藤野可織
作品のページ


1980年京都府京都市生、同志社大学大学院美学および芸術専攻博士課程前期修了。2006年「いやしい鳥」にて 第103回文学界新人賞、13年「爪と目」にて 第149回芥川賞を受賞。


1.
爪と目

2.
おはなしして子ちゃん

 


           

1.

「爪と目 ★★             芥川賞


爪と目画像

2013年07月
新潮社刊
(1200円+税)

2016年01月
新潮文庫化


2013/08/29


amazon.co.jp

話題の芥川賞受賞の中篇=「爪と目」+短篇2作。

「爪と目」に登場する中心人物は2人。不倫相手の妻が死んだ後その後妻となった目に少々傷をもつ女性と、その継子となるに至った3歳の娘。
ただしここでは、昔話によくあるような苛め、苛められる継母と継子という関係はありません。継母は痛い思いをしないで子が持てるのはちょうど良いと思い、娘の側は幼いが故に否応はありません。
本作品の特徴は、その継母のことを3歳の娘が語る、という形でストーリィが物語られること。つまり、
「わたし」は娘であり、継母は「あなた」と呼ばれます。
この二人称による語りが、本作品においては心地良いリズムを生んでいます。第三者のように突き放さず、かといって一人称とは異なり少々距離を置いている、という風で。
しかし、冷静に語る「わたし」と、ろくに口もきかない3歳の娘を同一視することはできません。まるで「わたし」と幼女の、2人格がそこにあるようです。
ところが最後の2頁で、その「わたし」と幼女が一致するのです。その時に感じる恐ろしさといったらもう・・・・。
出版社紹介文に「
純文学恐怖作(ホラー)」とありましたが、その理由を得心できた気がします。

二人称による語りの楽しさと、最後の恐怖感。本書の魅力はその2点にあります。
※二人称が印象的だった作品に
北村薫「ターンがあります。本書とは趣向を異にする作品ですが、二人称を楽しんでみたいと思われるのでしたらお薦めです。

爪と目/しょう子さんが忘れていること/ちびっこ広場

             

2.

「おはなしして子ちゃん ★★


おはなしして子ちゃん画像

2013年09月
講談社刊
(1300円+税)

2017年06月
講談社文庫化


2013/10/24


amazon.co.jp

ファンタジーのようであったり、怪奇譚のようであったり、SF的なサスペンスあるいはファンタジー、・・・・・趣向は玉手箱のように様々であるものの、総じていえばどこかユーモアが漂う、という短篇集。
こうした類の短篇集への評価は、読む人の好み次第だと思いますが、底辺にユーモア感があるという点で私好みです。
こうした趣向テンコモリの短篇集は桜庭一樹さん辺りも書きそうなところですが、桜庭さんであればもっと強烈な印象をもたらす作品になりそうであるのに対し、藤野可織さんの場合はソフトランディング、といった印象です。

冒頭、怪奇的な「おはなしして子ちゃん」で魅せられ、女子高生サスペンス的な「ピエタとトランジ」でぐいっと鷲掴みにされ、人魚話の「アイデンティティ」ですっかり翻弄された、というところ。
「ピエタとトランジ」、「逃げろ!」、「ホームパーティはこれから」、「ハイパーリアリズム点描画派の挑戦」は現実感漲るところに面白さあり。とくに「点描画派」は壮絶です。(笑)
なお、
「ある遅読症患者の手記」は最後、スターン「トリストラム・シャンディ」を思い出させられる一篇。

趣向が多様で、時にもやもやと手に掴み切れなかった思いが残りましたが、それはそれで十分に楽しめた短篇集。

おはなしして子ちゃん/ピエタとトランジ/アイデンティティ/今日の心霊/美人は気合い/エイプリル・フール/逃げろ!/ホームパーティはこれから/ハイパーリアリズム点描画派の挑戦/ある遅読症患者の手記

          


   

to Top Page     to 国内作家 Index