少額事件だが、弁護士に依頼したい

河原崎法律事務所ホーム弁護士トラブル > 少額事件だが、弁護士に依頼したい
2014.9.9mf


相談:少額事件ですが
当て逃げの被害者です。バイクに後ろから当てられ、車にキズ、へこみができました。 加害者の若者は、後から、警察が見つけてくれました。
警察は軽く考えて、「話し合いをしてください。示談ができないなら、書類を作ります」と言っただけで、何もしてくれません。加害者も、なかなか連絡できず、誠意がありません。
少額事件ですが、私は、警察の対応にも、加害者の態度にも納得できませんので、告訴を考えています。弁護士に依頼して告訴したいのですが。

お答え:弁護士に依頼すると費用がかかる
小さな事件ですので、あなたが得るであろう賠償金は少ないです。 弁護士に依頼すれば、費用がかかります。加害者からは得られる損害賠償と、弁護士費用 を比較した場合、割に合わないでしょう。弁護士費用はあなたの負担になる可能性が大きいです。これがあなたが置かれた状況です。弁護士にとっても、同じで、弁護士は、労多くして、利益は少ない、「弁護士費用を受取れば、依頼者(依頼人)から恨まれる事件だな」と思います。

あなたは、本当に費用を支払ってでも、弁護士に依頼したいのですか。
あなたは、市民として、警察の対応、加害者の態度をただしたいのですか。それとも、(手取りで)多くの経済的利益( 賠償金)を得たいのですか。
前者なら(真実、そのような意思を持った方は、極めて少数です)、費用を負担して、弁護士に依頼すべきです。
後者なら、弁護士に依頼せず、本ないしインターネットで調べ、若干の相談料を支払って弁護士に相談するとかし、自分で交渉します。さらに、次の手続きをとるとよいでしょう。 ほとんどの人は、お金(手取り金)を増やすために弁護士に依頼します。少額事件の場合は、相手から得られる金額に比較して弁護士費用が高いので、弁護士は、依頼人(依頼者)の仕事を引き受けることをためらうでしょう。そのような依頼を受けると、後で(気が変わった)依頼人からクレームが出て、トラブルになると心配するのです。
港区虎ノ門3丁目18-12-301(神谷町駅1分)河原崎法律事務所 03-3431-7161