[People in the world] [Japanese People]



 感想文集 4 〜「愛する人を亡くした人の為の100の言葉」 
中原 憬(けい)


2017.09.03


このページの感想文は、すべてご本人の了解を得て掲載しているものです。

ご本人の了解なく、頂いたメールやメッセージを掲載することはありません。
投稿者や故人など関係者が特定される記述個所は一部省略することがあります。
感想文ではなく、純粋な故人への追悼文集はレクイエムコーナーにあります。


ひとつひとつの投稿にレスをつけたいのですが、その余裕がありません。ごめんなさい。
私への感謝の気持ちは、いつかどこかで、誰かに返してくれれば、私は満足です。


前書き / 愛する人を亡くした人の為の100の言葉 / 後書き / 感想文集
死別の悲しみの癒しの広場 / ミニエッセイ / 中原 憬 ホームページ

001〜100 101〜200 201〜300 301〜
▲現在このページ



306

社会人1年生、20代の息子を自殺で亡くして、半年が過ぎました。

息子の職場の同僚と私たち家族の他、自殺したことのみならず、亡くなった
ことすらお知らせしたのは、ほんの数人です。
お休みをいただくために勤務先には伝えましたが、息子を介して知り合った
親仲間や、自分の趣味の仲間、友人には知らせていません。

時が解決する、と信じてここまで来ましたが、何も変わらないどころか、
どんどん辛くなってきました。
一人でいるときはほぼずっと泣いているのが、常となり、アルコールと
風邪薬で眠るものの、勤務先での昼食以外、食べられなくなり、このまま
衰弱して死ねないだろうかと思っていた今日、このサイトを見つけました。

少しだけ落ち着きました。
すべてに賛同はできないけれど、いくつかの項目にうなずく自分がいました。
ありがとうございました。

変われないかもしれないけれど。
今夜はあの子の笑顔とちょっと太めの全身を、
心を無にして思い浮かべてみます。



【女性、50代】
2017.08.26

[▲先頭に戻る]




305

泣くのを我慢する癖がついていて、泣くのが上手くありません。妖精たち
のおかげで子どものように泣きじゃくり、心が少し軽くなりました。
また、力を貸してくださいね。


【女性、40代】
2016.07.10

[▲先頭に戻る]




304

3週間前に、最愛の人を亡くしました。
普通にご飯を食べて、普通に一緒にお風呂も入ったのに、
その後急に倒れて、あっという間に帰らぬ人となってしまいました。

彼だけが私の心の支えで、いつもいつも助けてもらってたのに・・・
最後は私が助けてあげられなくて・・・本当にごめんなさい。

自分の為の涙なら流さぬようにと思っても、涙が溢れてきます。
彼が心配してるだろうなと思っても、ダメです・・・

けど、ここの100の言葉を胸に刻んで、少しずつでも強くなれたら
いいなと思いました。

ありがとうございます。


【女性、30代】
2015.1.22

[▲先頭に戻る]




303

 涙の雫の結晶で造られたクリスタルのような
 切なくなるほどに美しく それでいて

 寒さに凍える者への毛布のように暖かく
 乾きに喘ぐ者を癒し潤す慈悲の水のような

 魔法の妖精たちに出会わせて下さって
 本当にありがとうございます。


 人知れずもがき苦しんでいるだけの
 独り咽び泣いているだけの
 
 独りよがりで一元的な
 自分が恥ずかしくなりました。


 貴方様の紡いで下さった言葉の数々は
 悲しみにもがく数多の人を慰め励ます

 この上なく尊く、慈愛溢れるものですね 
 

 私も辛さや悲しみを 糧として昇華し
 人の辛さや悲しみに心を寄り添わせ

 願わくば 人の気持ちを思いやり
 自らの言葉で癒し励ませる人間に
 なれるよう 生きていきます。

 その為の勇気と力を、この場所で賜りました。


 貴方様の強く美しい生き方に敬服いたします。
 貴方様の暖かく慈悲深い行いに
 心から、感謝申し上げます。

 本当に、ありがとうございます。

 有難うございます。



【女性】
2015.1.15

[▲先頭に戻る]




302

去年、10月癌で最愛の人を亡くして、とても辛くて投稿させて
いただいた者です、100の言葉を読ませていただき
自分に合った言葉を何度も読み返し心の支えにしてきましたが、
早いもので命日を迎えてしまいました、
まさか自分も愛する人の所へ行かず今日を迎えるとは思いません
でした、
今、自分は何をしなければならないのかをいまだに解らなく
過ごしてます、愛する人への思いは積もるばかりで幸せにさせる
ことが出来なかった自分を許せなくて、、、
自分の想いを話せる所がここしかないような気がしてまた投稿して
しまいました、100の言葉にも書かれていた、愛する人に辛い
思いをさせずに、自分が背負って生きていくことが、せめてもの
彼女への供養かと想うように、
楽しかった、優しく綺麗なままでいた彼女を大切に心にとめて、
これから先も自分の行き先が見つかるまで過ごしていくつもりです。
勝手なことを書いて申し訳ございません、自分の気持ちを
落ち着かせようと思い。


【男性、60代〜】
2014.10.24

[▲先頭に戻る]




301

3か月前に娘を自死で亡くし未だに悲しみが耐えません。
でもこの100の言葉に励まされ少しずつ生きる気力が湧いているのが
分かります。」毎日1度は100の言葉を読んで癒されています。

再生Uのひかりと影の選択が私には一番今後の生きる道を教えられて
いるようで心に光が射してきます。

これからも何年も読み続け、いつか読まなくなる日が来ることを
めざします。ありがとうございました。



【女性、60代〜】
2014.10.17

[▲先頭に戻る]



ここに掲載したメッセージ、一通一通に海のように深い想いが込められています。
人が人を愛することのすさまじさ、その光、その影。
悲しみ、痛み、苦しみ、絶望・・・。痛ましい限りです。
私は、ただただ彼らの悲しみが少しでも癒されていくことを痛切に祈るばかりです。




このページからの転載、及び引用を一切禁止します。
Copyright(C) 2000, 2015, Kei Nakahara
なお、各メッセージの著作権はそれぞれの著作者にあり、著作権法で保護されています。


[▲先頭に戻る]

001〜100 101〜200 201〜300 301〜
▲現在このページ

前書き / 愛する人を亡くした人の為の100の言葉 / 後書き / 感想文集
死別の悲しみの癒しの広場 / ミニエッセイ / 中原 憬 ホームページ