Welcome to Kotoeri Kiaukwa Patch/Files support page !

main logo

ようこそ!こちらは『ことえり強化パッチ(ファイルズ)』のサポートページです。



【概略:ver. 3.8.8】(※Mac OS X 版は ver. 2.9.1 です)

Mac OS 付属の入力ソフトである『ことえり』は、
市販のものに比べると、カスタマイズという点で 大幅に見劣りします。
また、純正ソフトでありながら、Apple社のガイドラインに外れている部分も散見されます。
このパッチ(ファイル)は、それらの不足分を補い、修正していこうとするものです。

具体的には、
(1)モード変更なし&変換操作なしで 英字入力ができるようになる。
   (※かな入力/ローマ字入力にかかわらず)
(2)使いにくいショートカットが 使いやすくなる。
  ・JISキーボードの かな/英数キーを使った機能設定を追加。
  ・Pro Keyboard 等の編集用キーを活用。
  ・iBook 等での文字入力にも配慮。など。
(3)従来 入力しにくかった記号類が ラクに打てる。
   モード変更をせずに、option+controlを使うだけで、48種類もの記号類が、
   シフトを使えば さらに倍の数の記号が、簡単に入力できるようになります。

なお、このパッチを作成する上で、
菅原@むつ市さんが解析された keyc リソースのリストを参考にさせていただきました。
深く感謝いたします。m(_ _)m

【解説】

(1)モード変更なし&変換なしで 英字入力

   これは何がいいかというと、一般に かな入力では、
   英字や記号類の入力が面倒だと思われていますが、
   Macのキーボードにある optionキーを併用して、
   かなモードのままで 英字や記号類が 入力できるようになります。
   (※元々 optionキーは、英字の記号類を入力するためのキーです)

   もちろん、shiftキーも併用できますので、
   よく使われるカッコやハテナマークなどの記号類も、
   簡単に入力できるようになります。

   さらにまた、そのようにして入力された英字や記号は、
   変換ウィンドウの中では、“読み”として使えるので、
   拙作『MadDic1(E)』によって、
   頭文字入力/短縮入力が可能になります。( ⇒ 英字入力に関するページ


(2)機能キー設定の追加

   詳しいことは 添付の書類を見ていただくとして、
   一例を挙げると、例えば、

   操作パレット表示※ help / shift+esc(control+shift+G)〈※ことえ り4には ありません〉
   文字パレット表示  control+F11(control+shift+B※)〈※ことえり4では ショートカットは ありません〉
   辞書ツール起動※  control+shift+enter(control+shift+T)〈※ことえり4 では  単語登録とセットになっています〉
   単語登録…     control+enter(control+shift+N)
   環境設定を表示   control+F12(control+shift+U※)〈※ことえり4では   ショートカットは ありません〉
   再変換       control+return(control+shift+R)
   読みを再入力    control+space(control+shift+Y)

   ひらがなを入力   F6(かな / control+shift+J)
   カタカナを入力   F7(shift+かな / control+shift+K)
   英字全角を入力   F8 / shift+英数(control+shift+L)
   半角英字を入力   F5 / F13(英数 / control+shift+;)
   半角カナを入力※  option+shift+かな〈※ただし半角カナの入力が可能になっている 時に限る〉
   入力モード順次切替 option+shift+return(option+shift+tab)

   全削除       control+delete(clear)
   変換の解除     option+delete(esc)
   確定の取り消し※  control+option+delete(control+delete)〈※ことえり4のみ〉

   ひらがなに変換   shift+space(control+J)
   カタカナに変換   option+space / control+かな(control+K)
   英字全角に変換   option+shift+space / control+英数(control+L)
   半角英字に変換   enter / control+option+space(control+;)
   文字種順次変換   option+return(option+tab)

   変換対象を左へ   control+,(← / control+B)
   変換対象を右へ   control+.(→ / control+F)
   変換対象を収縮   control+shift+<(shift+← / control+I / control+Q)
   変換対象を拡張   control+shift+>(shift+→ / control+O / control+W)

