2版リリース 2:2010年 7月 3日版〉)
(ATOK17〈Mac版〉用・システム辞書〈汎用仕様・第2版リリース 2:2010年 7月 3日版〉)

これは、登録語彙を絞り込まない代わりに 読みに工夫をして、
「き」で始まるものを「q」で、「し」で始まるものを「x」で、
「ひ/び」で始まるものを「v」で、「り」で始まるものを「l」で登録した、
MadDicの原形に近い英字読み辞書です。(^_^;
(※英字の割り当てに関しては、従来のMadDic1のものとは微妙に違いますが)

使い慣れないうちは違和感があるかもしれませんが、
ヘボン式でも「c(ち)」や「j(じ)」があるので、
慣れの問題ではないかと思います。(^_^;
(※なお、この方式を今後ヒボン式ということにします(爆)(爆)(爆))⇒ 関連

登録語彙数が多いため、指定変換辞書としての使用をお勧めします。
(※ATOKでは、標準辞書セット以外のキーに割り当ててください)
(※MS-IMEでは そのような機能がないので、適宜オンオフして(爆)、
  必要なものを通常のMadDic1辞書に再登録して使うようにするとよいでしょう)

また、1文字だけの読み(音)になる漢字については、
英字に置き換えず、かなの読みを活かしているものも登録してあります。
(※同じ読みにたくさんのものが該当するのを避けるため)

それから、後づけということになりますが、(汗)
漢数字を含むものに関しては、該当部分の読みを数字に置き換えています。(^.^;;;
(※後から手作業で行なっているので、全部というわけではありません(爆)(爆)(爆))

※なお、「完全版」では、登録単語数が膨大になるため、
 地名など固有名詞の類は、単語数を制限しています。(^.^;;;
 (#いつか(笑)別版を出す予定)


  All rights reserved by MadKod, 2002-2015. _m('u')m_
[prev]
[home]
[next]