   次候補を選択    control+/(→ / control+N / space)
   前候補を選択    control+M(← / control+P / shift+space)
   次候補群スクロール control+↓ / control+→ / page down / control+shift+/(control+V)
   前候補群スクロール control+↑ / control+← / page up / control+shift+M(control+R)
   (※ことえり2では、候補群ウィンドウの出現位置によって、スクロール方向が異なる場合があります)

   などがあります。
   (※カッコ内は デフォルト〈※ただし代表的なもののみ〉)
   (※ことえり2版と ことえり4版の設定は 若干 異なる場合があります)


(3)
option+control(+shift)で 記号入力

   JISコードには、キーボードに刻印されている記号だけでなく、
   マルやバツ、郵便番号マーク、音符など、様々な記号が用意されています。

   これらの一部は、ことえりでは、
   英字モードで(*) optionキーを使って入力することができますが、
   その配置には、法則性がなく、一般の使用頻度とも関係がありません。
   (* ローマ字入力では、かなモードと英字モードで、出せる記号が異なります)

   これを、一般的な使用頻度を考慮し、かつ、
   キーボードに刻印がなくても その配置が覚えやすくなるよう関連性を持たせ、
   かつ、入力モードに関係なく「option+control(+shift)」を併用するだけで、
   入力できるようにしてみました。(^_^)

   もともとの ことえりでも、テンキーの演算記号キーを使って、
   和文で使われる演算記号が打てるようになっていますが、
   そういう意味では、この記号入力の部分に関しても、
   “強化”が必要なのではないかと思います。(^_^;

   仕様は以下の通りです。(赤字の部分)

   kkp_kigou_ansi.jpg
   図1基本仕様(USキーボード使用時:参考資料)

   kkp_kigou_jis.jpg
   図2JISキーボード使用時(Mac OS 9 版/ことえり2.3.6用)

   また、これらの他にも、カーソルコントロールキーを使って、
   上下左右の矢印記号が入力できるようにもなります。

ダウンロードは こちら(2.3.6 用:公開版・ver.2.2)から。

(※2.3.3用は 今のところ、ver.1.2し か 公開していませんが、
  アップデーターを使えば、ほとんど同じものが使えるようになります)

※関連リンク: 『MacLHA』(石崎一明さん作)


なお、『ことえり強化パッチ』の ことえり4用(Mac OS X 版*)を、本HP内に限り、
暫定的に配布することにします。
(* Mac OS X 版は バージョン2です...^^;;;)

ただし、Mac OS X では、システムリソースにパッチを当てるというようなわけにはいかないので、
当該ファイルを手動で入れ替えていただくことになります。
(※そのため、Mac OS X 版は『ことえり強化ファイルズ』と呼ぶことにします...^^;;;)

入れ替えるには、管理者権限が必要となります。(たいがいはマシンのオーナーです)

入れ替えるファイルは、
「System/Library/Components/Kotoeri.component/Contents/Resources」内の
「KotoeriKeys.plist」と「ShortcutDict.plist」です。(※Mac OS X 10.4.11までの場合)
(※「Kotoeri.component」を開く時には コンテキストメニューから開きます)
(※Mac OS X 10.6.x等では、ファイルの場所は
  「
/System/Library/Input Methods/Kotoeri.app/Contents/Resources」内になります)

当然ですが、自己責任で、元のファイルも捨てないで、保存しておいてください。

ダウンロードは こちら から。2010 年10月16日版:JISキーボード対応版)
(※Mac OS X 10.4.11以降対応版
。ただし、10.5.xは 動作未確認。
  10.7.xについては 動作しますが、詳細については 現在検証中です...^^;;;)

(※当該ファイルのみです。マニュアルはありません)
(Mac OS X 10.3.9〜10.4.7版は こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【バージョン3について】

バージョン3での改訂の目玉は、
ギリシャ文字」入力です。(^-^)/

ただし、これ、前からわかっていた&告知していた通り、
『ResEdit』を 使った追加/修正には、
扱えるリソースフォークの数に限度があるため、
今まで手を付けていなかった部分をつぶして(爆)*、
ギリシャ文字24文字×大文字&小文字を配置しています。
(* 具体的にいうと、指定変換のほとんどの部分と普通使わない設定)

また、それらの記号を入力するための併用キーとして、
「option+control」を 使用しているため、
今までのハイパーダイヤモンドカーソルは使えなくなります。(^.^;;;

しかし、人によっては、それだけの損失(?)を伴っても、
1ストロークで ギリシャ文字が打てるのだったら仕方がないと
捉えていただける人もいると思います。(^_^;
(#私もその1人なのですが...)

ただ、今さら Mac OS 9 かよって感じもしなくもないんですよね。(苦笑)

そこで、対象となるユーザーが おそらく限られているであろうということで、
すでにKKP3の施されている ことえりを そのまま(爆)UPすることにします。(^.^;;;
そのため、インストールは、お使いの ことえりと入れ替えて 再起動すれば オッケーです。

注意点は、当然ながら自己責任ということで、
これを使ったことによって万一何らかの不具合が生じたとしても、
当方では一切責任を持ちません。(^_^;
(※ウイルスチェックはしてあります。by NAV 10.1.2)

なお、マニュアル等は 特にありません。
使い方は ver.2.2等と同じです。
その他、細かい話やサポートは、掲示板のほうで 随時していきます。

ご意見・ご感想をお待ちしております。m(_ _)m

ダウンロードは こちら (2.3.6 用: HP限定最新版)です。
(↑JISキーボード &Classic環境対応・HRN 機能付:2011年11月 8日版
(→ USキーボード&Classic環境対応・HRN機能付:2011年11月 8日版
〔→ HRN機能なし版〈旧版〉:2009年 5月17日版〕
(※ことえり4用は、現在のところ 作っていません...^^;;;)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【さらに HP特典あり!!!(爆)(爆)(爆)】

私が ことえりを けっこう気に入っている理由の一つとして、
「記号が読みに使える!!!」ということがあります。

これまで述べてきた通り、KKPを使うと、その副産物(笑) として、
記号入力がラクになる!!ということがあるわけですが、
だったら、これを読みとして使わぬテはない!!!ということで、(笑)
ひそかに、自分で単語登録して使っていたわけです。

最近、ようやく、一通りのものが完成した感じがするので、
ちょっとお披露目してみようかなという気になりました。(^.^;;;

一例を挙げると、まず、
KKPでは 単独ではキーに割り当てられていない文字を入力するために
他の記号を読みとして使うという方法が考えられます。
(例:▲▽◇■《》〔〕\§¶†‡√¬∠⊥⌒仝〆...)

さらに、それらを連打読みとすることによって、
省入力や同音異義語の打ち分けに使うことができます。(^-^)
(例:△△→三角〈さんかく=参画〉 □□→四角〈しかく=資格/視覚/...〉)
(  ≦≦→以下〈いか=烏賊/医科/...〉 ≧≧→以上〈いじょう=異常/委譲/...〉)

もちろん、普通に、かなや英字の読みと組み合わせて、
同音異義語の打ち分けや、省打鍵対策として使うこともできます。
(例:男物→♂もの/♂m,女物→♀もの/♀m,温度→おん℃/o℃〈おんど=音頭/音戸〉)
(  この他、矢印記号で「上」「下」「左」「右」など...)

このフィーチャーは、MadDicシリーズのう ち、
MadDic1ファミリーとMadDic4に搭載され ています。
(※あくまでも省入力の一環として捉えており、
  他のかな読みや英字読みと併用して使うことを想定しているので、
  単独でのリリースは 今のところ 考えていません)

…ということで、もし使ってみたいという方がお られましたら、
それそれのページからダウンロードしてください。 (^_^;
※現在、辞書の再構成中につき、MadDic1等に含まれていた登録語彙は、移転中(爆)です。


  All rights reserved by MadKod, 2001-2012. _m('u')m_


[home]